fc2ブログ

    ほとんど修正されていない自民党のLGBT法修正案

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     ジャニーズ事務所の元所属タレントが故ジャニー喜多川氏(前社長)から性被害を受けていたと告発した件が話題のようだが、この手のニュースはあまり追いかけていない。追いかけていないが、今までだんまりを決め込んでいたマスメディアが一斉にこの件を取り上げだしたのは失笑ものだ。私は芸能ネタは門外漢だが、ジャニー氏の性癖は、業界内ではかなり前から周知の事実だったようだ。彼らはそれを知っていて、自分たちの営業面での利益を優先してきたのだ。こんな連中が今頃性被害やらセクハラ、差別やらを説くのは噴飯ものとしか言いようがない。

     一方で、メディア以外にもこのネタに飛びついた連中がいる。誰あろう、立憲民主党だ。ジャニー氏を実名告白した2人を呼び、「性被害・児童虐待ヒアリング」を国会内で開き、ガソプ安住は「今国会で児童虐待防止法を改正を」などと言いだした。彼らには「やってる感」を出すために、旬なネタを逃さないという強迫観念でもあるのだろう。憲法や安全保障という国会議員の本分を語れない同党にとって、芸能ネタを引っ張ってくるくらいが関の山なのだなと、今さらながら思う。

     今日からG7広島サミットが始まるが、核使用をほのめかして世界を脅すロシアのような国が現存するなか、「核廃絶」なんて言い出しそうな首相を戴く我が国は、政治そのものが危機だ。「LGBT保護で周回遅れ」とデマを言う政治家やマスコミが多いが、核の現実的な脅威にさらされる中で「核廃絶」などと言いだしたら、それこそ周回遅れである。

    岸田


     周回遅れどころか、こちらは世界の悪しき最先端を突っ走ろうと言わんばかりの悪法が、LGBT理解増進法だ。自民党は「法案を骨抜きにした」などとお花畑的楽観論を流布しているようだが、自民党修正案を観察してみると、骨抜きなどというのは宣伝工作かと思ってしまうほどだ。

     特定秘密保護法には引っかからないと思うが、自民党議員にもまだ配られていないという自民党修正案を入手した。注目すべき部分は冒頭に出てくる。自民党が「性自認」を「性同一性」と言ってごまかした部分、いわゆる定義だ。

    (定義)第二条
    2 この法律において「性自認」「性同一性」とは、自己の属する性別についての認識に関するその同一性の有無又は程度に係る意識をいう。


     取り消し線の部分が、5月24日に稲田が他の野党と「握った」修正前のもの、下線が修正後だ。単純に「性自認」を「性同一性」と入れ替えただけ。単に単語を入れ替えただけで、中身はなんら変わっていない。つまり、性自認も性同一性も同じだということだ。

    「性自認」を置き換えた「性同一性」は、平成16年施行の性同一性障害特例法で医学的知見で厳密に定める性同一性障害者を指すと読める一方、性同一性障害の「障害」を抜いたため、性自認と同義であると解釈される可能性を残す。性同一性も性自認も、同じ「Gender Identity」の訳語だからだ。(以上、産経新聞より)


     この自民党修正案は公明党も了承したが、特定野党からは「後退した」との非難が出ているという。維新は2年前に超党派議連で作った修正前ものを出してくるといい、維新や国民民主には法案自体に慎重論が出ているようだ。この法案は「吊る」され、流れるという話もあるが、楽観的過ぎる。少なくとも、この法案を強行突破で了承させた自民党への不信感は回復不可能なところまで来ており、法案が成立しようとしまいと、自民党にとって保守派の離反は不可避だ。

     自民党は、G7でいい顔をしたいだけでこの法案を「やれ」と言った岸田文雄を恨むべきだろう。私は、法案に反対の姿勢を見せてくれた地元の自民党議員を断固支持し、応援するが、比例で自民党に投票するかと言われれば、今はそんな気になれない。恐らくそういう心境の有権者は、全国各地にいるはずだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    国際派

    G7開催に思う

    いよいよG7がはじまりました。個人的にはわくわくしております。やはり、欧米のアジアにおける信頼にたる窓口、パートナーは日本であると、あたりまえのメッセージを7年に一回だすことはだいじです。なにしろ嫉妬で発狂しそうな国がこしたんたんと日本の脱落をあの手この手で裏から活動している。バイデンの第一声は気にいりました。日米がともに手を取りあえば、日米はより強くなる。両国が強くなれば、世界はより安全になると、あたりまえであるが、大事な発言です。安倍さんという羅針盤なきあとも、日本への高い評価と期待感は残っている。日本は、総体的にみて日本人が思っている何十倍も世界での存在感があるということを、日本人が気づく機会にもなるでしょう。LGBT法というばかげた法案に自民が執着しているのは、やはりばかげている。そもそもバイデンの関心は安保の強化であって、LGBTなどどうでもいいのではないか。一般教書演説のメモをよみかえしたが、LGBTには一言ふれているだけである。米国のLGBT推進派からみれば、日本という世界の羅針盤がおすみつきをくれれば米国でも推進しやすいということがあるかもしれない。日本にとっては迷惑でも、世界の酔狂に冷静に対応できるのは日本だけであるから、なお慎重な対応がのぞまれるのである。核は中露に廃絶させる方策を考えるのが第一で、むこうが廃棄しないなら、日本も持たねばならない。むこうより、もっと強いものをもたねばならない。広島に場所を選ぶならそれくらいのことを首相は言うべきで、いまさら被害者ビジネスをやる機会でもないだろうに。また、安倍さんの始めたクアッド首脳会議が同時に広島で開かれ、日米豪印の首脳が対チャイナ戦略を再確認するのも大事なことだ。注視したい。

    • 2023/05/19 (Fri) 08:24
    • REPLY

    波那

     確かに"内紛"とか言って闘っておられる先生方もいますが、でも決まってしまえばそれまでですよね。公衆トイレがジェンダーレストイレにされてしまうと通勤してる女性や、日本は世界で一番安全と外国人達が驚愕する電車通学してる小さな女の子達も大勢居るんですよね。これまで変質者はトイレの個室に隠れて待ち構えてましたが、普通にトイレ内にタムロするようになれるんです。イギリスでは学校内のトイレをジェンダーレスにしたら男子学生が待ち構えていて女子学生がボコボコにされてました。
     あらゆる起こり得る場面を想定して、そしてそれを避けられるように、国民の安全を考えるのが何でも決めてしまえる立場に居る議員ではないんですか。勝手に決められた事で直に影響、被害を受けるのは議員ではなく一般の国民なんです。稲田朋美が一生、巷のジェンダーレストイレに入ることはないと思うと本当に腹が立つ。テレビで安倍さんが反対してたとは知らなかったと言ったあの嘘つき女。

    • 2023/05/19 (Fri) 08:42
    • REPLY

    今國 護

    ジャニの件
    こんなのギョーカイでは日常茶飯事。
    寧ろ、それで仕事を得るタレントやキャスターもいるくらい。
    ジャニだけ叩いたら、いずれ我が身にも…
    と思ってるギョーカイ人は多いでしょ。
    先だっても、大手音楽事務所社長が訴えられ裁判があったが
    それもマスゴミ殆ど報じず。

    自民保守派の離反
    で、選挙区で二人以上立候補する図式になれば
    マスゴミここぞとばかり「保守分裂」で煽りまくるだろうね。
    そうならないなら一体何処に投票するのだろうか。

    (名前空欄)

    これまで温泉地に旅行に行ったことが何度もありますが、旅館の入浴時間帯によっては女湯に誰もいなくて貸し切り状態だったことが何度かありました。
    もし一人でのんびり(あるいは幼い娘と二人で)湯に浸かっているときに自称トランス女性の屈強な男がグループでどやどやと後から入ってきたら・・・考えると恐ろしくてたまりません。

    一人で密かに女装を楽しもうが、カミングアウトして外見もすっかり女に変えて堂々とふるまおうが、好きに生きてくれて何の不満もありませんが、本来の女性の権利を侵害するレベルまで踏み込んでくるなら敵認定します。

    稲田朋美、これほどがっかりした政治家はいません。

    • 2023/05/19 (Fri) 13:54
    • REPLY

    とらこ

    昨日は「どうせ立民が反対するから(議員立法は全会一致での提出が原則)成立しない」と反対派への説得に努めるべてらん二枚舌の新聞記事を読みましたが、今日は新藤義孝政調会長代行が「この国会で成立を目指すのは当然」と記者会見。

    党役員の立場上の発言だとしても、発した言葉に変わりはないのですから、後で保守の立場に回帰しても私は二度と新藤議員を信じません。稲田クラスと変わりなし。
    成立するかどうかではなく、提出に賛同した時点で有権者から見れば「推進派」です。


    今後の選挙は地元の議員の本音が分かりませんので、白紙にしようか棄権しようか迷いますが、先日TVで聞いたロシアからモンゴルに脱出して来た男性の言葉が耳に沁み込んで、何処かを選ぶしかないか、と思い返す毎日です。
    「これまで選挙なんて行ったことがなかった。自分の一票で何が変わる訳じゃなし、と思って居たから。だけど今、意味が無いウクライナ戦に徴兵されるようになってやっぱり選挙で投票してくるべきだったと反省している。」と。
    恨み骨髄に近い感情が先立って、蟷螂の斧でも自民党には投票するまい、と思っております。では、何処か?それが問題だ。


    • 2023/05/19 (Fri) 17:22
    • REPLY

    Dystopia

    Borderless

    LGBT→Queer
    幼児でも 心は大人 つながるよ

    Epstein island

    • 2023/05/20 (Sat) 07:56
    • REPLY

    A敦子

    自分を保守派と自認する日本国民は全員、LGBT法案を即時廃案させよう!(dt.: レアルな=engl.: リアルな行動が必要です。)

    自分を保守派と自認する日本国民は全員、LGBT法案を即時廃案させよう!(dt.: レアルな=engl.: リアルな行動が必要です。)

    下記へ、郵便葉書又はFAXで、LGBT法案の廃案を強く強く要求しましょう! (敬称省略)
    ・内閣総理大臣 岸田文雄
    ・内閣官房長官 松野博一
    ・自民党幹事長 茂木敏充
    ・自民党政務調査会長 萩生田光一
    ・自民党総務会長 遠藤利明
    ・公明党代表 山口那津男

    下記へ、郵便葉書で、徹底抗議及び即時辞任要求を強く強くしましょう!(敬称省略、日本語可)
    ・駐日本国米国大使 ラーム・イスラエル・エマニュエル(Rahm Israel EMANUEL)

    下記へ、郵便葉書又はFAXで、国会議員即時辞職及び政界即時引退を強く強く要求しましょう!(敬称省略)
    ・新藤義孝
    ・古屋圭司
    ・稲田朋美

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。