fc2ブログ

    中共に食われた日本のサラミ ~ 日本政府は台湾連帯のメッセージを強く打ち出せ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     台湾訪問で東南アジアの安全保障環境における火種を思いっきり煽った感があるナンシー・ペロシだが、その大きな話題となった台湾の後に訪問したのは南朝鮮だ。だが、恐らく中共に忖度している尹錫悦政権の対応は極めて冷淡だ。訪問国では例外なく元首級が応対しているが、尹錫悦は夏季休暇中であること理由に、早くからペロシと「会談しない」ことを明言していた。国内で批判が高まり、電話会談だけはやったようだが、台湾訪問直後という国際政治の波動を受け止める自信がなかったのだろうし、何より中共の顔色を窺った結果だろうと思われる。

     もっとも、日本も他国のことを言えた立場ではない。7月末に訪米していたリン・ホウセイ外相は、著名なCSIS(戦略国際問題研究所)で「歴史的な岐路でのわれわれの将来=法の支配に基づく自由で開かれた包括的な国際秩序」と題する演説を行ったが、そのタイトルとは裏腹に、「中国」という国名をあえて挙げず、中共への直接的な批判をほぼすべて避けていたという。日本が行動を共にする自由主義陣営にとって、「法の支配に基づく自由で開かれた包括的な国際秩序」の対極に位置するのが中共であることは論を待たない。このタイトルを掲げながら、中共に一切言及しない原稿を作ることの方が難しいと思うのだが、リン外相はそういう離れ業をやってのけたそうだ。

     それほどまでに中共に気を遣っていたリン外相だが、昨日午後に予定していた日中外相会談を、王毅によってドタキャンされるちうオチに見舞われた。目の前に迫る台湾有事…。この外相では適切な対応は無理だろう。内閣改造を待っていては遅いかもしれない。

     ペロシ訪台にキレた中共は、昨日から台湾海域で大々的な重要軍事演習を開始した。台湾を取り囲む6つの空と海域で、7日昼まで続く、台湾と周辺国を威嚇する演習だ。

    中共軍事演習


     初日の昨日、人民解放軍が発射した弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域内に“意図的”に落とされた。日本の領土に最も近い落下地点は、与那国島からたった80キロの地点だったという。それに対する日本政府の対応は、これだ。

     岸氏は「我が国の安全保障および国民の安全に関わる重大な問題だ。強く非難する」と述べた。中国の弾道ミサイルが日本のEEZ内に落下したのは初めてという。
     外務省の森健良事務次官は中国の孔鉉佑(コンシュワンユー)・駐日中国大使に電話で抗議し、軍事演習の即刻中止を求めた。


     度し難く弱い。まさかコロナがあるから対面を避けたという理由ではないだろうが、事務次官が電話する一種の遺憾砲だけなら、まともな抗議にはならない。米国とのチキンゲームで圧倒的に敗北した中共は、日本にならチキンゲームで勝てると思っているのだろう。ミサイル数発をEEZ内に落としたところで、来る抗議が電話なら「知らんがな」と応対すれば済んでしまう。この時点で、日本はサラミを1枚、中共に食われたということになる。2枚目、3枚目と、エスカレートしてくることは容易に想像できる。

     ペロシは「台湾の活力ある民主主義に対する米国の揺るぎない関与を履行する」、「米国は台湾と団結する」と明確に述べた。米国にはこのコミットメントを着実に行動で示してほしいと思うが、日本からもこのコミットメントに呼応するアナウンスメントは必要だ。日本政府は「日本は台湾と団結する」などと言えないだろうが、「力による現状変更に断固反対する」くらいのことは言えるはずだ。

     ミサイルの落下地点だけ見ても、台湾有事は日本有事であることを再確認できた。岸田氏も、核軍縮云々を言っている場合ではない。自由・民主主義陣営の連帯を明確に打ち出すべきだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    11 Comments

    国際派

    ペロシ訪台の効果

    日本経済新聞オンラインによれば、日本を含むG7がペロシ訪台を支持する共同声明を発表し、それに反発し王が林外相との面談を2時間前にキャンセルしたと。これでわかるのは、林さんはG7の一員であるという自覚があること。それから、ペロシ訪台の最初の成果は、王があちこちうろうろするのにブレーキをかける役目を果たしたこと。王がうろうろするのがめざわりでならなかったので、日本にとって非常にいいことである。願わくば国葬にも来ないでほしい。国葬のバイオシキュリティーは大丈夫なのだろうか。中国とインドネシアでフットアンドマウス病がはやっているので、豪州では中国とインドネシアから入国する人に特別な防疫措置を科している。

    • 2022/08/05 (Fri) 09:22
    • REPLY

    KY

    これって出来レース?

     ペロシ議長訪台の二日前、中国外務省の華春瑩報道官は、予想されるペロシ米下院議長の台湾訪問について、米国と連絡を取り合っていると述べた(2日ロイター伝)。

     と言う報道がされてますが、中国外務省の報道官がこう言う声明を出しているって事は、今回の件で米中政府間で事前に「互いにどこまでやっていいのか」と話が付いていたのでは、と勘繰ってしまいます。不測の事態を避けるための打ち合わせかと思いますが、ペロシ議長が台湾を去ったとに中国がミサイルを発射したのもこれだと納得いきますが、果たして真相はどうなのやら。

    今國 護

    安倍さんが居ないと、不安しかない。
    結果は分からないし、同じかもしれないが
    居ると居ないでは、精神的に全く違う。
    ロシアを引き合いに出すまでもなく
    侵略者は、侵略する口実が欲しいだけ。
    ちょっかい出しておいて、反撃されたら
    「殴ったな!訴えてやる」…これが特亜流。

    レッドバロン

    リン・ホウセイ外相と王毅外相の会談が流れてほっとしたのは私だけではないでしょう.今、会談したところで
    どうせろくざっぽな対応しか出来ないでしょうから。ロシアがウクライナに侵攻した翌日に、呼び出したロシア大使に目も合わせず、一本調子にメモを読み上げるだけのリン外相を見て、つくづくこいつでは駄目だと思った次第です。中露に対して準臨戦体制を敷くべき状況の外相の姿ではありません。
     
    こんなのでも岸田首相のポン友ということで外務大臣に起用されたらしい。外相と言えば閣内序列でもNo.2か3位ですが、こんなお友達内閣は1日も早く辞めにして欲しいものです。

    金井米穀店の件、和田政宗参院議員が武蔵野警察署に出向いて説明、和田議員が把握している限りのことを伝えるなどして現状認識について確認したとのこと。警視庁からは、状況を注視し必要な対応を行なっていくとの説明があったそうで、これで滅多なことにはならないでしょう.台湾海峡に米空母打撃群が出動したようなものか。


    • 2022/08/05 (Fri) 15:29
    • REPLY

    ツクノ

    ⚪日本のEEZに、中国のミサイル攻撃があったことは、明らかに日中平和友好条約違反だ。岸田政権は、重ねて強く抗議すべきだろう。

    とらこ

    自国領域にミサイ5発も撃ちこまれたのに外務事務次官が電話で中共大使に抗議を伝えたなんて、何処まで相手を付け上がらせたいのでしょう。聞くからに腰の引けた臆病者ではないか。
    日本の駐南鮮大使は事の大小に関わらず、悉く呼びつけられて耳だこ抗議を聞かせられているのに、南鮮にも及ばないその態度。

    それでも岸田氏やホウセイ相から次官に「指導」が出た形跡も無さそうで、という事は岸田政府としては、その次官の電話抗議で〇、なのですね。

    自国をしっかり常に守る態勢を相手に見せつけられないのであれば、一国の首相として、また外相として、役立たずです。広島サミットなど待つまでも無い、年内で辞めて戴きたい。

    今日は8月6日。
    心静かに過ごしたいと思って居ましたが、この内閣には日々怒りの焔が消えることは無さそう。

    • 2022/08/06 (Sat) 11:16
    • REPLY

    KY

    To とらこさん

     領海とEEZの区別位つけてください。

    ツクノ

    KYさん

    ⚪領域(領土、領海、領空)と排他的経済水域(EEZ)の違いは、とらこさんならよくご存知かと。とらこさんは怒りの焔モードでコメントされてますので、ミサイルもミサイになってますし、岸田政権とは普通言いますけど、岸田政府とはあまり聞かない表現のような気がします。いつものとらこさんなら、訂正のコメントをされるのですが、今日は広島の式典もありましたので、そちらのほうを静謐に考えているのかもしれませんね。

    ⚪広島の平和式典では、国連のグテーレスさんも来られていましたが、国連加盟国への核攻撃には、国連として即反撃するような法整備をする必要があると思います。理想論としては、核廃絶ですが、現実として不可能な場合は、国連加盟国を国連加盟国の核の傘で守るのが、国連の役目ではないかと。

    ⚪例えば、理想論として、自動車事故をなくすには、自動車を廃絶すれば良いのですが、現実としてそれはありえないからこそ、法整備をしたり安全技術を開発したりするわけです。核兵器の管理も考え方としては似ていて、法整備と現実としてある核兵器の安全運用は、人類共通の課題として、国連で取り組むべき仕事のような気がします。

    とらこ

    KY様
    ツクノ様
    ご指摘と温かいご理解をありがとうございます
    頭と心から空気が抜けきっていたのをようやく自覚した、と言う感じですかね。ネジが飛んじゃっています。反省

    • 2022/08/07 (Sun) 01:11
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさん

    ⚪私の人生も、反省や後悔することばかりですから、お気になさらずに。

    とらこ

    ツクノ様
    重ね重ねありがとうございます。
    近日中には…何とかなる、何とかする!筈wです。

    気晴らし?に学生時代に辞書を引きながらかなり初めの部分で断念した「とわずがたり」を漫画!で読んだのですが、コレ、鎌倉末期の宮中遊女か、と口が開きっぱなしの感想のみ。
    良い効果はありませぬ、でした。

    で、気を取り直して「正論」9月号、のつもりがまだ頭の中まで文字が入らない現状です。
    唯、せいろん川柳に見つけた
      巨星墜つ 勝利も虚し参院選   菅原啓昭 詠
    が ジ~~~~ン でした。
    少しはしっかり考えられるようにがんばりま~~~す。ありがとうございました。

    • 2022/08/08 (Mon) 20:58
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。