fc2ブログ

    “圧倒的抑止力”「イージス・アショア」を捨てた河野太郎が抑止力を語る愚

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     自民党総裁選は今週、佳境を迎える。総裁候補の議論は国会での野党との党首討論とは比較にならないくらいの密度があるが、日テレ系の深層NEWSで行われた討論会では、候補者の考え方の違いが改めて浮き彫りになった。その違いが最も顕著だったテーマが「敵基地攻撃能力」についてだ。その能力の保有について「昭和の時代の概念」と突き放した河野太郎だが、この討論でもその考え方は同じだった。

    MC 河野さんにお尋ねしたいんですけれども、日米同盟のもとで高めていく抑止力というのは具体的には何を想定されているでしょうか。

    河野 こういう時代ですから相手にミサイルを撃たせないということを考えなければいけない。そのためには、一つは来たミサイルを撃ち落とすということもありますけれども、だんだんミサイルの技術が高度化すると難しくなってきます。あるいは同時にたくさんのミサイルを撃たれれば、それもできなくなります。
    ということはやはり相手がミサイルを撃つことをためらうということを、日米同盟でやっていかなければいけない。それは相手がミサイルを撃てば、より以上の痛みを受けることになるということが相手が分かる、よって相手がミサイルの撃つのをためらう。そういう抑止力を日米同盟でしっかり高めていかなければいけない。

    MC もう一歩を深めて言うと、河野さんイージスアショアは取りやめた当事者なので、日本の役割というのはもう少し具体的に示すのが責任じゃないでしょうか。

    河野 日本では例えば情報収集能力を高めていく、様々な能力を高めていかなければならないと思っておりますけれども、ここはやっぱり日米でどう役割を分担するかということを同盟の中でもしっかり議論をする。また北朝鮮に対する抑止力の考えと中国に対する抑止力の考え、これ当然違ってまいります。北朝鮮にしろ中国にしろ日米同盟でこういうふうに抑止力を高めていくんだという具体的な抑止力を高めるための戦略というのを作っていかなければいけないと思います。


    要するに、抑止力を高めるという誰でも言えることは言っているのだが、その抑止力を高めるために何をすべきかについては「米国に相談する」こと以外、何も語っていない。「相手がミサイルの撃つのをためらう」ようにすると言っているが、「相手にためらわせるために何をするか」については空っぽ。相変わらず、中身が全くないのだ。言霊でもあるまいし、抑止力を高めると叫ぶだけでは、具体的に中共や北朝鮮の「具体的」な挑発行動に対する「具体的」な解にはならない。限られた期間とはいえ、こんなボスを抱えた自衛官が、心の底から気の毒になる。安倍長期政権が残した、最悪の人事の一つである。

    高市早苗氏と河野太郎


     抑止力を高めるとは言うが、河野自身がなかば独断で中止させたイージスアショアこそ、抑止力の最たるものだったのだ。評論家で航空自衛隊OBの潮匡人は、アゴラにこう寄稿している。

    本当に「河野総理」でいいのか (アゴラ)

    なるほど河野大臣は、安全保障基盤を台無しにする実行力や突破力なら、誰にも引けをとらない。9月17日の記者会見でも、いわゆる敵基地攻撃能力の保有について、「おそらく昭和の時代の概念だ」と退け、高市早苗総裁候補の発言を念頭に「電磁パルスを使うにしろ何しろ、いま議論すべきなのは日米同盟でいかに抑止力を高めていくかだ」と煙に巻いた。

    米国が供与するはずだった「イージス・アショア」という圧倒的な「抑止力」を、自ら台無しにしておきながら、よくもそんなことが言える。

    べつに「昭和の時代の概念」などではない。はるか昔から攻撃力は存在する。「専守防衛」こそ「昭和の時代の概念」に過ぎない。

    敵基地攻撃能力という「矛」も持たず、「イージス・アショア」という「盾」も平気でポイ捨て(イージスはギリシャ語で盾)。それで、どう日本を守るのか。(抜粋)


     こういう人物が自衛隊の最高指揮官になる可能性を思うと、ぞっとする。年金制度を税金で賄うと言ってはみたものの、酷評されると案を取り下げるブレっぷり。そのくらい、認識は軽かったと思うしかない。どうも経済に関しても安全保障に関しても、ろくなブレーンがいないらしい。もっとも、ブレーンの忠告を聞くような人物であれば、安直な政策を披露して墓穴を掘ることもなかっただろう。

     河野で最も安定しているのは、靖国神社に対する考え方だ。自民党が主催した討論会で、高校生の参加者から靖国参拝の意向を問う質問が出た。

    Q 靖国神社には参拝しますか?

    岸田「時期・状況を考えた上で、参拝を考えたい」
    高市「参拝させて頂きます」
    野田「個人としては家族と参拝致しますが、総理・総裁という公職では致しません」
    河野「総理在任中は致しません」

     まぁ「期待もしていない」と言っておこう。立憲共産党の枝野がしゃしゃり出てきて、仮に政権交代を果たしたらという前提で「私は参拝しない」と明言したそうだが、彼には「聞いてねーよ」としか言いようがない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    なつこ

    エンプティ河野太郎

    河野太郎の言説には、何か秘策があるように見せかけて、
    その実、具体策は何もない。
    まさに、重要なものが入っているブラックボックスかのように
    思わせて、中を開けて見たら、単なるエンプティボックス、空き箱だった
    というところですね。

    あっ !トラストミーの宇宙人といわれるあのお方、
    すっからかんと揶揄されるあのお方と同様の
    寝ぼけた話の垂れ流しには閉口します。

    自民党が、功利主義一辺倒のこんな人物を
    選んでしまったら、日本は滅びの道をまっしぐら。
    河野太郎では、決して国を治められません。

    茂木誠氏がマトリックス図を示しながら、
    河野太郎は、グローバリスト反保守主義であり、
    改革の名の下に古き善き日本を破壊していくと動画で一刀両断。

    大いに納得です。

    ユーカリ

    圧倒的抑止力

    >河野 こういう時代ですから相手にミサイルを撃たせない
    ということを考えなければならない・・・

    楯も鉾も捨てて抽象論のみ、詭弁を弄するだけで、
    特亜三国の回し者であることが明らかです。
    こんな人物が内閣総理大臣になる可能性を考えると
    本当にぞっとしますね。

    ヨーロッパではドイツ、イタリア、ベルギーの三国は、
    自国では核開発こそ行わないが、NATO核共有協定で
    核ミサイルを保有し、ロシアとの「相互確証破壊」を成立させている。

    圧倒的抑止力なら特亜の核保有国との「相互確証破壊」を成立させることでしょう。

    • 2021/09/26 (Sun) 15:16
    • REPLY

    ユーカリ

    やっぱり○○だった。

    数年前、気になったのでメモしておいたものが見つかった。

    《 昔の話だが…議員会館での会話だった。

    河野・・創氏改名は日本が強制的にやらせたのだ。

    麻生・・それは間違いだよ、河野君!
    朝鮮人が満州で商売をするのに朝鮮名だと困るから
    頼んできたんだよ。

    河野・・そんな話は嘘だ!

    奥野・・河野君! 麻生君の話は本当だ!
    創氏改名の稟議書にサインをしたのは私だ!!

    河野は、それを聞くとムッとして部屋を出て行った。
    河野は昔から人の言葉に耳を傾けない○○だった。》

    奥野議員がいたときだから、かなり以前のことです。

    • 2021/09/26 (Sun) 18:43
    • REPLY

    とらこ

    日本から迎撃力を自分が廃し、敵基地攻撃力にはイチャモンつけに精を出す人が言う「日米同盟でしっかり役割を」というのは、役割分担を交渉する前に同盟国から出禁になるのではないかしら。
    <日本は何も有効的武力を持ちませんが米国は同盟国だから頑張って日本を守ってね>魂胆しか感じられませんもの。
    米国でなくても誰が相手にするものか。

    この人、米国ジョージタウン大卒だったと思うのですが、政治学で著名な大学で何を身に着けて来たのでしょ?
    学問は別としても、少なくとも米国人の基本的価値観は知っているだろうに、と呆れます。

    それこそ冷戦時代の昭和であれば、「お話合いで抑止力」「憲法九条がある」などというのも一般左巻き圏には通じたかもしれませんが、やたらにミサイル撃ちごっこする半島北部や、台湾TPP加入申請だけで上空侵犯24機の中共大陸を目の前にせざるを得ない現在にこの言。
    なんちゃって評論家ならいざ知らず、国会議員ではあってはならない人物だと切実に感じます。

    貴方はそれで本当に日本を守り切ると責任が持てますか?と無駄ではあろうが聞いてみたい。

    • 2021/09/26 (Sun) 20:11
    • REPLY

    ツクノ

    ○日本は、まず改憲9条だと思います。国防軍なくして、主権国家としての国防や、外交上の軍事同盟は成り立たない。

    ○日本の国防における米軍は友軍であり、日本の指揮系統では動かない。勝ち戦であろうと負け戦であろうと、いずれにしても日本国を守るのは、日本人だと思います。

    素浪人

    はふぅ~、な魔ジュニア

    今晩は。

    圧倒的な石破力で他の追随を許さない国賊且つ支那工作員、それが太郎、という評価で終いで良いんじゃないでしょうか?正直、愚生は『もういいよ(消えてくれ)』という心境です。同じ売国奴の岸田や野田がかわいく見える程です。

    A敦子

    危険な【フランス及びフランス系カナダ人たち】その2

    危険な【フランス及びフランス系カナダ人たち】その2

    英国、米国、ドイツ、日本国などをどうしても潰したい「フランス(及びフランス系カナダ人たち)」は、「Quat部外者」及び「TPP部外者」ですが、

    [1]日米豪印戦略対話[dt.: der Quatrilaterale Sicherheitsdialog (der Quat)]の令和3年9月24日(金)ワシントン首脳会議をフランス式妨害するため、「韓国と共産シナをオブサーヴァー参加させないと、米国から駐米大使と豪州から駐豪大使を召還するぞ!」と米国と豪州を「フランス式意味不明トンデモ脅迫」しました。

    [2]日本国に対して、Quatに対する「フランス式嫌がらせ」として、共産シナを環太平洋パートナーシップ協定[dt.: die Transpazifische Partnerschaft (die TPP)]加盟申請させました。

    [3]インドに対して、Quatに対する「フランス式嫌がらせ」として、韓国共産シナ指揮下のインド2州のインドからの分離独立の継続的支持を表明しました。

    taiekijieikan

    なんで誰も確認しない?

    河野の結論は、西部劇。撃たれる前に撃て!月光仮面みたいに拳銃飛ばすの無理!先に殺せる力を見せつける以外にない、という事。

    • 2021/09/28 (Tue) 02:10
    • REPLY

    taiekijieikan

    河野の理論を進めると

    <相手がミサイルを撃つことをためらうということを、日米同盟でやっていかなければいけない。それは相手がミサイルを撃てば、より以上の痛みを受けることになるということが相手が分かる、よって相手がミサイルの撃つのをためらう。そういう抑止力を日米同盟でしっかり高めていかなければいけない。>
    で、一方、高市の核シェアリングは「アメリカが引き金を持っているから」と別の番組で否定
    すると、日本がICBMとSLBMを持つ以外にない.
    なお河野は原潜保持を検討すべきと言っている.

    • 2021/09/28 (Tue) 12:15
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。