fc2ブログ

    菅直人と現首相の共通点 ~ 首相にしてはいけない人物

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     旧民主党の菅直人内閣の閣僚らが15日夜、菅氏に対する慰労会を開催したそうで、当時官房長官だった枝野幸男や教育無償化を実現する会の前原誠司らに加え、よりにもよって、現職閣僚の自民党・松本剛明も参加したらしい。菅直人は次期衆院選の不出馬を表明しており、政界からの引退が決まっている。

     発起人となった北沢俊美は、福島の原発事故で周囲の反対を押し切って現地を訪問した菅直人に関し、「戦後政治の中で大きな災害を食い止めた名宰相だ」と最大級の評価を贈り、枝野にいたっては、今後の菅の動向について、「時代が放っておかないだろう」と持ち上げたそうだ。放っておかないどころか、1秒でも早く消えてもらいたい存在である。菅直人とは、ルーピ-鳩山と並び、日本憲政史上で最低・最悪の首相だという評価が大勢だ。今後は西東京地区におけるパヨクの連帯の広告塔としての役割を果たすだろうが、もうこの政治家を税金で養うことがなくなるという事実だけは歓迎だ。

    菅直人内閣同窓会


     さて、産経新聞に垂秀夫元中国大使のインタビューが連頼されており、その中身が非常に興味深い。垂氏が中国・モンゴル課長だった平成22年9月の尖閣沖中国漁船体当たり事件について、垂氏はこう語っている。

     「早く解決するように執拗に支持していたのは事実だ。前原氏をはじめ外務省は適切に対応していたと思うが、一人だけが尋常ではなかったと記憶している。

    ―― 前原氏は菅氏に呼ばれて外務省幹部と首相公邸に行ったと語った

     「(当時の)仙谷由人官房長官、前原氏、福山哲郎官房副長官、佐々江賢一外務事務次官、斎木昭隆アジア大洋州局長が菅氏の近くに座り、私は隅の方の見えないところでスチール椅子に座っていた。菅氏が仙谷さんにワーワー怒鳴った後、外務省の3人に『外務省、何やってるんだ!』と起こり、『外務省には専門家はいないのか』と言った。すると全員が私の方を振り向いた。前原氏が『中国・モンゴル課長です』と紹介したら、近くに席に座らされた。

     「菅氏が『(中国は)何をやろうとしてるんだ』と怒鳴っていたので、『中国は、圧力をかければかけるほど日本の政権は降りる(譲歩する)と思っています。これから中国はどんどん圧力をかけてきます』と説明した。そうしたら『何を言ってるんだ!』と怒るので、『いや、現に1年前、天皇陛下との会見は一カ月前までに申請する慣例(30日ルール)があるのに、中国からの強い要請で(民主党議員からの)いろいろな働きかけがあり、皆さん、降りられました』と言い返した。すると彼はほとんど何も言えなくなった」


     垂氏にはいずれ回顧録を書いていただきたいと思う。中国人体当たり船長の超法規的な釈放は、近現代における日本外交の最大の汚点のひとつだ。那覇地検の検事に全責任を負わせ、国家の領袖が責任から逃げ、惨たらしい土下座外交を展開した事実は、すべての日本国民が記憶しておくべき負の歴史である。そんな思い出したくない人物を「名宰相」、「時代が放っておかない」などと褒めちぎる、旧民主党のDNAを持つ政治家連中には、菅直人と連れ立って、一秒でも早く政界を去ってもらいたい。

     首相にしてはいけない人物がいるのだ。現首相にも相当程度、当てはまる定義ではないか。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    両班野郎

    スパイ防止法制定してカンチョクトを拘束●問して色々吐かせたい

    共産主義に魂を売りヒトの尊厳を失ったヤツだが、モノ(情報源)としての価値はあるからな。

    ●ぬ前に情報置いてけや。
    んで、芋づる式に仲間や上役の敵スパイを狩りまくる。

    しかしそれにしても、今まで往生際悪かったチョクトが、急に政界引退とか

    妙だな。
    共産主義が亡ぶこととスパイ防止法制定の機運を感じ取ったからニカ?

    チョクトは若い頃からそういう勘が鋭い。
    チョクトは若い頃から共産主義で飯を食ってた弱いヤツだが、不良学生達のデモで隊列を組む際、敢えて「4」列目に退いていたそうだ。
    ご主人様の共産主義勢力に自称忠誠心をアピールしたいなら、もっと前の方がいいんだが、そういう猪武者はみんな機動隊に捕まった。
    機動隊関係者によると、当時「3」列目までは逮捕する決まりとしていたとのことで、後でチョクトが原発一斉停止して日本を不景気に陥れた際、4列目の男カンチョクトを逮捕しなかったことを後悔したと云う。

    あの時あのガキを潰しておけば、と。

    今回、そのカンチョクトが。4列目どころか政界引退し、要はプロレタリアート革命のためにマンセー突撃して●んで来いという習指導部の命令を「無視する」わけだ。
    落ち目の習近平のために働きたくない、と。

    チョクトが見捨てるようでは、マジで近平と共匪「永くない」のかも知れん。
    そうであるなら、潔く降って仲間と指示役売れや爺(最初に戻る)

    • 2024/02/18 (Sun) 08:07
    • REPLY

    ice58

    No title

    (サンデーモーニング内で)
    ナワリヌイ氏の訃報を真っ先に取り上げた当番組。
    ナワリヌイ氏の逝去によりプーチン独裁政権踏襲かと、
    反乱分子を悉く粛清するロシアの現状に
    問題提起して欲しかった。言及して欲しかった。

    続いて報じたのは言うに及ばず、「裏金問題」。
    いつ何時でも準備万端な自民党叩き。
    野党もそれなりのことをそれなりにやっているのにね。

    両班野郎

    ナワリヌイ氏大統領にした方がロシアは持ち直したのにな

    元々途上国のロシアに
    更に無駄遣いさせる爺(プーチン)は必要?
    余計日米欧に勝てなくなるじゃねーか。

    プーチンの面子が潰れる→プーチンが立ってられないだけ
    プーチンが五選できない→プーチンがただの人になるだけ

    ロシア連邦に痛痒は無い。

    「代わりの」大統領が国の舵取りするだけだから。
    そのうちまぐれ当たりで優秀な指導者ガチャを引くこともあろう。

    雁首揃えてウラジミルプーチンの食い物にされる1億5000万のロシア人…
    マヌケw

    それを10倍にスケールアップしたのが「習近平の」中国。
    プーチンも近平も民族の再興を「口実にして」権力集中しているが、マジで民族再興する気なら

    「まず降りろよ」指導者を。

    途上国のロシアも中国も経済成長頭打ちで苦しい時に、

    無駄遣いさせんじゃねーよ。

    プーチンと近平の息の根止まれば、無駄遣いも止まって、祖国は少し生きながらえることができるんだよ。安い犠牲じゃねーか?
    後生大事にあの老害×2を庇い立てする意味は何だよ?中露両国民

    マ●かよw

    • 2024/02/18 (Sun) 09:12
    • REPLY

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2024/02/18 (Sun) 13:21
    • REPLY

    レッドバロン

    岸田君も振り向けば菅、鳩山しかいない場所まで落ちたか。菅政権と言えば、「柳腰」の、アカい官房長官などという気色悪いのもいたな。ハニトラ外相を抱える岸田政権も五十歩、百歩か。

    岸田さん、あと一歩でカン並みの声がかかっていますが、その一歩を死守することが大事ですぞ。今はもう死ぬ気で頑張って下さい。

    • 2024/02/18 (Sun) 16:55
    • REPLY

    Alinamin2011

    ここは日本だから

    まぁ、永年つとめた生業からの引退なんだから、歓送会くらいはやってあげる人がいても、いいですけどね。
    日本には死人を鞭打つような文化はないのだから。

    「メイ宰相」は「迷惑の枠を知らない宰相」という意味で言ったのかも知れないし、「時代が放っておかない」というのも、危機・災害時の政府対応の負の手本として未来永劫引き合いに出されるという意味ではあながちそうなのかも。

    厚生大臣なのに軽はずみにカイワレを犯人にして生産者を窮地に陥れてから、お詫びにカイワレ食ったり、
    年金未納三兄弟と揶揄したら、自分も未納と発覚して、坊主になってお遍路さんしたり。

    無責任な市民運動家の栄枯盛衰の象徴と申せましょう。

    願わくばルーピーのように悪霊になることなく、安らかに成仏されることを。

    あやまちは二度と繰り返しませぬから。

    あ、でも岸田が…

    とらこ

    我が日本を特別に「神の国」とまでは考えませんが、それでも、淡路阪神大震災時の村山内閣、東日本大震災&大津波時のカン内閣、このお元日の能登半島及び加賀越中越後大震災と津波時の岸田。
    被害甚大三者揃い踏みの唯一の共通点は「なってはならない地位にある首相」の存在だろうと感じております。
    二度とあってはならない反面教師の例、と国民全体が厳しく肝に刻むべき事と考えます。

    それでも多少岸田内閣がマシだったのが、カン内閣では他に手段が無くて自衛隊ヘリに依頼して帰東しようとした東電社長等の一行を名古屋辺りの上空からUターンさせ妨害したようなことは無く、都内滞在中の石川県知事の帰県を問題なく果たせた事でした。
    敢えて申せば、その違いは民間企業の社長と県知事という立場の「差」でしょうが、それでいてカンは東電本社に怒鳴り込んでいるのですから、その名は見たくも聞きたくもない迷惑者と言うしかないです。

    ま、カンは「短期の独裁者」と自認していた様ですから、能の無い者に「勘違いの独裁権」を与えた当時の民主党議員達の対カン評価が異様なのも当然でしょうね。

    • 2024/02/19 (Mon) 00:52
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。