fc2ブログ

    周到に組まれたLGBT推進シナリオと、黙殺される反対論

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     「まんまとやられたなぁ」というのが率直な感想だ。

     ブログ全リソースを割いて反対しているLGBT法案に関しては、5月12日、「内閣第一部会・性的マイノリティに関する特命委合同会議」において推進派が非常に姑息な手段で部会長一任を取り付け、自民党全体が炎上中だ。(和田政宗議員は今でも一任していないという立場。) 残るハードルは党の政調審議会と総務会のふたつである。そのため、法案の阻止を、安倍総理の側近として知られる政調の萩生田会長と、保守派として知られる総務会の有村治子議員に期待する声が大きい。

    記憶しておくべき顔
    記憶しておくべき顔


     だが、このハードルは、残念ながら思いのほか低い。先ず、内閣第一部会というのは自民党政策調査会の中に作られている組織であり、大ボスは萩生田光一氏だ。仮に「一任」が岸田首相直々の指示であったとしても、ボスの萩生田氏が「部会長一任を取り付ける」という事前の方針を知らなかったはずがない。萩生田氏は法案の進め方について、「サミットで時間を切るというようなことは筋が違う」と、ゴールデンウイーク前に語っていたが、その後は黙して語らずを継続中だ。萩生田氏がこの法案進行のシナリオに組み込まれているとしても、不思議ではない。

     総務会の有村氏に関しては、かねてよりこの法案についての慎重論を述べてきているものの、総務会開催時刻に参議院内閣委員会がバッティングしており、「残念ながら総務会出席が叶いません」とのことだ。「参議院公務よりも自民党党務を優先する事は、議会人・党の規範としても倫理上許されない」とし、「偽らざる心苦しい現状」を吐露している。党の内部のことはわからないが、法案に反対しそうな有村氏の出席を不可能にするために、総務会をスケジューリングしたとしても不思議ではない。反対多数でも部会長一任を強引に決定するやり方を見ていれば、それくらいやるであろうことは、容易に想像できるのだ。

     15日に開かれた自公の政府与党連絡会議で、幹事長の茂木はLGBT法案について、「速やかに党内手続きを終え、国会提出へと進めたい」と述べ、岸田文雄は「国会提出に向けた議論が進んでいる」と語ったという。この二人は、既に党内手続きに支障がないことを「知っている」のだろう。総裁と幹事長というツートップがこのような明言をするのは「確信」以上のものがあるからだ。

    岸田


     テレビ朝日というどう見ても左派のメディアが実施した世論調査では、このLGBT法案をG7広島サミット前までに成立させる必要があると答えた人は25%で、成立させる必要がないはダブルスコア以上の52%だった。これは自民党の部会・委員会の推進・慎重両派の数字と傾向は同じだ。「聞く力」があることを標榜していた岸田文雄は、この件に関し、その力とやらをまったく発揮していない。していないどころか、意図的に表に出ないようにしているかのようだ。岸田派首相・総裁としての意見表明も説明も全くしていないし、なぜG7までの法案成立が必要なのかの説明もしていない。

     岸田が手下として使った新藤、古屋、稲田、守屋らのSNSを見てみてほしい。彼らのSNSのコメント欄は同法案に対する反対表明や「何とか止めてください」という悲痛な叫びで溢れている。岸田派、サイレント・マジョリティをサイレンドではない状態に起こしてしまったのだ。恐らくもう総務会での承認というシナリオはできていて、物事はそのシナリオ通りに着々と進行している。彼は、G7という晴れ舞台で政権浮揚もできるだろうから、ゴリ押しでも政権にとっての打撃にはならないと高を括っているのだろう。新藤、古屋、稲田、守屋らは看過できないが、彼らとて岸田にとってのスケープゴートであり、緩衝材なのだ。

     岸田文雄はルビコン川を渡ろうとしている。そしてその川を渡り切った時、保守層の怒りは沸点に達する。せいぜい心しておくべきだと言っておく。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    波那

     もう自民党は壊滅でもいいのではありませんか。とは言っても正確を期する為に反対の立ち位置に居た議員は其々の選挙区では当選させて上げたら良いとは思いますが。殆どの選挙区では、有権者はそこまで確認しないでしょうけど少なくともネットを見回す限り大勢の保守層が凄い勢いで、この件でもう自民党には投票しないと言ってます。一票しか与えられていない国民には他に何にも手立てが無いことの何と虚しいことか。それに現政権がどんな裏切りを仕出かしたか知らない、テレビしか見てない女性達も法制化された後一挙に女性トイレが無くなって行ったら自民党に怒りをぶつけ始めるでしょう。
    🔻「性犯罪目的の男が女性専用スペースに入りやすくなってしまうことが懸念される。女性のふりではなく、トランス女性のふりで足りる恐れがある」
    sankei.com
     今更言っても仕方ないですが総裁選で岸田が、これ見よがしに岸田ノートをチラつかせて「聞く力」とか言ってるのを見て国民に媚びる政治家なんて信用しては駄目よと、言ってる事を何も期待していなかったけど考えが浅かったです。思ったよりも酷かった。打ちのめされています。

     パチ倒さんが安倍総理が官房副長官の時代にアーミテージ国務副長官から慰安婦問題で韓国への譲歩を求められた際に
    「日本の保守派は親米派が多いが、米国による原爆投下や東京大空襲を忘れたわけではない。あまり米側が言い募れば、彼らもそうした過去を言い出すことになる」
    と言って米国からの圧力をはねつけた事を書かれています。つまり、安倍さんが居たらエマニュエルの傲慢な態度を跳ね除けられていた、こんなことにはならなかったと言う事なんです。エマニュエルは自国では共和党の反対で成立する見込みない事を日本でやらせ自分の成果にしようと躍起になってます。

    有権者の皆さん
    G7各国ともLGBTに特化した差別禁止法はなく、日本も憲法14条であらゆる差別を禁止しているため、日本だけ特別にLGBT差別禁止法を通さなければならない理由はありません。

    • 2023/05/16 (Tue) 08:26
    • REPLY

    匿名

    残念ながら

    茂木幹事長が15日の政府与党連絡会議で、LGBTなど性的少数者に対する理解増進法案の修正案に関し「速やかに党内手続きを終え、国会提出へと進めたい」と述べ、岸田首相も「国会提出に向けた議論が進んでいる」と語っている。
    残念だが、岸田首相と茂木幹事長が指示しているから、LGBT「利権」増進法案は進む公算大だろうな。

    • 2023/05/16 (Tue) 08:59
    • REPLY

    Alinamin2011

    エマニュエルの作戦は軒先を借りて母屋を取る盗賊と同じ。

    岸田がアメリカ国の政権にいい顔ができることを何より重視していることを見抜いている。

    萩生田が主様のおっしょるとおりなら、あれも国民より自身を優先する輩の誹りを免れまい。

    ここのところ気にはなっていたが、我々は「安倍さんの考えを受け継いでいるはずだから大丈夫な筈だ」という考えはもう捨てないといけないのだろうなと思います。

    萩生田にそうであってほしくはないのだが。

    シバサマ1966

    岸田くんは戦後民主主義者だね。

    国民の生活や感情など屁とも思って無さそうだ。総理大臣になり、宏池会のトップに君臨し、邪魔だった安倍さんもこの世にいない。
    勝って兜の尾を締める言葉もどこへやら。G7を間近に控えて浮き足だってるのがよくわかる。

    この度のLGBT法案。
    おそらく自分が操り人形になってることも感じないでいるのだろう。
    法案成立したところで、「賽は投げられた」なんて言うほど、事の重大さをわかってはいないと推測します。

    現代版コミンテルンとでもいうべきか、支那共産党の仕掛けた工作に多くの日本人がかかっている気がします。

    支那共産党の本音、本質さえわからない頭では、米国人の仮面を被った共産党又はそのシンパに気がつくこともないでしょう。政治家は歴史を学べよ。

    米国と足並みを揃えるつもりが、いつのまにやら支那共産党の思う壺にはまってやしないか心配です。

    本来の独立を果たす為に、先ずは憲法9条が必要なのです。

    • 2023/05/16 (Tue) 22:25
    • REPLY

    シバサマ1966

    脱字あり 修正いたします

    × 先ずは憲法9条が必要なのです。
    ○ 先ずは憲法9条改正が必要なのです。

    • 2023/05/16 (Tue) 22:34
    • REPLY

    レッドバロン

    日本がかくも情けない国になったのは、折口信夫が戦争に敗北した日本を、「十字軍的アメリカに対して、日本の神々が破れたのだと思いを致して以来のことです。

    とにかく日本に内在する倫理や正義は無効であり、正解はすべてアメリカから来るという状況がいまだに続いています。アメリカは戦後日本をキリスト教化しようとして、農漁村にまで大量の宣教師を送り込みましたが、そちらの効果はさっぱりでした。日本のエリート層より庶民の方がアメリカ化には抵抗力があったというべきでありましょう。


    山形県庁では早くも女子トイレに性自認女(生物学的には男性)が入ることを認めるそうで、むくつけき髭面の男でも外見で性別を判断してはいけないそうです。沙汰の限りであります。L G BTは清教徒の集まりか。L G BTの中にも当然一定比率の性的犯罪者は存在するでしょうに。

    先日、アメリカのテレビ局がクレオパトラの歴史ドキュメンタリーを放映したそうで。それがポリコレに嵌っている連中なので、黒人女優がクレオパトラを演じたそうです。それでエジプトの国民からは抗議が殺到したと。クレオパトラはプトレマイオス朝出身などで、ギリシャ系の美女。エジプトは歴史的に見て、彼らが宣揚したい「黒人文明」とは何の関係もないのです。

    たかだか200年の歴史しかないアメリカがエジプト4000年を弄っていい筈がありません。古代も、中世も、近世さえ知らないアメリカの軽佻浮薄さとはかくの如きもの
    であります。

    • 2023/05/16 (Tue) 23:40
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。