fc2ブログ

    自民党は経験不足の閣僚を「政調主導」で縛っておいたほうがいい

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田首相が総選挙を前倒ししたことは、結果的には大正解だろう。閣僚が仕事をし始め、様々な発言が漏れ伝わってくるが、鈴木財務相が25年度にプライマリーバランスを黒字化する政府目標を「堅持する」としたり、山口環境相が温暖化問題について、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんと温暖化に対する実感を共有している」などと述べている。時間がたてばもっとガッカリさせるような発言が出てくるだろうから、選挙は早いほうがいい。

    山口環境相


     首相自身の所信表明演説も、野党のように「中身がない」とまでは言わないまでも、響くことばはあまりなかったように感じた。岸田氏は人がいいと評判だが、天然ともいえる失言壁があるように思う。例えば総裁選で新総裁に選出された直後のスピーチで、「いまや、我が国の民主主義の危機にある」と発言した。これは安倍・菅政権が民主主義を危機的な状況にしたという意味と取られてもしょうがない発言だ。岸田新総裁から花束を渡された菅前総裁の顔はこわばっていたように思う。総裁選中の「森友問題は国民が納得するまで説明を続ける」発言も迂闊だったが、若干、先が思いやられる。

     さて、その岸田新総理がキンペーと電話首脳会談を行ったそうだが、こういう初めての首脳会談は、恐らく官僚が書いたカンペを読むことに終始するだろうから、内容は差しさわりのないものになっている。唯一、懸念されるのは、首脳会談を受けて人民日報が、岸田氏が会談で「日本側は中国側と共に、日中関係の歴史から啓示を汲み取りたい」と発言したと報道していることだ。評論家の石平氏がTwitterで指摘していることだが、これが真実であり、その「啓示」とやらが「歴史に対する反省」であるとするなら、最初から躓いたことになる。官房長官は早期にその報道を否定したほうが賢明だ。

     いずれにせよ、閣僚としての安定感があるのは若干名のみで、特に環境相のようなちょっとアレな発言が出るきらいがあるので、党の政調が厳密に公約をつくり、閣僚の発言をある程度縛ったほうが賢明だ。党政調には会長の高市早苗氏のほかに、会長代行の古屋圭司が控え、保守色が強い。新環境相のように残念過ぎる発言をする閣僚や幹部は今後も出るだろうが、少なくとも政策では一致させ、あまりズレないようにしておかないと、この内閣は危なっかしい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    なつこ

    愚かの連鎖

    この山口壮にはガッカリです。
    前環境大臣の軽薄〇〇から、
    学歴上等の〇〇がやってきたとしか思えません。

    レジ袋有料化など庶民生活に限りなくはた迷惑で、
    環境保護に何の効果も上げられない愚策を掲げ、
    再エネ利権で大きく国益を棄損する小泉進次郎という
    劣等議員に続く、環境大臣がこれですから。

    環境、環境で環境立国ならぬ、環境亡国となっても
    おかしくありません。

    世界的な嘘まみれの団体に賛同することで、
    日本国家がどれほどの損失を被ることか、
    お分かりでないとは、何のために
    お勉強をなさってきたのでしょうか。
    外務省から政治家に転身を図ったのは、
    何のためでしょうか。

    • 2021/10/10 (Sun) 11:46
    • REPLY

    なつこ

    世界に振りまかれる嘘に惑わされる国家

    >山口環境相が温暖化問題について、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんと温暖化に対する実感を共有している」などと述べている。

    環境活動家と温暖化に関する実感を共有している
    この山口環境相には、私などが持つ疑念は
    全く持ち得ないのでしょうね。

    ノーベル物理学賞の一報を聞いた時、
    これって、なんだか・・・思ったことでした。

    同様な考えの国民の少なからずいらしたことが
    分かったのです。
    【ノーベル物理学賞】真鍋淑郎「気候モデル」受賞の
     背後にグレタ=欧米リベラルの影【WiLL増刊号#675】
     https://www.youtube.com/watch?v=a5SNsVBRUWg

    諸々のそうした疑念を表に言葉に出してくださった
    白川司氏や山根真氏には有難く思うものです。

    もちろん、ここで仰っていたように、
    真鍋先生は純粋に学問の道を追い求めて
    来られたのに異論はなく、喜ばしいのですが、
    そこに政治的なにおいを拭い去ることが出来ないもの
    でしたから、我が意を得たりの心境でいます。

    • 2021/10/10 (Sun) 13:47
    • REPLY

    とらこ

    中共側がいう岸田発言が本当にあったのか今は分かりませんが、岸田首相は今後中共政府関係者との会談には前以て、その都度、少なくとも清朝末期辺りからの世界的視野の中の日中の歴史をご確認しながら臨んでいただきたい、と思います。

    岸田首相の宏池会の先輩には宮沢首相や河野洋平官房長官の様な、日本を故無く貶め、しかも国際的に長く日本毀損の「実績」を残した大迷惑な存在もありますので、失礼とは存じながらあえて申し上げたく存じます。

    各閣僚は任命権者に恩を仇で返すような愚挙は慎んで、ご自分の仕事に只管誠実に励まれますよう願いたいです。
    個人的に過激な環境活動家に共感するとしても、日本国の一大臣としての発言は必ず、奇を衒ったり目立とうとせずに、沈着を心がけて戴きたいです。

    内閣は兎も角、自民党役員の陣営は安定感を感じさせてくれます。

    北京冬季五輪が終わる直前までには、せめて自民党考案の憲法改正案を成立させられるように、来る総選挙には議員増を目出さねば、本当に岸田新首相のいう「日本の民主主義の危機」を招きかねません。
    党一丸となって、敵失を重ねずに、国家と国民に真摯に尽くされますようお願いしたいです。

    • 2021/10/10 (Sun) 23:18
    • REPLY

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2021/10/11 (Mon) 06:22
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。