fc2ブログ

    実は危うい岸田首相の対北「私が自ら必要な判断を行う。トップ同士の関係を構築する」宣言

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田首相は、拉致問題解決に向けた北朝鮮との交渉に、強い意欲を見せている。岸田外交にピークがあったとすれば、それは昨年のG7広島サミットであり、その後、外交的には目立った成果はあげることができていない。支持率も低迷し、起死回生を狙うのであれば、拉致問題が格好の材料だと考えているのだろう。

    日朝会談へ「具体的に働きかけ」 首相が衆院予算委で強調、拉致問題解決向け(産経)

     岸田文雄首相は9日の衆院予算委員会で、北朝鮮による日本人拉致問題解決に向けた日朝首脳会談実現への環境整備について、「私が自ら必要な判断を行う。具体的にさまざまな働きかけを行っている。そういった現状だ」と強調した。北朝鮮と水面下で接触しているかどうかなど、実際の取り組みに関しては明らかにしなかった。

     金正恩朝鮮労働党総書記との向き合い方について、首相は「昨今の日朝関係の現状に照らし、大胆に現状を変えなければならない必要性を強く感じる」と説明。「私自身が主体的に動いて、トップ同士の関係を構築する」と表明した。自民党の山田賢司氏の質問に対する答弁。

     首相は答弁で、北朝鮮の核・ミサイル問題への非難と受け取れるような発言をしなかった。対話姿勢を金氏にアピールし、首脳会談への前向きな対応を引き出そうとしている可能性がある。


     能登地震の見舞いに、北のカリアゲが岸田氏をして「閣下」と表現したのは、北の方も日本にアプローチをしたいということだろう。岸田氏は「私自身が主体的に動いて、トップ同士の関係を構築する」と表明しているが、何らかの具体的な交渉が進行中であることは間違いないだろう。だが、それが危うい。

    岸田


     答えは、令和2年の臨時国会における、有田芳生の質問主意書にある。

    九 政府は帰国していない十二人の政府認定拉致被害者に序列をつけているのですか。ありていにいえば横田めぐみさんや有本恵子さんたちの生存と帰国のめどが立たないうちは、田中実さん、金田龍光さんの生存確認はしないということですか。拉致問題解決への道筋のなかでの田中実さん、金田龍光さん個人の位置づけについて明確にお答えください。


     田中実さん(政府認定の拉致被害者)と金田龍光さん(特定失踪者)は、ずっと以前から北が「返してもいい」と言っている2人だ。田中さんは孤児院育ちで日本には身寄りがなく、金田さんは在日韓国人。どちらの方も、日本に帰国したとしても家族はなく、いったん日本に帰国しても、再び北に戻る可能性が高い。つまり、北にとって「痛くない」人選なのだ。

     北の狙いは、この2人を日本に戻し、その他の拉致被害者、特定失踪者については「日朝合同調査委員会」なる者を組織し、調査を継続する。そしてその傍ら、日朝国交正常化を実現し、日本から、巨額の経済援助をせしめるということだ。この「日朝合同調査委員会」は、北が拉致問題の幕引きを図るための見せかけの組織だという。つまり、田中さんと金田さんを返して拉致問題は終結、というのが北の魂胆だ。北のエージェントと言われる有田が、この北朝鮮の意図を汲み、或いは平壌からの指令を受け、なぜ田中さん、金田さんのことを俎上に載せようとしていたということだ。

     歴代政権は、この北の誘い水に乗らなかった。それが実際上、横田めぐみさんや有本恵子さんなどを「見捨てる」ことになるからで、「拉致問題はいつ解決するのだ!?」という世論の批判は受けようとも、我慢を重ねてきた。その禁忌を岸田首相が破るのだとすれば、極めて危険だ。

     FNNが拉致被害者の蓮池薫さんのインタビューをスクープし、その中で、めぐみさんが自殺したという北の発表は事実に反するん野ではないかというコメントを掲載した。蓮池も「チャンス」だと言っている。問題はそのチャンスが北の書いたシナリオ通りに進んでいないかということだ。安直な幕引きは許されない。岸田首相が、自身の功名心より、歴史的使命を優先することを願う。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    10 Comments

    (名前空欄)

    >歴代政権は、この北の誘い水に乗らなかった。それが実際上、横田めぐみさんや有本恵子さんなどを「見捨てる」ことになるからで、「拉致問題はいつ解決するのだ!?」という世論の批判は受けようとも、我慢を重ねてきた。その禁忌を岸田首相が破るのだとすれば、極めて危険だ。

    朝鮮戦争に加担して敵国になったから拉致事件が起きたんだよ。つまり、拉致事件は因果応報なのだ。
    理由があるから帰結があり、前提があるから結論があり、原因があるから結果があり、目的があるから行動があるわけ。
    いいですか。敵国で居続ける限り、決してこの問題が解決することは無いんだよ。

    • 2024/02/11 (Sun) 07:31
    • REPLY

    波那

    ≫問題はそのチャンスが北の書いたシナリオ通りに進んでいないかということだ。
    岸田なら手球にとれると思ってなかったら、あっち側から会っても良いなどと言って来たりしませんよ。非常に問題なのは岸田が歴史に名を残す偉大な総理として死しても尚越えられない永遠のライバル安倍総理の威光を凌駕したいと思っていることであって拉致被害者家族を思っての事ではないからです。だって拉致被害者の家族会の集まりに顔を出した事さえもなかったんですよ。支持率が上がったら二期目もやれるチャンスになります。ブルーリボンバッジを付けてる議員達が「全員奪還」の原則を引っ込めてしまうのではないかと心配でたまりません。だって支持率が上がったら自分らの議席も守れるわけだし。

    • 2024/02/11 (Sun) 08:33
    • REPLY

    国際派

    交渉の方針

    なぜ日本にミサイルをうってくる国に経済援助をしなくちゃいかんのか、まったくわからない。ミサイル開発の資金援助に使われる。拉致被害者への人権侵害や家族の心理的な被害に対する損害賠償として、逆にお金を請求する立場にある。拉致された原因は本人にはなく、政府の安保の不備なのだから、日本政府が代わって損害賠償請求すべきだろう。ミサイル発射が日本国民に与える心理的恐怖や政府の対応費用も加算して、毎年損害賠償請求を続けるべき。イスラエルは捕虜と人質を交換しているようである。日本政府は、拉致された人と交換に、地上の楽園にあこがれ、移住したがっている一部の奇特な人を送り出すのと引き換える、という交渉が考えられる。日本にとってやっかいな人を減らすというメリットがある方策である。

    • 2024/02/11 (Sun) 08:48
    • REPLY

    Alinamin2011

    北には北の狙いがあり、拉致被害者を返す身代金を出せと要求すること。

    せしめたカネで核開発をするのは目に見えており、その兵器をイランとかに売り込んで外貨を稼ぎ、王朝の安泰を図ることだ。

    岸田が突然拉致問題の話を持ち出し、ここまで宣言するのは、もう相手と話ができたと見るべきだろう。
    要するにテロ国家の要求に既に屈してしまったということ。

    血税をバラまくのに躊躇がない岸田にとって、カネで拉致問題に進展があるなら、あるいは、解決したと宣伝できるなら、躊躇する要因は何も無いと判断したのだろう。

    それを看破されても、横田めぐみさんが戻ってくるかもしれないとなれば、世論は北と交渉せよとなるし、少なくともその岸田の交渉をやめろという動きは封じられる。

    蓮池薫の発言は、その観測気球だと察しもつく。

    そして日本は欧米から見放され孤立し、中国ロシアに、韓国、台湾といっしょに絡め取られる。

    中露がそれを狙っているのは当然。

    腰抜け岸田は彼らにとって格好の獲物。

    岸田はもはや、日本の厄災から世界の厄災になる。

    岸田といっしょに日本全体が沈むのを座して待つべきではない。

    既に非常時に入った。
    高市さんは、ここは閣僚を辞してでも声を上げるべきときではないか。

    こんな首相をこれ以上野放しにしていると、日本人は永久に後悔することになる。

    西

    お前、何様?

    多分、ゴミの書いたラクガキは消されると思いますけど、腹が立ったので

    >朝鮮戦争に加担して敵国になったから拉致事件が起きたんだよ。つまり、拉致事件は因果応報なのだ。

    意味不明な上に、朝鮮戦争に加担したら拉致して良いなどとは、どこの国にそんなものがあるというのか

    旧ソ連諸国ですら拉致など行っていないのだが(敢えて言えばシベリア抑留くらい(ただし、実態は捕虜に近いが))、国家の意思で拉致を行った国など、前代未聞だろう

    拉致に関しては、明らかに北朝鮮に100%の非があるわけで、日本には一切無い

    しかも、北が拉致を行ったのは、停戦した後で、戦争中の話では無い

    責任転嫁もいい加減にせいよ

    • 2024/02/11 (Sun) 09:08
    • REPLY

    両班野郎

    プログ主様、リフレッシュできたでしょうか?

    早速プログを更新いただきありがとうございます。

    世界から見捨てられたスラムのような、
    弱小=金王朝と
    首脳会談ですか?
    なんとムダな。

    外交成果なら同じ発展途上国でも、対中包囲網を見据えたASEANの切り崩しとか、
    他に交渉相手がいるでしょうに。

    支持率低迷の岸田首相が動揺して口走っただけで、「実現は」しないと思いますがね。
    また、首脳会談だけ実現しても肝心の経済支援が引き出せなければ金王朝に旨みはなく、旨みがないどころか、

    ナラティブ(物語)上は外交の天才の金正恩が恥をかかされたということで、体制動揺に繋げられるよい「嫌がらせ」ですよ笑

    トランプ前米大統領に呼び出されて成果無しの金正恩は傑作であった。
    金正恩は腹いせに、会談設定に関わった幹部を粛清したようです。

    北は決して豊かな国ではなく、人口も3000万いない程度。
    五体満足でしっかり育ち、しかも海外と渡り合える人材は少なく、それを旧ソ連式の「畑で取れる」から捨てて由ヨシは無いでしょ。

    何処にそんな余裕が?

    米朝首脳会談空振りで、北朝鮮に打撃を与えることに成功したわけです。

    バイデンや岸田も同じ嫌がらせをするのか、他に外交日程もあるから放置するのか、まだ読めません。

    なお、
    トランプ前米大統領が特殊だっただけで、今のバイデン大統領は事務方が積み上げた結果として首脳会談するタイプであり、岸田首相がそれを差し置いて黒電話と首脳会談は考えづらい。

    また、アメリカの他に、岸田首相を裏で操縦する自民党の有力者達は北朝鮮嫌いにつき、岸田氏の勝手を赦さぬでしょう。
    よって「聞く力」の岸田首相は動けないと思いますがね。

    • 2024/02/11 (Sun) 09:40
    • REPLY
    やす

    やす@管理人

    Re: お前、何様?

    西さまのお怒りはごもっとも。
    ただここは、他国民の拉致という国家犯罪を無理やり正当化するewkくんの残念すぎるロジックを、標本として残しておきます。

    ちなみにewkくん、本日はアムステルダムからの投稿でしたwww
    ストーカーとして立派に成立しますね。

    • 2024/02/11 (Sun) 10:01
    • REPLY

    両班野郎

    7年かけて暗号資産業者にサイバー攻撃してやっと4000億円稼ぐ北朝鮮

    7で割ると、年間700億円くらい?

    なお北朝鮮の体制維持のためには年間3000億円必要
    とのことなので、足りません笑

    まぐれ当たりで生まれた神童達をサイバー部隊に根こそぎ動員して、逆にこの程度の北朝鮮。 
    貴重な国の頭脳に泥棒させてこの成果はなあ。しかも相手は日米の政府機関じゃなく、セキュリティガバな民間(暗号資産業者)だぜ?

    もう一つの外貨収入の柱は武器密輸とのことだが、これも商売絶好調の韓国の武器輸出が1兆円(後開発途上国相手のダンピング)なので、国連制裁により瀬取りとか規模を抑えた武器輸出しかできない北朝鮮が2000も3000も稼いでるとは思えませんな。

    年間3000億円は未達か、ギリ達成と思われ。
    達成できない場合、幹部に与える褒美や人民の叛乱対策に事欠くようになるとか。

    しかし現に亡んでいないのは、金王朝の実力ではなく、「あまりの貧しさに」党員も軍人も人民も、無気力無関心になってるだけ。
    妥協の産物なんだよ。運がいいだけなんだよ。

    北朝鮮の人口3000万が総じて無気力無関心な状態で、日帝米帝に挑むのは絶対無理だし、南傀儡(韓国)の征服も

    無理だろうなあ…

    だから金正恩は韓国を南傀儡と呼ぶのを止め、敵「国」と呼ぶようになったとか。
    赤化統一を諦めたのだ。ヤツは負け犬だ。

    こうなると、マルクスの共産党宣言に忠とは言えなくなってくる。
    一国社会主義(スターリン主義)ってやつ?
    ブルジョアジーに勝てないと「認め」引き篭もるんだよね?笑

    まあ金王朝の場合は一国も支配できておらず、分断国家の片割れをヒイヒイ言いながら維持してるだけだから
    「半」国社会主義かな。

    ますます首脳会談の価値が無い。

    • 2024/02/11 (Sun) 10:03
    • REPLY

    (名前空欄)

    北朝鮮との外交で、岸田首相のやろうとしている事の根本理由、背景はあのLGBT理解増進法可決と全く同じパターンですな。
    実に底の浅い姑息な御仁であり、日本という国家の真の利益に真っ向から反します。一刻も早期の退陣がmustです。
    要するに、自身の政治的生命の延命、高いだけの空虚なプライドを何とか満たしたいという私的利益優先であり、国富、国家安全保障、長い歴史・伝統に裏付けられた国家威信等々などは二の次で、マスコミを操縦しながら、適当なレトリックで誤魔化そうとする。
    日朝合同委員会などというのはごまかしの組織であり、巨額の経済支援供与。
    そのくせ、いまだにプライマリー・バランス墨守の増税、社会保障負担等の
    しかけを財務省と共に推進する...。
    岸田首相、外務省の画策する対北朝鮮政策は、日本を国家として公然と敵視し、且つ、それを具体的に核兵器増強で担保し、日本攻撃に国家を挙げて励む独裁専制国家(=システムとして金王朝に奉仕する国家)北朝鮮に対するあるべき外交政策とは正に正反対の政策ではないか。マスメデイアもそれを批判する素振りさえ見せない。実に危ういです。

    • 2024/02/11 (Sun) 13:12
    • REPLY

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2024/02/11 (Sun) 16:51
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。