fc2ブログ

    組閣 ~ 「安倍総理の遺志を継ぐ」なんて、所詮は上っ面の宣伝文句

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田首相の閣僚、党役員人事がきょう発表されるが、昨夜の時点から既にポストに議員名が貼り付いた情報がダダ漏れ状態だ。人事が何故漏れるのかというと、官邸とメディアのあいだに不文律のようなものがあり、リストを漏らすことが慣習化しているからだと言われる。今回、漏れ伝わる人事を見ると、暗澹たる思いになる。難局を乗り越えられる組閣だと思えないのだ。

     保守派が注目していたのは、リン外相を除けば、高市政調会長、岸防衛相、萩生田経産相の去就だろう。岸防衛相は健康面を理由に交代と早くから言われていたが、旧統一教会との協力関係が明るみに出たことが決め手となったようで、交代が決定。後任は浜田靖一となる。健康問題の詳細は分からないが、米国の信頼を得ていたと言われる岸氏の退任は打撃だろう。

     高市氏は、政調会長を解かれ、経済安保相として入閣する。岸田氏としては、保守派の信頼が篤い高市氏を冷遇するのは得策ではないと思ったのだろう。閣僚に横滑りさせることで、体裁としては高市氏のポストを守った。同時に、派閥に属さない高市氏が仲間を集め、活力の源としていた高市政調会長室を解散させることで、自身のライバルになる芽を摘む手に出た。経済安保相は、いま日本を取り巻く現状を考えれば大変重要なポストではあるものの、花形ポストではない。そういう意味で、高市氏の経済安保相任命は、高市潰しである可能性が高い。少なくとも閣僚である以上、次の総裁候補としての活動には制約が生ずる。高市氏の手足を縛りつつ、閣内に留め、自分のポストを脅かす状況を作らない岸田氏の意図が透けて見えるようだ。

    岸田氏と高市氏


     リン外相は留任するようだ。Twitterでは「#林芳正外務大臣の留任に反対します」というのがトレンド入りし、大いに盛り上がっているが、そんな声は岸田氏には届かないのだろう。そもそもリン・ホウセイ氏の外相登用は、岸田氏が首相である間、自派閥の岸田派で好き放題やられないようにする意味があったと言われる。数々の不手際で、リン氏の将来には既にNGマークが貼られたようなものだが、それでも岸田氏はリン氏を外相に留めおくようだ。降って湧いたリン氏のハニトラ疑惑は、まだ疑惑の端緒であり、これから深掘りされるはずだ。そういうタブロイド紙のネタよりもっと、むしろ何より大事なのは、迫りくる危機の中での米国との連携である。この人事を米国は歓迎しないだろうし、逆に中共は大歓迎のシェイシェイだろう。そういう状況になってもリン氏を留めおく岸田氏の頭の中が、さっぱりわからない。

     やはり岸田氏は、国家の舵取りをさせてはいけない政治家であるようだ。致し方ない部分はあるものの、前回の総裁選で高市氏を勝たせられなかったツケが、こういう事態を招いている。今日発表される人事が漏れ伝わる通りなら、岸田内閣を支える理由もない。人事は極めて内向きだ。首相の座を脅かしそうな高市、茂木、河野太郎などをすべて閣内に吸収し、自分に牙をむくことを阻止しているだけのように思える。

     安倍総理の遺志を継ぐなんて、所詮、上っ面の宣伝文句だったのだろう。自民党に必要なのは、安倍総理の遺志を真に引き継ぐ政治家の登場だ。少なくとも岸田氏にそんな要素は1ミリもない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    esw

    知ってた

    • 2022/08/10 (Wed) 07:15
    • REPLY

    とらこ

    「安倍総理の遺志を継ぐ」と岸田氏が言っても、安倍総理のご遺志が如何なるものかを本当にはご存じないのでは、と感じております。
    国際社会に於ける晴れ晴れしい扱いを継ぎたいだけじゃないか?と。

    仮に本音で継ぎたくても、政治認識と視野と歴史感と他国の歴史と事情理解、なによりも先見性などに於いて、段違いの能力でしょうから、無理。今からの学びではとても間に合わない。

    参院選の為に、事前の対中想定の日米軍事演習に基地移動と質的量的分散を頑固に求めた岸田自衛隊最高指揮官。
    当然米軍の失望を大いに買って、これに危機感を覚える「正論」編集部の、柔らか目の告発記事が9月号にありました。
    一般主婦の軍事機種など全く分からない者でも、唖然呆然の、「安倍さん!お願いだから生き還って!!! 」祈願のむなしさよ。

    地味でも高市さんが担当される部署は必ず日本の必需省になりますから、今は能力蓄積と研磨で雌伏の時、と受け止めたいです。
    イヤでも政局乗り越えの才も必要ですから。

    岸田氏はこの人事を後悔する時がある、ならウレシイ。
    岸田氏の任期中の退陣となれば、閣内に居る方が穏やかな権力移行になって、案外よろしいのかもw。敵も多そうですが。

    • 2022/08/10 (Wed) 14:30
    • REPLY

    今國 護

    「リストを漏らす」というより
    ストーカーみたいに一日中昼夜問わず張り付いてるから
    事前の打診とかで、人が動けば、それなりに分かるでしょうし
    競馬の予想屋みたいに、予想して賭け事も大好物みたいだし。
    外したのも何件かありますし。
    これで、国内ばかり目を向けると
    海外からの見られ方でも、距離を置かれたり
    信用信頼を無くしそうなのが怖い。
    「安倍外交」は、大きな功績の一つでしたから余計に。

    レッドバロン

    今回の組閣を見ていると、ダチョウ倶楽部の、何たって「現状維持」で行く!という冗談のような台詞がこの世界情勢で可能だと岸田君はひょっとしたら可能だと考えているのではないかと思ってしまいました。でなければリン・ハニトラ外相を放置して、保守向けのショーウィンドウには高市さんを置いておくというような人事の妙は、確かに岸田君にしかできない芸当です。ダチョウは砂に頭を埋め込んで、大宏池会の夢でも見ているのでしょうか。

    ハニトラと言えば、マレーネ・デートリッヒがオーストリアの女スパイを演じた「間諜X 27号」を思い出してしまいました。第一次大戦の末期、戦争未亡人で娼婦の彼女がオーストリアの諜報局にリクルートされて、敵国の高級将校にハニトラを仕掛けるのですが、1931年の古い作品とは思えないほどの映像美に満ちています。彼女が家のピアノで弾いていた「ドナウ河の漣」のメロディが滅びゆくオーストリア帝国への挽歌となって聴こえ、ラストで銃殺される前に、リブを塗る仕草の何と高貴で美しいこと。リン外相の見たくない顔にウンザリした向きは是非ご覧になってみて下さい。世界はもっと美しいの
    です。

    • 2022/08/10 (Wed) 17:59
    • REPLY

    α

    インターネット署名サイト「Change.org」で安倍元総理の国葬賛成署名が行われています。

     インターネット署名サイト「Change.org」で安倍元総理の国葬賛成の署名が行われています
    *安倍元総理の国葬に賛成します
    https://chng.it/F7hDBQ2rvB

    *和解へ挑戦するために、安倍元総理の国葬を開催したい
    https://chng.it/YmWJchKfQ5

     上記の2つのキャンペーンが行われています。皆様、是非とも署名&拡散お願いしますm(_ _)m。

     ちなみに、
    *安倍元総理の国葬に賛成します ⇒ 40 人が賛同ww

    *和解へ挑戦するために、安倍元総理の国葬を開催したい To challenge reconciliation,we hold state funeral for Shinzo Abe ⇒ 23 人が賛同www

     それに対して
     
    #安倍元首相の国葬に反対し計画の撤回を求めます ⇒ 87,382 人が賛同www

    安倍晋三の国葬に反対します。 We oppose Shinzo Abe's state funeral. ⇒ 74,849 人が賛同www

    • 2022/08/10 (Wed) 23:05
    • REPLY

    シバサマ1966

    岸田くんは日本人大多数の代表者

    悲しいかなそれが現実なのでしょう。

    外に、且つ将来に目を向けることよりも、内に、且つ目先の損得にしか関心がない。

    大多数の日本人がそうだから、民主主義がちゃんと働いて今の政治になる。道理にあっています。安倍元首相が良い意味で特異だったのではないでしょうか。

    支那、ロシア、南北朝鮮に対する危機感と、日米安保条約への不信感さえ現実視出来れば日本人は君子豹変するはずです。

    • 2022/08/10 (Wed) 23:33
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。