fc2ブログ

    「小泉官邸における安倍官房副長官」役の不在を補う完璧な代案

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     なにやら、次期首相候補として上川陽子という現外相の名前が上がりつつあるらしいが、宏池会属性のある人物はもういい加減にしてもらいたいものだ。上川氏に特別な嫌悪感があるわけではないが、その器にあらずと言わざるを得ないのだ。

     例えば、遂に実害が出た南鮮における戦時出稼ぎ労働者(いわゆる徴用工)問題。リン外相から「遺憾砲」が出され、外務省は駐日南鮮大使を呼びだし、抗議した。ルーティーンをこなした感じだが、当の上川外相は訪問先のブラジル・リオで、趙兌烈南鮮外相とにこやかに握手している。

    上川外相、南鮮外相とにこやかに握手


     唖然としてしまう。この上川外相の対応について、松原仁氏(無所属)は、「今回の実害は、日本の駐韓大使を帰国させるべきほどの重大な事案」だと主張している。当然だろう。条約の破棄にも繋がる蛮行であり、国家間の信頼関係(あればの話だが)を著しく損なう行為だ。こんな外相が次期首相候補?勘弁してもらいたい。

     さて、話題を南から北に移そう。複数の情報ソースで確認する限り、どうも岸田首相の訪朝は早晩、現実のものとなるようだ。「今こそ大胆に現状を変えていかなければならない」と発言しているが、その現状とは何を指すのかが不明瞭だ。国民の総意である「拉致被害者全員の一括帰国」という「現状」を変えるのなら、羽交い絞めにしても訪朝を阻止したくなるくらいだ。もちろん、私もこの問題の解決を切に願う国民の一人だが、拉致に関して何ら主体性を示してこなかった岸田、リン、上川等々の面々による解決に希望を持てない。なにせ、この内閣には、小泉内閣当時の安倍官房副長官役が不在なのだ。

     「救う会」全国協議会の副会長でもある、島田洋一福井大名誉教授が、こんなポストを投稿した。


     岸田内閣には、安倍氏のように「拉致問題に心血を注いできた政治家」がいない。拉致対策担当相は官房長官が兼務するが、リン長官が拉致問題に積極的にかかわったという話は寡聞にして知らない。その専門家の不在を考えれば、朝鮮半島問題における権威、西岡力氏の抜擢は「完璧な代案」になり得る。

    西岡力氏
    西岡力「救う会」会長と横田拓也「家族会」代表(右)


     拉致問題の解決に向け、民間の側で最も汗をかいてきたのが西岡氏である。朝鮮半島情勢に関する知識や情報では抜き出た存在であり、家族会の信頼も篤い。小泉訪朝時、拉致に関してほとんど知識がなかった小泉首相の指南役となったのが、当時の安倍晋三内閣官房副長官であり、内閣参与であった中山恭子氏だ。岸田氏が金正恩に軽く見られないような布陣を敷きたければ、西岡氏の抜擢は妙手だ。

     もっとも、岸田官邸が既にシナリオを決め、それに沿って動くだけなのであれば、西岡氏にその片棒を担がせるのは忍びない。訪朝自体を止めるべきで、そのいずれの対応にも「世論の力」が必要だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    波那

    (松原議員が言ってくれたのは知りませんでした)
    4、5日ほど前でしたか、韓国が徴用工に日本企業が裁判所に預けた供託金を渡したと言う記事がネットに広がり、日韓基本条約違反を韓国がとうとうやった、企業資産を売却したら制裁すると言っていた自民のあの100の制裁案はどうなった?また遺憾砲だけかとキチンと覚えてる人も居ました。思い起こせば”今は昔の”感さえある前の自民党には勢いがありました。それが今の忌まわしい政権がメディアに迎合して始めた統一協会騒ぎで安倍派、安倍派と死人に口なしで、さも安倍総理が統一協会とズブズブだった事にされ清和会虐めを執拗にされ、LGBTの人達も反対してたLGBT法は強硬に成立させられてしまい、そして今度は”裏金”騒ぎで貶められ、今の自民党は手足を縛られ押された方に転がるしかないダルマさんみたいです。誰一人、韓国に制裁しろと怒りの声を上げる自民党議員も居ない。みんな自分の身を庇い生き残れるようにする事しか頭にない。つくづく一票しか持っていない国民の何と力ないことか…支持率下がりに下がっても自分から辞めようとしない、今選挙したら議席減らすだけだと、引きずり降ろそうとする議員も居ない。選挙されない限り国民が騒いだところで何も変えられない、民主主義とはこんなに不自由な物だったのかと厭世観さえ国民の間に広がって行っている。今は立憲と共産党でない限り、自民党でなければいけないと思われていないです。二年ほどで、こんな世相にしてしまった「あの方」ある意味お見事です。

    (安倍総理が居た自民党)
    ▽韓国、日本の「100制裁案」に戦々恐々 「報復カードのうちやっと1つが出てきた」メディア懸念
    2019/7/4
    https://www.zakzak.co.jp/article/20190704-O5KNHKJOZRK7RIMU6PISLGPEQU/

    徴用工訴訟で、日本企業に実害が生じた場合、日本政府は対抗措置を発動する方針で、制裁案は想定されている=別表。

    前文略
    中央日報の記事にも、「農・水産物の輸入制限」「戦略物資の輸出制限」「短期就職ビザの制限」「送金制限」などが並んでいる。

    韓国に精通するジャーナリスト、室谷克実氏は「日本企業に実害が出るまで『制裁』はできないが、韓国対象の『優遇措置』は多々ある。韓国製品の検査厳格化など、少しずつ見直して、『日本の怒り』を韓国に伝えるべきだ」と話している。

    • 2024/02/26 (Mon) 07:44
    • REPLY

    とらこ

    西岡力氏の登用案はお見事だと思いますが、その際には必ず機能するそして西岡氏が信頼するスタッフを十分に加えて戴かないと、ただ岸田の表向きいつもの看板倒れになってしまいましょう。

    日常生活から無理やり袋を被せて狙った日本人を連れ去った北朝鮮ですから、その後「どこにどうしているやら調査しないと分からない」筈は無く、徹底管理下に置かれていると西岡氏他は情報の下に仰います。
    ですから、拉致に関しては日朝両国の「話し合い」や「交渉の余地」はなく、返さないなら日本側に北朝鮮中の探査を任せろ、と押し切るべきだと思います。

    岸田は訪朝で名を上げられると思っているのでしょうが、ご自分と日本外務省の交渉力の程度を冷静に見定めて戴きたいです。
    そして、4月に米国議会で安倍さん以来の演説を望んでいるそうで、形ばかりを繕っても国際的に陰で嗤われる事にならねば良いが、とマイナス印象しか想像できません。

    国内では清和会潰しが成功して議員の公認権を全面手にしても、それは次期選挙で自民党が激しく議席を減らすだけの「効果」しか生みませんでしょうから、それを以って政局勝利と考えるのであれば、果たして米国がまともに日本を相手にするか?悪しき方向に日本を誘導するだけでは無いのか、と危惧いたします。

    上川議員は、過去に米国民主党議員の政策スタッフの一員を務めていたそうですが、彼の国の民主党は押しなべて反日的思考の強い政党だと思いますので、彼女のその履歴は日本にとって利点にはならないのでは、と考えます。

    • 2024/02/26 (Mon) 08:53
    • REPLY

    今國 護

    まず第一に
    マスゴミが担ぎ上げる人物なんか
    真っ先に「NG」。
    逆にマスゴミが担ぎたくない人ほど
    日本と日本国民にとっての人材なのだろう。

    両班野郎

    日本の指導者が誰になろうが中国北朝鮮の負けは変わりませんよ?笑

    我々市井と違い、お上には海外情勢の詳しい情報が入るのです。

    中国北朝鮮の国力が落ち目だ
    って情報もね。

    同じ国会議員でも、当選するだけでヒイヒイ言ってるようなゴミ虫(共産、立民、れいわ、社民)は兎も角、政権与党の岸田氏や、否、小石河風情であれ、

    中国北朝鮮が負け犬と割れてしまった
    以上、差し伸べるべき手は無いでしょ。
    中国北朝鮮からすれば、裏切られたように感じ、斬首作戦を始めるかも知れない。
    テメーの実力不足が悪いのにね笑

    中国の不況話は飽きたので(ツッコミ間に合いません)、いいネタ入ったらまた皆さんにご紹介しますが、今日は北朝鮮のお話。

    「途上国のクセに出生率1.6」
    (理由)決して、豊かになったわけではないが男も女も食べるのに必死すぎて余裕がござらん
    それでいて社会福祉財源が無く医療も最低

    なるほど少子化になるわけだ。
    仮に生まれても夭折だろうな。こんな環境では。

    北朝鮮にはマンパワー「しかない」
    機械化もデジタル化も無いくせに少子化でそのマンパワーすら失われるとか、底辺中の底辺だろ。

    子供達が「育てば」海外で低賃労働させたり、サイバー兵士にして弱い仮想通貨事業者にハッキングさせて、外貨や仮想通貨を稼ぐそうだ。
    その子供達が減るぞ?北朝鮮はな。

    しかも、日に日に北朝鮮が貧しくなるなら、後者の、サイバー兵士できるようなまぐれ当たりのギフテッドは益々減り、逆に増強される日帝の官民のサイバー部隊に軽く返り討ちにされるようになりそうだなあ?

    ギフテッドだろうが十分な栄養や教育や器材が無いんじゃ大した働きはできまい。つか普通にのたれ●ぬわ。
    北朝鮮を倒すチャンスが到来した。

    • 2024/02/26 (Mon) 10:53
    • REPLY

    aozoratenki2

    拉致解決の手段のひとつとして軍を持つことです つまり独立国となり国防のために核を持つことです でなければ問題は先送りばかりで根本的な解決になりません 警察も闇を抱えており在日Chinese&koreanは敵に廻しません 北海道ススキノがヤクザを追い出したためChineseMafiaのネグラになったのも警察の対応故です 問題先送りの繰り返しで関係者が亡くなるのを待っているとしか思えません

    • 2024/02/26 (Mon) 11:12
    • REPLY

    国際派

    統治コスト

    いまだに植民地時代の損得をむしかえすなら、日本も相互主義で統治コストを請求してやれ。日立や三菱が作った発電所や交通システムで半島は産業が発展し、日本の軍艦やゼロ戦が半島を守ってやったおかげで、半島は、赤軍にも侵入されず、B29にも爆撃されずに第二次大戦をほぼ無傷でくぐりぬけたのだ。日本が盾となってB29の爆撃をうけ、満州国がソ連の赤軍をブロックしていた。日本ほど植民地を大事にしてやって、ただで助けてやった国はない。それがわからないのなら、断交せよ。損するばっかり。日本政府も日本企業もいいかげんめざめたらどうか。イギリスはインドの統治コストとして、現地税収の20%を本国費として送金させていた。日本政府は朝鮮政府の現地税収の2倍のお金を仕送りし続けていたという。

    • 2024/02/26 (Mon) 12:09
    • REPLY

    両班野郎

    4月の国賓訪米で、岸田首相が安倍晋三先生以来6年ぶりの米議会演説を行うとのことだ

    また「中露朝に不利な」タカ派な軍拡
    をアメリカと約束して帰ってくるであろう。

    決して中露朝のことは庇ってくれない

    岸田文雄の聞く力
    とは、強い者やポピュリズムに従うという意味だ。
    彼に話を聞いてもらう、否、聞「かせる」には己が強くなるしかないぞ?

    この点、中露朝は岸田氏が言うこと聞かないと逆恨みし()、
    日本の保守の皆様も保守政策や保守人材を採用してくれないと嘆くが、

    「アイツら(中露朝)よりは」
    保守派の方が厚遇されてるよ。
    私が俯瞰する限り。

    無論100点満点じゃないが、軍事予算倍の件とか、サヨクに媚び売ったと油断させといて、急に右に戻ってくるんですわ。
    「現実安保」の世論圧力に屈したのだ。

    一方で、同じ圧力に直面しても、あくまで金主の中露朝を裏切れない「意気地無し(共産立民れいわ社民)」もいることだし、それに比べれば岸田文雄は相対評価で
    まだマシ。

    あと、日本の保守の勢いは、まだまだこんなものではなく上り竜である。
    そこは安心してよい。

    岸田文雄は右傾化するよ。

    有権者の方も、日本人は一所懸命だから極端から極端に振れる。
    今まで超左を強いられてたら、「反動で」今度は超右だから笑
    共産主義者とその下っ端のサヨクは八つ裂きの方向で!

    • 2024/02/26 (Mon) 12:46
    • REPLY

    レッドバロン

    石原伸晃の「金目でしょ」ではないが、しょせん拉致被害者を取り戻すのに一人頭幾ら払うのか、という値段の交渉。そう言えば伸晃も宏池会の系列だったわな。

    これが米英だったなら、自国民を攫った北朝鮮に対して、解放の期日を区切った最後通牒遠を突きつけ、、拉致誘拐犯の引き渡しと処罰を要求し、叶えられなければまず第一段として不審船基地の徹底的な破壊を実施し、次には将軍様の頭上に弾道弾が降り注ぐことになっていたでしょう。

    東アジアの一画に北朝鮮のごとき夜盗国家と日本のように何でも金目で解決するしかない卑しい町人国家が存在するのは偶然ではありません。これはセットのようなものです。日本のように国家の名に値しない、訳の分からない存在があるから、北朝鮮は余命を保てるのです。

    蓮池氏の話しによるとめぐみさんは二度脱出を図って、北朝鮮の当局に阻止されたそうで、胸が潰れる思いがします。どのような手段を使っても、何としても救出せねばなりません。

    • 2024/02/26 (Mon) 18:55
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。