fc2ブログ

    「サミット前にLGBT法案に目途を」などと言う拙速さは愚劣極まりない

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     拙ブログでは、岸田首相に対する不満とな部分として、世論の動向を見過ぎる傾向を指摘してきた。さしずめこれもそのひとつである。

    LGBT差別発言に「心からおわび」 岸田首相、当事者らとの面会で(朝日)

     岸田文雄首相は17日、官邸でLGBT関連団体の当事者と面会し、荒井勝喜前首相秘書官の性的少数者や同性婚への差別発言について謝罪した。「不当な差別と受け取られる極めて不適切なもので、不快な思いをさせたことに心からおわびを申し上げたい」と述べた。

     首相は、性的少数者の情報発信をする「プライドハウス東京」、法整備を求めて活動する「LGBT法連合会」、教育や就職支援を手がけるNPO法人「ReBit」の3団体の代表者らと約1時間面会した。荒井前秘書官の発言後、首相と当事者が面会するのは初めて。

     出席者によると、団体側からは活動内容や性的少数者を取り巻く現状を説明し、LGBT差別禁止法や結婚の平等といった制度改正を求めた。首相は「この声を参考にしっかりと取り組んでいきたい」と応じたという。(以下略)


     荒井発言で政権に逆風が吹く中、多様性に寛容な姿勢をアピールしたいのだろう。だが、関連団体とやらがLGBT関係者を代表しているわけではない。NPOを一緒くたにするつもりはないが、Colabo問題に端を発したフェミニズムNPOの昨今の評判はすこぶる悪い。そもそも、こういう逆風を止めるためのパフォーマンスには、どこか安っぽさがつきまとう。岸田氏自身の問題ももちろんあるが、もっとましなアドバイスをする秘書官なり側近なりがいないのか、と嘆きたくなる。

     日本は性的多様性に関する認識において「後進国」であるとの論評が多いようだが、それは間違いだ。元来、一神教の信者ではない日本人は、この分野においてはむしろ先進国であった。特に「男色」に関する記述は、あの「日本書紀」に記述があるほど。あのフランシスコ・ザビエルも面食らったそうだ。多様性後進国などと言ったら、森蘭丸も浮かばれまい。

     国際政治学者の島田洋一氏によると、先進国として日本の一部で持て囃されている米国ですら、LGBT差別禁止法案の成立の見込みはないという。


     昨日書いた、自民党から出た反発として稲田朋美が言及した「訴訟が増える」というのは反対理由の一部ではあるものの、「重要な一部」だと言える。

     岸田内閣は、このLGBT法案を広島サミット前に片づけたいらしい。昨年ドイツで行われたG7エルマウ・サミットで署名した首脳コミュニケに「性自認、性表現あるいは性的指向に関係なく、誰もが同じ機会を得て、差別や暴力から保護されることを確保する」ことへの関与を再確認しているからだそうだ。だが、首相のメンツのために拙速に結論を出すこと自体が愚劣であり、ナンセンスだ。稲田朋美クラスでさえ、いまや保守派からは総スカン状態だ。首相がこれに舵を切ったら、その何倍もの批判が岸田氏と自民党に向かう。

     自民党内の保守派もしっかりしろ!


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    (名前空欄)

    これほどまでに、日本国民を舐め切った内閣は今まで記憶にない
    令和にも、血盟団が必要なようだ

    • 2023/02/18 (Sat) 08:27
    • REPLY

    敷島やまと

    岸田首相の心からお詫びが軽すぎる

    【今朝の産経抄より】
    「女性2人をレイプした男性が裁判中に性別を女性に変更し、女性刑務所に収監される―。冗談のような出来事が、英北部スコットランドで実際に起きていた。米誌「ニューズウィーク」が9日にネット配信したジャーナリスト、コリン・ジョイス氏のコラムで知った。」

    心からお詫びって・・・。
    一国の首相が発する以上もっと重い言葉だと思いますけどね。
    何にでも謝罪すりゃいいってもんじゃない。
    隣国から舐められるのはこういう所でしょう。


    • 2023/02/18 (Sat) 08:31
    • REPLY

    ツクノ

    〉「不当な差別と受け取られる極めて不適切なもので、不快な思いをさせたことに心からおわびを申し上げたい」と述べた。

    ⚪岸田総理の「増税」や「非核三原則堅持」などの発言も、日本国民には不快な思いをさせてますね。もっと言えば、北海道の漁業者には、オホーツク海の漁について、ロシアと協議すらできない状況なのだから、その謝罪をまず先にすべきではないかと。鈴木宗男さんも、ガーシー議員のことよりも、地元の漁業者のために、もっと汗をかくべきだと思う。

    ⚪「増税」は、不当な差別というよりは、似たようなものかもしれないが、財務省への贔屓や優遇だと思う。いずれにしても今、物価高で苦しむ国民目線ではないと思う。

    ⚪「非核三原則堅持」のほうは、敗戦の戦後レジューム、つまり諸外国による日本差別のひとつではないかと思う。隣国の核の脅威にさらされたままの日本国民にとっては極めて不適切、不快な思いどころの話ではないだろう。

    ⚪国会の答弁を聴いていても、岸田総理は、日本国への核の脅威があることは認めつつも、アメリカの核抑止力があるから、非核三原則堅持で問題ないという認識だと感じる。ただその考え方だと、日米安保条約も片務協定であるから、対等かつ強固な同盟関係とはいえなくなるおそれもあるのではないだろうか。

    ⚪安倍晋三さんの提唱された核シェアリングは、日本国の国防の道筋を示す希望だったと思う。稲田朋美さんも、安倍晋三さんにお世話になり、また防衛大臣経験もある政治家ならば、今取り組むべき課題は、LGBTQよりも核シェアリングのはずではないかと。

    ⚪今、LGBTQ問題を取り上げている政治家は、戦争が起きているウクライナはもとより、大震災のトルコやシリアに一人もいない。今、日本の国会で、LGBTQ問題よりも優先して議論すべきは、命の問題のほうではないだろうか。

    とらこ

    敷島やまと様ご紹介の産経抄の後続記事に
     日本では最近、「心は女性」と周囲に説明していた男性が、部下の女性二人にわいせつな行為をしていたとして準強制性交の容疑で逮捕された、以下略
    というのもありました。油断させて狙うケースでしょう。
    自民党内からの反対の「訴訟が増える」は空想論ではない証明です。

    100%皮肉で言えば、訴訟が増えて儲けるのは弁護士稼業でしょう。国会議員サンの中にはその職業の資格をお持ちの方は結構な数になるのではなかったか。

    岸田氏には(私的に、自国の首相を言うのは内心忸怩たるものがあるはずなのですが、無いのが何とも口惜しい)、思想思考の芯になる物が無いとしかお見受けできません。
    問題になった事なんでも受け入れている様で、その場が過ぎれば多分速やかに忘却ですね、としか見えません。
    そうやってできるだけ長く首相の座を温めていたい願望だけが伺え、こういう類の首相は、特に今の日本には事故物件だと思います。

    日本の首相が日本国では無く選挙区の広島を重点的に扱い、官邸には「広島サミットまで●日」パネルを設置するなど、誰が誰の為にサミット開催するおつもりか?と呆れます。
    浮ついた主催者は立ちどころに参加国から見破られ、安倍さんとは天と地の違いの愚か者だと感想を抱いてそれぞれに帰国されるでしょうね。少しはアジアを代表する自覚と責任感を持っていただきたい。

    • 2023/02/18 (Sat) 12:56
    • REPLY

    レッドバロン

    男色家が女性に興味がないかというと、そうとは限らず、いわゆる「両刀使い」の方が多いのではないでしょうか。その道で有名であった武田信玄や織田信長も、しっかり子孫を作っていますし、三島由紀夫氏も妻子持ちでした。なんぼ衆道が盛んと言ったって、色小姓と結婚した戯けた君主はおりません。趣味嗜好にも限度がありました。

    ローマ皇帝には美少年と結婚式を挙げた者がいたそうですが、余りの痴れ者ぶりに存在自体あらゆる記録を抹消されたとか。ゆたかな多様性を認めたギリシャ・ローマ時代や近世以前の日本の社会においては、文明秩
    序を維持するための常識が働いておりました。

    自分が興味も関心も熱意もない問題に対して、支持率惜しさに「聞く力」をアピールするのは、岸田君の一番悪い癖です。一応手堅そうな印象でしたが、これほどまでに軽佻浮薄な男だったとは。「日本一の無責任男」を近衛文麿と争うような勢いですね。

    • 2023/02/18 (Sat) 21:54
    • REPLY

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2023/02/19 (Sun) 16:18
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。