fc2ブログ

    お騒がせ都議の辞職と、民主主義が内包するリスク

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     民主主義は尊いと思うが、反面、リスクをはらんでいるものだ。思えば、2009年の悪夢の民主党政権だって、選挙で選ばれた政権だったし、外国人参政権を推進しようとしている武蔵野市の松下市長も、10月の市長選で圧勝している。先の総選挙で信任を得たと言われる岸田内閣だって、私個人的には自民党を勝たせようと投票したが、諸手を挙げて岸田内閣を支持したつもりはない。松下市長といい、岸田総理といい、選挙に勝った途端に、公約にもなく争点化もしていない案件に手を付けられても、困惑するのが普通だろう。

     そういう民主主義のリスクが顕在化したのが、お騒がせ都議の木下富美子氏だろう。木下氏は一昨日、都議会議員を辞職した。もともとこの問題にはほとんど興味がなく、ブログにすることもなかった。立民党代表選も全く盛り上がらず、ネタ不足のメディアがしきりに騒ぐので、久しぶりにテレビのワイドショーを見てみたが、この問題は殊更大きく取り上げられている。そして、木下氏の会見を改めてみてみたが、呆れしか感じなかった。

    木下富美子


     政治家がスキャンダルに見舞われた際、ダメージコントロールを考えるのが普通だろうが、木下氏はダメージコントロールしようとした気配すらない。かといって炎上商法でもなく、無策なのだ。選挙期間中に無免許運転で人身事故を起こして書類送検され、7回にわたって無免許運転を繰り返したという悪質な道路交通法違反だ。国会議員でも地方議員でも、法律や条例をつくる側の人間には、遵法精神はもとより、職業倫理は強く求められるものだが、意図的に法を犯していたとしか思えない状況で、「議員を続けて欲しい。これまで通り力を貸して欲しい」という、実際にあったかどうかも疑わしい声を拠り所にした議員続行宣言。 会見では、「仕事がしたくて、議員継続を望んでいるにもかかわらず、仕事をさせてもらえないという“理不尽な現実”」などと、被害者に転じる鉄面皮。常軌を逸しているとはこのことだ。議員として以前に、一般の社会人として備えておくべきモラルもないのだから、ブーイングに晒されるのは当然だろう。

     問題が発覚した後、木下氏を除名した都民ファーストの会も、関係ないとは言えないし、もともと自身が主宰した「希望の塾」の塾生として木下氏を育てた小池百合子も、体調不良があったとはいえ、説得するタイミングが遅すぎる。

     政治家というのは多かれ少なかれ、自分をよく見せようとするものだし、それは選挙がある以上、仕方のないことだ。そして、国会議員ならいざ知らず、地方議員の人となりまで理解するのに十分な情報を、有権者は持っていない。彼女を議会に送った都民は、その選択を失敗として記憶すべきだろう。2009年に勝たせた民主党政権に国民が学んだように、都の有権者もこの失敗を次の選挙に生かしていくべきだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    5 Comments

    (名前空欄)

    『お騒がせ都議の辞職と、民主主義が内包するリスク』に対する意見
    https://yukokulog.blog.fc2.com/blog-entry-4382.html

    >7回にわたって無免許運転を繰り返したという悪質な道路交通法違反だ。


    しかし、知能が低い有権者とその代表者は、議員を続けても問題はないということにしていたんだよ。
    今回の騒動は、市という共同体の主権者が馬鹿だから起こったものなんだよ。

    • 2021/11/24 (Wed) 11:01
    • REPLY

    今國 護

    木下富美子のメンタルが、完全にアッチ系にしか見えません。
    選挙に関しては根底に
    「Aが嫌(ダメ)だからB」という
    極めて感情的な誘導操作がされているせいだと思う。
    アイドルやスポーツ選手の「好き/嫌いランキング」
    じゃないのだから、もっと中身を報じるべき。
    「Aは嫌い(ダメ)だが、Bよりはまだマシ」という
    極めて高度な判断が出来る思考が大事。
    それ以上に「選択肢」が中身も数もダメなのが問題。
    民主主義の欠点の一つに
    平和な世の中や、超危険なご時世だと
    誰も火中の栗を拾いたくない心情が働くので
    わざわざ庶民の罵詈雑言を浴びる議員になりたがらない。
    なりたがるのが、労働に関係なく支払われる
    「議員報酬目当て」の輩ばかりになる。
    犬HKが、視聴率無関係に、給料貰えるのと同じ。

    やす

    やす@管理人

    標本

    > しかし、知能が低い有権者とその代表者は、議員を続けても問題はないということにしていたんだよ。
    > 今回の騒動は、市という共同体の主権者が馬鹿だから起こったものなんだよ。

    はぁぁぁぁぁ??
    自称知性派にしては、全く知性が感じられない現実無視のコメントで驚きでございますww

    • 2021/11/24 (Wed) 12:00
    • REPLY

    不良ジジイ

    言論の自由!(錦の御旗?)の前には
    弁護士の「イジメ発言?」にせよ、何を言っても許されるのですかね?かつてならば「これを言っちゃオシメイヨ!」だったと思うのですが、今や「言ったもん勝ち!」「言いっ放しOK!」・・・嫌な世になったもんだと思います。
    かく言う私もけっこう言いたい事、投稿しちゃいました!

    とらこ

    7回もの無免許運転歴などは本人が発表しなければ、区民であれ有権者には分からないでしょうからね。
    有権者が低能でも有能でも、普通には知りようのない個人情報でしょうし。

    本人の良識と自覚に頼るしかない部分は世の中至る所にあって、それが国の「民度」と認識されるのだろうと思います。
    少なくともこの議員は選挙区有権者の「民度」を多少なりとも下げた、と言ってよくはないかしら。

    全くの無所属で立った訳ではない候補者・当選者には所属政党も積極的に責任を持つべきではないですかね。公認権を持つのですから。
    特にこの人の様に長期の議会欠席、言い逃れや虚言とも感じられる自己防御に徹する場合は、本人の出処進退に任せては置けないと考えるべきだろうと思います。

    • 2021/11/25 (Thu) 00:06
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。