fc2ブログ

    再エネTF事案は、大林ミカ1人の辞任で終わらせられない重大事案 ~ 河野太郎も“洗う”べきだ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昨日の国会で、野党議員の「所掌の審議会等で中国企業のロゴが入っている書類が出てきたら、大臣はどう反応されるか?」と質問を受け、高市氏は明確に答えた。

    そもそも審議会のメンバーを選ぶときにしっかりと留意するということだと思います。そういった書類が出てきたら、私の場合はキレます。


     高市氏はふたつのことを言っている。ひとつは言わずもがなであるが、中共を含む他国の影響を、政策判断に影響を及ぼす場に持ち込むのは言語道断であるということ。そしてもうひとつは「メンバーを選ぶときの留意」だ。高市氏は再エネTFの人選に問題があるという指摘をし、河野太郎への批判を込めた。答弁としては100点だろう。

     さて、この問題で渦中の人である大林ミカがメディア説明会を開き、再エネタスクフォースの構成員を辞任する意向を表明。事務局にメールで辞意を伝え、河野太郎規制改革担当相からの「了承した」という返信を事務局経由でもらったとしている。メンバー辞任の理由を「単純なミスだったが、社会的な影響が非常に大きかった」としている。「単純なミス」とか「勘違い」の類は、裏にある意図を隠すために使われる表現であって、実態とは異なるように思う。

    大林ミカ


     というのは、産経新聞のスープによれば、国連やEUの関連機関の会議でも、中共企業のロゴ入り資料を提出し、使用していたことが判明したそうなのだ。大林がこの中国国家電網のテンプレを使って資料を作成し、国の内外でその資料を使用していたのは、言い換えるなら中国国家電網のセールスを代行しているようなものだ。調べれば調べるだけ、同類の資料は発掘されるだろう。だから「単純なミス」などという言い訳を信じろというのは無理な注文だ。

     数量政策学者の高橋洋一氏によれば、この再エネタスクフォースには法的根拠がなく、所管大臣決裁で作られたものであり、一切の責任は所管大臣に帰着するのだという。そして、構成員も所管大臣である河野が任命していることは周知の事実。その構成員4名の枠のうち2名を、大林が所属する「自然エネルギー財団」が占めていることは、もう構成員を選ぶ時点で結論を決めているということだ。もう一人は反原発の学者で、電力自由化議論者だから眩暈がしそうだ。

     河野太郎は外務大臣時代にも、「気候変動に関する有識者会合」なるものを設置している。外務省が「気候変動」にかこつけて、再生可能エネルギーの導入や気候変動対策などをやるというもの。大林はここにも出てくる。

    第1回会合(平成30年1月9日)では,河野大臣による冒頭挨拶(PDF)に続き,自然エネルギー財団の大林ミカ事業局長から,「エネルギー転換」に向かう世界と日本(PDF)ついて(中略)報告がありました。


     河野が招集したこの会合参加者のうち、大林ミカのほか、高橋洋は現自然エネルギー財団特任研究員、加藤茂夫は同財団の上級顧問を務める。要するに河野太郎は、この財団とズブズブなのだ。気候変動は外務省の以前に環境省や経産省の管轄だろうに、お門違いな会合を招集した。その同じ河野が、26日の衆院地域活性化・こども政策・デジタル社会形成特別委員会でで、「委員会の所管外」を理由に自身ではなく事務方に答弁させ続けたという。お門違いの質問をする立民議員にも問題があるが、河野がやっていることはアベコベだ。

     TFの構成員ひとりが辞任して済まされる話ではない。より深刻化する前に、中共による政府、自民党、象徴への浸透度合いを確認すべきで、河野太郎という政治家も改めて洗い直すべきだ。この再エネTFに端を発した事案は、膿を出すという意味では、政治資金不記載問題など比べ物にならないくらい重いものなのだ。



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    10 Comments

    空我

    目的はCO2の削減で手段は一つだけではないにもかかわらず、いつの間にかメガソーラーやら、風力発電を作る事が目的となり、日本が開発した高効率火力発電には目もくれず、原発はひたすら悪。でも、チャイナの上限越え処理水は批判しない。

    多様性が無く他の可能性は無視する、そしてダブルスタンダードな団体とズブズブな河野氏なんて、碌なもんじゃあないですね。安倍総理が河野だけは駄目だと言ってた意味を、改めて理解しました。

    • 2024/03/28 (Thu) 08:46
    • REPLY

    波那

    昨日、遠藤さんのブログにも投稿して重なるのですが。大林ミカですが、住基ネットにもデータがないらしく日本人ではない疑いがある説も出て来ています。彼女がが在籍してる自然エネルギー財団には、中国名と思われる人物がずらりだそうです。
    ▽大事件の様相/内閣府Xにコミュノート、資料提供者の国籍不明:
    http://totalnewsjp.com/2024/03/24/konotaro-52/

    大林ミカが、そそくさと退散したのは彼女に纏わる色んな疑惑への追求を躱そうとしたのかなと思ったりします。いずれにしてもかなり深く浸透されていますね。それともう一つは…

    玉木雄一郎(国民民主党代表)
    @tamakiyuichiro
    河野防衛大臣時代に自衛隊施設への電力供給の再エネ化が推進されたとは知らなかった。外国が関与する小売電気事業者が、電気使用量データから自衛隊の動きを分析することは理論的に可能。自衛隊施設に電力供給する事業者にも、何らかのセキュリティクリアランスが必要だと思う。現状の運用を確認する。
    ……………
    新電力比較サイト⚡@powerhikaku
    これを機に、自衛隊等の重要施設への電力供給元を送配電事業者に切り替えるべき
    外国政府が関与する小売電気事業者などが自衛隊施設に電力を供給した場合、当該施設の電気使用量データから自衛隊の動きが分析される恐れがある。なお自衛隊施設への電力供給は河野太郎氏により再エネ化が推進されている
    …………
    玉木雄一郎(国民民主党代表)@tamakiyuichiro
    ご参考↓
    https://mod.go.jp/j/approach/chouwa/kankyo_taisaku/pdf/r02_chotatsu.pdf
    午後11:38 · 2024年3月24日

    米国最大の海兵隊基地キャンプ・ルジューヌからハッキングの恐れがある為に、電池製造大手CATLが製造したエネルギー貯蔵システムが撤去されたとの投稿もあります。米軍がこの懸念をしてCATLの蓄電池撤去開始しています。中国政府系ハッカーが送電網を含むインターネットに接続された米国の重要なインフラを標的にしていると米政府高官が警告したのを受けての様です。

    以下は、こちらでお読み下さい
    🔻河野太郎さん、防衛大臣時代にトンデモ無い事を推進していた事が判明 → wwww
    2024/03/27
    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1082225259.html

    • 2024/03/28 (Thu) 09:03
    • REPLY

    今國 護

    マスゴミが全く報じてない(特に産経以外?)事の方が
    より大きな問題に思える。
    こんな河野の言い訳なんか見てると
    万引きで捕まった中学生が、
    万引きした事を反省するのではなく
    バレて捕まった事を反省してるようにしか見えんが。

    タスクフォース、訳せば「機動部隊」だそう。
    人民解放軍の手先か。

    国際派

    河野が邪魔をしているのなら

    チャイナのプロパガンダデータがうさんくさい、というのは、世界の常識であるが、発電量とか、電力消費量とか、一見科学的なデータでさえ信じられない。それで、衛星から撮影した夜の照明の量などから推計する西欧の学者もいる。そういう国のいいなりになって、電力事業に参加させるとろくなことにならない。売り込み資料をまるまま政府の審議に使用して、ロゴを消し忘れたというのは、消し忘れが問題ではなく、そもそも外国のプロパガンダデータを使用してきたこと自体大問題である。世界最大のソーラーメーカーである中国隆基緑能科技が、経営難で、8万人の従業員の30%を削減している、ということを、ブルームバーグが最近報道した。世界中に納めた製品の保証やメンテや取り換えや廃棄をどうするつもりか。メイドインチャイナをあてにしてはいけない。製造業にはほとんど興味を示さない独自の産業構造をもつ豪州の家の屋根には、ほとんどソーラーパネルが乗っているが、90%がメイドインチャイナである。これではいけない、ということで、アルバニージー首相は、今朝、国内企業による国内生産のため、千億円を助成する、ということを発表した。日本にできないはずはない。河野が邪魔をしているのなら、首にせよ。

    • 2024/03/28 (Thu) 13:55
    • REPLY

    レッドバロン

    河野の一族企業である日本端子の成立過程からして、河野と中共は完全に利益が一致して、一蓮托生の存在と思わざるを得ません。こんなのが首相候補として取り沙汰されること自体が、日本の政界の明後日ぶりを世界に示す国際的笑い話しにしかならないでしょう。

    日本保守党の飯山陽氏が東京I 5区の連日の辻立ちでここを先度と河野一派を攻撃しているようで、マスコミがスルーしている分も含めて胸がすく思い。大いにやってくれえ。

    • 2024/03/28 (Thu) 17:26
    • REPLY

    Alinamin2011

    これを機に、あのクシャおじさんには政界から退場いただきたいのですが。

    シバサマ1966

    河野太郎、悪いところは親譲り

    河野親子は二人とも政治家としての権力をフル活用する知識、悪知恵と度胸がある大悪党と言えます。
    この悪事を暴くことをマスコミに期待は出来ず、ネット拡散しかないですね。
    太郎のふてぶてしい態度言動を見ていると、なんとも腹立たしい限りです。

    • 2024/03/28 (Thu) 22:38
    • REPLY

    とらこ

    政治家河野の悪評は三代の”伝統”です。

    • 2024/03/29 (Fri) 07:19
    • REPLY

    とらこさまへ

    河野三代

    河野一郎までは知りませんでした。
    ありがとうございます。

    • 2024/03/30 (Sat) 22:07
    • REPLY

    とらこ

    どういたしまして。
    思えばスゴイ家系ではありますね。負けまい!

    • 2024/03/31 (Sun) 00:51
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。