fc2ブログ

    自民党が「膿を出す」なら、中共人スパイの浸透疑惑から。政治資金問題など小さすぎる!

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     22日のエントリーで、公安当局が秋葉原にある中国秘密警察の拠点に捜索に入ったという事案。中共人2人が書類送検されたことは周知の事実だが、デイリー新潮によると、そのうちの1人は“あの”人物らしい。

    自民党参院議員“元秘書”の「中国人美女」がついに書類送検 捜査のウラにあった中国「秘密警察拠点」と重要法案の存在(デイリー新潮)

     警視庁公安部は2月21日、中国籍の女2人を詐欺容疑で書類送検した。どのメディアも報じていないが、実は女のうち一人は自民党参院議員の「秘書」の肩書を持ち、参院議員会館の「通行証」まで持っていた過去がある。さらに関係先として捜索を受けたなかには、中国が日本国内に秘密裏に設けた「警察拠点」と見られる建物も含まれていた。極秘捜査の裏側に迫る。


     デイリー新潮によれば、警視庁公安部は昨年5月、秋葉原のこのビルの家宅捜索を行ったが、「在外中国人などに向けた免許更新業務を行っていた」ことを示す証拠類の押収にとどまっていたという。ただ、公安部はこの家宅捜索後も自民党議員の秘書の周辺を洗う内偵捜査を進めてきており、明確な違法行為として浮上したのが新型コロナ対策の持続化給付金を騙し取った容疑だった。このタイミングでの送検となった背景には、高市経済安保相が進める最重要法案、セキュリティクリアランス制度の法律が囁かれているという。

     この、中国秘密警察の拠点に、明らかに席を置いていた中共人女性が、過去、自民党の参議院議員、松下新平の「外交顧問兼外交秘書」の名刺を所持し、参院議員会館に自由に立ち入りできる「通行証」まで貸与されていたという事実は衝撃的だ。松下には以前からハニトラ疑惑が囁かれ、中共人女性を秘書に抱えるリスクは、永田町はいざ知らず、SNSでも指摘が多数に及んでいた。そういう現実を野放しにしてきた自民党の危機感の無さには呆れしか感じない。この議員がまだ何の問題もなく、議員を続けていられる現実も受け入れ難い。

    松下新平と、書類送検された中共人女性秘書
    松下新平と、書類送検された中共人女性秘書


     今回の対応が逮捕ではなく書類送検という形をとったことについては疑問がある。持続化給付金の不正受受給は詐欺行為であって、明確な犯罪であるから逮捕が妥当だ。そういう細かいことを除けば、今回の摘発は公安当局によるお手柄だろう。国会議員には国政調査権があり、様々な機密事項にアクセスできるのがいまのザル状況だが、このスパイらしき中共人女性がどの程度の情報にアクセスでき、どの程度の影響力を持っていたのか、徹底的に解明してもらいたい。

     同時に、自民党の“緩さ”も批判しなければならない。特に宏池会のパーティーには中共人セクションが設けられるほど、多数のパー券が中共人に売られていた。その現実は、派閥解消によって有耶無耶にされ、現在進行形の政治刷新会議では外国人へのパー券販売については全く触れられていないという。そんなことで「政治の信頼回復」などと言われても、「零点!やり直し!」と突き返すしかない。

     膿を出すなら、こういうことから始めてほしい。比較論で言えば、政治資金の不記載問題など、些末に過ぎる。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    両班野郎

    共匪の海外警察のスパイ2匹は日本政府からコロナ給付金100万円を騙し取り足がついたとのことだ

    ①捕まり方がスパイとしてダサい、また、捕まる前に逃げられなかったのか?嘲笑
    …共匪のスパイの「水準」を知ることができ、有意義な逮捕劇だったな。

    なんというか雑。やっつけ仕事。
    その分じゃ諜報でも防諜でも色々と見過ごしが多そうだなあ?
    共匪本土でやたら日本のビジネスマンを逮捕するのも、本当に手強い米英スパイは逮捕する能力が無いから、実績を捏造するため、数合わせのために、弱い民間人に八つ当たり?

    共匪は「財政火の車の中」世界各国のスパイで5000億円使っているらしいが費用対効果は最低っぽい。
    ということが敵にバレてしまったな笑
    大丈夫カネ?

    ②100万円騙し取り足つくくらいなら、最初から潤沢な活動費を渡しといてやれよ
    …金欠なの!?

    これも敵にバレたらマズい情報だなあ。
    共匪は海外の活動で補給が行き届いていないぞ!
    年5000億円出す財政余力が失われつつあるということだ。チャ~ンス

    まあそりゃあそうだろうなと思う。

    「普通の国」なら諜報にも国内対策の防諜にも予算をつぎ込むものだが、国内で、
    子供じみた習近平(70)のプロレタリアート独裁を死守する
    という「余計な荷物」を強制的に背負わされる共匪の国庫は、防諜費の負担が大きいということだ。
    プロレタリアート独裁国は、その宿命として、
    大きな政府なのだ。賢くない。

    「それでいて不動産不況とデフレ不況によるGDP減と税収減か!」

    あっという間にカネは無くなるよなあ。
    あと党員や軍人ともによる「予算の中抜き」もあるんだって?
    虎の子ミサイル部隊でミサイル燃料の代わりに水入れてた事件についてはワロタwwww
    チャイナクオリティ~

    大丈夫カネ?(2回目)

    • 2024/02/25 (Sun) 08:39
    • REPLY

    両班野郎

    海外スパイはいつ逃げるかわからないから、裏切りの制裁は直接実行犯の「国内協力者」に課すのが合理的な選択である

    故郷や故郷の人々を裏切った者には
    ①過酷な制裁を加えること
    ②ただし上役や仲間を売れば減免すること
    をスパイ防止法により知らしめるべし。

    刑は「抑止」のためにある。
    ハムラビ法典以来の人類の知恵。
    元々犯罪などズル行為であり、ズル行為に走るようなヤツは弱いのだ。

    汗水垂らして働くズルをしない人が標準であり、保護すべき。

    マイノリティの弱虫サヨクをどんなに痛めつけようが社会に痛痒は無い。
    むしろサヨクに落ちようとしている迷っている者が、隣でサヨクが制裁されてる様を目の当たりにすれば、目が醒めるでしょ?

    そこに意義がある。そこが大事。
    サヨクはそのために犠牲になるべき。
    最期に世間「様」の役に立たせてやらないと。
    ごまの油とサヨクは搾れば搾るほどよいのだ。

    前川助平とか名を挙げるのも面倒くせーほどサヨクは数だけは多いが、どいつもこいつも根性無しだから司法取引持ちかければあっという間に密告合戦になり一軍崩壊するだろう。所詮その程度。

    司法取引に応じたサヨクは敵に報復される?
    →知らね笑

    自分が悪りーんじゃん自業自得じゃん
    「こっちは」情報さえ抜き取れば用無しだからー
    むしろ共匪なんぞについてけば使い捨てられることを迷っている者に知らしめることができるから、報復ウェルカムだ。

    • 2024/02/25 (Sun) 08:57
    • REPLY

    aozoratenki2

    スガ元総理も公明党とともに同類かもしれませんね
    Chineseに侵食される自民党 そして「日本」

    • 2024/02/25 (Sun) 10:34
    • REPLY

    sana

    国会議員に外国人秘書は過去にもいた

    多分、今でも。
    だから議員仲間では問題にしなかったのかもしれない。
    オザーの朝鮮人秘書。
    名まえは忘れたが、ある議員に台湾人秘書がいたのも知っている。
    政治研修名目なんだと思う。

    • 2024/02/25 (Sun) 20:46
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    中共スパイと自民政治資金・両問題への同時取り組みは可能だろうが

    今晩は。中共スパイの都内アジト摘発、我国公安は適切に動いた
    と思います。確かに 与党派閥の政治資金問題より深甚レベルと
    拙者も思います。

    その所に留意の上、与党自民はその気になれば 前出の両問題に
    同時に取組む力があるのではないでしょうか。そうでありながら
    、前者は危機感の希薄、後者は国民視線に立つ事のない不心得が
    問題を深めている様に想います。

    今からでも遅くないので、岸田政権は本当に危機感があるなら、
    前出の両問題に一定でも目途をつけるべく真摯な姿勢を見せる
    べきですが、どうもその熱量があるかは疑問が残る所です。
    恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、お届け出の次第であります。

    • 2024/02/25 (Sun) 21:23
    • REPLY

    とらこ

    一応「与党」の選挙妨害の「おかげ」でか、現在落選の憂き身を見ている長尾たかし氏の御本「永田町中国代理人」(題名不確かですけど)があるように、自民に限らず中共影響をまともに受けている国会議員は数知れず、の様子です。

    現在閣内に居る、アノ迷惑談話発表を悔いない人の子息の事務所にも存在した(未だにか?)と言われますし、疑惑を持たれても平気で特定外国人スタッフを抱える議員の「言い訳」は有権者の理解を超える域にあるかと感じます。


    外事公安が不起訴や精々書類送検で済ますのは、公判が持たない程の証拠しか集められないからかな、と思いました。それだけ相手は巧妙且つ証拠処理に長けているのではないでしょうか。
    捜査が遅れればそれだけ相手には証拠を消せる時間が与えられる訳で、一般国民の話題に上った時点で既に「遅し」ではないのかな、と。

    • 2024/02/26 (Mon) 08:20
    • REPLY

    とらこ

    訂正です

    憂き身=憂き目 とお読みいただければ厚かましくも有難いです。

    • 2024/02/27 (Tue) 01:29
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。