fc2ブログ

    党員とすら対話できない共産党、「気球問題は話し合いで解決」の笑止

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     ネットを徘徊していたら、「共産・志位氏、自分が防衛相なら気球問題「話し合い」」という記事に出くわした。私が購読する産経新聞の記事だが、読み飛ばしていた。で、冗談を言っているのかと思ったら、いたって本気らしい。

    共産・志位氏、自分が防衛相なら気球問題「話し合い」 (産経)

     共産党の志位和夫委員長は16日の記者会見で、領空侵犯した気球の撃墜を可能にするため、政府が示した武器使用の要件緩和に否定的な考えを示した。「気球の問題は話し合いによって解決させるべきだ。その努力がないまま、軍事で構えるということには賛成しかねるというのが私たちの立場だ」と述べた。

     志位氏が防衛相を務めていたと想定した場合の対応に関しては、「どういう性格を持った気球なのかにもよる」と回答。その上で、外交ルートで対処について話し合っていくべきだと訴えた。

     また、「いきなり軍事というやり方になると、この問題が契機になって、地域の緊張激化の一つのきっかけにしてしまうというのは、私は良くないと思っている」とも語った。


     お花畑もここまでくると標本として永久保存したいくらいだ。これは典型的な論理のすり替えだが、気球を撃破することが緊張激化になるといなら、気球を飛ばす側が飛ばす相手の国に与える緊張はどう説明するのか。話があべこべなのだ。もし私が気球を作るなら、「共産党は民主的な党首選を」という垂れ幕を気球に付けて飛ばしたい。ネットでは「自分のところの党員とすら話し合わないのに?」という秀逸なツッコミが入っていたが、まさに言いえて妙だ。

    志位


     共産党の欺瞞が次々と炙り出されている。8日、地方議員と統一地方選予定候補者を交えた共産党のオンライン決起集会が開かれた。党書記局長の小池晃はその中で、こんなことを言っている。

     いまマスメディアが、大軍拡反対の論陣を張るわが党への誹謗(ひぼう)中傷をくりかえしていることは重大です。松竹伸幸氏の除名の問題を使って、「異論を許さない党」「閉鎖的」などと事実に反する攻撃を行っていますが、わが党は志位和夫委員長の会見、一連の論文で明快に反論を行っています。これらをぜひ読んで論議して、全党が一つになって打ち破ろうではありませんか。

     みなさん。この攻撃の本質は、大軍拡に断固反対するわが党を攻撃し、その勢いを止めようとすることにあります。こんな卑劣な攻撃に絶対負けるわけにいきません。


     確かに志位は、マスメディアの質問に対して反論している。反論しているが、その反論の中身がまるで理解できないこと、また、それが欺瞞であるから、問題をひきずるのだ。小池が言う論文とは、赤旗に掲載された同編集局次長、藤田健の「党攻撃とかく乱の宣言」という論説を指すと思われるが、その論説が主張しているのは、党首公選を求めた松竹氏が「党則に反しているから」としか読めない。志位はBSテレ東の番組収録で、「直接選挙で党首を選ぶと党首に相当権限が集中する」から「必ずしも民主的だと思っていない」と語ったという。これを聞く限り、共産党の「民主的」と我々の「民主的」の定義はかけ離れていることがわかる。

     こういう偽善者であり欺瞞の党である共産党が、民主主義や平和を語り、そしてLGBTのような社会の混乱を招くような主張を声高に訴えるのだ。「差別は絶対にダメ!」「ヘイトスピーチを許すな」と主張しながら、彼らは安倍総理に対して明確なヘイト言動を繰り返してきた。ネットを掘り返せばいくらでも出てくる。要するに共産党という政党はその本質に説明不可能な自己矛盾を抱えており、今回の松竹事案でそれが露呈しただけなのだ。

     直近の読売、FNN・産経の世論調査でも、共産党の支持率は2%程度で、これが倍増するようなこともないだろう。こういう世論の支持がない政党なら、メディアに取り上げてもらうだけでもありがたいと思うべきではないのか。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    5 Comments

    特命

    共産党だから仕方ない

    記事下に広告の貼ってある立花隆『日本共産党の研究』を読めばわかりますけど、日本共産党は昔から抗争を繰り返してきましたからね。そして人死まで出した。
    いや、そもそも日共に限らず、共産党は世界的におしなべて不寛容ですからね。未だ日本に共産党政党があるってのが異常なんですよね。
    ファシズムと共産主義はともに全体主義であるというアレント以来の世界的常識を共有したいものです。

    • 2023/02/22 (Wed) 14:27
    • REPLY

    とらこ

    主様の気球垂れ幕はアドバルーンと言いますw。志位が撃ち落してはならんというのは、偵察気球ですから垂れ幕なんぞで目立っては役立たず。と言っても見つかっちゃっているのですが。

    日本を丸腰にしておきたい連中は、「軍事」には「外交」と言うのが教義ですが、軍事の後ろ盾がない外交は絵に描いた餅以下だと、今ではウクライナを見て日本人も多くが気が付いていますでしょうに

    今、日本に日本共産党を誹謗中傷しなければならない程に存在感を感じている人は居るのかしら?党幹部のスガスガシイ勘違いじゃないかな。
    常識世界の真実で語られると、日本共産党と中共とロシアプーチンと北朝鮮にとっては「誹謗中傷」で、自分達は同情を寄せられるべき「結社」だ、となるのかな。
    世のオヒダリさん方に共通するのは「問題点のすり替えによる逆襲になってない言い逃れ」だと感じます。

    先の松竹氏と日共批判メディアに対する志位の「結社」連発記者会見は異様に感じました。政党ではなく、結社。そう思えば如何にも志位小池等の不満は、赤旗同人誌に載せるのが相応しい。


    陸自は「対空電子戦部隊」を来年度にも新設するそうで、それは気球を墜落させることも視野に入れると。
    米国の気球撃破ミサイル映像を見て、中共などの邪悪さならこれからは撃破されることを前提にして、バルーンの中に猛毒物質満載するかも、と空想したのですが、陸自の構想であれば丸々分捕って精査分析できます。賢い!

    • 2023/02/22 (Wed) 18:23
    • REPLY

    男塊世代74

    皆、黄泉の国の人だが・・・

    先の大東亜戦争で終戦で満州から帰還した伯父貴が
    生前、村の共産党員だった●●と▲▲と◆◆の三人に
    吊し上げられた・・・と悔しそうに話したのを覚えている。
    皆、黄泉の国の人だがウォーキングで彼らの墓巡りを
    するが、その三人の家には今も志位委員長のポスターが
    掲げられている。最近は何故かカラフルなデザインに
    なっているが親の因果に・・・報われて・・・・。

    敷島やまと

    気球問題「話し合い」 とは笑わせる

    だったら、とりあえず志位委員長あんたが中共に行って話し合いしてきたら?
    それより、「自分が防衛相なら」ってどうよ。
    自衛隊は憲法違反じゃなかったの?


    • 2023/02/23 (Thu) 10:45
    • REPLY

    ボンちゃん

    耳障りの良い平和だの人権だの平等だのほざいてますが、アタマの弱い年寄を騙して党の指導者だけが得をする。労働などした事が無い癖に労働者の代表とはどんな冗談なのだろう。 民主集中制(Democratic centralism)の屁理屈について
    共産党(Communist party)とは、人民の,圧倒的.多数を占める,労働者&農民の代表。
    つまり,共産党(Communist party)の存在自体が、民主的である。
    人民の代表である,共産党(Communist party)の決定は、人民の意思である。
    つまり、共産党(Communist party)に従うのは,当然なのである。
    だから、共産党(Communist party)の命令に従え。という屁理屈
    これが、共産党(Communist party)の指す、民主のこと。基地外の妄想である。

    • 2023/02/23 (Thu) 19:40
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。