fc2ブログ

    青木理の「対話の窓口を作って突破口を」が示唆する拉致被害者の“斬り捨て”

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     変態新聞の世論調査で、岸田内閣の支持率が14%、不支持率が82%となり、限界サヨクの連中がこの数字をせっせと喧伝している。不支持率の80%超えは、同新聞が内閣支持率を初めて質問した1947年7月以来、初めてだとのことで、岸田氏は晴れて記録保持者になったようだ。

     “健全”な自民党であれば、とっくに岸田おろしが始まっているはずだが、その岸田おろしの主体となるはずの派閥は一部を除いて解体され、マスゴミが連呼する「裏金」(正しくは政治資金不記載)問題もあり、党所属議員は声を上げにくく、動きも見えない。派閥解消が誰にとって最も得だったかを考えれば、言い出しっぺの岸田氏が恩恵を受ける側にいることは間違いない。自民党が憂うべきは、政党支持率において自民と立民が16%で並んだことだ。変態新聞の世論調査は、数字が極端に出ることで知られるが、この傾向に共通する結果が他社で出てきたら、間違いなく赤信号だ。

     さて、話変わって「サンモニ」についてだが、デイリー新潮に興味深い記事が出ていた。

     世帯視聴率はその数字が高ければどの世代にも人気というわけではない。MCの関口宏氏(80)が3月末で降板するTBSの情報番組「サンデーモーニング」(日曜午前8時)もそう。2月12日放送は世帯視聴率が12.2%と堂々たる数字だった。

     しかし、個人視聴率のT層(13~19歳)は0.6%、同じくF1層(女性の20~34歳)は0.8%しかない。どちらも100人に1人も観ていない。極端なまでに年長者向けの番組になっている。


     さもありなん、というところ。記事を書いた放送コラムニストの高堀冬彦氏は、気を遣ってか、「年長者向けの番組」と書いているが、「高齢者向けの番組」と言い換えてもよいだろう。朝日新聞が「全共闘時代を謳歌した高齢者向け」という「角度」を付けた記事をせっせと出しているが、基本はサンモニも同じ。MCが関口宏から膳場貴子に変わるというが、内容に変化がなければ視聴者側にも変化は期待できない。

     そのサンモニに出演した、我らが(笑)青木理だが、一昨日書いた金与正の、「“解決済み”という北朝鮮の立場を受け入れ、“障害物”にさえしなければ、両国が“近づけない理由はない”」とした談話について、関口から北との間で「なにか動いているのかな?」と振られた青木は、こう解説している。

    わからないですよね。わからないし、一般的な分析はいわゆる日米間の連携にくさびを打つと、韓国が今ものすごい強硬姿勢なので、尹錫悦政権がね、だからくさびを打つのが狙いじゃないのかっていうような分析があって、確かにそういう面もあるし、韓国の頭越しに北朝鮮と交渉するのはなかなか難しい面もあるしね、さっきVTRでもあったように拉致問題解決済みって言われると日本としてはなかなかね、その前提じゃ交渉しにくいよねっていうのは確かにあるとは思うんです。
    ただ、今現状を考えると、アメリカがもしかしたらトランプ政権になるんじゃないかっていうくらいの状況の中で、中東、ウクライナ、あるいは中国でも手一杯で北朝鮮のことなんかも構ってられないっていう状況。韓国はもう本当にさっき申し上げたようにものすごい強硬っていう中で、朝鮮半島を巡る情勢がすごい緊張してるんですよね。っていう状況の中、日本が対話の窓口を作ってその突破口、平和と安定に向けた突破口みたいなのを作るっていう外交をするっていうのは、この地域のね、日本も大国として責任があるって意味で言うと、そういう道を模索して欲しいなっていうふうに僕は思うんですけれどもね。

    青木理


     これは極めて恐ろしい発想だ。なぜかと言えば、拉致被害者を奪還するという目的が脇に置かれ、対話をする、即ち国交を正常化するということが優先されている。実はこういう主張は、拉致がまだ一般的に知られていないとき、左派勢力から盛んに提唱されたものだ。朝日新聞は平成11年8月.31日の社説「『テポドン一年』の教訓 北朝鮮政策」で、拉致問題は日朝国交正常化交渉の「障害」だと書いた。亡き横田滋さんは、親の代から朝日新聞の読者だったが、これを読んで産経新聞に購読を変えたという。朝日はこれに懲りず、2004年に「アーミテージ国務副長官に聞く」というインタビュー記事の中で、聞き手である加藤洋一・外報部次長が拉致問題を「核問題を前進させる障害」と位置づけてた質問をし、「家族会」、「救う会」が朝日に対する抗議声明を発出している。そのような思想の残滓が、青木のことばに見え隠れするように思える。

     また、米国から相手にされず、南には強行路線を敷かれ、孤立している北朝鮮に対し、日本が地域の大国として対話を始めよという論は、天安門事件で国際社会から孤立していた中共に「まず日本が手を差し伸べよ」と説いた左派の主張の劣化コピーだ。当時の日本の中共に対するアプローチが大失敗だったことを思い出すべきだろう。

     「拉致被害者を絶対に取り返す」という信念がなければ、北との交渉などあり得ない。岸田官邸が軽い判断に走らぬよう、世論の牽制が必要だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    11 Comments

    国際派

    世界の信用を失う

    先週ミュンヘンの国際会議に出席したゼレンスキー大統領がスピーチをした。各国の首脳に、なぜ、プーチンがいまだに戦争を継続する能力を維持できているのか、あなたがた自身に問うて欲しい、という趣旨の言葉があった。いうまでもなく、ロシアからガスや石油を買ったり、間接的に半導体のサプライが続いており、そういう世界との交易によって経済や武器再生産の継続が可能になっているわけである。ロシアを非難しつつ、一方でロシアとは影で消極的に取引をしている。やめてほしい、というのが、ゼレンスキー氏の趣旨である。その一方、オープンに、悪げもなく武器を援助したり、ロシアに出張したりする、まぎれもないお友達がカリアゲである。そういう国と、国交を開始し、オープンに公式におつきあいするため、日本の首相が今のこのこでかけたら、世界はどう思うだろうか。世界情勢からみて、戦争が一段落するまでは、北とはいっさいの関係の凍結が望まれる。北の味方と思われては、西側の信用を失う。世界の信用を失う。

    • 2024/02/19 (Mon) 08:58
    • REPLY

    敷島やまと

    正体見たり青木某

    この人物は韓国の代理人かと思っていたが、
    実は北朝鮮のスパイだったのですね。
    納得!

    • 2024/02/19 (Mon) 09:07
    • REPLY

    両班野郎

    青木理ごとき「小者」のおべんちゃらより、北朝鮮大幹部で白頭山一族の金与正が弱音を吐いたニュースに価値がある

    白頭山一族が南傀儡を韓国予備し、日帝の頭を首相閣下呼びしたのである。

    負けを認め経済支援欲しさにへりくだったものと看做す。

    ところで、朝鮮人は頑なに負けや非を認めないが、それは「水に落ちた犬は棒で叩かれる」かららしい。

    つまり負けを認めた白頭山一族と北朝鮮人民は弱みにつけ込んで痛めつけていいってこと。
    それが朝鮮人の本望ということ。

    青木理が言ってる対話路線は、腹をくくって生きてるに違いない朝鮮人どもに逆に失礼なんだよ?
    そのまま息の根止めてやることこそが武士の情けというものだ。

    • 2024/02/19 (Mon) 12:09
    • REPLY

    両班野郎

    金正恩の権力固執は「惨め」w

    確かな経済成長があり、よって税収もうなぎ登りで、人民達をぶん殴って言うこと聞かせるための治安維持費が浴びるほどあるならばよいが、

    あいにく朝鮮民主主義人民共和国はそうじゃない。

    超貧乏で、経済成長どころか経済崩壊して闇市経済だ。
    皆めいめいに経済活動をし、そもそも経済統計すらできない。脱税もやり放題だろうな。

    底辺すぎる。

    「それでも」独裁権力を維持したい黒電話は、非を認めるという三文芝居を新たに始めた。
    人民達に謝るフリをする芝居をするだけなのでカネはかからない。

    謝る→謝罪汁!賠償汁!が朝鮮人のルールだが、黒電話のは非を認め「つつ」責任は部下に押しつけて自分だけいい子ぶる謝ったフリ。

    しかしこれも賢い策とは言えない。
    黒電話の部下は彼を守る藩塀である。
    藩塀を自ら打ち壊せば、

    「次は黒電話の番」
    なんすけど?笑
    賢いのか?そんな子供でも思いつく小細工が。

    最初のうちは、黒電話に粛清される部下「と政敵関係の別の部下」が拍手喝采する結果、黒電話本人に叛意が向けられることはないが、黒電話が八つ当たりを繰り返すうちに、危機感を持った部下どもが却って反黒電話で結束するかも知れんぜ?

    朝鮮人の本質は下剋上であり凶暴。
    忠誠心も愛国心も真心もねーよ。
    あるわけない。

    金正恩は同じ朝鮮人なのに朝鮮人の心がわからないのかよ?

    • 2024/02/19 (Mon) 14:41
    • REPLY

    ice58

    左派ブログの記事から拾った記事(の見出し)ー
    (埼玉)新座市市長選に関するもの。

    議員の所属政党をざっと見ると、国民民主、共産、無所属と。
    自民党所属の議員は皆無(に等しい)。

    道理で、埼玉県内でクルド人などの
    無法者外国人が跋扈するわけだ。

    ice58

    青木氏の言説の当たりは見ていなかったのですが、
    (彼の言説に基づき)国交正常化するとなると今以上に
    頻繁にミサイルが降って来そうな。
    拉致被害者の奪還など未来永劫訪れない。
    到底受け入れ難い話。

    この種の人々は、やはり邦人には冷酷なのだなと

    (横田)めぐみさんを返せ。

    西

    北の協力者など全員〇してしまえばいい

    北の協力者なんて全員〇してしまえば良いと思いますよ

    国交が無い上に、こうした数多くの犯罪を屁理屈で正当化しようとしている連中なんですからね

    スパイ防止法とかあったら、即座に全員逮捕、場合によっては〇刑でしょうからね

    拉致問題は解決済みなんて発言自体あり得ないですし、向こう側の都合なんてこっちからすれば知ったこっちゃありませんからね

    向こう側が交渉する気が無いのであれば、こっちも色々と圧力をかけていくしかないですからね

    絶対に折れるなんてことはしてはいけませんからね

    • 2024/02/19 (Mon) 18:35
    • REPLY

    naga

    指名手配

    > わからないですよね。わからないし、一般的な分析は  ・・・分からないし、一般的な分析しか "引用" できないなら、素人でもコメンテーターになれますね。

    > この地域のね、日本も大国として責任がある ・・・こういう時だけ日本を "大国" というんですね。

    こいつ以外にもタナカ・キン(田中均)もひどいものです。

    拉致被害者の奪還は、結局何を交渉しても返す気などないのだから、北朝鮮を崩壊させることに力を注ぐしかないと思います。結果的に被害者やその家族の死去してもしょうがないと腹を括りるしかないと思います。その代わり何があっても北朝鮮を崩壊させる。
    またすぐにできる事としては金正恩等を指名手配することでしょう。国際機関を通じた指名手配ができなければ日本として指名手配でも良いと思います。

    西

    追記

    拉致問題が解決しないのに、北と国交を正常化するメリットが何かあるのかと、青木らには問い詰めたい

    こ奴らには、根本的に都合の悪い事実を無視する卑しさが見え隠れしている

    • 2024/02/19 (Mon) 18:37
    • REPLY

    レッドバロン

    残念ながら青木理の望みは叶えられません。なぜなら北朝鮮を最終的に滅ぼすのは日本だからです。拉致問題の悪逆非道ぶりからすればそれが当然の結果でしょう。他の帰結はあり得ませんし、国民はそれ以外の解決を望んでおりません。青木理が個人的に大好きな北朝鮮に殉じたいのなら、それはどうぞ御勝手に。

    • 2024/02/19 (Mon) 21:12
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    「北」拉致事件を黙殺、青木見解と朝日論調の共通点

    今晩は。青木元共同記者のこの発言、たまたま拙者は見ていました。

    本当に「拉致事件との向き合いはどうした?」と糾したくもなり
    ました。勿論 この輩のこれまでの言動を振り返れば、誠意ある
    回答など期待するだけ無駄かもですが。

    所で朝日新聞一味は、拉致事件を日朝国交正常化の障害とみて
    いたのですね。

    薄々感じてはいましたが「やはりそうか」の想いを新たにする
    ものです。青木元記者の思考は、これと共通するものでやはり
    左巻きの思考はこうか・・つまり拉致被害者各位の人権問題は
    あくまでスルーという事でしょう。

    こんな思考は断じて認められず、過日の貴記事にもあった通り
    金 与正・朝鮮労働党副部長の「拉致事件解決済み」の脅しに
    乗る様な醜態は正に「あってはならない」事でしょう。

    「高齢左翼御用達」の TBSサンデーモーニングに大変化は期待
    できません。どの途「関口→膳場」の看板替えだけの話でしょう。

    • 2024/02/19 (Mon) 23:23
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。