fc2ブログ

    概念でしか安全保障を語れない人物に日本を任せることはできない

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昨日のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」は、総裁選に立候補している4名の安全保障政策を比較するうえでは格好の材料となった。冒頭、番組側から「敵基地攻撃能力の保有」、「米中距離ミサイルの配備」の2点について、候補者の見解を求める質問が出されたが、4名の回答は下の絵のようなものだった

    敵基地攻撃 河野、野田氏は否定的


     河野太郎に関して言えば、この人物が具体的な安全保障政策を持っているかどうかすら疑問だ。抑止力を語るなかで、河野は「情報収集能力の向上」と「日米同盟によるメッセージ力」を挙げている。しかし、これらはむしろやって当たり前のことであって、政策ではなく、どちらかというと概念に近い。我々国民はもっと具体的な政策議論を期待しているのだが、具体性をもって政策を語ったのは高市氏のみだった。

     米国が東アジアへの配備を検討している中距離ミサイルについては、積極的に採用する姿勢を見せたのも高市氏のみだった。岸田氏は「提案をきかないうちに賛否を申し上げられない」というが、完全に受け身であった、日本から提案しようという姿勢が皆無だ。野田に至っては、「軍備の話からというのは考えられない」という平和ボケっぷりを披露した。彼女は社民党か共産党に移籍したほうが心地よいのではないか。

    日曜報道 THE PRIME


     河野は持論を展開してたが、その内容は「アメリカだけが引き金に指をかけているミサイルを日本に置いたからといって日本の抑止力が高まるわけではない」「中国に対してどういう抑止力を想定していくのか、慎重に議論をした上で、日米同盟の役割分担を決めないと議論にならない」「日本がやらなければならないのはミサイルだけではない」というもの。ここでも具体的な内容は皆無である。評論家なら許されるが、日本の政治リーダーになろうとする人物としては完全に不足だ。

     敵基地攻撃能力について河野は、「敵基地なんとか能力みたいなものは、こっちが撃つ前に相手が撃たなかったら相手の能力が無力化される。かえって不安定化させる要因になる」と発言している。これは現状を全く無視した議論だろう。中共も北朝鮮も、日本全体を射程に入れるミサイルを、いま保有している。それは即ち、彼らは日本の軍事基地を攻撃する能力を保有していることも意味するはずだ。そういう全体に立てば、地域の不安定化の要因になっているのは中共であり、北朝鮮ではないのか。

     つまり、河野太郎の場合は、安全保障においては「スタートライン」が違うと思わざるを得ないのだ。首相となる人には、理想や概念を持つだけでなく、現実的かつ具体的な政策は必須だ。高市氏以外の候補者には、河野をはじめ、それが決定的に欠落している。近い将来、中共の軍事力は米軍を凌駕する可能性すら語られている。つまり、東アジアの軍事バランス均衡は、徐々に崩れていく。そういう現実を観ずして、敵基地攻撃能力が「地域を不安定化させる」と主張する認識は、甘すぎると言わざるを得ない。

     私はこういう人物に自分や家族の生命を預けたくはない。総裁選は高市氏の一択である。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    14 Comments

    今國 護

    中共というやつは
    深く静かに侵攻して支配するという
    超基本的な性質を理解しておかないと
    将来トンデモナイ事態に陥ってから
    右往左往しても何も出来ない。
    ファイティングポーズすら取らない相手を
    一体何処の誰が「脅威」と感じるか
    日常生活でも小学生でも分かる事です。
    苛めっ子に虐められるだけで自殺に追い込まれるように。

    うたか

    そもそも河野は総裁選で発表した公約も抽象論ばっかだしな
    なんとなく良さそうと思わせて勝つという戦略だろう
    中身が無いことをごまかしているだけである

    • 2021/09/20 (Mon) 13:07
    • REPLY

    ツクノ

    ○高市さんの話はわかりやすいのだが、推薦人には5人も親中の二階派がいることなど、わかりにくい状況でもある。

    ○岸田さんは、腹の内を明かさない政治家だと思うが、それは国民受けのいまいち良くない原因ではないだろうか。国民が関心を示していた岸田ノートを一切不開示にするといった、情報公開の在り方には、閉鎖的だという印象がある。総裁選後の選挙戦略という観点では、一日一語、岸田ノート語録を小出しに公開して、国民の興味関心を引くといったこともできるのではないだろうか。切り札は、ここぞというときにこそ、切らなければ切り札ではない。手元にもっているだけでは、もったいないと思う。

    反日変態左翼成敗

    バカ太郎

    開口一番、バカ太郎である!外相時代に、王毅外相に頭を
    下げている以上、中国様には何も言えないし、できないのである。
    ゴミメディア受けしている顔ぶれをみれば、どいつもこいつも無能である。
    バカ太郎、レジ袋チョン次郎、卑怯者石破、極妻聖子など無能の極致である。
    バカや無能ほど神輿として担ぎやすいのである。
    米国でいえば、バイデンだ!

    通りすがり

    過去と未来につながる現在の覚悟

    外交か軍事力かのどっちの抑制力をとるかの二者択一論に惑わされてはならない、両方が一対で力である。又、仮想敵国の軍事力、経済力等の国力差を見れば日本一国での対等化は殆ど手遅れで無理が現実であり、無理にしたのは私たち現在の国民の平和ボケである。以上の現実を直視すれば、今を生きる日本人の選択は、未来の日本人に過去の日本人から受け継ぐ日本人の血をどのように恥ずかしくない覚悟を持って判断したかを示すことだ。北京オリンピック後は何が起きてもおかしくない、もうぎりぎりのタイミングだ。

    • 2021/09/20 (Mon) 14:27
    • REPLY

    とらこ

    河野候補は国防問題を避けている様な感想を持ちました。勿論、避けていてもしっかり考えている、と言う意味では全くありません。
    それはとても、元防衛大臣だった人の採るべき姿勢ではありません。

    河野と”挙党体制”の石破も防衛相だった時、中共軍関係者に海自艦内を案内していて、「こちらが全て見せれば相手も見せてくれる」と、何処の国を相手に言っているんだ!なことをアノ顔で言っておりましたっけ。

    岸田候補は、必要性は認めるものの何故か腰が引けている様な。
    米国ミサイルに関するコメントは、それを一般開示する訳では無いよね?と心配にもなります。

    野田候補。国防なんか「お話合い」で何とかなるとでも思って居たいのでは?と感じるだけです。
    この人、自分の組閣構想には、大幅に民間人を起用し閣僚の半分を女性で占める、そうで、その「民間人」なるものの怪しさ満開の言に聞こえます。
    「議員をしていると素晴らしい女性に逢う。そういう人に光を当てたい」のだとか。本当に素晴らしい人は光を必要としないと思いますけどね。
    無駄な構想に思える彼女の組閣ですが、一体防衛大臣にどこから誰を起用するつもりやら。

    <今そこにある危機>の日本国の「危機」は、海の外からだけではなく、国内のこうした鈍感さや内側からの壁崩し連中にも大いにあって、やっぱり頼れるのはこの四人の中では具体例を述べ得る高市氏だけだろうと確信いたします。
    有権者さん達、なにとぞ頑張ってください!とお願いするばかりです。



    • 2021/09/20 (Mon) 16:27
    • REPLY

    なつこ

    門田隆将氏のTwitterの転載

    例によって、長々とコメントを書いていたのですが、
    タイトルをつける時になって、ふぅ~っと消えたのです。
    実は、これまで何度なく経験しているのです。
    いわゆるタッチミスでもないので変だとは思うのですが。
    気を取り直して、
    門田隆将氏や有村香氏のTwitterの転載のみとします。

    ▼門田隆将
    “相手国にミサイルが多数現存しているので
     敵基地攻撃能力を持たないと、バランスを欠き
     却って不安定要因に。
     これは外交・防衛閣僚をやれば常識の筈だが”と高橋洋一 氏。
     
     昨年6月イージス・アショアが突然中止にされ、
     敵基地攻撃能力も電磁パルスも無用との政治家。
     日本は戦争を呼び込む領袖を選ぶのか。

    ▼門田隆将
     日本端子は河野事務所に併設する一族企業。
     1995年に北京事務所開設、翌年香港、07年に江蘇省蘇州、
     12年同省昆山に進出、更に17年は広州に貿易公司設立。
     多くの中国進出企業は中国共産党の軛から逃れられない。
     社員はいわば人質。

     一族企業−中国−太陽光発電…“政治家河野太郎”の
     政治信条は理解し易い。

    ▼門田隆将
     総理に限らず政治家一族は決して中国で企業を
     経営してはならない。
     共産党員が3人以上いれば共産党委員会を社内に
     作らねばならずコントロール下になり、
     いざとなれば取引材料に。
     
     中国が反国家分裂法施行の際、
     台湾独立派の奇美実業 許文龍氏が社を人質にされ、
     どんな声明を出したか、忘れてはなるまい。

    ▼門田隆将
     総裁選はあらゆるものを炙り出す。
     有本香氏は“河野太郎、小泉進次郎両氏は
     いずれも近親者が太陽光発電利権者でしょう。
     どうしてこんな人達が国のエネルギー基本計画策定に
     タッチする事を是とできるのか。
     
     それこそ昭和の土建屋政治と
     全く変わらないではないか”と。
     国民は“改革者”の真実に辿り着くのか。

    ▼門田隆将
     総理に限らず政治家一族は決して中国で
     企業を経営してはならない。
     共産党員が3人以上いれば共産党委員会を
     社内に作らねばならず、コントロール下になり、
     いざとなれば取引材料に。
     中国が反国家分裂法施行の際、
     台湾独立派の奇美実業 許文龍氏が社を人質にされ、
     どんな声明を出したか、忘れてはなるまい。

    ▼門田隆将
     万一、河野太郎政権になるなら総理の一族が
     中国で会社経営というあり得ない事態が現実に。
     
     “クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電”に
     寄与すると宣言する #日本端子 の存在を考えれば
     氏の政策は分り易い。
     北京、江蘇省、香港で同社はどんな便宜を
     図ってもらっているのか。
                 ※日本端子のHPは現在、見られません
      

    • 2021/09/20 (Mon) 21:49
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    両項目共 具体的レベルに踏み込むべき

    今晩は。米国と連携しての対中安保政策は、現実的・具体的レベル
    に踏み込んだ構想、姿勢を示すべきだと拙者も思います。

    河野行革相のこの問題との向き合いは「敵基地攻撃能力は昭和の概念」
    とした時点でアウトだという事でしょう。米国のミサイル網整備にも
    消極的とくれば「大丈夫か?」のレベルですね。

    野田幹事長代行のどちらも否定」の姿勢はもう論外。仰る様に、
    特定野党レベルですので取り合う必要も低そうですね。

    逆に高市前総務相の 二項目共前向き評価は好感ですが、実際の
    所は周到に進めて頂きたい気もします。岸田前政調会長の見方は
    一見穏当ですが、こちらも一抹の不安は残るかも。

    要は日米連携を活かし、台湾情勢の緊迫化は我国の存立にも関わる
    事との強いメッセージを出し続けられるかにかかっていると心得ます。
    ここを押さえなければ、中国大陸への間違った発信に繋がってしまいます。
    一番見込みのありそうな高市前総務相には、こりの辺りを抜かりなく
    願いたいものですね。河野行革相の姿勢ではやはり心配です。

    • 2021/09/20 (Mon) 21:52
    • REPLY

    とらこ

    なつこ様

    私の場合は最後の数字入れでアウトになる回数が多かったり、コメント書き終えたのに何が原因でか全文消えちゃう(これは私の自己責任かもしれませんが)トラブルがあります。
    で、いろいろ考えまして
    夕方5時6時はそういう事が多い、結論に至りました。

    我が家周辺のネット回線事情もあるのかな?と思ったりしております。

    • 2021/09/21 (Tue) 00:19
    • REPLY

    なつこ

    とらこ様

    お伝えいただき、ありがとうございます。

    今まで回数をとっていたら、かなりの数になると思います。
    再度の入力を諦めたことも数知れずです。
    数字入力で受け付けられないことを除いてもですが。
    その時は、時間をおいて送信することは、学習しました。

    何れにせよ、機械相手のことですから原因は、
    分からないものですね。

    • 2021/09/21 (Tue) 03:35
    • REPLY

    ユーカリ

    なつこ様、ありがとうございました。
    門田隆将氏の言われる通りですね。
    すべてに同意です。
    身内が中共で太陽光パネル関連の事業をしているなんて
    最悪です。
    それなのに党員票が40パーセントだなんて
    無知ばかりで、がっかりです。

    「チベット全土が標高4千メートル以上の高地であり、
    ある意味、自然の要塞として、外敵から守られていた。
    そのため、ある種の平和ボケと、世界情勢への無知がはびこり、ダライ・ラマ13世の治世には英国や清国の侵略や干渉を受け法王がしばしば亡命せざるを得ないような事態を迎えていた。
    それでも13世は危機意識を持ち、近代的な改革に着手しようと努力したのだが、それが実を結ばないうちに13世は、
    この世を去った。
    その近代化を阻害したのは大きな勢力となっていた僧侶たちであった。
    僧侶たちが信仰を極めるための努力と平和を祈ることは当然だが、彼らは国防のための近代的な軍隊の必要性を重要視しなかった。それが中共の侵略に対して決定的な弱点となった」
              ペマ・ギャルポ氏の著書より抜粋



    • 2021/09/21 (Tue) 11:06
    • REPLY

    なつこ

    ユーカリ様

    ご連絡ありがとうございます。
    目を留めていただき、
    門田隆将氏のTwitterを転載した甲斐がありました。

    私がチャンネル桜を視聴し始めて、十数年になります。
    こちらの討論番組などで、ペマ・ギャルポ氏のお話は
    度々伺うものでした。

    チベットがどうやって、中共に制圧されていったかを
    しばしば、語られます。
    穏やかな語り口ながら、侵略されることの恐怖と
    悲しみを伝え、日本に警鐘をならしてくださいます。

    今日は、ペマ氏の思いを活字を通して伺うことになり、
    あらためて、チベットと日本の類似性に思いを致す
    こととなりました。
    将来の日本を投影してしまうのも、
    強ち無理でもないと思えてしまうのです。
    平和ボケの日本人のままでは、亡国の憂き目にあうのだと。

    ご紹介ありがとうございました。

    • 2021/09/21 (Tue) 12:58
    • REPLY

    ユーカリ

    羊と山羊

    なつこ様、返信ありがとうございます。

    先日、NHKの映画番組プレミアムシネマで「羊たちの沈黙」を
    観たのですが、タイトルだけは知っていたが観たことはなかったのです。
    主人公の少女が孤児になり、モンタナの牧場に引き取られたのだが、そこを逃げ出した時に見た光景が羊の屠殺場面だった。
    泣き叫んでいた羊を逃がそうと囲いを開けても何故かキョトンとして逃げないという話だった。

    これを観て思い出したのが高山正之氏の「羊の歩み」でした。
    高山氏が記者時代にテヘランのバザールで見た光景。

    「数頭の羊の傍らにいた男がコーランの一節を唱えるや、
    無造作に一頭の羊の喉をナイフで掻き切った。
    羊はメエーと泣きもせず、崩れ落ちた。
    男は次の羊のそばによって、またスパツとやる。
    羊たちは、それを間近かに見ながら、抗うでもなく
    静かに順番を待つ。

    自らの運命を悟り、それを従容と受け止める姿には
    何かしら崇高さすら感じた。

    カルカッタにヒンズーの凶暴な女神カリーを祀った寺院がある。ここでは生きた山羊が捧げられ、
    首を刎ねて血に飢えたカリーを慰める。

    山羊は祭壇を見た途端にすべてを察知して大騒ぎを始める。
    メエー、メエー泣き喚くわ、脚を突っぱるわ、
    刀が振りかぶられると、文字通り断末魔の声をあげて
    不条理な運命を呪う。
    『羊たちの沈黙』とは実に対照的だ」

    羊と山羊は、顔つきが同じようだが、かなり違いますね。
    今の日本人の大半は羊のように思えてならない。
    特に9条信者である。
    せめて山羊くらいな警戒心を持たないと狼の餌食になる。

    • 2021/09/21 (Tue) 16:28
    • REPLY

    NP

    改めて 自民党は保守政党ではありません。

    注目すべきは直近の世論調査ですが。

    そこでいつも乍ら調査主体により数値が違ういう点も加味、それでも目安いうか参考して見ればこの度の自民党の総裁選の候補者支持率いうものを考える事は意味
    あると思われます。

    「次の総裁、自民支持層でも河野氏断トツ、期待するのはリーダーシップ」
    https://www.sankei.com/article/20210920-JUAHRMHIVNLCFGMZTXDTFXTJAQ/

    「次の首相にふさわしい」トップは河野氏23%、石破氏21%・岸田氏12%…読売世論調査
    https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20210905-OYT1T50405/

    「裁選の党員投票先、河野氏41%・岸田氏22%・高市氏20%・野田氏6%…読売調査」
    https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210919-OYT1T50168/

    時間軸いう点も有りますが、現時点差をつけて河野太郎に支持が集まっています。
    そこでほぼ90%以上は支持があると思える「政治ブログ」での高市氏の支持率はおよそ15%~20%というところで徐々に世論調査上支持を上げて
    いますが、河野太郎には差があります。

    この河野太郎支持は一般日本国民しても自民党支持者にしても同様に支持が高いという保守ブログとのギャップは何故なのか?という考察は実に重要な事ではないかと思います。

    つまり前々から書いている様に大前提して「自民党は保守政党ではない」。
    という基本の上にその自民党の支持者があるという理解です。

    であればメジャーな自民党支持者が政治ブログ保守系リスナーと違ってうという事が言えるわけでその意味はネッでの保守はマイナーな存在とも言えます。
    そこについてはいくらブログで高市氏支持が高く、応援していても現実はそれとイコールはないという認識を持っておくというのが客観性いうものだと思います。

    そこでは自民党支持者と一般国民をわけて考察する必要はあると思えますが、先ず自民党支持者に於いては必ずも保守であるから自民党支持いうのではなく自己の立場が自民党支持より利益を享受出来る階層であるというものです。
    次の一般国民の自民党支持の内容は上記も含め様々、好き嫌い、野党嫌い、地元候補者応援、と多岐に渡ると思えます。

    そこでその結果が河野太郎支持というものです。

    河野太郎の政治信条、過去からの行い過去からの行いなどは二の次で、またそれらを知らずイメージで好感を持っているという者も多数だと思います。
    まあ、自分などはこのゲジゲジアバタ(事実)にルックス的にも好印象は持てません。

    まあ、それには目を瞑りましょう。
    では本人の内容ですが、様々首相候補欠格と査定します。

    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8398.html
    https://twitter.com/jcn92977110/status/1434724799834517506

    「民支持層で河野太郎が断トツ1位! ←自民党支持層はアホか?」
    https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12699138605.html

    保守議員が若干いるとはいえ、河野太郎がこれほど支持されるという現象こそ自民党が保守政党でない証明というものです。

    https://www.asahi.com/articles/ASL2H5K23L2HUTFK00Z.html

    • 2021/09/21 (Tue) 18:01
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。