fc2ブログ

    日本人サポーターのゴミ拾い ~ 善行を褒めるという“当たり前の行為”は否定されるべきではない

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     サッカー日本代表チームコスタリカ戦の敗戦は返す返すも残念だ。相手がペナルティエリアに入ったのは僅か2回で、枠内シュートは1本。その1本が日本のゴールを割り、16本のシュートを放った日本は得点を奪えずに終わった。これもサッカーといえばそれまでだが、恐らく日本に敗れたドイツのサポーターも同じような思いをしていたのだろうと思う。

     で、コスタリカ戦の敗戦を受け、橋下徹がなにか訳の分からないことを言っている。

    【W杯】橋下徹氏 日本痛恨の黒星に私見「なんとなく日本全体が緩くなっていたことはあった」 (日刊スポーツ)

    元大阪市長の橋下徹氏が28日、フジテレビ系「めざまし8」(月~金曜午前8時)に出演。FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本がコスタリカに敗戦したことを受け「スペイン戦まで口にチャックをしておいたほうが良い」と持論を述べた。

    敗戦から一夜明けて、橋下氏は「今回はにわかファンの責任は重いと思いますよ、僕を含めて」と前置きした上で「コスタリカが(スペイン戦で)大敗したこと。ドイツに日本が勝ったことだけで、行けると思ってしまった」と説明した。(以下略)


     一体何に対する、誰に対する責任なのか、意味が分からない。敗戦に対する責任というなら、お門違いも甚だしい。そもそもどんな対象に対してもいきなりコアでディープなファンになるということはあり得ず、皆“にわか”から始まり、そのさざれ石のようなファンが固まっていき、サポーターになるのだ。こういう大会は“にわか”を量産するもので、ドーハの悲劇の時など、ランチ後の日比谷の喫茶店は、客全員がサッカー解説者のような口ぶりで最終予選を論じていた。だからにわかは否定するものではなく、彼らが口にする希望は、代表チームへの期待なのだ。そこに責任を求めるというのは筋違いだろう。

     何かと話題になる4年に1度のワールドカップだが、試合観戦後の日本人サポーターによるごみ拾いについて、それを批判する向きもある。舛添要一や井川意高氏がゴミ拾いの行為を批判的に論じているが、この件については全く同意できない。

     そもそも善行を褒めるという当たり前のことが否定されてはならないと思う。「来た時よりもきれいに」という哲学は、子供のころの教えとして日本人の中に植え込まれている。私が良く行くキャンプでも、撤収した後は必ずゴミが落ちていないかの確認をするし、前の人が残していったゴミは、自分のゴミとして処理する。この繰り返しが、来日した外国人が「ゴミひとつ落ちていない」と驚愕する日本の風景を作ってきたのだし、その文化は大切にすべきではないだろうか。

    ゴミ拾いをする日本人サポーター


     舛添は「現地の人の職を奪う」と言うのだが、日本人サポーターがいた場所が清掃されていたとしても、それはスタジアムの一部でしかなく、現地の清掃員は仕事が楽になったと喜ぶだけだろう。他国のスポーツ会場に行ったことがあるなら、わかりそうな話だ。

     試合後のゴミ拾いは、自分たちのゴミを拾うこと以外に、その場所 ―― 今回で言えばスタジアムを大切にする行為でもある。私が知るプロサッカーチームのスタッフの人は、ACLで南鮮のスタジアムに行き、同じ2002年のワールドカップのために作られた日本のスタジアムと比較して、その劣化に驚いたという。補修の資金の有無もあるだろうが、きれいな環境を「次の観客、次の世代のために」と思い、それを行動に移すことは、称賛されることがあっても、否定されるような事柄ではない。

     我が代表チームも、現地に赴いた日本人サポーターも、日本の立派なアンバサダーだ。そしてその話題となった行為は、日本を訪れる訪日外国人の行為にもきっと波及する。この好循環を否定的に語る人の考え方が、やっぱりよくわからないのだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    showacho

    同意いたします

     ブログ主様の主張に100%同意いたします。
    と同時に、ブログ主様の中に、日本人としての価値観がしっかりと刻み込まれていることを、本日改めて痛感いたしました。
    私もそうした日本人であるよう、さらに努めてまいりたいと感じています。

    (名前空欄)

    夏の盛り、夏の終わりは道路と言う道路、路地と言う路地には草が生い茂る。
    近所のご高齢の婦人が、たまにその草を刈っている様を見る事はあるが、若い人のそれは見た事が無い。日本中を探せばいるかも知れないが。
    清掃活動は素晴らしいし、それを否定する事はあり得ないが、日の丸を身体に巻き付け、報道される事を予定した行為にはどうも疑問が残る。
    スタジアムに限らず先ずは家の中、家の周り、近所の道や公園、会社のデスクやその周りなどを同じ様に出来れば、日本はもっと綺麗で明るくなると思う。
    スタジアムの清掃もいいが、日頃毎日使う場所から行うのが理想かと思う。

    • 2022/11/29 (Tue) 19:47
    • REPLY

    素浪人

    批判する人種は想像付きますが…坊主憎けりゃケサまで憎いってやつでしょう

    今晩は、ご無沙汰しております。

    主様が深く考察されるまでもなく、唯単に『日本が嫌いで嫌いで仕方が無いが特亜が大好きで仕方が無い』人種と見事に重なり合うと思いますよ。帰化特亜塵も混じってるでしょうね。日本代表がドイツに勝って残念がってた狂匪痴呆議員もアチラ系のツラ構えでしたしね。

    以前、政治ブログランキング上位常連のブロガ~・ねずきちさんの表現を借りるなら、『日本人みたいな顔をした、日本人じゃない人達』という結論で宜しいかと思います。

    (名前空欄)

    警察官の職を奪っちゃいけないから、犯罪を犯さなきゃ

    と、舛添は思ってるのか?

    都知事って、あんなんでなれるの?

    ドクターって、そんなんで取れるの?


    バカじゃねーか?

    • 2022/11/30 (Wed) 04:45
    • REPLY

    レッドバロン

    神州清潔の民

    吉田松陰先生が愛された詩句です。日本人にとって心身を清潔に保つのは、倫理や美意識であると共にほとんど宗教心であると言って良い。育ちの悪い橋下や舛添は知らないだろうけれど。

    • 2022/11/30 (Wed) 22:26
    • REPLY

    とらこ

    清掃人の仕事はスタジオの外にも事欠かない映像がありました。
    開催中に急激にカタールを訪れる客の為に用意されたのが、コンテナに桟付きの窓があるだけの「客室」。そこには前の客の残したゴミもシワだらけのシーツもそのままで次客を入れているのが分かります。それで宿泊費3万円だったかな。
    サポーターが現地の誰かに「仕事を奪うな」と言われた例は聞きませんね。

    日本サポーターは誰かのためにしている訳では無く、自分たちの汚した跡を極力残さない為にしているのですから、それが他に悪影響を及ぼすのではないのですから、よい事は良いで良いと思います。

    日本代表が使用したロッカールームの使用後の整理整頓風景の見事さを、今回もFIFAが称賛付きで紹介している映像もありますね。
    強制されたものでもなく、使用させて貰ったことへの御礼と礼儀と尽くす日本チームで、何が問題なのか分かりません。イチャモン次元ですらないたわごと。

    • 2022/12/01 (Thu) 00:09
    • REPLY

    レッドバロン

    日本がドイツに続いてスペインを撃破、弱っちい相手にはいまいちだけど、相手が強豪チームだとやけに強い。あ、これはもちろんサッカーの話です。

    リン外相が警察活動の「自粛申し入れ」を行った中共は昨日ロシアの爆撃機と編隊を組んで日本列島を周回飛行、今回は戦闘機の護衛付きという本格的な威迫行為です。岸田やリンなど中共が屁とも思ってないのは判っていますが、こうもあからさまに馬鹿にされても何も思わないものか。 

    戦前は外務省に領事警察というものがあって、日本が領事裁判権を有する国には警察官を派出していた歴史があります。もちろん条約によって定められていて、今の中共のように相手国の承認もなく、勝手に警察活動をしていた訳ではありません。

    民主主義以前、法治の概念など欠片もない相手と向かい合うのがハニトラに絡め取られた「トランジスタのセールスマン」の末裔では、如何ともし難いことだけは国民にもはっきりと判ったはずです。

    • 2022/12/02 (Fri) 18:21
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。