fc2ブログ

    TBSサンモニが示す究極のご都合主義

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     いろいろな意味で注目が集まった、昨日のサンデーモーニング。炎上した先週の張本勲氏の発言について、番組の冒頭で何らかの発信があるかと思ったが、何事もなかったかのように番組はスタートした。そしてスポーツコーナーである。

    関口  そして次はスポーツのコーナーに入りますが、その前に番組からお詫びをしなければなりません。唐橋さんよろしく。

    唐橋アナ  はい。先週のスポーツコーナーで張本勲さんのコメントの中に、女性およびボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆様、そして視聴者の皆様、大変申し訳ございませんでした。

    関口  いやー、私もその会話の途中でも間違いを正せば良かったかということを反省させられました。張さん、どういう風に受けとっていらっしゃいますか。

    張本  今回は言い方を間違えて、反省しています。以後気を付けます。

    関口  はい、宜しくお願いします。まあ、いろんな方にご迷惑をかけた。まずボクシング連盟、それから視聴者の方々にお詫びをしなければなりません。本当にこれからは気をつけてまいりたいと思います。
    それじゃあコマーシャル…


     コーヒーを吹きそうになった。張本氏は「言い方を間違えた」というが、先週の発言の問題は、言い方によって解決されるものではない。氏は、「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだ。どうするのかね、嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴りあって」と発言した。言い方のどこを修正すれば、話の本質が伝わるのか、ぜひともご本人に解説をお願いしたい。

     また、関口から丸投げされてお詫び文を朗読した女性アナウンサーの言い回しに対しても、違和感しか覚えない。女性アナは「女性およびボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分」があったと発言した。「受け取られかねない」というのは、「本当はそういう意味で言ったんじゃない」という意味だ。これは、張本発言に対する歪曲だ。恐らく番組側として「そんな意味で言ったんじゃない、言い方を間違えたことにしよう」「張本氏が何を言ってもツッコまれるだけだから、お詫びコメントはなるべく短く」という示し合わせがあったのだろう。サンモニを含むTVメディアは、他者がこういう発言をした場合、発言権を根こそぎ奪う。一方で張本氏は謝罪後、好きなように喋っていた。何をかいわんやだ。

    サンモニ、張本謝罪


     張本氏は決して、言い方を間違えたのではないだろう。彼自身が思っている個人的な見解を述べたに過ぎない。氏は、明らかに女性蔑視とボクシング競技に対する冒涜を述べた。番組はそれを「言い方」の問題として片づけた。ならば、森喜朗氏をメディアリンチにかけた番組の一貫性はない。森氏の発言は、ネガティブに歪曲された。一方、張本氏の発言はポジティブ方向に歪曲された。ご都合首位というのはこういうことを言う。

     番組ラストの「風をよむ」のテーマは、「戦後76年 8月」。そこで姜尚中が述べた発言に、またもやコーヒーを吹き出しそうになった。

    大切なことは、やっぱりリアリズムとは何なんだろうか。現実主義、実はそれは科学的なしっかりとした根拠に基づいて、物事を、見たくないものまでしっかり見る。ところが今のコロナの状況を見ると、ある種の精神主義なわけですね。なんとかなるや、という。戦前、戦中であれば「大和魂でアメリカの飛行機を撃ち落とすんだ」みたいな、そういうところまで行ってしまう。
    だから今大切なことは、輝かしい理念や高邁な理想を掲げる以前に、物事を進めていくときに、しっかりとした現状認識、その評価、そしてその分析、エヴィデンスを明らかにして、それに基づいて政治が進んでいくということですね。
    岸信介ですらあの政治体制の中でアメリカと戦争をすれば負けるとわかっててもやっちゃう。だから止まらないという。それがどうしてなんだろうというと、科学的というか合理的な物事によって政治が動いていない。そこが最大の問題で、それが繰り返されているような気がする。
    大切なことは合理性とは何かということをしっかりと、我々はメディア、学者も含めてしっかりとそれを言っていかなきゃならない。学者の選別をするような政権は、ちょっとやっぱり危ういですよね。


     リアリズムと最も遠い位置にいる姜尚中のコメントとしては信じがたい。彼は先々週、リアリズムとは対極の理念を語っていた。

    オリンピックの時にどうしてみんな難民にならないんだろうかと。国家を忘れちゃう。3週間かわからないけれど、みんなが国家を忘れて難民になってみる。難民になれば、難民の人たちの苦しみもわかるし。国家の箍を一回外してみるということ。


     そういう考え方を持つのは自由だが、国家の箍(タガ)を外し、みんなで難民になってみようなどという理念のどこがリアリズムなのか。おまけに、どさくさに紛れて、最後は学術会議問題にこじつける無理筋な展開。もう「言ったもの勝ち」である。

     「難民になってみよう」という主張に、科学的、合理的な要素は何もない。そういう主張をしておきながら、政権批判には雅楽的根拠や合理性を持ち出す。これもご都合主義のひとつだろう。

     打ち切りの噂もちらほら出てきているサンモニだが、仮にサンモニが終了しても、この時間帯に出てくる番組は、政治を含めた時事問題に関する論評番組だろうから、TBSに期待するのは無理な話だ。TBSとは「そういう放送局」なのだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    今國 護

    張本なんて
    ロッテ時代に、選手を乗せたバスが宿舎へ帰る途中
    試合に負けて腹を立てた(ならず者っぽい?)群衆に取り囲まれ
    身動きできなくなったのを見かねて
    一人バスを降り、その群衆の代表?らしき人物に
    何やら話をし、バスに戻ったら、
    何故か道を開け、通行出来るようになった
    とのエピソードが残されています。
    何を話したかは、具体的に明かされませんでしたが
    どうやら“ある人物”の名前を出したら
    ならず者?集団が、引き下がったのだとか。
    果たして、どう言う人物なのか、なんとなく想像は出来ますが。
    (by 愛甲猛)

    (名前空欄)

    『TBSサンモニが示す究極のご都合主義』に対する意見
    http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-4281.html

    >言い方のどこを修正すれば、話の本質が伝わるのか、ぜひともご本人に解説をお願いしたい。

    どの年寄りも言うであろう小言ではないか。
    「おじいちゃん、今は女性でもボクシングをするんだよ。」で終わるレベルの話しなのに、寄ってたかって叩きまくる。
    寛容の欠片も無いクズばかりだな。

    • 2021/08/16 (Mon) 14:09
    • REPLY

    左翼毒電波浴愛好家

    サンモニの視聴率を上げる方法

    出演者を変えていいなら、歴史分野では櫻井よしこ氏や竹田恒泰氏、経済分野では上念司氏・渡邉哲也氏・高橋洋一氏などを分野につき一人呼んで、妄想を垂れてドヤ顔しているレギュラー陣を理詰めでフルボッコにする様子をノーカット放送
    出演者を変えないなら、左翼毒電波お笑い番組として再編
    IPPONグランプリや笑点の大喜利のように、お題に対してどれだけ不快感のないバカバカしいボケを放ったか視聴者に品評してもらう
    あまりに不愉快で不支持率の高いネタは累積警告で退場、出演者交代

    • 2021/08/16 (Mon) 20:26
    • REPLY

    とらこ

    謝罪するなら、アナウンサー以前に問題発言した張本と司会の関口の両人が初めに真摯(期待不可だけど)に腰を据えてするべきことでしょうに。
    批判が多かったので仕方なく言い訳しただけの張本「謝罪」は、本人の本性を更に暴露してイイですけどねw

    聞き苦しい代表格の様ですが(視たことない)、こういう特殊な傾向人を一纏めにした番組は、危うい今の日本の状況を思うと、むしろ消えない方が良い様に思います。
    どんな思考者か扇動者か、普段知らない方々が判別するには一括している方が便利ですもの。

    姜尚中センセの「しっかりとした現状認識、その評価、その分析、エヴィデンスを明らかにして」というのも、メディアを含めた公的調査能力のある機関にとって、観たくない、調べたくない項目は調査対象に入れていないのが現実ではないですかね。
    自陣に都合の悪い項目はパス或いは”角度を”つけて。と。
    姜説通りに「しっかり認識、分析・評価、エヴィデンス追求」をしていての発言なら、こうした彼の自説には変化があるはずだと思います。

    期間限定(しかも2週間強だけ!)の「難民ごっこ」ほど、難民はもとより一般国民に対しても、人を馬鹿にした言葉はないでしょう。
    四年に一度の林間学校並みの発想で、暇を持て余した富める人には気晴らしの偽善行為でしょうけれど。

    <合理性とは何かということをしっかりと~中略~学者も含めて~略。 学者を選別する様な政権は、ちょっとやっぱり危ない>
    バカ言ってンんじゃあないよ! 選別は何処の世界にも必ずあり、必要な作業です。
    適不適を選別せずに国費を駄々洩れさせる国家が有って良い筈がないです。

    • 2021/08/17 (Tue) 01:06
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。