fc2ブログ

    ペロシ訪台で異次元に達する緊迫感 ~ 政治もメディアも、自由・民主主義のために戦え

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田内閣の改造と党役員人事は、安倍総理の国葬が終わった9月末に予定されているというが、保守派が注目する高市政調会長、岸防衛相はともに外れるという噂だ。とはいえ、安倍総理亡き後、岸田氏が保守派の離反を食い止めるために、人事面である程度、保守派に配慮するであろうと思っていたが、噂の限りにおいては逆なようだ。

     岸防衛相の後任に噂されるのは、現総務会長の福田達夫だそうだ。現時点では噂話に過ぎないと思うが、福田家は代々、親中派として知られる家柄だ。外務相にリン・ホウセイを持ってきて、同盟国の米国に不信感を抱かせたと思ったら、今度は防衛相に負けず劣らずの親中派を充てるとくれば、目も当てられない。この噂が現実化しないよう望むが、岸田氏自身の「安倍元総理大臣の遺志を受け継ぐ」という言葉とは逆方向に向かっているように思われる。

     いまほど、官邸、外交、防衛の強さが求められる時期はない。ナンシー・ペロシ米国下院議長の訪台によって、緊迫の度合いが異次元に達する台湾海峡・東アジア情勢の当事者のひとりが我が国日本なのだ。頼みの綱であり、存在自体が最大の外交カードであった安倍総理はもういない。派閥均衡やらお友達人事などやっている暇は1秒たりともない。

     ペロシ米国下院議長の訪台には様々な意見がある。評論家の江崎道朗氏はこの訪台を評し、「ペロシ個人のエゴの先走り」と手厳しい。民主党が11月の中間選挙で負けることが確実視され、ペロシが議長でいられる時間も秒読みに入ったため、米下院議長として四半世紀ぶりの訪台でレガシーづくりをしているということだ。バイデンは「米軍は今は良くないと考えている」と漏らし、暗に止めようとした。もし有事が発生すれば、準備不足の日米軍が急な対応に追われる。少なくとも、ペロシ訪台は米国の国家としての戦略的な動きではないようだ。

     しかし、ペロシは訪台した。今後の外交・防衛は、すべてがこの事実を前提として進む。中共はペロシ訪台に対する心理的先制攻撃として、「ペロシが台湾に入れば軍事行動をとる」と米国を威嚇していた。キンペーはバイデンに向かって声を荒らげ、拳をデスクに叩きつけ、「火遊びをすれば必ず焼け死ぬ」と激高したそうだ。

    ペロシと蔡英文総統


     安倍総理もご存命であれば台湾に入る予定だったはずで、同様の威嚇が日本の外務省に向けて発せられていたと思われるが、米国のようにリークがない。だが、その影響の一端と思われるものが、リン外相のコメントに出た。リン外相はペロシ議長の訪台に関し、「政府としてコメントする立場にない」と語ったのである。もしリン外相が中共の恫喝に屈し、このような当たり障りのないコメントを出したのであれば、即刻罷免に値する。

     ペロシ議長は訪台の前に日本に寄り、3日に予定されていた安倍総理への追悼演説を傍聴する予定だったという。

     「ペロシ氏は、凶弾に倒れた安倍氏を『民主主義の英雄』とたたえ、当初5日の臨時国会で予定されていた『国会での安倍氏の追悼演説』の傍聴を切望していた。ペロシ氏はその足で台湾に飛び、蔡英文総統に、安倍氏の『台湾有事は日本有事であり、日米同盟の有事だ』という言葉を伝え、米国の決意を告げる計画があった」(出典: zakzak


     安倍総理への追悼演説が延期されたことで、この重要な外交メッセージは葬り去られた。この追悼演説を潰した特定野党および自民党清話会の衛藤征士郎あたりは、事の重大さを認識していないだろう。

     安倍総理の言葉通り、「台湾有事は日本有事であり、日米同盟の有事」である。ペロシ訪台によって、メンツをつぶされたキンペーと中共、人民解放軍は、緊張を一触即発の状態まで持ってくるだろう。有事は目の前と言ってもいい。岸田首相には、外国で核不拡散の訴えをしている暇があったら、この「すぐそこにある危機」に全力で対応せよと訴えたい。

     中共の報復や、軍事的恫喝は、これまで類をみないものになると思われる。この状況にあって、安倍総理がいない現実は、返す返すも痛い。メディアも、カルト宗教ばかりやっていないで、この東アジアの危機と中共の危険性を、もっと国民に伝える努力をせよと要求したい。政治もメディアも、自由・民主主義のために戦う時だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    10 Comments

    埼玉県在住のTOM

    先程、官邸HPに意見を書き込んできました。
    ①ペロシ訪台に伴う中共の軍事行動の活発化に備えよ、②林を更迭する一方で岸防衛大臣と高市政調会長を(最低でも)留任させよ、という主旨です。
    岸田政権は紙媒体マスゴミしか参照していないようなので、我々有権者の声は官邸HPに書き込むしか届けられないもの、と判断しています。

    • 2022/08/04 (Thu) 08:46
    • REPLY

    国際派

    ペロシ訪台

    ペロシの台湾でのスピーチみました。人権侵害や不公正貿易のならずもの国家に知的財産権を盗まれてはいかん、というようなこぎみよいものだった。下院のボスらしいスピーチでした。ブリンケン国務長官は火がふけばチャイナの責任だと警告していますが、おそかれはやかれ火がふくことでしょう。宮崎正弘氏によれば、中国経済はゾンビ状態、若者の失業率40%、住宅ローンの債務残高960兆円で、中国は心肺停止しているとのこと。心肺停止のあとにくるのは、歴史が教えるところによれば、革命か戦争というのがセオリーです。日本にも大波がくる。どういう戦になるか、プーチンの戦争が参考になる。首なしゾンビー軍団との戦いで、むこうは弾がつきるまでだらだらと攻めてくる。ロシアの砲撃がひと月前の20分の一以下になっているそうなので、ロシアは弾が枯渇してきているらしい。中共外交団は頭をかちわるとか大やけどさせるとかののしるだけで、応援団のようなものだろう。そもそも領土の半分は係争地で、たとえば台湾のように頭首が足をふみいれられないような国だ。地方政府の財政に北京は何の責任もとらないし、救済もしない。多重支配の首なし国家である。米国の中間選挙で米国の外交政策がかわるとは全く思えない。外交政策を決めるのは上院外交委員会で今は与野党11対11の均衡である。中間選挙で上院は3分の一が改選であるが、ブリンケンは与野党両方に責任をとる立場である。ブリンケンは外交委員会全部のインタビューに合格して任用されたのである。トランプ時代の外交政策をバイデンは100%うけついでいる。中間選挙は外交政策に何も影響をあたえないとみてよい。下院は関係ないし、大統領は国務長官の上司ではあるが、国務長官は外交委員会の方針を実行するのが仕事である。

    • 2022/08/04 (Thu) 09:59
    • REPLY

    Alinamin2011

    追悼演説の延期が、中共の恫喝に屈した結果だったとしたら?

    ペロシが台湾訪問を強行したのが、日本、韓国に喝を入れるためだったとしたら?

    今國 護

    マスゴミ垂れ流しの「噂話」というやつは
    別名「観測気球」とも呼ばれます。
    要は、そういう話を流して、世間の動向、
    或いは、背後の勢力の様子を事前に察知する目的です。
    それで特に強い反発や、某勢力の妨害行為が無ければ
    そのまま通す、という事でしょう。

    とらこ

    そもそもペロシ氏がどういう立場で訪台したのかがよく分かりません。
    大統領が親書を預けたり積極的に「いいね」と言う訳ではなさそうだし、議会が何等かの決意表明を託した様でもない。
    ペロシ氏の議長権限を利用した肩書を持った個人旅であれば、中共政府がこんなに反応するのも神経過敏症の様に見えて、一体氏のアジアの旅の位置づけは何?と。
    勿論、どんな立場であっても自由主義諸国に役に立ったのであれば良いのですが。

    氏の選挙区には反共の中国系住民が多く、天安門事件の直後には訪中して監視の目をすり抜け、広場で中共の人権批判横断幕を掲げたこともあったとか。
    その頃の中共の事情で米国議員を逮捕するわけにはいかず、代わりのように米国メディア記者一名が逮捕、短期的拘留された、と産経にありました。
    ですけど、この方、対中利権で儲かった…米国メディアの噂の一人。

    少し前には、油なのかガスなのか、米国が中共に融通してバイデン息子がその窓口、という米国情報があったそうで、表向きの掛け声だけを信じているだけでは気が付いたら足元を掬われそうな気がします。

    現自民総務会長の福田ジュニア2は、新人議員の頃から中共が下にも置かない待遇で、普通であれば会えるはずの無いオエライ面々にもニッコリランクだと、総務会長就任時に報じられて居ましたね。

    • 2022/08/04 (Thu) 14:28
    • REPLY

    優貴

    いつも更新を楽しみにしています。
    支那はいつも相手が弱いと見切れば、必ず民族ごと支配してしまう事は、歴史が証明しています。

    支那は大嘘をいつも宣伝工作に使います。一時も心を許してはなりません。朝鮮もそうです。
    日本はそんな支那・南北朝鮮・ロシアに囲まれている事を、常に念頭に於いていかなければなりません。
    今の政治家にその胆力のある方はいるのでしょうか。
    安倍元総理がお亡くなりになった事が、本当に悔やまれてなりません。

    • 2022/08/04 (Thu) 18:55
    • REPLY

    シバサマ1966

    日本人の正しい判断を信じるしかない

    最近ニュースを見ることもなくバタンキューが続き、ペロシ下院議長の訪台の事実しか聞いてませんでしたが、リン外相がペロシ議長の訪台に関し、「政府としてコメントする立場にない」と語ったとは。トホホ。

    台湾有事を他人事に捉え、国の安全保障に対してこれほど無責任な態度があるでしょうか?
    これで高市、岸が閣僚から外れ、反対に噂通り福田が入るとなれば、いよいよ岸田政権も馬脚を現したり。

    そうなれば日本国民の真価が問われる時です。経済だのコロナだの言ってる場合ではないでしょう。
    民主主義が試される時でもあります。

    • 2022/08/04 (Thu) 23:25
    • REPLY

    α

    インターネット署名サイト「Change.org」で安倍元総理の国葬賛成署名が行われています

     インターネット署名サイト「Change.org」で安倍元総理の国葬賛成の署名が行われています

    *安倍元総理の国葬に賛成します
    https://chng.it/F7hDBQ2rvB

    *和解へ挑戦するために、安倍元総理の国葬を開催したい
    https://chng.it/YmWJchKfQ5

     上記の2つのキャンペーンが行われています。皆様、是非とも署名&拡散お願いしますm(_ _)m。

    • 2022/08/05 (Fri) 00:13
    • REPLY

    ツクノ

    αさんへ

    ⚪人にものを頼むのなら、最低限の礼儀を守るのが、大人の社会人としての常識だと思います。αさんには、こ ん な と こ ろ でウジウジ悩んでいるよう見えるのかもしれませんが、「私的憂国の書」は、私にとり政治的な意見を述べることのできる貴重な場所です。管理人さんやコメントされている方々とは、ときに違う考え方もありますが、概ね方向性は一致する仲間だとも思っています。

    ⚪「Change.org」を悪くいうつもりはありませんが、そのサイトよりも私のなかでは「私的憂国の書」の価値は上といってもいいでしょう。αさんがもし、今後もコメントをされたいと思うのなら、まずは管理人さんやコメントされている方々に、このサイトを愚弄した軽率さを詫びてからではないでしょうか。

    やす

    やす@管理人

    α さん

    先ず、このエントリーに対するコメントは、拙ブログのコメントのガイドラインから外れますので、削除します。

    その上で申し上げますが、管理人自身、αさんのコメントについてお尋ねしています。
    https://yukokulog.blog.fc2.com/blog-entry-4625.html

    ツクノさんはその管理人の問いかけを引用されただけです。

    • 2022/08/06 (Sat) 00:20
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。