fc2ブログ

    バイデン大統領「台湾防衛をコミット」がアジアに与えるインパクト

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     平和の国、ニッポン。念仏を唱えることで平和を維持できると考えるお花畑もいれば、クアッド首脳会合に抗議するデモを敢行する武闘派もいる。デモの様子を報じるロイターの動画を見てみると、ヘルメットにおもいっきり「中核」「全学連」と書いてあって、ちょっと笑ってしまった。ロイターのインタビューに応じる弁護士の高山俊吉は、「日本と米国が中国に対して、また改めて侵略戦争をしようとしている」などと、突拍子もない妄想を語っていた。この高山なる人物、「共産思想を持つ団体」と評された左翼法曹団体、青年法律家協会の一人だと知って「なるほど」といったところ。この真っ赤な高山という人物が、日弁連会長選に出馬した際、5000人が支援したというから、日弁連というのはなんとも恐ろしく赤い組織である。

    高山俊吉
    クリックで動画へ


     クアッド首脳会合を前に、バイデン米大統領が就任後初来日し、岸田首相と首脳会談を行った。なかなかまともに会談させてもらえなかった岸田氏だが、もともとこの時期にクアッドの首脳会合が東京で予定されていたため、運も味方につけた格好だ。注目された中共を念頭においた安全保障面については、「米国は日本の防衛に全面的な関与を続ける」とのコメントで明らかにされた通り、日米同盟の強固さをアピール。当然、岸田氏はバイデンにお土産を持たせてやらなければならず、「防衛費を相当増額する」とコミット。平時なら岸田氏は現状を変えたくないというスタンスだったのだろうが、ウクライナ有事で安全保障面に敏感になってい国民は、この防衛費増額を概ね肯定するだろう。ダブルで運がいい。

     岸田首相は会見で、「日本が(国連の)常任理事国になることを支持するとの表明があった」と語った。これは歓迎すべきことではあるものの、中身は中共を睨んだ牽制だろう。米国が日本の常任理事国入りを推しても、中共とロシアは当然ながら拒否権を行使するので、実現性は乏しい。運よく戦勝国に入れてもらった中共が、戦勝国の特権を放棄することはない。むしろ、侵略を犯したロシアを常任理事国から追い出すことが先決で、日本のポジションはそういった劇的な変化が必要だろう。敵国条項の無効化ぐらいは希望したいものだが。
     
     最大のインパクトは、台湾の防衛に関するバイデンのこのコメントだ。

    バイデン氏、台湾有事なら軍事的関与 日米共同会見 (日経)

    バイデン米大統領は23日午後、台湾有事が起きた場合に米国が軍事的に関与するかを問われ「はい(YES)。それが我々の約束だ」と発言した。東京・元赤坂の迎賓館で日米首脳会談後に岸田文雄首相と臨んだ共同記者会見で答えた。バイデン氏の発言は台湾防衛を曖昧にしてきた歴代政権の政策から踏み込む内容だ。(抜粋)

    バイデン


     直前のホワイトハウスの会見で、報道官が、米国が主導する新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の発足メンバーに台湾は加わらないと明らかにしたことについて、台湾当局が「遺憾」を表明したばかりだ。台湾を置き去りにするかと思ったら、まさかの踏み込んだ発言である。失言かと思って動画を確認したが、バイデンはしっかり用意されたメモを読んでいる。だから失言というのは考えにくい。この発言は母国でも大きく取り上げられており、首脳会談後の会見という「公式」の場での発言だけに、今後様々な論評がなされるだろう。いずれにせよ、歓迎すべき言質だ。

     安倍元総理は昨年12月、台湾の研究機関が主催するイベントでオンライン講演し、「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある。この認識を習近平国家主席は断じて見誤るべきではない」と語っていた。米国もこの認識を共有していることの証左である。

     中共は脊髄反射で反発するだろう。盟友のロシアが世界的地位を失墜させたいま、中共に軍事的親和性を持つ可能性がある国は、北朝鮮くらいなものだ。日米はクアッドをはじめ、経済や安全保障の枠組みを強化し、中共包囲網を強固なものにしていくべきだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    (名前空欄)

    台湾有事への関与には「よく言った!」と思いましたが、ニュース番組では失言癖のあるバイデン大統領がまた失言を重ね、中国を無駄に刺激することとなりかねないためホワイトハウスが火消しに追われているといった論調でした。

    ロシアがウクライナ侵攻で泥沼化しているのを見て中国は下手なことはできないと相当慎重になっていると思うので、ここでアメリカが一歩踏み込んだ発言をするのはかなり効果的な牽制になるはず。火消しなんかせずもう堂々と釘を刺していいと思うんですけど。

    • 2022/05/24 (Tue) 08:47
    • REPLY

    国際派

    世界平和の鍵をにぎる安倍元首相

    台湾有事は日本有事だ、と発言されたあと、何かの機会で米国も台湾有事での立場をもっとはっきりさせるべきだ、と述べたように記憶しています。安倍さんがリードし、米国に働きかけ、ブリンケン国務長官が決断した、というプロセスがあったと推察します。いまだに安倍さんが世界平和維持の鍵をにぎっている。ブリンケンはめだたないけれど、実務では前任のポンぺオより有能だとみています。去年の3月、日本から帰国途中のブリンケンにアラスカで追いすがるチャイナの楊政治局員の嘆願を無視して、トランプが科した高関税制裁に全く手をつけなかった。楊など戦狼外交官とは二度と会いたくないのではないか。今年、ローマでの米中外交トップ会談には楊に対してなんと部下のサリバン補佐官に相手させた。楊は王毅より上です。

    • 2022/05/24 (Tue) 09:06
    • REPLY

    ボンちゃん

    岸田の政治資金集金パーティに中国人がゴロゴロ来ていて、外国人からの政治献金は駄目でパーティ券はOKという政治屋共の都合の良さ丸出しの悪弊は正さなければカネを呉れた相手に強く言えないだろう。中国のポチがバレバレだ。マスゴミも新聞もテレビ局も中国、韓国の新聞社や放送局の支社が同居し汚染されてる。 中国ベッタリの岸田を非難も引きずり下ろそうとしないのは繋がっているからだろう。岸田の支持率もまやかしで実態はもっと低いはず。政治的に中立、公正でない報道機関はスパイ組織そのもの。

    • 2022/05/24 (Tue) 10:50
    • REPLY

    レッドバロン

    今日、中ソの爆撃機各2機が日本列島を周回したそうで、クアッドに対する牽制と言うよりも明らかに軍事的な嫌がらせをかけてきています。

    昨日は着物姿の岸田夫人がバイデン大統領のためにお茶をたてたり、バイデン大統領も横田早紀江さんらの前では膝を落して話を聞いたり、こちらは文明的な作法の美を尽くしているというのに、アチラは爆撃機の編隊をアベックで飛ばしてくる。…しかしこれが東亜の実態であることは間違いのないところでありましょう。

    • 2022/05/24 (Tue) 22:10
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    費用を含む、我国防衛増強は理解したいが

    今晩は。明らかに高齢の「青年法律家協会員」の取材記事には
    失笑を禁じ得ませんでした。何やら日本学術会議左派の思考にも
    通じるものを感じます。極左過激勢力と共に、戦後ずっと幅を利
    かせてきた日教組教育の危険な弊害をも併せて感じる所です。

    バイデン米大統領の台湾危機関与言明は、我々日本人も確と把握
    しておかないとという所ですね。岸田総理の防衛費増額について
    の言明は当然といえますが、実施に当たっては拙速を避け、着実
    な積み上げを願いたいとの想いもありますね。

    レッドバロンさんご指摘の、中露軍用機複数の我国周辺飛行は 
    やはり日米首脳会談や豪印両国も加わっての「クァッド会合」
    に対する嫌がらせと当てつけだろうと拙者も思います。ただ、
    この位レベルの出方に過度に怯える必要がないのも事実だと心
    得ます。新型感染症同様、必要な対策を行って 正しく恐れる
    までの事でしょう。

    • 2022/05/24 (Tue) 23:23
    • REPLY

    とらこ

    いつまでも「青年」感覚で生きられるのも幸せと言えば言えるのかな。
    海原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」に倣えば「誤魔化し主義者の真っ赤な妄想」ですかね。
    この類の人々にとっては、昔揶揄された「米国の核は汚い核 ソ連の核は綺麗な核」そのままに、「東側が侵略する筈がない。悪いのはい常に西側」と信じ込んでいそう。

    岸田氏がバイデン大統領会談で表した「防衛費増額」はいつまでに為すという期限は無いようですので、自民党部会の提言通りに5年後目途ということもあるかな、と冷たく視ております。
    それまでに世界や日本を取り巻く情勢の変化予想を「しっかり」考慮に入れての事なら良いのですが。

    • 2022/05/25 (Wed) 02:21
    • REPLY

    とらこ

    「悪いのは常に西側」に訂正致します。

    • 2022/05/25 (Wed) 02:25
    • REPLY

    (名前空欄)

    藤原直哉の「日本と世界にひとこと」 2022年5月25日 ますます口数が減ってきた
    12,947 回視聴 2022/05/24
    https://www.youtube.com/watch?v=QTf4Q3X9RBQ

    ウクライナ戦争の状況についてもそろそろ軌道修正をご検討ねがいます。


    https://twitter.com/RT_com/status/1529164073291554816
    ペンタゴンがウクライナ国旗を逆さまに掲示
    大統領府の決定によほど不満なんでしょうね・・・

    とらこ

    もう一つ訂正
    「米原万里」さんのお名前を「海」と打って訂正を忘れていました。いつもの粗忽者で御免。

    • 2022/05/25 (Wed) 09:47
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。