fc2ブログ

    新聞OBが作るSNS検閲機関は、新聞・テレビのデマには目を瞑る

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     かつてはクオリティペーパーを自認し、社会正義を振りかざして偏向報道を繰り返してきた朝日新聞。いまや一部では「便所紙以下」と定義され、読者離れも深刻で、最近では45歳以上の社員を対象とした希望退職者を募集するなど、大規模なリストラを敢行中だ。新聞の読者離れは朝日に限ったことではないだろうが、戦後、左派系新聞のトップを走り、数々の捏造と歪曲報道で槍玉にあがってきた朝日だから、ことさら注目され、話題にもなる。

     ジャーナリズムに限らず、情報で何より尊重されなければならないのはファクトだろう。そのファクトチェックを「我々がやります!」という団体が昨日、設立された。名称は何のひねりもない「日本ファクトチェックセンター」。インターネット上のガセネタ、偽情報・誤情報の流通防止や、リテラシーの向上、人材育成など、総合的な偽情報・誤情報対策を行なう機関と、いきなり大上段に構える組織だ。だが、Impress Watchに掲載された「日本ファクトチェックセンター」設立。Googleが150万ドル」という記事にあるご丁寧な紹介文に、全方位からツッコミが入っている状況だ。

    編集長を務めるのは、元朝日新聞記者でBuzzFeed Japan創刊編集長も務めた古田大輔氏。その下に、同じく朝日新聞出身の2人のエディターが付き、さらに4名のインターン、3名のリサーチチームがファクトチェックを行なう。


     なんと、このファクトチェックのど真ん中に居るのが、捏造報道の権化ともいうべき朝日新聞出身者。編集長の古田はBuzzFeed Japanの編集長も務めた人物。BuzzFeedの政治関連の記事は、日常から朝日の香りが漂うものが多く、とても公平、公正とは言えない。要するに「朝日の枠組み」を脱していないし、脱するつもりもないメディアなのだ。

    日本ファクトチェックセンター


     しかもこの「日本ファクトチェックセンター」が定めるガイドラインでは、監視の範囲に新聞は入らない。

     ファクトチェック対象は基本的にはSNSなどで配信されている情報とし、「正確で厳格な報道機関は対象外」としている。その理由について運営委員会事務局長を務める吉田奨氏は、「報道機関はそもそも自身で事実を確認して報道することが使命であり、そこは報道機関自身に委ねる」という。(出典同)


     そもそも、特定の新聞出身者で構成される団体である時点で、中立性には疑問符が付く。そして、「報道機関はそもそも自身で事実を確認して報道することが使命」というその使命を、自ら否定してきたのが朝日新聞だ。ファクトチェックをするなら、社会的影響力が大きい新聞やテレビなどが先ず優先されるべきだ。さしずめ、国葬儀での菅総理の追悼の辞を「電通の演出」などと根拠なしにデマを振り撒いた玉川徹など、まさに最優先でファクトチェックされるべき対象ではないか。

     大手新聞の息がかかった団体が、SNSを検閲するような団体にだけはならないでもらいたい。SNSにデマは存在する。だが、もっと影響力の大きな「巨悪」が見過ごされていいわけではない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    10 Comments

    ツクノ

    ⚪日本ファクトチェックセンターのサイトを見ましたが、う~ん、判定基準など、どうも曖昧模糊な気がします。
    https://factcheckcenter.jp/all

    ⚪例えば、「ファクトチェック:「台風で駅が浸水しても陽気なスウェーデンの人々」は本物の画像(訂正あり)」の記事では、判定を「正確」から「ほぼ正確」に訂正している。スウェーデンなのに「台風」という言葉を使っているのがおかしいということですが…「台風」は確かにおかしい言葉遣いだと思いますが、言葉の定義の正確さを問うなら、「スウェーデンの人々」も、本当にみんなスウェーデン人なのか。写真はおそらくはスウェーデンの駅なのかもしれませんが、そこにはスウェーデンに来た外国人も何人か映っているのでは?とか。厳密には、写真のメインパーソンに、国籍や住所などは取材などで確認済みなのか?…とか。言葉遣いが不正確なこともそうですが、「台風」からは、反日感情が込められた情報発信の可能性もあります。写真が撮影されたのは2018年らしいので、それを今、ツイートするのは不自然です。情報発信者の意図は、検証し難いのかもしれないが、日本各地が豪雨災害に見舞われているこのタイミングで、なぜ今この情報を発信したのか、意図を探ることは重要なことではないだろうか。

    ⚪もっと言えば、「ファクトチェック:「なぜニュースにならないの?」静岡県内の水害画像は本物」の記事も、判定は「正確」だが、その説明文にもあるように、既に報道各社でニュースになっていた記事です。「なぜ、ニュースにならないの?」という疑問は、報道各社から見れば的はずれであり、フェイクになってしまうのかもしれない。日本ファクトチェックセンターの基準なら、「台風」の判定のように、「ほぼ正確」判定に訂正すべきではないかと。この情報発信者の意図は、大変なときに全国ニュースとして大きく報道されていないことへの不満や疑問なのかもしれません。情報ソースのファクトチェック云々よりも、発信者の訴えの意図がきちんとマスコミ各社に伝わり、その後改善して報道しているのかを、注目すべきケースだと思います。発信者の訴えていた報道のあり方も含め、静岡県の自然災害の対応については、川勝知事の対応の遅さや力量不足の隠蔽が、人災として影響していると思います。まだ断水も続いているので、心配です。

    ⚪このように、ファクトチェックのポイントは、第一に情報発信者の意図するところ、そして主旨の真偽を判定すること、加えて、伝え方の問題もある。つまり曖昧さを醸し出す書き方や、逆に正確さを演出するAIなどの技術の悪用、受け手側の集団心理など、検証すべきことは多岐にわたるだろう。なかでも大事なことは、その情報は、何を意図として発信と拡散を試み、社会に影響を及ぼそうとしているのか、その費用対効果のようなものにあるのではないだろうか。

    Alinamin2011

    冗談みたいなニュースですね。

    そもそも、この「ファクトチェックセンター」なる名称自体に「自分たちはファクトを知っている、事実かどうかを認定できる」という前提があるんじゃないのかな。

    その考え自体が事実を曲げる下地じゃないかと思いますが。

    この人たちは何をやってるんだろう?

    国際派

    ファクトチェックよりリアリティチェック

    朝日のファクトチェックは、せいぜい言葉狩り以上のことはできないだろう。辞書の定義をもとに単語をきりとって弁証法風の論調で議論する修辞学の技法であるが、それでは、文脈とか、筆者の意図とか立場とは無関係な、まとはずれの観念論になってしまう。朝日は、ファクトチェックよりもリアリティチェック(reality check)によって、現実離れした問題意識や発想を自分で是正する努力をすべきであると思う。朝日の全盛期は、北の全盛期と一致する。また、中核とか革マルとか連合赤軍の全盛期と一致する。そのころは、北が国際会議を呼びかけると百か国以上から共産主義者が北に集結し、地上の楽園が現実のものであるという妄想にひたっていた。朝日の記者が反米、反日の本を書くとバク売れする時代であった。現代世界は全く様相が異なってきているという現実を朝日は勉強するべきであろう。もし朝日が生き残る気があるのなら。

    • 2022/10/02 (Sun) 11:22
    • REPLY

    KY

    これこそ「仲良しクラブ」では?

     >正確で厳格な報道機関は対象外

     よくもまあこのようなふざけた選考基準で物事を決めるもの、流石マスゴミ、とネガな意味で感心します。「他人に厳しく身内に甘い」がマスゴミや野党、パヨクの本質とは言え、これほど露骨な「お友達人事」を行うって羞恥心の欠片もないようですね。それで政府与党の組閣人事を前言の様に揶揄するのですからどんだけ神経が図太いのやら。あ、「元から無い」と言った方が正確かも。
     ぶっちゃけ「ファクトチェックセンター」なんてBPOと何処が違うのやら。泥棒が警官や警備員になるのと大差ありません。

    今國 護

    毎日H新聞が作った
    下請けの「アンケート調査機関」みたいなもんだね。

    「エビデンス?ねぇよ、そんなもん」の
    アカ日新聞がファクトチェックwww
    言論弾圧や世論統制に使う機満々。

    これは、寧ろ、発信側の一工夫で
    逆手を取れそうな気がするんだけど。
    極端な思考の人が、短絡的に発信するから
    そこを突かれる訳だし。

    とらこ

    特にネット情報に負けているチョウニチ新聞紙の「逆襲」のつもり、でしょうかね。
    昨今の敗戦続きの単純な原因を正面から見たくない輩の逃避場所にはなるのでしょうか。

    KY様の「BPOと何処が違うのやら」。それ以下でも以上でもないと思います。
    これで自分達も「正確で厳格な」報道人だったと、敢無い抵抗を試みても、誰がまともに相手にするものか。

    人も物事も信用が大事。事実に耐えきれずに消えゆく運命が、水晶玉にみえま~すw 

    • 2022/10/02 (Sun) 13:51
    • REPLY

    とらこ

    コメンテーターぶっている玉川ナニガシはテレビ局の社員だとか。その立場で、菅氏の弔辞に「電通の演出」と、電通を名指しで巻き込める勇気というか愚かと言うか。



    明日は中川昭一さんの祥月ご命日ですね。安倍さんがすがすがしくお成仏されて以降は、お二人でのびのび毎日お蕎麦と酒盛りでしょうか。
    転生があるのなら、どうかすべての神仏様方、お二人揃って特別待遇で早急に「日本行き」でお願いしたいです。

    • 2022/10/02 (Sun) 17:00
    • REPLY

    レッドバロン

    チョウニチ新聞肝煎りのファクトチェック・センターなぞ、存在自体がジョークです。まず、てめえのトコの記事やグループ社員の発言に対するファクト・チェックが必要でしょうに。

    慰安婦問題で捏造報道をやらかした植村記者をはじめ、今回の菅元総理の弔辞に何の根拠もない難癖をつけた玉川の野郎もテレ朝の社員のはず。

    「存在自体がジョーク」と言うのは、実はソ連の体制に対するブレジネフの感想ですが、ブレジネフがそう言ってから、ソ連が消滅するまで10年とかかりませんでした。チョウニチ新聞もその辺りを目処に、地上から消えてなくなってほしいものです。

    • 2022/10/02 (Sun) 17:38
    • REPLY

    ボンちゃん

    朝日は捏造、空想、反日思想で国民を分断扇動している新聞。そのOBが多数所属してるとは泥棒に金庫の警備させる様なものだ。捏造報道は厳罰にする法案の成立を求めます。総務省も天下り先の顔色ばかり伺ってるんじゃないぞ。仕事をしろ!

    • 2022/10/02 (Sun) 18:39
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    基礎がこんな風では・・

    今晩は。ビルなどの建築物も、基礎が全うでなければ いずれ歪
    みや傾きなどを生じ、甚だしければ倒壊リスクを負う事となります。

    形こそ違え、報道論調も同じ事。幾ら「ファクト・チェック」と
    いわれても、その根底が朝日新聞一味で固められていては、結局
    はそうした審査も悉く「朝日基準の左傾論調」になる可能性を孕
    む事となりましょう。そんな所業は「やっぱり」信を置く訳には
    参らない「歪んだ基準」という事になるのではないでしょうか。

    • 2022/10/02 (Sun) 22:59
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。