fc2ブログ

    橋下徹の卑劣なストローマン論法を、声を大にして批判する

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     岸田内閣の陣容が見えてきたが、萩生田文科省の経済産業大臣、岸防衛相の留任といった堅い人事がある一方、総体的には華がなく、これで選挙を戦えるのかといぶかってしまう。また、少子化大臣に野田聖子をあてるそうだが、野田聖子は「身体検査」以前の問題で、こういう閣僚を任命するリスクをどの程度深刻に考えているのか、少々疑問だ。自ら火種を抱え込み、国会審議が遅滞するような事態を招くとすれば、自分で自分の首を絞めるようなものだ。今日には岸田内閣の全容が明らかになるので、改めて考察してみたい。

     さて、岸田総裁の下で自民党新執行部がスタートしたが、実権は当然ながら、幹事長である甘利明氏が掌握する。その甘利氏がフジテレビ系「日曜報道」に出演し、橋下徹と議論したが、経済安全保障を議論するくだりで橋下の口から出たからとんでもない「デマ」が話題となっている。

    橋下 経済安全保障を強化していくってことはもちろん僕はこれを進めてもらいたいと思うんですが、例えば戦略物資については中国の依存度を下げる、これは当然のことだし、人権侵害をしている企業だったり地域、中国の、そういうところと取引を停止するというのはその通りだと思うんですが、通常の中国市場、いま日本は中国との貿易取引額が第一位なってますけども、全体の中で、日本の中の。通常の中国市場という、ここも遮断していくような話になるんですか?
    あの高市さんがですね、ちょっと靖国問題で議論した時には、もう中国にある日本企業っていうのはどんどん中国から移転していくからもう大丈夫なのみたいな話をしてたんですけども、通常の中国市場との関係っていうのはどう考えるんですかね。

    甘利 中国とのデカップリングは戦略的に考えることなんです。通常の日本の経済安全保障に心配がないとか低いという部分は普通に取引をすればいいんです。
    ただこういう時代ですから、出て行った企業はどの部分を出て行かせるかということを戦略的に考えないと。基本的にはデータを全部抜かれる競争です。これは良い悪いじゃないです。世界中がそういう競争になるわけです。だらリスクのある国に出るときには自分の企業のデータを全部あらゆる手法で抜かれるっていうことを前提にどう守りながらいくかっていうことを考えなきゃいけない。

    橋下 通常の中国市場はきちんと取引ですからね。いや高市さんがいやいやもうそこはもう中国との取引ながなくなったって靖国参拝いくのよ!っていう風に言ってたのでそこで心配だったんですけど。

    橋下徹と甘利幹事長


     橋下の発言はとんでもない歪曲であり捏造だ。高市氏は「日本も空襲を受け、原爆も落とされたが相手国の戦死者に敬意を表している。お互いがそうすべきだという事を「世界の常識にすべき」という発信を私はさせて頂きたい」と語ったうえで、「外交問題にすべきではない」と答えている。この「外交問題にすべきではない」がなぜ「中国との取引ながなくなったってや靖国参拝に行く」になるのか。はっきり言って、この捏造は名誉棄損事案であり、BPOが扱うべき案件ではないかと思う。

     これはいわゆるストローマン論法というものだ。ストローマン論法とは、「議論において、相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の主張そのもの」という意味だが、高市氏がなんら発言していない内容を手前勝手に解釈し、公共の電波に載せることは、メディアがやってはならないことだ。スポーツ紙ならいざ知らず、国民の財産である電波を利用して嘘を流布するなら、そのメディアは批判されるべきだし、何らかの代償を払うべきだろう。

     フジテレビと橋下徹は謝罪すべきだ。このやり方はまことに卑劣で、将来有望な政治家を貶め、いわれなき負の印象を与える罪深き行為だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    (名前空欄)

    高市に論破されたのが気に入らなかったんだろうね
    ちなみに眞子さま問題はどう考えてますか?橋下さんは賛成っぽいけど
    ぜひ、ご意見を伺いたい

    • 2021/10/04 (Mon) 12:57
    • REPLY

    レッドバロン

    逆張りだが何だか知りませんが、元々がTVのコメンテーターとして名前を売った橋下徹です。議論に正確さや品性を求めるのが無理なのでは。或いは弁護士商売では最近商工ファンドの方が不振なので、日本端子の代理人=顧問弁護士を目指しているというなら、納得が行く言動です。

    高市さんは一昨日、大阪府議選の補欠選挙の応援のため貝塚市を訪れたそうで、これが人また人の大群集に取り囲まれ、小池知事の最盛期を思わせる人出だったようです。発信する政調会長の面目躍如ですが、高市効果は一種のムーブメント化していますね。

    高市さんの防衛戦については、確か広報本部長は河野議員だったはず。右に左にふらふらするばかりではなく
    て、少しは役に立つところを見せたらんかい。

    • 2021/10/04 (Mon) 22:15
    • REPLY

    とらこ

    今夜もBSフジプライムで何やら長々と叫んでいましたが、せっかく菅前首相に擦り寄れそうになったのに、残念でしょうね。他にも同じような議員やメディア人が居ますけど。


    高市女史に敢無く論破されて、言いくるめ特技の筈が大恥搔いたのですから、少しは勉強していたら良さそうなものですが、もうじき衆院選。
    昨日の大阪府議補選応援の高市氏の人気がそのままに、最近パッとしなかった大阪自民が勢いづいたら、「緊急事態」なのが橋下氏のお仲間集団ですものね。
    もう嘘を言うしか手がない、という焦りかもしれません。

    ですが、相手を選びなさいよねw 靖国に絡むことで嘘をTVで宣伝されて黙るお方だとお思いか?
    二幕目が楽しみです。 

    • 2021/10/04 (Mon) 23:11
    • REPLY

    シバサマ1966

    橋下徹は軽薄

    橋下徹氏、維新の会全盛期の頃に石原慎太郎氏に教えを受けていた時がありました。

    あれは憲法放棄論を始めとした、石原持論を学んでいたのでしょうが、どうせ馬の耳に念仏だったのでしょう。

    橋下氏は頭が良くて口が達者。物事を歯切れよく、且つ分かりやすく論じるが、深みがない。巧言令色の典型的な人と言えますね。

    合理主義を語らせれば一晩中でも話すでしょうが、歴史を踏まえた知見は乏しい人です。

    所謂時代の寵児ってやつですね。

    • 2021/10/05 (Tue) 00:00
    • REPLY

    なつこ

    昨日は一日中、送信が出来ないでいました。
    それにしても出来たり出来なかったりとは、トホホです。

    「恐れ入りますが、もう一度やり直してください」の文字を見る度、
    「恐れ入らなくてよいから、送らせてくださいな」と
    言いたくなっていました。(笑)
    今朝はどうでしょうか。出来ますように・・・

    *~*~*~*~*
    百田尚樹氏や有本香氏のTwitterを常日頃、見ているものですから、
    橋下徹氏の暴言を知った時には、怒りがこみ上げていました。

    百田氏や有本氏に対してTwitter上の
    言論戦で負かされてきたことへの恨みつらみを晴らさんばかりの
    悪辣さに以前から、辟易しておりましたから。

    更に以前は、丸山穂高氏に対する上司として
    嵩にかかった罵詈雑言もこれが仮にも府や市の首長を
    経験した者の言動かと驚き、呆れたものでした。

    自尊心が強烈で、常に他者に対してマウントを
    とり続けることで、メディアに重用されてきたこと、
    自身の優位性を保つことでビジネス上の市場価値を
    高めてきた人間との思い上がりでしょうか。

    しかし、今回のこの人物の下劣さ、汚らしさは、
    ただ単に、高市早苗氏に敗北を喫したことへの意趣返しに
    とどまらないかもしれません。
    中国のスポークスマンとしての役割を任されているのではと
    思わせるほど、執拗に高市攻撃を差し挟むのです。

    新政権の幹事長甘利明氏を揺さぶり、自民党内に
    中国を排斥する危険極まりない高市氏と印象づけ、
    党内での力を殺ぐこと。
    党内媚中派の高市攻撃を促し、世論を誤った方向へ
    誘導しようとする底意があるのではと疑ってしまいます。

    国を護ることは、只今の金もうけだけではないはず。
    橋下氏の日頃の言動には、正直さや清廉さ、公徳心といった
    日本人としての精神が抜け落ちています。

    中国共産党の支配する国でビジネス展開をすることの
    恐怖は隠し、常に宥和が国家に何をもたらすかの恐れは
    頭にないのです。
    私欲の前には、歴史の教訓は活かされないのでしょう。

    真に国民へ警鐘を鳴らし、国を富ませ国防を厚くするための
    具体策を提示する高市早苗氏の発言の真意を捻じ曲げ、
    矮小化します。
    結果、党内圧力を誘発させ、口を封じさせようとする
    橋下徹氏の卑劣な言動は、断じて許せるものではありません。

    この件ではないのですが、宮崎正弘氏が仰っていたことです。
    「国家国民を守ることは、
     国民の生命と財産だけでなく、精神を護ることだ」と。

    前述の日本人の精神を護ることが抜け落ちている人物と
    書いたのは、まさにこのことです。
    学力上等の悪しきプライドゆえか、
    虚栄心が勝ちすぎる橋下氏に言えることです。

    • 2021/10/05 (Tue) 06:42
    • REPLY

    なつこ

    気まぐれPC

    送信が出来ましたどうした違いか全くわかりません。
    ただ、入力をするとき、画面の右隅に
    紺色のマークが出てきていました。
    これはなんだったのでしょう。

    そう言えば、前にも全く送信が出来ない日があり、
    日付が変わって、入力しようとするとき、
    同じマークが出て、送信が出来たことと同様だと思い出します。
    このコメント送ろうとする只今は、出ていません。

    ともかく、送信が出来たことは、嬉しいものでした。

    • 2021/10/05 (Tue) 06:58
    • REPLY

    ユーカリ

    江戸時代に「草」と呼ばれた忍者がいた。
    敵地に住み込み、敵地の住民と同化して、
    二代、三代に渡ってスパイ活動する者たちです。
    一代限りではなく、二代、三代にも及ぶので
    住民たちは、よもやスパイとは思っていない。
    一子相伝的に親が子に託し、公儀に情報を伝えたり、
    工作活動していた。

    橋下は以前、在日Kであることをカミングアウトしたことがある。やはり、あの国のDNAがこの国を貶めたいのだろうか。
    そういえば横須賀のKも水沢のOも「草」のようなもの。

    • 2021/10/05 (Tue) 11:38
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。