fc2ブログ

    この総選挙は政権選択選挙である以上に「体制選択選挙」である

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     短かった17日間の選挙戦も本日が最終日である。各党は激戦区に応援弁士を大量投入するようで、自民党は東京18区の菅直人と議席を争う長島昭久氏の応援には、西村康稔前経済再生担当相、野田聖子特命担当相、菅前総理、萩生田経産相、片山さつき氏、青山繁晴氏など名うての弁士を矢継ぎ早に送り込むようだ。先の党総裁選以降、「野生の安倍さん」と称される安倍元総理は、ツイッターを見る限り、凄まじいスケジュールで選挙区を回っている。高市早苗政調会長は遊説日程がトイレ休憩も交通渋滞も見込まずに組まれているほどタイトで、廻りきれなかった選挙区が残った口惜しさを吐露している。

     衆院選は政権選択選挙だと言うのが専らの見方だ。しかし、今回に限って言えば、政権選択以上に「体制選択」の選挙であることを指摘しておかなければならない。選挙戦スタート時に、甘利幹事長が「政権選択選挙のもっと奥の体制選択選挙だ」と指摘した通り、安全保障、皇室論など基本政策が異なる立民党と共産党が組む体制と、自由と民主主義を重んじ、皇室を尊び、日本人的価値観を共有できる自民党体制との対決なのだ。

    立憲共産党


     立民は、限定的な政策の合意のみの閣外協力のかたちでの連携だと強調し、共産党は安全保障政策など、独自の立場を政権に持ち込むことはしないと言っている。これを言葉通りに受け取れば、共産党は立憲民主党が作る政権に口出しはせず、安保法制の廃止や、普天間の辺野古移設の中止、、選択的夫婦別姓やLGBT法の成立などのみで協力体制を取ると解釈するだろう。しかし、それは解釈しては甘すぎる。

     ルーピー鳩山内閣を見てみればわかる。「最低でも県外」と訴えていた普天間飛行場の辺野古移設問題でルーピーが屈し、辺野古移設で日米が合意した際、閣内にいた福島瑞穂が反発し、内閣府特命担当大臣を罷免され、社民党は連立を離脱した。福島瑞穂は、閣内にいたから、主張を曲げることができず、民主党政権と袂を分かったのだ。

     今回の場合、共産党は閣外にいることになるため、主張を曲げる必要がない。旧民主党政権で連立を組んでいた社民党と比べ、自由に動き、主張することができる。だから、立民党内に共産党票への依存体質を麻薬のように浸透させていけば、立民は共産党の主張を無視できなくなる。「政府の意思決定に共産党の意思が入ってくる」という指摘は、閣外協力だからこそ当たっているのだ。

     もし野党連合が勝利し、日米安保破棄、皇室破壊などの共産党独自の政策が野党連合政権の内部に及んでくれば、日本は確実に破壊される。それほど危険な「体制」にいまだ気づかぬ国民が多いの状況が、心底恐ろしい。

     自民党もパーフェクトとは程遠いし、そもそも私は生粋の自民党支持者ではないが、他党と比較すれば、日本を預ける政党は自民党しかない。2009年のように、「自民党にお灸をすえる」「一度野党にやらせてみよう」という安直な意思決定が招く国家の危機を、広く共有したい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    12 Comments

    Alinamin2011

    選挙こそ、国民の民度を問う試験

    選挙で候補者や応援者が必死に訴えるのはなぜか。
    通すも落とすも、有権者次第だから。

    有権者の民度が試されている。

    試されていることは、支持する政策のみならず、例えば、

    ・大阪10区、小選挙区は破廉恥の権化辻元に、比例区は自民党にというアホの極みの行動を公然と頼まれ、完全に舐められていることを何ともないのか

    ・新潟5区、買春がバレて県知事辞職に追い込まれた破廉恥漢の米山隆を自分たちの代表として国会に送り込むのか

    ・東京18区、日本を危機に陥れた張本人であり、今やだれも相手にしない菅直人をまだ自分たちの代表者として国会に送り込むのか

    ・宮城5区、官僚に易々と操られる中身のない安住淳を、地元の代表としてまた国会に送り込むのか

    ・北海道3区、大臣時代に政治献金でキャミソールを買った新井聡の後継新井優を自分たちの代表者として国会に送り込むのか

    ・東京1区、自分の意見が国会で言えない海江田万里を地元の代表として国会に送り続けるのか

    ・大阪14区の代表である長尾敬は、中共のジェノサイトを非難する国会決議に奔走する、人権擁護者、こういう人材こそ国会に送り込まなくてどうするか。

    ・その長尾を推薦しない公明党こそ中共を擁護する「人権よりも党利」だと認識しないのか、日本国民

    ・「立憲民主の人材60数人」こそ、悪夢の3年を繰り返さないために国会から追放せねばならない連中ではないのか、日本国民。国会に行くためには、暴力による革命を目指す共産党にだって魂を売る連中だぞ。


    「誰がなっても同じ」などとうそぶくいて投票に行かない者は、現実に目を向けない阿呆だ。生ける屍といっていい。ゾンビ。

    選挙は、有権者が、日本国民が、阿呆かどうかを試される試験とも言える

    今國 護

    強酸が絡む政権になったら
    政府のみならず、
    それを選択した国民さえ
    世界中から白い目で見られるのは必然。
    民主国家ではなく
    支那朝鮮と同種で見られます。

    HAKASE(jnkt32)

    心して、明日の投票へ・・

    お疲れ様です。今回の貴記事、そして各位のコメントよりも 
    今回衆院選の持つ意味の重さを、改めて問うべきと心得ます。

    なかんずく、貴指摘にもある 甘利自民幹事長の「日共の加わる
    政権を選ぶのか、それとも保守自由主義の政権を選ぶのか」との
    「体制選択選挙」となる所は、くれぐれも留意をと心得ます。

    仮の政権交代時には、日共とは限定の閣外協力という下りが
    拙者も曲者と心得ます。むしろこの方が、政策面の失点があっても、
    影響力の保持がし易いかも知れません。

    そうだとしても、日共の影響力が増せば 貴懸念通りの 我国
    の独立と国柄、皇統を初めとする固有文化の破壊に繋がりかねず、
    そうした危険をよく踏まえた上で 明日の投票と最高裁判事国民
    審査に臨むべく、赴こうと思います。

    • 2021/10/30 (Sat) 13:32
    • REPLY

    なつこ

    一昨日まではスムーズに送信できたのに、
    昨日は、ずっと送れないままでした。
    今日は、早く目が覚めて、気を取り直して
    送ろとするのですが、
    「恐れ入りますが、もう一度やり直してください」が出るばかり。
    諦めないといけないのかなと思いつつ・・・
    今日の新しい記事のコメント欄で昨日書いたコメントを
    送信してみたのですが、同様でした。

    それにしても立憲共産党の画像は、
    訴求力がありますね。
    両党の結びつきが如何に危険かが、
    強烈に打ち出され、視覚に訴えます。

      ~昨日の記事に関して~
    >落とすべき候補者は数多く居るが、
    落としてはならない候補者も少なからずいる。
    菅直人に引導を渡すことができる長島昭久氏、
    公明党の妨害に遭う長尾敬氏は、間違いなく
    当選させるべき候補者だ。
    「絶対に負けられない戦い」なのだ。

    まさに仰る通りです。
    昨日、長尾たかし氏への高市早苗氏の
    熱のこもった応援演説を聞いて感激を
    あらたにしています。
    志をもって政をなしてきた人間が放つ言葉の
    力強さを見た思いです。

    日本の将来に向けて只今やらねばならぬことを言明し、
    具体的な戦略と中長期の展望を見据えた国家運営を
    任せるに足る人、ここに在りと思わせ、
    同志たる長尾たかし氏の当選は、
    必至だと訴える姿は感動ものでした。

    口先だけのパフォーマンスではない、長年にわたり、
    言行一致の政治行動をとられてきた長尾たかし氏です。
    地域にも国家にも欠くべからざるこの人こそ、
    当選をと願います。

    長島昭久氏も同様な国家観を持たれ、
    外交と国家防衛、安全保障に精通した国会議員としての資質は、
    菅直人などとは比べ物にならないほどの貴重なものです。
    この方も是非、当選をと願うものです。

    今の日本、内憂外患と言う言葉では生易しすぎる
    国家の状況をどれほどの候補が自覚しているのか。
    自ら崩壊の突き進んでいるのではと思うほどの
    敵対国の浸透が酷いものです。

    言うまでもなく野党は、立憲共産党と言われるほど、
    二つの政党が一体となって、亡国への危険度を増しているなか、
    政権与党と言えば、媚中派を多く抱える自民党、
    媚中ど真ん中の公明党の有様は、
    国家を護るには程遠く、怒りしか覚えません。

    門田隆将氏がツイートされています。
    門田隆将@KadotaRyusho
    石平氏が自民党長老に呆れている。
    “福田康夫氏が「コロナの中国起源説が風評」と
     言って習近平の走狗になったかと思えば、
     この人は自民党長老でありながら立憲民主党の
     番犬になったのか。自民党の老害たちは
     どうかしている”と。
    中国共産党に丸め込まれ老醜を晒す先輩の姿を
    現役議員はよく見て欲しい。

    門田隆将@KadotaRyusho
    高市早苗氏の叫びが大阪14区に響き渡った。
    「私にとって何よりの恩人。
    総裁選立候補を決めた時、
    どの派閥も誰の応援か決めておらず、
    無派閥の私を応援してくれる方が居ない中で
    長尾敬さん!選挙準備で一番大切な時期に
    ずっとずっと私を支え続けてくれました!」と。
    中国と対峙する政治家2人。有難い。


    誰が国家を護りたいかは、歴然としています。
    国が壊れていくのを必死に食い止めようとする議員の
    当落は国民の暮らしや命に直結します。
    揺るぎない国家観の下、国家防衛を真剣に考え、
    そのための法律を早急に整え、政の本願を
    達成することに邁進できる議員を選ぶことは、
    国民に残された自らを守るための必至の行動です。

    • 2021/10/30 (Sat) 17:14
    • REPLY

    なつこ

    送信出来ました!

    只今、コメント投稿が出来ました。
    昨日から今日の今まで、コメント投稿を
    繰り返していたのです。
    もう、諦めていて最後の投稿と思ったところ、
    意外にも送信出来たことは、嬉しい限りです。

    また、どなたも仰っていないところをみると、
    私だけがこのような送信が出来たり出来なかったりを
    経験しているようです。
    また、数日前には、投稿したのが、確実に数時間は表示されていた
    コメントが消えたり(管理人様は一切、操作なさっていません)と、
    何かしらの不具合に遭遇してばかりで、困ってしまいます。

    ともかく、投稿が叶いましたので、
    消えたコメントは、是非とも当選して欲しい方に
    ついて書いていますので、
    再度、投稿してみようかとも思ってもいますが、
    至らぬことかとも・・・。

    • 2021/10/30 (Sat) 17:32
    • REPLY

    なつこ

    数日前、消えたコメントと書いたのは、
    2021/10/20 (Wed) 09:18と表示された
    10月20日のことで、数日前ではなく、
    10日余り経っていました。(恥)

    そのコメントではなく、敢えて、皆様がご存じない
    お二人の候補者を挙げたく思います。

    和歌山3区に新党くにもりの本間奈々氏
    千葉10区に新党くにもりの梓まり氏は、
    可愛らしい容姿と真っすぐに国を思う熱い心をもった方々です。

    この一年、自民党の媚中派の頭目、二階俊博、
    その子分である林幹雄の落選運動の為、
    夫々のご当地に於いて再三、街宣活動を行って来られた中で、
    自分たちは批判するだけでなく、立ち上がらねば、
    何も変わらないと意を決してくださったお二人です。

    巨象に立ち向かう蟻のように、
    相手にとっては捻りつぶすにたわいもないと思われるなかにあって、
    日本の只今を救わなければ、日本の将来がないと
    立ち上がってくださったことは、誰にでも出来ることではないのです。

    日本の女性が欲得なく、将来の子どもたちに
    善い日本を受け継ぎたいとするその一念の、
    勇気と志をまさに有難いと思うのです。

    実際、様々な妨害が、ありました。脅しもありました。
    けれど、彼女たちはめげずに、迷うことなく、明るく前を向いて
    進んでくださいます。日本の女性は頼もしいものです。

    和歌山3区は、従前から自民党二階俊博、
    共産党の立候補者二人で、選択肢がなかったなかに、新党くにもり 本間奈々氏、無所属の人が加わり、4名が立候補されています。
    千葉10区は、自民党林もとを、立憲民主党、新党くにもり 梓まり氏、無所属の4名の立候補です。 

    どうぞ、お二人の名前を覚えておいてください。
    世の中が乱れ、国が危ういとなった時には
    日本には草莽のなかから、立ち上がる人たちが
    いて下さることに、感謝の念でいっぱいになります。

    • 2021/10/30 (Sat) 20:25
    • REPLY

    ツクノ

    ○今回の選挙は…というより、改憲成るまでは「自民党」一択ですね。自民党には、早いうちに3分の2の議席を獲得して、改正条項を過半数に改正していただきたいと思う。

    ○かたや「悪夢の民主党」「株価7000円の民主党」「共産主義の民主党」です。立憲民主党は、脱原発を主張しているが、原発事故が起きたときの政権与党は民主党だった。元民主党の政治家たちは、責任をとって辞任することもなく、立憲民主党として、いまだに政治家を続けている。

    ○福島の現状は、全体として復興してきたが、いまだ厳しい状況にある地域も少なくない。自民党以外の政党に、復興を任せられるだろうか。原発事故の初動では、民主党政権の対応は、後手後手かつ専門知識もない素人の対応だった。脱原発は、たしかに必要なことかもしれない。ただその結果、原発事故も忘れ去られてしまうのだろう。事故がなかったことになれば、事故で亡くなられた方もいなかったことになってしまう。原子力の技術開発は、二度と不幸な事故が起きないように、今よりもっと安全性を高めるべく、予算を投入して継続しなくてはならないだろう。

    ○戦争、災害、事故などで亡くなられた方々を、今、生きている私たちは、決して忘れてはならない。自民党は下野しても自民党のままだった。政治家としての責任があるからだ。民主党は下野したら廃党、立憲民主党としてリセットした。継続性のない政党の政治は、日本国民の期待に応えるものではないだろう。

    ○自民党の政治家たちは、野党の政治家に比べて、華もなく地味であり、言葉も堅苦しく話下手な方は多いと思う。戦後、何十年を政権を担ってきた自民党であっても、その政策はすべて完璧なものではない。日本国民にも、多くの苦労を強いてきた。だからこそ、みんなで一緒に政治を語り考えて、私たち日本国民の声を、自民党の政治家に、たくさん届けようではないか。

    ○明日は、競馬の天皇賞秋もたのしみだが、一人でも多くの方々、特に若い方々には、はがきを持って投票所にも出かけてほしいと思う。

    波那

    皆さん、選挙に行くようにとお声がけをされて投票率を上げて下さい。蔡英文総統が台湾には既に米軍が入ってる事を公式に認められました。日本の安全保障、領土を守り我々の命を守る危機が近づいています。先ず電波オークションをして害でしかないマスゴミを減らし、潰して憲法改正をして国民投票に向かわねばなりません。時間は限られています。何も用意が出来ないままで危機を迎えるわけには行きません。

    選挙に行かなければ、立憲そして立憲に付いてくる共産党を栄えさせます。日本がどんな事になってしまうかを知って下さい。

    • 2021/10/30 (Sat) 22:13
    • REPLY

    R

    武漢肺炎を軽視し、国民の負担増となる立憲共産党への投票

    菅直人と言えば、太陽光発電による家計負担増を行った元凶ですよね。

    ■電気代値上げ

    菅直人が元凶「太陽光」宴の後
    https://facta.co.jp/article/201607029.html
    【独自】再生エネ導入促進による国民負担、30年度には最大2兆円増…年4・9兆円に
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210301-OYT1T50000/

    ■介護保険料の負担

    自民党の土屋正忠に拠ると、菅直人が厚生大臣の時に提案された介護保険制度。この当時出された介護保険制度案は、国民が2兆2000億円の負担を強いられる内容。

    (著)土屋正忠 「介護保険をどうする」(出版)日本経済新聞 の90~91

    つまり、立憲共産党を選べば、国民の負担が増える制度が導入される可能性が高まると言えます!

    断じて、立憲共産党に投票してはなりません!

    立憲民主党・石垣のりこ議員「新型肺炎ウイルスより先に桜を見る会を正さなければならない!」予算委員会で堂々宣言
    https://ksl-live.com/blog29459
    ワクチン接種の足を引っ張る野党――立憲と共産の迷走
    https://www.d3b.jp/npcolumn/11819
    大スクープ!AERA「立憲民主党議員の迂闊な提案で、ファイザーが激怒してワクチン供給の遅れに一役買った」「立憲民主党と共産党が国内治験に拘って接種が遅れた」と大報道!!
    https://seijichishin.com/?p=66438

    • 2021/10/30 (Sat) 23:39
    • REPLY

    R

    共産党によるデマ

    また「安倍晋三元総理が118回嘘を言った等」と共産党はデマを流していますが、立憲共産党が同じ質問を118回やっただけです。

    https://seijichishin.com/?p=51900

    しかも、法的に問題無い内容。逆に、何で118回も同じ質問をするのか意味不明ですよ。理解できなかったのか、相手の話を聞いていないのか分かりませんが、よっぽど暇なんでしょうね!

    立憲共産党は。だから、18連休もする。仕事をしたく無いんでしょうね。彼らは。

    「18連休」野党惨敗…枝野氏と辻元氏に責任論 筆坂氏「邪道、見当違いと自覚せよ」
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180509/soc1805090019-n1.html

    法的に問題無いこと。これは不起訴となった甘利明幹事長に対しても言えます。

    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29H3W_Z20C16A7000000/

    仮に不起訴だとしも、「問題だ、説明が必要だ」というのであれば、先日、不起訴となった共産党もまた問題、説明が必要ですよね!

    共産党山添拓参院議員を不起訴 鉄道写真を撮る際横断禁止の線路を渡った
    https://www.nikkansports.com/m/general/news/amp/202109300000680.html

    しかし、共産党は、一体いつになったら、公約を守るんでしょうね!

    オリンピック中止を公約にしていた様ですが、オリンピック、終わっちゃいましたよね。これでどうやって約束を守る気なんでしょう。
    https://www.news24.jp/articles/2021/05/13/07871748.html
    それとも、共産党はウソをついたんですかね?

    • 2021/10/30 (Sat) 23:53
    • REPLY

    とらこ

    本気で政権を執る気のない政党、盗れると思わない政党は「公約」に何を言っても政権に反映させるチャンスがないので無責任公約OKなのでしょうね。気楽なものです。 最初から有効期限切れの膏薬のようなもの。


    立憲共産党の「一人」の顔面図、違和感まるで無し。左右の多少の違いは影だから、と言って通じるゴソンガン。
    こうしてみると、なるほどねえ、立憲顔と共産顔はよく似ておりますw

    ロシア革命も、初めは学生貴公子達が極め付きの社会格差に若い正義感が働いて先導し、その後最貧層の農奴への「開放宣伝」が広まって、初めの若い貴族たちは何時の間にか「反革命的」と指弾されて粛清、国外逃亡か処刑場の露と消えたそうな。
    革命が成った後は共産党内の熾烈な権力闘争が繰り広げられ、対岸から見れば単なる左系の潰し合いで、生き残った者勝ち。
    最後は「赤い貴族」と呼ばれる権力を持った社会共産主義者たちに依る、国民何千万の死屍累々の上に築かれた豪勢な生活。 ロクなもんじゃありません。

    自民党政権に不満は幾つも残ろうと、日本の政治状況はアノ民主党で経験させられた無能無知無恥の如くに他党に任せられるような状況では無し。
    現在の日本は民主主義的社会主義とも言えそうな、世界の中でも選り平等に近い国家だと海外の日本ウォッチャーは評します。

    世界の何処にも完全無欠な政権は無いのですから、欲や理想を求めながら今ある可能性を持つ政党を選ぶのが最適なのではなかろうか。
    で、私は積極的とは言えないのですが選択するならやはり自民党を推します。


    選挙と言えば、末田軍曹殿は足元のおぼつかない御町内の高齢者さん方をご自分の車に乗せて投票場にお連れしていましたね。その後、どうしておられるやら。

    • 2021/10/31 (Sun) 01:38
    • REPLY

    NP

    消極的自民党支持

    岸田内閣が出来、早々衆議院選挙と成りました。
    個人的に一番に思うのは共産党とも組める立憲民主党主導の社民、れいわ合わせての「ドさよく連合」をのさばらせてはならないという選挙です。

    昨今、マルクス本に人気があるとかで世界に比類なき惨劇を起こした共産主義のある意味出発点がカール・マルクス、そしてエンゲルス、レーニン、それらを身にまといスターリン、更に毛沢東、波及先はカンボジアのポル・ポトなど。
    https://bookmeter.com/authors/9498
    https://www.y-history.net/appendix/wh1603-078.html

    その共産主義を頂く「日本共産党」、その歴史、流れは武装闘争、非合法活動から現在へと至っています。
    あの日本に取り終戦直前のソ連侵攻を許したのも「ゾルゲ・尾崎事件」という共産党絡みです。

    葛根廟事件
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%9B%E6%A0%B9%E5%BB%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E7%A7%80%E5%AE%9F

    https://special.sankei.com/f/society/article/20190804/0001.html

    「ゾルゲ諜報団」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%AB%E3%82%B2%E8%AB%9C%E5%A0%B1%E5%9B%A3#日本が対ソ開戦するか否か

    あの「盧溝橋事件」の例、「長征」など中国共産党が敵の内部に潜り込み乗っ取りをするというDNA的本質を持った性格が思い出されます。

    盧溝橋事件
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%BA%9D%E6%A9%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    長征
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%BE%81

    ここでちょっと余談ですが、久しぶりに本を購入。
    「中国共産党 暗黒の百年史」石平。
    驚いた事にもう第6刷でした。

    今世界を、日本を中国共産党支配に置こうと行動を起こしているその成り立ちが「三つ子の魂百まで」を正に体現しています。

    その共産党、日本では「日本共産党」も年月が経つとほとぼりがさめるとでも言うのか特に若年層に抵抗感が無くなって来る可能性が有ります。
    それを共産党なり、社民党は待っているのではないでしょうか?
    直近、「民主党」も同様でしょう。

    自民党を強く応援は決してしません。
    経済政策の下手さ、それによりコロナ蔓延とも重なり経済力を大きく国際比較でも落とし、同時に何年にも渡って国内格差を広げた責任は重大だと思いますし、それは野党の与党批判の切り口を正当化するものでしょう。

    結局、選択肢として日本破壊を目指す野党を推す訳にはいかないので仕方なく消極的に自民党支持であるというだけと成ります。

    また、長らく「似非保守政党自民党」を駆逐する「力のある真正保守政党」の出現を期待しましたが、どうもそれは現実的ではなく、昨今自民党内の真正保守政治家が党内で大きな力を持つという方向が一番ではないかとか考える様に成りました。

    この度の選挙、それなりに立憲民主党が支持を得るのではないかと推測しています。

    • 2021/10/31 (Sun) 09:56
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。