fc2ブログ

    朝日の報道は、特に自民党に好意的なものほど信じてはならない

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     朝日新聞が独自の調査で全国の選挙区における情勢分析を配信しているが、その多くは有料会員向けの記事のため、その内容を確認することができない。菅直人と長島昭久氏が東京18区で接戦だとか、埼玉5区で枝野と自民党の牧原氏が互角の戦いとか、見出しだけ見ると「ホントかよ」と呟いてしまいそうな記事もある。

     その朝日が唐突に「自民が単独過半数確保の勢い、立憲はほぼ横ばい」という記事を打ってきた。要点だけ抜粋してみよう。

     自民は、選挙区では公示前の210議席に届かないものの、161の選挙区で優位に立ち、190議席に迫る勢いをみせている。比例区は堅調で、公示前の66議席を上回り、70議席をうかがう。

     立憲は、選挙区では公示前の48議席を上回る公算が大きい。競り合っている65の選挙区が、議席を上積みできるかどうかの焦点。枝野幸男代表(埼玉5区)も自民前職と接戦となっている。一方、比例区は勢いに欠け、公示前の61議席を10議席以上、下回りそうだ。

     日本維新の会は、公示前の11議席から3倍近くに増える勢い。選挙区は大阪府内を中心に10選挙区でリード。比例区は地盤の近畿以外でも、東京や南関東で複数議席獲得を視野に入れている。

     共産党は、選挙区で議席を維持している沖縄1区で接戦。比例区で議席を積み上げ、全体として公示前の12議席を上回る可能性がある。(以上、抜粋)


     他の報道各社の分析では、概ね、「自民党が過半数に届くか、届かないか」という傾向だ。その線でいけば、公示前の議席数は276だから、過半数(233)に届いたとしても40議席以上を失うということになる。ところが、朝日の分析では「単独で過半数を大きく上回る勢い」となっている。立民は「公示前の109議席からほぼ横ばい」という分析だ。朝日の分析では、総じて、自民党が大勝する情勢であるかのような印象を受ける。

     これに産経新聞政治部編集委員の坂井広志氏が、タイミングよく的確なツッコミを入れる。


     真偽のほどは不明だ。朝日の情勢分析が正確である場合は、「立民よ、野党よ、もっと頑張れ」というエールの意味が強いだろうと思う。もしくは、「有権者よ、このまま自民に勝たせていいのか」という扇動に近いものもあるのかもしれない。だが、自民党には徹頭徹尾、厳しい姿勢を見せてきた朝日新聞が、坂井氏の伝える「自民党を油断させる」という目的のもとで発信されたものだったとしても、何の違和感もない。

     自民党の候補者は、決してこの記事を鵜呑みにすることなく最後まで全力で戦い、そしても保守派の有権者も彼らを最後までサポートすべきだ。ここで間違った結果が生まれれば、最長で4年もの間、日本が壊れていくのを止めなければならない。そんなことは、2009年のあの選挙で懲りているはずだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    今國 護

    アカ日の記事は嘘だと思え。
    事実に嘘を混ぜ真実を捻じ曲げ
    嘘に事実を混ぜ真実と捏造する
    それがアカ日。
    その目的は、人心の揺動で
    社会の混乱と混沌を招き、政情不安で不満を鬱積させ
    日本を転覆させる事。
    社会の騒乱こそ、マスゴミとして
    「ネタの宝石箱や〜」

    ツクノ

    ○選挙の動向も気になりますが、最高裁判所裁判官の国民審査も、気になってます。

    ○選挙公報が届いたので、見ていたのですが、審査対象の裁判官の中には、夫婦同氏が憲法違反だと判断した裁判官も何人かいました。

    HAKASE(jnkt32)

    失笑、そして貴指摘通りでは?

    今晩は。今回貴記事の朝日調査の件、拙者も拝見しました。
    確かに一見自民に好意的な論調の時は、反って要注意という事
    かも知れません。

    産経・坂井編集委員のお言葉通り、この朝日論調は 特定野党
    向けのテコ入れの意味がある事でしょう。真に受ける訳には参
    らないですね。

    後、ツクノさんがご指摘の 最高裁国民審査の方も、今回は特
    に関心を払う必要があるかもですね。ネット情報を含め、今回
    審査対象裁判官中 夫婦別姓を違憲とした人物が 3人いた様に
    記憶しています。

    • 2021/10/26 (Tue) 23:04
    • REPLY

    とらこ

    参院補選で山口、静岡は事前予想通りの一勝一敗でした。立民民民推薦の静岡は自民候補に4万8千票の差をつけての当選。
    (リニア反対の)川勝知事の応援を受けたのが理由だと言う解説もある様ですが、負けは負け。

    衆院選に臨む自民&保守系議員は、この「静岡」を念頭に最後まで丁寧に緊張感を持ち続けて是非とも勝利を掴んで戴きたい。

    チョウニチ朝日は、国運を左右する戦時中の報道でも日本国民の判断基準になる正直なことは伝えていなかった様ですから、意識的ガセ・歪曲記事はお手の物でしょう。
    気を付けよう、アレは日本の敵新聞

    • 2021/10/26 (Tue) 23:33
    • REPLY

    Alinamin2011

    当たる確率50%は「一様に信じてはならない」

    それが朝日

    ツクノ

    HAKASE(jnkt32)さんへ

    ○公報では、夫婦同氏を違憲と判断した方は、三浦さんと宇賀さんでした。あとひとりは、公報を読んだかぎりでは、わからなかったです。私が、読み落とした可能性もあります。

    ○公報の経歴には、判事になって日が浅いため主な判断はなしみたいな方も多かったですね。ある日突然に白羽の矢が立ち、いきなり最高裁判事に大出世したわけではないと思いますが、座右の銘的なことよりも、公報にはその人物の思想信条をしっかり書いてほしいと思いました。簡単なことです。夫婦別姓に賛成か反対か、事前にアンケートをとるだけで、公報の情報は補完できます。

    ○三人目の方ですが、たぶん、女性の判事の方でしょうか?公報上は、隠れキャラですね。

    とらこ

    夫婦別姓を認めない制度は違憲かを問われた裁判で、「違憲」判断をされたもう御一方は草野耕一氏です。

    他に四名の方がその裁判(本年6月)時は就任前という事で、この件での判断表明は記されていませんでした。

    • 2021/10/28 (Thu) 00:35
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさんへ

    ○教えていただき、ありがとうございます。草野さんの公報を読み直したところ、反対意見を述べたと書いてありました。三浦さん、宇賀さん、草野さん、私の査定では、アウトですね。

    とらこ

    ツクノ様
    はい! バッテンしてきました。

    • 2021/10/28 (Thu) 18:47
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。