fc2ブログ

    県民の命を守る政策にすらダメ出し ~ 沖縄2紙は県民愚民化装置だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     保守派にはいろいろな意味で知名度が高い自民党の村上誠一郎が、安倍総理の国葬について「最初から反対だし、出るつもりもない」と欠席を表明し、言うに事欠いて「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」と批判したそうだ。この発言にアベガー陣営は大喜びの様子で、「自民党唯一の良心」だとか「村上こそ良識派」と大絶賛している。村上と言えば、私怨としか解釈できないような反アベ発言を繰り返している人物だが、この国葬に関しても反対運動を起こそうと、ルーピーに協力を求めていた。「国賊」という最大級の蔑称を用いるのだから、心置きなく自民党を離党してもらいたいものだ。立民よ、誘ったらどうだ?価値観は合うと思うぞ?

     さて、岸田首相は国連総会に出席するため、喧騒渦巻く日本を暫し離れているが、保守派が最も注目している防衛費の増額については迷走に迷走を重ねている。純粋な防衛費に、防衛能力を持たない海上保安庁の予算をくっつけてみたり、防衛研究費をくっつけてみたりと、純粋な防衛費増を是が非でも阻止したい財務省の工作が横行している。こんな薄っぺらい工作はとっくに見透かされているが、この路線を予算編成に組み込むなら、有事が迫る日本の宰相として失格だという烙印を自らに押すようなものだ。先月編成した改造内閣を「有事に対応する政策断行内閣」と名付けたが、これでは「財務省傀儡内閣」だ。

     その防衛力増強を含む安全保障環境の整備は、我が国にとって喫緊の課題であるが、沖縄地方紙が超弩級の社説を掲載しているとの噂。発信源の沖縄タイムスを確認してみると、信じられない言説が記述されている。社説「[先島にシェルター]まずは国会で議論せよ」は、内閣官房が来年度予算の概算要求で、武力攻撃に耐えられるシェルターに関する調査費を計上したことに関し、石垣市、竹富、与那国両町が沖縄県庁に対し、避難シェルターの整備を要請していたことに触れつつ、こうご高説を述べている。

     中国の軍備増をにらみ、日米の軍事一体化や自衛隊の南西シフトが進む。沖縄の基地負担は軽減されず、逆に軍事要塞(ようさい)化され、「再び捨て石にされる」という不安が膨らんでいる。
     シェルターが有事の備えとして必要との声がある一方で、「本気で戦争をするつもりなのかと心配」と、不安を口にする住民も少なくない。


     この部分は、沖縄県民を「焚きつける」ためのものだろう。要するに、政府に対し、「本気で戦争をするつもりなかー!」「「沖縄をまた捨て石にするのかー!」と叫べ、という振り付けだ。
     

     有事を回避させる日本政府の対応が重要で、日本の安全保障戦略が問われる。「抑止力」と言うのであれば、同時に「外交」も言わなければならない。抑止力ばかりを強調すれば周辺国が刺激され、日本側の意図が見誤れかねず、軍拡競争に陥ることにもなりかねない。外交との両輪がうまく機能して初めて緊張緩和が期待できる。
     間もなく日中国交正常化から50年。日本の役割をどう発揮するか。今、政府がすべきことは、シェルターが必要にならない外交努力だ。


     このパラグラフは、空想的平和論の極みだ。避難シェルターの整備は「防御」の一環としか考えられないが、沖タイの主張だと、それが相手国を刺激する「攻撃」や「挑発」になるという論理飛躍だ。沖タイには、県民の命を守る政策すらダメだということだ。すぐそばのEEZ内に5発もの弾道ミサイルを着弾されてもなお、国民保護の政策すら認めないという彼らは、どこか空想のなかを生きているとしか思えない。沖縄タイムスだけではない。琉球新報も社説「先島に避難シェルター 全く話にならない計画だ」で、ほぼ同じことを主張している。

     沖縄県の新聞購読シェアは、沖縄タイムスと琉球新報の2紙で寡占状態が続き、そのシェアは2紙合わせて90%台とも言われている。その寡占状態の2紙が、日々、県民の愚民化をせっせと推し進めている。こんなメディアしかない沖縄に住む県民を、僭越ながら、心の底から気の毒に思う。

     沖縄タイムスや琉球新報の社員諸君は、是非、自宅の玄関の鍵を全て取っ払ったうえでドアを開放し、自家用車の車のキーは付けっぱなしで、おおらかな生活をしてもらいたい。君らが安全保障の面で主張しているのは、そういうことなのだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2022/09/21 (Wed) 07:57
    • REPLY
    やす

    やす@管理人

    記述の間違いをご指摘いただき、ありがとうございます。
    修正いたしました。

    • 2022/09/21 (Wed) 09:00
    • REPLY

    今國 護

    「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」

    それは、岩盤規制の突破で、自分らの利権構造が壊され
    世界征服を目論む悪夢の国家の戦略がバレ
    「債務の罠」が仕掛けられなくされ
    「歪んでいた政治」を正され、官僚を辞めさせられた
    助平な人らの言い分だね。
    「恨(ハン)」の人たちの顔ぶれを
    並べてみれば、それが答えだ。

    オマケに
    便乗して、潰しにかかるのも
    「国防/防共」意識の高い志向を持つ人たちを
    標的にしている事実で、答えの補完まで
    連中自らしてくれるから、
    ある意味「有り難い」。笑

    敷島やまと

    自民党の批判だけが生きがいの村上誠一郎氏はなぜ離党しないのか?

    前川喜平・古賀茂明・望月衣塑子・小沢一郎等との共著で『自民党失敗の本質』というすばらしいご本(ちなみに自民党?の石破茂氏も著者に名を連ねる)をお出しになった村上代議士。
    自民の悪口でおだをあげては悦に入っているおめでたい人物。
    実はその妹さんは、立民岡田幹事長の妻だという。
    なーんだ。現住所自民というだけで本籍はガチの立民じゃねーの。

    そんなに自民が嫌なら離党して立民から出たらいいじゃない。
    立民の重鎮岡田幹事長の全面的なバックアップも望めるし。
    なのにこの御仁はなぜ自民党を離党しない?
    自民離党なら刺客を向けられてたちまち議席を失うから。
    石破氏も村上氏も選挙は強いがそれは自民党だから。
    地方の小選挙区で自民公認候補に勝つのは大変。
    これからも自民党で干されて影響力を失う一方の政治家
    よりも、地元では頼りになる実力派を熱望しているとか。
    落ち目はぐれ鳥コンビでで立民に入ったらいいんじゃない?
    ほんとせいせいするよ。

    どうぞどうぞ。

    • 2022/09/21 (Wed) 12:14
    • REPLY
    やす

    やす@管理人

    コメント削除

    あき さんのコメントは削除しました。
    ただの罵詈雑言ですので。

    • 2022/09/21 (Wed) 15:00
    • REPLY

    レッドバロン

    沖縄2紙の「提言」に従うなら、戦争を避けるがためにひたすら中共の要求を丸呑みするしかない。言わばあらかじめ日本の主権を放棄して、命どぅ宝か何か知りませんが、奴隷になっても生き延びたいという心境でしょう。

    敵国の正規軍の攻撃に備えるのは、近代国家の要件であり、命ばかりはお助けをは、あえて言えば江戸時代の百姓町人の姿であります。国家が主権を喪失しても、平気で生きていけるというそのセンスが理解できません。

    ロシアがでっち上げたウクライナ南東部の何とか人民共和国では、街行く若者をロシア軍が強制徴用(兵)して
    戦場に送り込んでいるとか。生き延びた降伏実現党の未来図ですが、沖縄の明日の姿でありませんように。

    • 2022/09/21 (Wed) 19:00
    • REPLY

    シバサマ1966

    あからさまな反日新聞

    沖タイ、琉球新報は一体どこの国の新聞なのか?

    そう思ってしまう左翼新聞は他にもあるが、全てシナに飲み込まれてしまっていると考えた方がよいだろう。

    マスゴミ、教育界、芸能界、公明党を筆頭に多くの自民党議員を含めた政治家等、中国共産党のしもべとなっている人間の何とも多いことか。知らぬ間に身近な人まで、まるでゾンビの如く急激な増殖を続けている事に危機感を感じる。

    • 2022/09/21 (Wed) 22:59
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    沖縄二紙は、沖縄県民の安全を保障しない

    今晩は。沖縄二紙の、安保面での確信犯ミスリードは以前から
    少しは存じておりましたが、改めて貴記事からその酷さが確認
    できた様に思います。

    その関連で、再選された玉城県知事が 安保面では全くの音痴
    たる事も知りました。台湾危機問題に絡む先島や与那国島の避難
    シェルター問題は、各島の地元からの要望によるものでしたが、
    それに対する玉城知事の反応は「避難シェルターを用意する前に
    、そうならない様 対中対話や外交努力で危険除去に努めるべき」
    の意だったそうです。

    これで玉城知事は、安保の実際を理解しない「お花畑」である
    事がはっきりした様に思います。沖縄二紙は、先の知事選でも
    沖縄県民に間違った選択をさせた元凶とみて良いという事ですね。

    • 2022/09/22 (Thu) 00:07
    • REPLY

    とらこ

    およそ9年の自党総裁だった安倍さんに村上某は直接物申したことはあるのか?
    裏に回って悪口、とか国民向けのパフォーマンスとか自民党版言うだけ番長ならば、よくあるケースだよね、と思います人柄の卑しさしか感じません。 逆賊。

    沖縄県民が悲惨極まる地上戦経験の過去から反戦思考なのは理解できます。
    が、だからこそ、人権感覚の全くない凶暴圧政弾圧軍事国家を目の前にして、漫然と丸腰でいては子々孫々が奴隷の人生になってしまう危険性を感じとれる筈だろうに、とあまりの沖縄ニュースの長閑さが理解不能です。

    • 2022/09/23 (Fri) 00:33
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。