fc2ブログ

    「悪夢の民主党政権」の記憶が、「一度やらせてみよう」という誘い文句を拒絶する

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     支持率が底なしに落ち込む状況の岸田内閣だが、降ってわいたようなパー券疑惑がその定価に拍車をかけ、いまは、党政調会長だった2019年に「旧統一教会の元会長と会っていた!」と、朝日新聞が騒いでいる。我が国に『会って一緒に写真を撮ったら罰せられる罪』でも存在するのか。朝日の追及も無理筋だが、岸田氏が「旧統一教会との関係を断ち切る」などと自分で言ってしまったため、小型ながらブーメランが返ってきたということになる。いずれにせよ、これは「批判のための批判」でしかない。

     そんな岸田内閣を支えるはずの自民党では、政調会長が「高いガソリン代に慣れろ」という発言が出てきたり、党税調から子育て支援のための「対面キッチン設置リフォーム減税」のようなものが出てきたりと、見聞きしているこちらが眩暈を起こしそうな状態だ。岸田内閣以上に、党側に危機感や緊張感がない。理由は、野党がだらしなすぎて、政権交代の現実味がないからに他ならない。

     昨日Xを見ていたら、トレンドに民主党政権が上がっていた。何かと思ってみてみると、自民党政権に批判的なれいわ支持者の人物がこんなポストを投稿し、全方位化からツッコミを入れられる状況が発生していたことに起因するものだと思われる。


     「一回やらせてみたらいい」 ―― 2009年の夏の選挙を前に、盛んに使われたフレーズだ。あの頃、メディアも煽った自民党政権批判と民主党あげがブーム化し、「民主党に一度やらせてみよう」という空気が日本に充満した。そして、政権交代が起き、その後3年3カ月間続くことになる実験がスタートした。後に「悪夢の民主党政権」と呼ばれる失政の連続に日本の有権者が目の当たりにしたことで、2012年の安倍政権誕生ということになるのだ。「一度やらせてみよう」は悪魔の囁きのようなもの。その実験の代償は、政治家ではなく国民が払うことになるのだから、もう懲りている。

     女性自身という信用度が低い週刊誌が、1000人を対象に、「次に政権を取ってほしい党」についてアンケートを行ったところ、3位の立民を相手にせず、2位の維新の約倍の得票で1位になったのは、自民党だった。「ほかの野党よりマシ」という意見が多い一方、やはり悪夢の民主党政権の記憶が残る国民が多いということだ。

     日本に、健全で、政権交代の選択肢となり得る野党の存在は不可欠だ。少なくとも、立憲民主党の出番はないし、「立民とれいわならどっち?」という悪魔の選択を迫られたら、立民と答えるだろう。それほどれいわは「あり得ない」。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    5 Comments

    ツクノ

    ⚪自民党には、野党にはいないであろう、保守派の政治家もいる。自民党として、岸田総理のことは、安倍晋三さんも応援していたし、派閥に属しない高市さんも大臣として重用している。仮に政権交代したときは、野党の保守派の誰が大臣になるのかが、まったく見えてこない。

    ⚪マスコミ各社が注目すべきは、政権交代ではなく、自民党総裁選の動向や連立の相手である公明党の存在意義、野党第一党の交代があるのかどうか、ではないだろうか。

    ⚪パーティ券のキックバック問題など、お金の問題が世間では騒がれているが、公金チューチューのほうをマスコミ各社が報道しないのは、論点ずらしだと思う。立憲や共産やれいわのほうが、そのような癒着関係にあるからかもしれない。

    両班野郎

    共産主義者やサヨクの一回やらせて?は断固拒否

    応じた結果が、ソ連・中国・北朝鮮・クメールルージュである。
    党員以外にはこの世の地獄を味あわせるが「自分達は」収奪した富で物欲やセー欲を満たす…

    ことが歴史で証明された。

    「だから」共産主義者やサヨクだきゃー

    最後の一人まで

    絶滅させねばならない。
    マイノリティとしても存在を赦さない。
    我々地球人類は共産主義者に征服戦争を挑まれたので(カールマルクスの共産党宣言が宣戦布告代わりだ)、

    絶滅戦争で、
    やり返す。

    嫌なら思想転向して、仲間や指示役の共産主義国スパイを
    売れよ「下っ端」サヨクども。

    • 2023/12/06 (Wed) 10:10
    • REPLY

    両班野郎

    因みに立民議員がゴーカン罪を犯したらしいが?

    普段何を考えて生きてるかがよく分かる。

    「自分以外は」
    モノ
    としか見てないんだろ?
    自分の運命の主人公は自分だ(北朝鮮の主体思想)的な?
    指示役がその価値観なら、下っ端闇バイト小僧(日本の軟弱サヨク)もそれに染まるだろうな。容易に。

    朝鮮通信使の精神でもある。
    自分は両班だから道すがら婦女子ボウ行しても美味そうな果物を取って食ってもいいと考えてるんだろうな。

    どう対応すればよいか?
    朝鮮通信使に町人達が取った対応(囲んでボッコボコにする)が正解!

    • 2023/12/06 (Wed) 10:18
    • REPLY

    今國 護

    統一教会が「悪」というなら
    首相が写真に写っていた事を取り上げるより
    米国下院議員と統一教会の関係を
    取材追及するのが
    本来のジャーナリズムとしての使命のはずだが
    そんな気配のけの字もないマスゴミこそ
    最大の『ゴミクズ』。
    こんな人たちが「ジャーナリズム」を名乗ったら
    皆んなで嗤ってやろう。

    ホシュ

    いえいえ、、。

    阿保。その考えが「失われた30年」と云う自民党政権の成果である。
    試しにやらせてみようと云う民主党政権の3年間は消費税も5%で、今よりも日本人の暮らしは遥かに良かった。
    国力も相対的に今の2倍はあったと云うのが事実である。
    小選挙区比例代表制と云う制度は、よりマシな者を選ぶと云う制度ではない。現状が駄目なら自民党議員であれば誰であろうと落選させると云う制度である。そうでなければ自民党の自浄能力は発揮されない。議員は落選するか、野党になるか、以外の動機では動くことはない。
    自民党議員を落とせそうな議員なら犬でも猫でも投票すると云う行動が正しい。
    さもなければ自民党議員も日本も日本人も「失われた50年」へと向かうだろう。沈没する以外の選択肢はない。

    • 2023/12/06 (Wed) 15:03
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。