fc2ブログ

    岸田内閣支持率の謎の上昇とそのワケ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田内閣の支持率が、異例かつ謎の上昇を記録している。11日に発表されたNHKの調査では、前月比7ポイント増の57%、読売・NNNでは4ポイント増の66%、時事通信では6.8ポイント増の51.7%だ。時事通信は解説記事で、「目立った実績もない中で支持率が上向くのは異例だ」と書いているが、まさにその通り。中でも、コロナ対策を評価するという声が大きいことに眩暈がしそうだ。

     読売は、「濃厚接触者となった受験生らを救済するために追試や再追試など柔軟な対応を学校側に求めたことを「評価する」は86%に達した」と書いている。だが、これも岸田氏の朝令暮改による決定で、とんでもない決定を取り消したことが、かえって好意的に受け止められているのだ。YouTubeで高橋洋一氏が暴露しているが、同胞の帰国までストップさせた国際線の新規予約停止も、前述の農耕接触者の受験問題も、官邸は「聞いていない」とシラを切っているが、そんなことはあり得ないそうだ。

     では、特に実績もなく、右往左往する岸田内閣の支持率が何故上昇するのか。答えはひとつだ。メディアが批判しないからである。安倍・菅両内閣を批判し続けてきた守旧メディアは、岸田内閣には手のひらを返したように甘い。安倍氏だろうが菅氏だろうが、同じような朝令暮改を繰り返せば「首相の資質なし」などと猛批判を繰り広げていたはずだ。だが、岸田氏に対しては扱いが全く異なる。少なくとも、安倍・菅亮首相に向けられた批判キャンペーンが始まりそうな気配すらない。

    岸田


     昨日召集された通常国会における、岸田氏の施政方針悦絶が、首相官邸のウエブサイトに全文掲載されている。しかし、そこに「台湾海峡の平和と安定」という、喫緊のキーワードはなかった。


     同じく、外交の所信を述べたリン外相だが、眩暈がさらに悪化するような気持になる。

    台湾海峡の平和と安定も重要です。加えて、香港情勢や新疆ウイグル自治区の人権状況についても深刻に懸念します。

    林(リン)外相


     ここでも、骨抜きにされた対中非難決議の公明党案である「人権侵害」の「人権状況」への書き換えを、そのまま引用している。岸田・林両氏の中共に対する過剰な配慮があればこそ、岸田内閣に対するメディアの批判は鳴りを潜めているのだろう。

     そう考えていくと、現内閣と守旧メディアは、結果的に「共存共栄の関係」にあると考えていい。契約などはない「阿吽の呼吸」だ。対象によって態度を変えるメディアのやり口にも反吐が出るが、それと共存しようとしている岸田内閣にも、個人的には絶望感しか感じない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    花花

    犬HKの魂胆

    反日組織NHK。
    NHKは岸田の支持率を水増しして、国民を誘導しているのではと思います。
    岸田は媚中媚韓なので。

    敷島やまと

    ものは考えよう

    維新の支持率が立民を上回り、参院選で自民への批判票の
    受け皿が維新になるなら、それも悪い話ではない。
    立憲共産党の息の根を止められるなら万々歳。

    • 2022/01/18 (Tue) 10:46
    • REPLY

    今國 護

    そもそもマスゴミアンケートが
    如何にいい加減なもので志位的要素、もとい
    恣意的要素を含んでいるかが浮き彫りになります。
    ダメ政権をマンセーする事で
    支持者にそっぽを向かせ、
    かと言って野盗に投票なんて絶対無いので
    棄権票を増やし、組織票有利に誘導する手口かと
    疑惑が益々深まります。

    とらこ

    大手メディアが故意に岸田内閣支持率高止まりに発表して、政府がこのまま何もしないで油断する。で、参院選の直前に急下降数字を出すシナリオもありそうな気が致します。
    政治にあまり関心を持たない多くの有権者は、直前の情報で投票するそうですし、参院選は政権党選択の選挙ではないので、先の衆院選の様な各自の「日本の危機感」を働かす選び方はしない様に思います。もっと言えば、好みや単なる政権批判的選択をするのでは、と。

    参院非改選組と総合すると、与党は16議席だったか?の減で衆参捻じれになって、最低でも3年間の「何も決められない」国会になるそうです。
    岸田氏はその危機感を持っておられるのかどうか?

    米国との「安全保障上の緊密な関係」は声にしても、安倍総理時代から音を立てて日米関係が崩れて行きつつある様に思うのは、私個人の錯覚でしょうか。

    • 2022/01/18 (Tue) 18:23
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。