fc2ブログ

    ホストクラブ売掛金問題は、国会議員が取り組むべき仕事ではない

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     このところ仕事が極めて忙しく、ニュースや国会議論を追えていない状況が続いている。そんな中で少し目についたのが自民党最大派閥である清和会の裏金問題というやつで、所属議員が販売ノルマを超えて集めた分の収入を裏金として、清和会が議員側にキックバックする運用を組織的に続けてきたという疑惑で、地検が立件を視野に動いているという。

     もし政治資金の運用に瑕疵があるなら、きちんと調査し、相応の責任が問われるべきだ。だがこの問題、「清和会に限ったことなのか?」という疑問が湧くのは、不自然なことではないはずだ。他の派閥も同じようなことをやっているんじゃないの?と思うのだが、何故だか清和会が狙い撃ちされたようだ。最大派閥の力を削ぐためのリーク?なんていう陰謀論さえ思い浮かべてしまうのは、政局を汚い目で見過ぎだろうか。

     忙しい中、その他はくだらないニュースばかりが目に入る。その筆頭がこれだ。

    【速報】立憲 悪質ホストクラブ被害対策推進法案を提出 (TBS)

    悪質なホストクラブによる被害が社会問題化していることを受け、立憲民主党はホストクラブの被害対策推進法案を国会に提出しました。

    立憲民主党が議員立法で提出した法案では、悪質なホストクラブ対策として、▼教育や啓発の推進、▼相談体制の整備・強化、▼実態調査を通じた被害防止などが盛り込まれています。

    ホストクラブの店員が女性客に高額な請求をして借金を負わせ、支払えない場合には売春をそそのかすケースが指摘され、被害者らは早急な対策を求めています。

    立憲民主党は他党に対し、今の国会での成立を呼びかけることにしています。

    立憲 悪質ホストクラブ被害対策推進法案を提出


     ひと言でいえば、死ぬほどくだらない。

     悪質ホストクラブの件、特に多額の売掛金(いわゆるツケ)問題が取りざたされたのは、恐らく先月上旬に、歌舞伎町で1000万だか2000万をホストにつぎ込んだ女性が、ヒモ状態だった男性ホストを相手に起こした殺人未遂事件が起きてからだろうと思う。旬なネタに飛びつくのが立民党の悪習だが、ここでも顕れた。いわゆる弱者の味方が大好きな彼らは、悪質なホストクラブを取り締まろうと、法制化まで要求する踊りっぷりだ。実にくだらない。

     そもそも彼らが国民から負託されているのは国の政治であって、このような法律を扱うことではないはずだ。こんなものと言ったら失礼かもしれないが、地方自治体の条例で済む話だろう。売掛金が払えずに困難に陥る女性もいるだろうが、彼女らはホストと遊ぶために自由意志で店に通ったのであり、それで金に困った女性を国が救済するというのは完全にズレている。この理屈であれば、キャバ嬢に狂ってキャバクラに通いつめ、借金で首が回らなくなったおじさんも救済されなくてはならない。そんなバカバカしいことがあるのか?

     LGBT法の例を挙げるまでもなく、この手の弱者救済法制は公金チューチューの温床になる。この「悪質ホストクラブ被害対策推進法案」自体が、立憲民主党が存在しなくても良いことを、逆に証明しているのだ。一刻も早く、国政から退場してもらいたい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    敷島やまと

    自業自得のおバカに救済法案とは世も末。

     そもそも彼女たちは被害者なのか?
    払えないなら自己破産でもすればよいだけでは?
    むしろ自ら進んで売春に身を沈めているとしか思えない。
    ホストに拉致されたわけでもなく、自らの意思で悪所に入り浸った挙句のことで、自業自得に過ぎないのではないか?
     たとえばいわゆるぼったくりバーなら、一度でも引っかかったら懲り懲りして二度と足を運ぶことはない。
    一方、ホストクラブでは高額遊興費と承知の上で通っている。女性の虚栄心や寂しさを若いイケメンが優しく無条件で癒してくれる夢の世界。そんなところで遊んだら高くつくのは当たり前。そういう場所なのだとよくわかったうえで通うというのなら、銀座の高級クラブと異なるところはない。
    すなわち、傍から見ればバカバカしい大金の無駄使いと思われても、ご本人がそれに見合う満足を得られるのなら別に損をしているわけではない。
    むしろ仕事とはいえ大の男が金で釣られていやいや馬鹿な女のご機嫌取りをさせられるホストの悲しい境遇に同情する。
    美女に入れあげて高級クラブの高額なツケが溜まって払えなくなり、借金を背負いこむ男なら世にごまんといる。
    いっそ彼らも被害救済してやったらどうか?
    余りにも自己責任という観念が欠如している。
    それにしても国権の最高機関たる国会で議論することは他にないのかね?
    税金払うのがあほらしくなる。






    • 2023/12/02 (Sat) 09:28
    • REPLY

    両班野郎

    安倍晋三先生を斬首作戦で葬り、更に清和政策研究会を政治とカネで葬れば共産主義勢力は安泰…

    ではない!笑

    「時勢が」敵だっつったろ
    清和会が仮に今回の件で潰滅しても、
    次弾が装填されるだけ。

    「次弾」とは、日本のマジョリティである中道気取りであり、これに属する政治家達が、これからは右的主張の時代だ「その方が無党派票稼げる」と雪崩現象を起こすことにより、次弾は無限に供給される。

    そういうカラクリなわけ。

    大体さー
    「フィクサーの」中華人民共和国が少子化と過剰債務とデフレ心理で超絶不況に陥り、金欠で国内統制すら危うくなろうってのに、なんで優雅に対日工作できようか?

    漕いでるうちは斃れない自転車と一緒で「習近平天寿でくたばるまでの時間稼ぎ」だったら、辛うじて叶ったり叶わなかったりだがね。

    「ヤツ」は自分以外誰の面倒も見ねーぜ?

    あんないい加減野郎にお零れ頂戴「乞食」する日本のサヨクどもは能無し。
    生きてく力(価値)なし

    • 2023/12/02 (Sat) 09:31
    • REPLY

    ice58

    そういえば、数年前に取り沙汰された、
    カジノ法案はどうなったのでしょう。
    現在の進捗状況が全然報道されていませんね。
    それにしても、野党は○○法案が好きですね。

    ホスト通いは自己責任の類。
    好んでそのような場所に赴いたのでしょうから。


    とらこ

    日本ではいつの頃からか「自己責任」と言う言葉に過剰反応して声高に「差別」に繋げる輩が居て、それも結構な勢力になっているのが気味が悪いです。

    自分で起こした結果は自分が始末するのがオトナの基本でしょうに、それをさせないのがまるで「優しく、正しい」かのように主張する恥ずかしいオトナ達。
    これじゃあ子供たちが世間に甘える生き方しか選ばないことになるのではないかしら。子供の頃からしっかりした倫理観を身に付けさせなければ、破産しても安易に国が払ってくれるべき、と真面目に思うバカが大量に出来てもおかしくない。

    ホストクラブに通って借金まみれになる女性なら国会で論じられ税金投入で助かる、かもしれないケースがあっても、これがクラブのホステスに狂った男性ならば、借金まみれになっても「馬鹿なやつ」で終わるでしょうね。不平等。


    最近多いですね。国会の場にかけるべきではない「話題」を目くじら立てて「審議」しようとする愚かな議員達。国会議員としての矜持は無いのか?
    明かな議員の質の問題だと思います。

    • 2023/12/02 (Sat) 19:26
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。