fc2ブログ

    日本は「戦争ができる国にならない」ではなく、「戦争を仕掛けられない国になる」べき

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     ルーピーこと鳩山由紀夫が、自民党議員から「アベの国葬はおかしい。キャンペーンを張るから名前を貸してくれ」と持ちかけられたという。その自民党議員とは、自民党内でも反アベで知られる村上誠一郎。ずっと安倍総理には批判的なことで知られるが、力がなさ過ぎて誰も振り向かず、半ば忘れされた存在である。こうなったら村上もルーピーも活動家として、立場を変えた方がいい。まぁ誰も相手にしないだろうが…。

     終戦の日が近づき、こういう活動家らの反戦運動が活発化するなか、朝日新聞が社説で、日本学術会議がこれからの研究のあり方について整理した論点を取り上げた。学術会議はかねてより、「軍事研究は行わない」という方向性を明確に示し、その手の研究者に対する妨害行為にまで手を染めていたが、今年、「軍事用技術と民生用技術の研究成果を分けるのが困難だ」軌道修正した。当然ながら、朝日のような反日メディアは、これを「政治の圧力」「政治による学術・研究への介入」と反対を煽る。昨日の社説も同様だ。

     同会議は17年に「民生的研究と軍事的安全保障研究との区別は容易ではない」などとする報告を公表。同年の声明でも、「科学者の意図を離れて軍事目的に転用され、攻撃的な目的のためにも使用されうる」との認識に立ち、研究機関の責任で、資金の出所や目的に照らし、その研究が適切かどうかを技術的・倫理的に審査する制度を設けるべきだと訴えた。

     科学者が戦争に加担して惨禍を招いたことへの反省、科学者自身もその「罪」に苦しんできた歴史が、声明の根底にある。(中略)

     軍民の区別がつかないことを理由に、為政者が研究者を軍事研究に邁進(まいしん)させることは許されない。科学者の社会的責任も問われる。戦後77年の夏。先人の苦難の歩みをふり返り、誓いを新たにする機としたい。


     日本学術会議問題の本質は様々指摘されているが、そのひとつが「軍事研究には一切協力しない・認めない」とし、その類の研究を弾圧していることにある。これは、公的機関による学問の自由に対する弾圧だ。もうひとつは、学術会議が組織的にも学問的にも閉鎖的である一方、中共の軍事研究につながる「千人計画」に積極的に協力していると言われる点だ。従って、朝日の「軍民の区別がつかないことを理由に、為政者が研究者を軍事研究に邁進(まいしん)させることは許されない」などという美辞麗句は大きく的を外すものだ。

     同じような空論は、いちおう著名なジャーナリストである田原総一朗のブログ記事を読むことができる。田原は「8月に誓う、「日本を『戦争ができる国』にしない」」というブログを書いているが、内容はすっからかんだ。

    戦争というものは、命を奪い、また人間性をも破壊する。決して戦争は起こしてはならない、と強く思うのだ。

    戦争とはどういうものなのか、人が死ぬとはどういうことなのか。私はあの戦争を知る最後の世代として、体験を語り継がねばならない。そして、身体を張ってでも、日本を「戦争ができる国」にしてはならないと強く心に誓っている。(抜粋)


     この「戦争ができる国」にしてはならない」という目標こそ、時代遅れであり、間違っていると私は考える。「戦争ができる国にはならない」と言えば、戦争を好む国には格好のターゲットになるだけだ。さしずめ中共など、「あ、そう。台湾問題には関与しないのね?尖閣取っても大丈夫なのね?」とばかりに、好き放題に手を出してくるだろう。

    パヨク


     日本が目指すべきは「戦争ができる国にはならない」ではなく、「戦争を仕掛けられない国になる」ということであるべきだ。大東亜戦争の原因はひとつではない。国外の権益を根こそぎ奪われるような敵対国の策動に歯止めをかける外交力も不十分だたかもしれないし、独伊というあてにならない国々と組み、実質的に米国と単独で戦わなければならなかった安全保障環境も原因のひとつだろう。「戦争ができる国にはならない」という目標は、極めて内向きであって、外的な要因を全く見ていない。

     日本が戦争を好まなくても、好戦的な敵対国が「日本に勝てる」と思えば、戦争のリスクは高まる。だから、外交的にも軍事的にも、日本はもっと国力を増し、軍事同盟関係、集団安全保障体制を構築していくべきなのだ。田原あたりは恐らく発狂する志向だが、戦後の空想的平和論に我々の命運を預けることはできない。

     日本を守ること。それができなければ、戦ってくれた英霊に顔向けできない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    男塊世代

    残暑お見舞い申し上げます。

    10年前の還暦の私文から・・・
    私が生まれたのが昭和24年1949年、つまりかの毛沢
    東の支那共産党が国家?として成立した年であります。
    40年前の20才前後、当時の毛沢東文化大革命礼参の世
    にあって労働者、農民の味方、ブルジョア権力支配を打倒!
    封建主義の打破、戦前の刷新といった会社の先輩の言葉に
    共感し日中友好協会などにも関わり赤い表紙の毛沢東選集
    など手にして悦に入ってました・・・
    近衛兵としてジャワ、スマトラで戦った伯父貴に毛沢東を
    得意になって礼賛したら「共産主義?所詮賄賂の世界だよ
    毛沢東?いずれ権力者として先祖帰りする」の言葉に目は
    覚めはしましたが・・・四人組闘争など垣間見ながら権力
    争いが激しい中国だなと思っていたら鄧小平なる人物が現
    れ「黒いネコでも白いネコでもネズミを取る方が良い」と
    修正資本主義となりました。
    毛沢東は死滅し権力者は次々と変わっていく・・・

    テレビで見る中国の風景は人の混雑と大量の自転車の往来
    だったが今やその都市部は我が国の都会と変わらない、
    いやそれ以上の光景が映し出される時代となった・・・
    日本の工場は支那に渡りいまや不況にあえぐ我が国の地方
    はその金満となった中国人を呼び込みたいと言う。
    少子化で労働力の移民を受け入れろとまで言う始末・・・
    支那共産党中国の60年まさしく僕の60年。

    その60年間は中共による権力闘争と漢民族による他民族
    への侵略と搾取。
    一方我が国に対しては、いまいましい日本工作要項の下、
    いかに我が国を貶めるか喰い尽くすか政治家、マスコミ、
    教師といった国民をリードすべき人々が騙され戦後体制を
    形作った。
    それを思うと、暗胆たる気持ちに襲われる・・・我が国の
    主権のない国防意識も国家国益も希薄で独立国家の体をな
    さぬ日本。
    政治家は絶えず、いがみ合い国論はまとまらずマスコミは、
    ただただ煽り立てるだけ公務員も教師も労働者としての対
    価と安住を求め、国民はパチンコ三昧^^若者は夢も希望
    も持てず自暴自爆^^芸能人はセレブ気取りで馬鹿騒ぎ^^
    今朝も例の朝起き会に参加してきたが誓いの言葉は「人の
    悪をいわず己の善を語りません!」というのが何とも気弱
    に思えてならない。参加していた国会議員も現状の国を憂
    れうこともなく美辞麗句で終わる。
    「人の悪をいわず己の善を語りません」日本人の美徳であ
    っても弱肉強食の大陸の国々と対峙するからには相手の悪
    は大声で言い放つ指導者が出て欲しいと薄日の旭を眺めな
    がら思った・・・。
    「安倍元総理の御冥福を新ためて御祈り申し上げます。」

    今國 護

    「戦争ができる国にしてはならない」なんて戯言を
    喚き散らしてる連中に、水をぶっかけたら
    絶対に火病って、反撃して来るよねー。

    Alinamin2011

    軍事を「殺す力」としてしか捉えられないのは、半分しか目が開いてない、半分はつぶっているということになぜ気づかないのか、私には解らない。

    殺しに来たものから護るという概念が持てない人が、どういう考えなのかわからない。

    極超音速ミサイルから国民を守る研究は、私は必要だと思うが、これを軍事という一言でやらないと考えるのは、知性がないとしか思えません。

    esw

    仮にウクライナが戦争できない国だったらとっくにロシアに占領されている。ということはウクライナは戦争できるから悪なのか?

    ロシア軍は占領した地域の住民や捕虜を虐殺した。ウクライナが戦わなければその範囲はウクライナ全土に拡大していた。

    武力をろくでもないことに使うやつ(プーチン)がいるのは事実だが、それをくいとめているのも武力なんだよなあ。

    • 2022/08/14 (Sun) 13:05
    • REPLY

    素浪人

    利特亜工作は令和の治安維持法で取り締まるべき

    今日は。

    我が国では、諸外国とは事情が明らかに異なり、国内反戦活動=反日・利特亜活動、なのですから、法整備をして、こ奴ら売国奴を徹底的に弾圧すべきでしょう。

    統帥権の悪用など、反省点は有るものの、戦中以前の我が国(グロ~バル・スタンダ~ド的通常国家)に戻すこと。これが我が国に求められる悠久の真理と申せましょう。

    HAKASE(jnkt32)

    繰り返される 朝日一味不興の「論点ずらし」

    拙者も 残暑お見舞い申し上げます。リンクされた 田原総一朗
    さんのブログ記事拝見。やはり貴指摘通り「戦争のできる国にな
    らない」よりは「戦争を仕掛けられない国」を目指す努力をすべ
    きと拙者も思います。

    軍事/民生技術「デュアル・ユース」に対する日本学術会議の変
    節は、政治的影響力があるとされる日共の 最近の安保観のブレ
    と軌を一にしている所があり、興味深いですね。

    限定的とはいえ、むしろ健全にもみえるこうした方針転換にも
    イチャモンをつける朝日新聞一味ですか。日本学術会議の大甘
    な対中姿勢、元会員とはいえ 同国の「千人計画」への参加を
    認知しているなら、最早確信犯そのものでしょう。一言「意図
    的な論点ずらし」であります。

    前述の田原見解は まだ言論の自由の範囲内かとも思いますが
    、曲がりなりにも「社会の公器」とされる大手紙朝日の社説で
    通せる論調では断じてないでしょう。国民多数に誤った発信を
    図るこの様な論調は、厳に糾されるべきです。拙者は今後も、
    対朝日「読まない」「見ない」「買わない」の実践を、ネット
    監視を除き続行する所存。猛暑と 又も流行の新型感染症の折
    、どうかご自愛を。

    • 2022/08/14 (Sun) 14:57
    • REPLY

    ツクノ

    ⚪戦争は、できるできないの問題ではないと思う。二度と戦争には負けないことこそ、日本の平和と国防の要ではないだろうか。

    ⚪二度と戦争に負けない日本国には、誰も戦争を仕掛けてはこないだろう。日本の国防は、戦争ができないことよりも、戦争で負けないことに重きを置くべきだ。

    (名前空欄)

    現状見ると核武装は必須ですわな

    • 2022/08/15 (Mon) 17:45
    • REPLY

    敷島やまと

    「敵基地攻撃能力は侵略」っていうなら朝鮮総連の前でデモやれよ!

    「敵基地攻撃能力は侵略」って叫んでるこいつら。
    こういう連中ってなぜか必ず似たようなご面相なんだが
    一体何国人なんだ?
    とにかく日本の防衛能力を削ぐことしか頭にない。
    今更日本が侵略なんてやる利益も能力もない。
    将来日本で戦争が起きるとしたら、間違いなくそれは
    日本が侵略する側じゃなくて侵略される側でしょうに。

    • 2022/08/16 (Tue) 10:58
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。