fc2ブログ

    大臣問責可決 ~ やはり学級会だった民主党

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

    一川防衛相、山岡消費者担当相(あとは面倒なので省略w)の問責決議案が昨日、参議院で可決された。

    一川氏の問責について、反対討論に立った民主党議員、徳永エリ氏。
    ブータン国王の宮中晩餐会に欠席してまで同僚議員の金集めパーティーに出席し、「私はこっち(金集めパーティー)のほうが大事だ」と言った一川氏をかばい、「野党は外交軽視だと言うが、決して晩餐会よりパーティーを優先したわけではなく、「こちらが大切だ」と仰ったのも、同僚議員への気遣いだということは、皆さんわかってるじゃありませんか!」と、語気を強めて訴えた。
    野党からの野次が、この場面で最高のボルテージに達したのは必然だろう。

    悪いが徳永さんとやら。
    だから民主党は学級会と言われるのだ。

    学校をサボった生徒をかばうクラスメートだって、こんな陳腐な擁護はしないだろう。
    国権の最高機関である国会討論の壇上で言うセリフとしては、あまりに情けない。
    ちなみに「外交軽視」という表現も適切ではない。外交軽視だけでは十分ではないのだ。
    これは皇室軽視、即ち日本軽視の行動である。
    ことの本質を矮小化しようとしても、騙されるほど国民はバカではないのだ。

    学級会と言うべき行いが、昨日もうひとつ露呈した。
    9日の衆院外務委員会で、民主党委員に代理出席者が複数いることが判明したのである。
    もともと野党がこの委員会での採決見送りを求める中で、委員長の田中真紀子氏が職権で開会を強行したからキレたらしい。
    「私の顔に泥を塗るな!」とばかりに「国会軽視」と、民主党に猛省を促したという。
    代弁を頼んで単位を取ろうとする学生と、大差ない振る舞いである。

    こういう人たちを見ながら、「常識とは何か」という問いを目の前にぶら下げられた時、答えに窮してしまう。
    最高学府を出たいい大人が、それも「私に任せれば国は良くなります!」と胸を張って演説し、結果当選した人たちが、自らの行動に対する規範すら持ち合わていないのなら、国会議員というものがどこかの学級会やら町内会やらと、大差ないものになる。
    鳩山由紀夫と菅直人は、互いに「ルーピー」、「ペテン師」の称号を得た通り、自らの言動で「首相」という地位を地の底まで貶めた。
    同様に上記の議員たちは、国会議員の地位や尊厳を貶める悪性のウィルスのような存在だ。
    国会議員など誰でもなれると思われたら、政治の劣化に歯止めがかからない。
    もう少し自覚してほしいものだが、もう手遅れの議員も多いように思う。

    ちなみに山岡某のことなど、忌々しくて文字にすること自体憚られる。




    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    2 Comments

    阪神優勝

    …。

    自民党のせいで審議が進まない、
    とマスゴミに報道してもらって、
    いつもみたいに自民党の印象を悪くするのが
    民主党の狙いなんでしょうかねぇ。

    • 2011/12/13 (Tue) 09:15
    • REPLY

    やす

    Re: …。

    そうですねぇ・・・。
    民主党が動かなくても、守旧メディアが勝手に動いてくれるという構図があるようにも思いますね。

    • 2011/12/13 (Tue) 23:18
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。