fc2ブログ

    玉川よ、ヤフコメを批判するなら、まず自社の報道の偏向を顧みよ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昨日のテレ朝系モーニングショーで、ヤフコメの荒れ具合を取り上げたらしい。Yahoo!ニュースがコメント欄への書き込みに関し、「法令に違反するコメントや、誰かを著しく傷つけたり、攻撃したりするようなコメントの投稿は禁止」と警告文を掲出しており、サービスの一時的な停止も視野に入れるべきとの意見も出たそうだ。

     この番組の名物炎上男、玉川徹は、我が意を得たりと、このような見解を示したのだそうだ。


     確かに匿名で投稿できるヤフコメに過激な表現もあるし、対象の人物に対する名誉棄損にも発展しかねないものもある。武漢ウイルスが猛威を振るっていた時には「デマ」も散見され、情報のフィルタリングを身につけていなければ簡単に騙されるケースもあったはずだ。

     だが、この傾向はヤフコメに限ったことではない。私は熱心なTwitter利用者ではないが、Twitter上にも同じような過激さや暴言、デマなどもある。自分の意見が発信できるSNSの時代は、サービス提供側にも不適切なものを排除する仕組みが求められるのと同時に、利用者もこうしたリスクを自分で回避する術を身に着けておくべきだろう。

     ただ、デマや偏った意見が多くみられるのは、なにもSNSだけではない。公共の電波を使って情報を垂れ流すTVメディアにも、宅配システムによって「角度」がついた記事が自宅に直送される新聞にも、同じように偏向があり、誹謗中傷もある。玉川が例として挙げた、総裁選候補者への評価や批判だが、高市氏はメジャーどころのネット支持率調査においては、そのほぼすべてで河野太郎をリードしていた。そのすべてでネトウヨが暗躍しているわけではない。もしそうなら、共産党によって大量に動員された工作員たちは何をしていたのだ、という話になる。

     昨日、安倍元総理と元秘書ら計4人に対する憲法学者らの告発に関し、東京第5検察審査会が安倍氏について「不起訴相当」と議決したことが公表された。法的な瑕疵はないことが確定したわけだが、少し前までTVメディアは、来る日も来る日も、安倍氏がさも極悪人であるかのような報道を繰り返していた。こういう報道は、ヤフコメやTwitterの誹謗中傷やデマよりも悪質だ。彼らメディア側は、そういった印象操作を為しえる情報が、公共の電波を通じて拡散できることを計算したうえでやっていたのだ。ヤフコメの批評をするなら、まず自分たちの報道姿勢を顧みろと言いたい。

     玉川は、ネトウヨによる高市支持と河野批判だけを言うが、私が見る限り、ヤフコメでの安倍、菅叩きには凄まじいものがあった。その多くは共産党による大量動員を含むのだろう。どう見ても左側に位置する玉川にとっては、そのような大量の書き込みはスルーしても差し支えないものであるようだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    3 Comments

    今國 護

    あれ?
    「ヤフコメ」って、寧ろパヨク寄りの印象が強いですけど?
    アッチの不都合なコメントは消されると聞きましたが。
    河野批判がそのまま通されてるのは
    単に「自民党議員」だからじゃないの?

    とらこ

    別にヤフコメでなくても、署名記事の雑誌等でも河野太郎氏を褒めている記事は見かけませんでしたけどね。
    むしろ、私は河野氏の外務防衛大臣時に為したトンデモ発言のいろいろを今回知って、嫌悪感さえ覚えている次第です。

    それに対して高市早苗氏は、今まで河野氏よりも知名度が高くなかったからか、彼女の国家観の確かな意見に注目し、改めて刮目している記事が多いと思います。
    日本を思えば高市氏が好意的に論じられるのは当然ではないのか?
    な~~~んにも不思議はない。
    あ、悔しかったのかwww


    今夜、東京圏の強い地震に遭われた様方に、お見舞い申し上げます。

    • 2021/10/07 (Thu) 23:42
    • REPLY

    あき

    インチキ有識者や、御用学者、パヨク創価御用達タレント、玉川自身も、需要も支持も無いのにシツコクしつこく地上波に居座って、社会の害悪だと思います。
    腐りきった現メディアは総入れ替えが不可欠です。

    • 2021/10/08 (Fri) 02:02
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。