fc2ブログ

    メディアはカルト宗教ではなく、奈良県警の失態こそ徹底的に追及せよ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     立憲共産党から参院選に出馬した有田芳生の落選は喜ぶべきことだが、自由人になった有田は安倍総理の暗殺にかこつけ、ちゃっかりメディアでの露出を増やしているようだ。安倍総理の暗殺犯である山上某が旧統一教会を憎んでいたことをネタに、メディアが事件の構図として全面に押し出しているのが「政治と宗教の距離」であり、「旧統一教会という反社」だ。

     元自衛官という、出自としては古すぎる情報と、旧統一教会によって人生を狂わされた過去というストーリーが、暗殺後、間をおかずに出てきた。元総理の暗殺という重大事件でありながら、こういう浅い情報が、あたかも用意されていたかのように素早く出てくることには強烈な違和感がある。当然、この手の情報は警察からもたらされるものだ。胡散臭さが充満する奈良県警の対応は、詳細に検証される必要がある。それこそがメディアの役割だろう。

     そういう疑念を改めて感じたのは、デイリー新潮の「「SPを2人に増やせないか打診していた」 安倍元総理射殺、警備のどこに不備があったのか」という記事を読んでのことだ。記事がまず指摘するのは、安倍総理が演説をしていた場所が、警備上、極めて問題があるということ。既に指摘されていることだが、「360度行き来できる場所で、衆人の前で演説している人を守るのに、真後ろを守っている人がいなかった」という点だ。警備は聴衆の方を見るばかりで、後ろはノーマーク。山上が総理に近づくことを誰も検知できず、数メートルの至近距離からの発砲を許した。

     もっと衝撃的なことは、カンテレの報道である。

    「後方の警備が難しい」と他党に指摘も… なぜあの場所で演説が行われたのか 安倍元首相銃撃

    大型商業施設があり、人通りが多いため、選挙演説の人気スポットだった大和西大寺駅。
    しかし、立憲民主党の関係者によると、ことし4月に泉健太代表が同じ場所で演説したいと申し出ると、警察から「後方の警備が難しい」と指摘され、断念していたことが分かりました。
    そのため泉代表は、少し離れた場所で演説。
    警察から車の上で演説することや、車を防弾パネルで覆うことなどを要望されたといいます。
    自民党や立憲民主党のような警護対象者がいない他の政党も、この場所での演説は注意を払っていたと言います。
    日本維新の会は、およそ150メートル離れた場所で演説。緊急時に使える車を用意していました。
    共産党は同じ場所を使ったものの、ガードレールをずらして選挙カーを乗り入れ、その上で演説を行っていました。
    【公明党 大国正博県議】
    「(ことし4月以降)あの場所でやってない。(選挙カーを置く)スペースがないという判断で」
    他の政党が細心の注意を払う場所で、なぜ自民党は演説を行ったのでしょうか。
    【自民党の関係者は…】
    「ガードレールで囲まれたあの場所は、360度見渡せるし、囲われているので、間近に聴衆が来ることもない。警察から安全上の問題は指摘されなかった

    大和西大寺駅


     私は陰謀論には与しない派だが、この顛末を知るに至って、奈良県警のずさんな警備体制は、意図的に行われたのではないかとすら勘繰ってしまう。警備の不備は、当初から指摘されていた。それに対しては、安倍総理が急遽奈良のあの場所で演説することになったこと、また、奈良県警が不祥事に関する記者会見の準備で対応に追われていたことが報じられている。後者は奈良県警のドメスティックな理由だが、安倍総理の奈良遊説が急遽決まったというのは、県警の失点をカバーするために用意されたものだと考えられなくもない。

     奈良県警には少なくとも、あの場所での街頭演説を断念させた立憲民主党のケースと、今回の安倍総理のケースの対応の差異を説明する義務があるだろう。カルト宗教のことなど、犯人の動機ではあったとしても、事件の本質ではない。メディアもそのことには気づいているはずだが、旧統一教会ネタのほうがウケが良いから、そればかりを報じるのだろう。日本のメディアのっ腐り具合はハンパない。

     真実が葬り去られるのは我慢がならない。心あるメディアには徹底的に追及してもらいたい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    16 Comments

    sinra

    昨日は昭恵さんの乗る警察車両にあろうことか別の警察車両が追突したらしいですね。
    どうしてこうも重なるのか。。。

    • 2022/07/26 (Tue) 08:11
    • REPLY

    国際派

    山上の精神鑑定

    論点をずらし、加害者を被害者であるかのように騒ぎ立てることにより、真相の究明や本質的な問題から目がそらされていく。メディアやカルト政党の思惑がみえかくれする。化石メディアの腐れようははんぱない。昨日から山上の精神鑑定が始まった。本来精神鑑定の前の供述はすべてまともにとらえてはならないものである。精神障害者の発言にふりまわされてはならないからである。4か月間はメディアもおとなしくしていてほしい。専門家の鑑定を待っているが、私なりに推理してみた。
    精神障害による関係妄想、妄執だったのか、正常な精神をもっていたものが一時的に錯乱したのか、組織所属団体への忠誠心から仕方なく役割分担したのか、無意識のうちにテロ組織から一時的に洗脳催眠状態にされたロボットテロリストだったのか、性格破綻した病的な暴行魔だったのか、長期的な不可逆的な洗脳をうけた確信犯だったのか、いろいろ答えはありえる。その結果によって、社会的な対応も違ってくる。しっかり調査してほしいものである。二度とおなじようなテロが起こらないようにしてほしい。

    • 2022/07/26 (Tue) 09:19
    • REPLY

    国際派

    異常に早い単独犯への印象操作

    7月8日に銃撃されて死亡が確認された30分くらいあとのことである。豪州のABCの夕方のニュースの時間が、安倍元総理を追悼する番組に変わった。30分くらい、識者などが集まり、世界的な指導者を失った、世界に大きく貢献した、と安倍元総理を惜しんでいた。しかし、むろん暗殺事件が及ぼす世界への影響への懸念も論じていた。いわく、武器の銃は犯人が台所で作ったもので、部品には木が使われた半分木製のものなんだって、これじゃあ誰でも簡単にテロが起こせる時代になった、日本は銃規制が厳しいというが、台所で作られてはたいへんだ、とキャスターが語っていた。その通りであるが、不思議なのは、銃撃から数時間後に、地球の反対側に、銃の構造や作成の場所まで、なぜ正確に情報が伝わっていたのかである。奈良県警が銃の調査を数時間ですまし、メディアに情報をもらしたのか? 暗殺の同日に単独犯であるかのような印象操作が計画され、印象操作が実行された、というのは私の勘ぐりであろうか。逆にいえば、真実は背後関係があったのではないかということである。

    • 2022/07/26 (Tue) 10:13
    • REPLY

    ツクノ

    ⚪マスコミは、本来、中立であるべきだが、最近は被害者のことよりも、加害者のことばかり報道しているのは、たしかに気になるところでした。その傾向は、

    安倍晋三さんの業績 < 山上徹也容疑者の経歴や動機

    警備警護の見直し < 自民党と旧統一協会との関係疑惑

    …このような情報量の差があると思われ、大衆心理や世間の風潮は、加害者擁護や暗殺テロの動機の同情へと傾くおそれがある。国葬決定後の追悼番組も、各局皆無に近い。安倍さんの生前のときよりもまさに今、死者に鞭打つようなアベガーばかりであり、これは日本人ならば眉をひそめる状況だと思う。

    ⚪警護警備の失敗は、日本国全体の治安の問題でもあるだろう。高齢者を狙った詐欺事件や、手塩にかけ育てた農作物の盗難事件もそうだが、昭和にはそれほどなかったゆゆしき事件だ。例えば、氷河期世代の方々30万人を、警察官や自衛官、消防士や海上保安官などに公務員登用してはどうだろうか。警護警備のスペシャリストをサポートしたり、地域やネットを巡回して犯罪捜査する人員を増やすなど。社会の治安を落ち着かせるには、スペシャリスト養成はもとより、公務員や民間企業、ボランティアも含めた市民レベルで、警察をサポートしたり協力する体制も必要ではないだろうか。

    ⚪安倍晋三暗殺テロ事件でも、SPや警察官に、不審者がいると情報提供する一般人がいれば、事前に防げた可能性はある。現状として、現場における、要人の警護警備の方々と民衆とは、対話のチャンネルがほとんどない。警備警護の方々に、大衆提供の情報を収集し分析するコミュニケーターのような役割の人も、現場の状況をより把握するためには、何人か必要ではないだろうか。もっといえば、火薬類の匂いを探知するセンサーや警察犬の導入なども必要ではないだろうか。

    今國 護

    時期を同じくして
    奈良県警が銃弾紛失案件で、捜査上の大チョンボを犯し
    その公表と演説が急遽決定した事と結びつける意見もありますね。

    昭恵夫人の乗る車に、後続の警護車両が追突したのも
    考えようによっては、様々な疑惑が深まります。
    官公庁はもとより、政財界のみならず
    公安関係にも侵入されていても不思議はなさそうな。
    皇宮警察ですら、あのザマですし。
    単に質の低下や、大事件が起きなかっただけでの気の緩みからなのか。

    (名前空欄)

    あの事件が発生した当初は、誰もがアノ半島も者が犯人ではないかと疑ったことでしょう。
    おそらく、当のアノ半島人も。
    以前からの言動や行動から、一番疑わしく思うのは自然な流れだし、現在のアノ半島の反応も疑われて当然の行動しかしていない。
    マスコミはきっと血の気が引いたでしょう。
    ところが元自衛官と分かると、執拗なまでに嬉々として元自衛官と繰返し報道した。
    これは自衛隊のイメージを落とす意図もあるのだろうが、それ以上に「元自衛官≠アノ半島人(元自衛官=日本人)」と言う構図が成り立つがゆえに、犯人は日本人だと触れ回る必要があったからと思われます。
    マスコミは犯人が元自衛官との情報に、安堵したのが実態でしょう。
    このあたりを考慮すれば、日本のマスコミが皆さんの思っている通りの状態であることが、推察できると思います。

    • 2022/07/26 (Tue) 17:11
    • REPLY

    ツクノ

    名前空欄さんへ
    ⚪朝鮮人かどうか、わからないところですが、山上徹也容疑者の母親の旧統一協会とのシンパシー(共感)や思い入れの強さからは、その可能性も念頭には置いたほうがよいのかもしれませんね。ただ、いずれにしても、出身地と安倍晋三暗殺テロ事件、そこに直接的な因果関係はないのかもしれません。

    --------

    ⚪山上徹也容疑者が、7月7日米本さんに出した手紙の内容や米本さんのホームページへのコメントからは、昨年12月頃から手製の銃を作成していたようです。報道によると、ガレージの賃貸契約もその頃からなので、時期は一致しています。これは計画的な犯行だと思います。

    ⚪山上徹也容疑者が、犯行前に手紙を出した米本さんは、山上徹也容疑者とはホームページ上のコメントで対話をしていて、既にそのときから旧統一協会への恨みやただならぬ狂気を感じていたように見受けられます。米本さんは、どちらかというと反安倍、反自民の思想にも近いようですが、山上徹也容疑者の旧統一協会への考え方は諫めており、この事件には巻き込まれた形なのかもしれません。

    ⚪いずれにしても、山上徹也容疑者は、米本さんを自身のよき理解者だと思いこみ、犯行前に手紙を出したのかもしれません。つまり、ネットで知り合った米本さんしか、相談したり理解者と思えるような親しい人物はいなかった。山上徹也容疑者は孤独だったのかもしれない。そのため、世間には組織的な陰謀論もありますが、この事件は単独犯かもしれません。ただ、この狂気の事件後は、その影響を悪用して、安倍晋三さんや自民党を貶めようとする動きが、マスコミや野党、アベガーなどで活発化しています。

    ⚪生前、安倍晋三さんは、保守団結の会の会合で、「皆さんは、団結してください。」とおっしゃっていました。今こそ、多少の意見の相違はあるにしても、例えば国葬のような大きな目標では、日本人として一致団結すべきときではないだろうか。

    素浪人

    隠蔽工作?

    今晩は。

    事件当初より奈良県警の責任をぼかす為の陽動作戦という疑念が愚生にも有りました。誰も責任を取らないで済む戦後ニフォン。まさに歴史の断絶でしょう。

    特命

    警察は背後関係を徹底的に洗え

    警察にはしっかりと背後関係を洗ってほしいですね。
    昔、警察庁長官狙撃事件というのがありました。公安部が「これはオウム」と決め手かかったことで、他の操作ができず、遂に真犯人を捕まえられず、時効が成立したとか……。
    誤解されたくないので、書いときますが、犯人は山上で間違えないでしょう。只、背後には、本当に何もないのか……。「これは統一教会」と決めてかかって、他への操作が疎かにならないか……私は心配です。
    無論、背後関係云々自体、現状では陰謀論なんですが……。

    • 2022/07/26 (Tue) 23:20
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    奈良県警の 看過できぬ「ダブスタ」

    今晩は。奈良県警の不可解にして意味不明な警備対応は、貴記
    事の通り糾されるべきでしょう。

    今春、立憲民主党からの 安倍元総理遭難現場となる立地での
    遊説希望を、安全と警備難を理由に退けたとなれば、自民党に
    対しても同様の対応措置とならなければ筋が通りません。

    増して 急遽とはいえ、安倍元総理の現地入りとなれば 警備
    はより一層厳重にすべきは当然で、最悪の結果を招いたは 
    自民奈良県連も結果的に共犯といえ、被害者面をしてはならな
    いと心得ます。

    事件の真実が葬り去られるのが事実なら、拙者も我慢ならない
    事です。立憲民主党辺りは、むしろこうしたおかしな対応こそ
    、声高に追及して良いし、そうすべきと心得ます。そうする事
    が、むしろ急逝された 安倍元総理への大きな供養ともなると
    考える者です。

    最後に、有田前参議の TVへの出しゃばりは 国会活動ができ
    なくなった事への腹いせと、メディアへの影響力を保つ事での
    自己保身でしょう。旧統一教会をネタにしていた事は以前から
    知っていますが、北鮮シンパとの指摘もあるだけに、この輩の
    言説は過信しない事が良いかと思います。日本人拉致事件被害
    のご家族各位にも言い寄っていた様で、大きな不興を感じます。

    • 2022/07/26 (Tue) 23:42
    • REPLY

    とらこ

    裁判に所謂人権派弁護士が付き問題の核心ではない周辺事情などで時間を取られる戦法が考えられる時、はじめから検察側が精神鑑定悪くない、と思いましたが、他に、鑑定のために奈良県警から身柄を移された事の方に多少の安心感があります。

    あれだけ多くの聴衆からのスマホ映像が流れていて、素人でもあの警備状態の異常な緩さと醜態を感じない人は居ないと思います。
    演説の位置と緩い警備と近い聴衆などを見て、はじめに感じたのがハルビン駅頭での伊藤博文公の暗殺に残されている疑点に似たものでしたが、その次に思ったのがオウムの警察トップの銃撃事件です。
    オウム信者は自衛隊や警察にも入り込んでいたそうで、それを思えば未だに奈良県警への疑いが私的に消えません。

    そして、事件直後の聴衆への退避指導もされていなさそうな映像には驚き以外にはありませんでした。
    まるで対象は安倍さんお一人だと認識していたのか、と思える様な不思議な警備行動。

    昭恵夫人の護衛衝突車運転手を警視庁が「教養訓練を徹底させる」だそうですが、警察では前方不注意を「教養」というのにも仰天です。

    以前、悠仁親王と秋篠宮妃紀子さまが乗られた車の事故もありましたが、その時も乗り換え車が到着するまで何時間かかかったとか。お出かけは公用では無かったのですが極めて希少な親王殿下への皇宮警察のその対応ぶり。
    国民の信を失う様な失態は警察官全体への冷たい視線を覚悟して戴きたい。

    カルト教の諸問題は、安倍さんの暗設とは別個で扱われるべきで、問題点の意識的と思われる”すれ違い”や”ずらし”は、結局メディア自身の後ろ暗さを浮き上がらせるだけだと思います。
    カルト教のあれこれは安倍さん暗殺事件以前からずーーーっとあった問題ですのに、何故今なされるべき解明を他所に騒ぐのか?

    • 2022/07/27 (Wed) 01:00
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさんへ

    ⚪私も、伊藤博文暗殺テロ事件の模倣犯ではないか、ということは頭をよぎりました。世間には、組織的な陰謀論を疑う声もあります。ただ、それが事実の場合は、組織的かつ狡猾に、証拠は隠されているのではと思われます。先ほどコメントした孤独な単独犯説と合わせて、組織犯説についても考えてみたいと思います。

    ⚪組織的な陰謀論として、まず考えられるのは、旧統一協会が関与した疑いではないかと思います。山上徹也容疑者が、実行犯であることは事実だと思います。世間にはスナイパー狙撃説を疑う声もあるようですが、至近距離の背後から手製の銃で撃ち、致命傷を与えたのは事実だと思います。

    ⚪7月7日、山上徹也容疑者の動きをいち早く把握したのは、早朝、銃撃を受けた旧統一協会と思われます。それが犯行の合図ならば、警察への通報よりも、旧統一協会の連絡網のほうが優先していた可能性がある。長野から奈良へと安倍晋三さんの応援演説の変更を画策した自民党の人物や、警護警備にはリスクのある場所取りをした奈良県警の担当者などに、旧統一協会の信者や影響を受けた人物がいないかどうか、警察は調べる必要があるのかもしれませんね。

    ⚪もう一つ、疑わしいルートは、山上徹也容疑者と信者の母親との関係、これが本当はどうであったのか、という点。山上徹也容疑者の手紙にあるツイッターは、2019年から始めており、山上徹也容疑者の人生のなかでは、ごく最近になって急に始めたことでした。そのときから、暗殺テロや安倍政権を倒閣する犯行計画があったのなら、米本さんへの過激なコメントなども、あえて旧統一協会への恨みがあるかのように見せかけるため、動機の偽装として利用した疑いがあるのかもしれません。

    ⚪手紙やツイッター、米本さんへのコメントなどもそうですが、山上徹也容疑者の言葉、これに同情したり、鵜呑みに信用することはできないと思われます。国民的人気のあった安倍元総理を、選挙活動中に暗殺したのだから、日本国民としては、まったく耳を貸してはならない。世間の風潮やマスコミなどが、そうなっていない現状は、とらこさんや国際派さんも推理されているように、組織的かつ計画的な犯行を疑わせるものがありますね。

    esw

    私が気になるのは、山上の生い立ちが事実だとして統一教会を恨むのはわかるが、母親を殺そうという様子が見られないことです。

    山上にとり最大の不幸の要因はどう考えても母親であり、統一教会はせいぜいそれをそそのかしたあるいはだましたという程度。それも信じる方がおかしいような統一教会の与太話で。

    ツイッターでは祖父が母を殺そうとしたことがあったが、今にして思えばそれは正しかったと解釈できる主旨の書き込みがあるのみで、母親を批判はするものの殺意までは見いだせない。(せいぜい死ねばいいと思っているくらいだろう)

    そして実際に殺したのは主犯の母親でも共犯の統一教会でもなく、共犯の取引先くらいのポジションの安倍晋三。

    どうにも言ってることとやってることがちぐはぐだ。単に母親の罪あるいはそれを殺すということに向き合えなかった精神的な弱さという可能性もあるが、本当に統一教会が動機なのか疑ってしまう。

    • 2022/07/27 (Wed) 08:09
    • REPLY

    とらこ

    ツクノ様
    まだまだ出てきていない「襲撃理由」はあるだろうと思いますが、今回の件で私はあまり統一教会云々は気になりません。
    アノ宗教団体(宗教と言えるかどうかは別問題として)の問題は明らかに別個に扱われるべきだと思います。

    本人の家庭環境や母親の歪さ、カルト宗教が理由であれば当然その方向に向かう筈で、そちらへの行動は早くに諦めているのに、安倍さんを選挙中しつこく追いかけていたのも矛盾だらけ。
    母親の所為で経済破綻だそうですが、住居とは別に家賃を払い、無職になっても安倍さんを追いかけられるのか?などを思えばそのカルトが原因そのものだとはとても思えません。
    親の宗教が問題で安倍さんを亡き者にしても少しも容疑者の解決にはならないのは41歳の人間に分からない筈もないですから、テロの原因も理由も他の所にあると考えます。

    安倍さんの長野から奈良への急遽変更は、選挙活動中に週刊文春が長野県の候補者のスキャンダルを書き立てたからだろうと思います。
    そういう類の記事を選挙妨害とも思える期間に出してよいのかどうか?と感じますが、ともかく自民党としては安倍さんに応援に入って戴ける候補者ではないと判断したからではないでしょうか。

    奈良県は本来自民党が強いと言われる県だそうで、党本部としても心配する理由のない箇所だっただろうと思います。
    それでも、何故あの場所で?ととても不思議です。警備もロクに出来ない県警がああいう場所を許可する理由は何?と。

    青山繁晴議員のHPには体内に入った筈の弾が無い、とか左上腕部から入って鎖骨に当たって心臓に、という説明の不可思議さをご指摘です。
    そうなると、ケネディ大統領暗殺の銃撃場所の複数説も思い出され、警察とメディアの情報を鵜呑みには出来ない印象を持ちます。

    いろいろ疑問はありますが、今回は絶対日本の名誉にかけてもオウムの警察庁長官襲撃の様な不様な「闇の中」になってはならない、と考えます。

    • 2022/07/27 (Wed) 16:05
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさんへ

    ⚪たしかに、情報は限られていて、わからないことも多いので、いろいろ疑問はありますね。仮説は、ひとつに絞れる段階ではなく、いろいろな仮説を立ててみる段階かもしれません。ただ、どの仮説であっても、安倍晋三さんの死だけが、重く悲しい結末として残りますね。仮説を立て筋道を考えることが、ときにまったく意味のないことのようにも思えるのは、安倍晋三さんの笑顔を取り戻すことが、もうできないからかもしれません。

    ⚪旧統一協会の事件への関連性については、私は疑いを持っています。関連性がないとすれば、山上徹也容疑者の孤独な単独犯説に、関連性があるときは、旧統一協会黒幕説になると思うからです。そこを判別する情報がないので、絞ることは現段階ではできませんが、いずれにしても、ターゲットを安倍元総理とし、旧統一協会と自民党との関連性も動機としているならば、国家転覆のおそれもある凶行ではないかと思います。

    ⚪長野から奈良への応援演説の変更理由は、どちらにもとれるのかもしれません。週刊誌に候補者の疑惑が書かれたのは事実ではありますが、だからこそ、安倍晋三さんには応援演説してもらいたいとも、応援演説はしてもらわないとも、どちらにもいえることではないかと。そこに恣意的な変更があったかどうかは、わからないのかもしれません。

    ⚪弾丸については、貫通していたのかもしれません。安倍晋三さんは、撃たれたとき、身を屈める動作もしていて、そこへ着弾、貫通したのかもしれません。貫通していないとの発表もあったのかもしれませんが、手製の銃なので、通常の弾丸とは異なる形状の弾丸と思われ、約100メートル先にも弾痕があり、その威力は至近距離なら貫通した可能性があるのかもしれません。

    ⚪警察と報道の情報を鵜呑みにできないのは同感です。山上徹也容疑者の経歴について、海上自衛隊に3年、最近派遣社員を退職したことしか情報はなく、その間の数十年が抜けているのは不自然で、意図的に隠している気がします。山上徹也容疑者のツイッターも2019年からなので、2019年より前の職歴や活動は、一体何をしていたのか、気になるところですね。

    とらこ

    ツクノ様

    銃弾の出口は無い(見つからなかった)と青山氏他の部会員(かな?)は報告を受けたのだそうです。なので、それも謎。
    後日更なる報告は成される予定だそうで、それを待ちます。

    • 2022/07/27 (Wed) 20:05
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。