fc2ブログ

    自民党よ、いつまで公明党に「寄生」され続けるつもりか!?

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昨日、立民、共産、民民、社民の特定万年野党が菅内閣に対する不信任案を提出し、即時否決された。これは、法案の採決時に与党の「強行採決」を演出し、必至に採決を阻止する寸劇を演じ、「我々は抵抗したのだ!」というエクスキューズを作るのと同じからくりだ。不信任案を提出することで「仕事をしたふり」をしているだけなのだ。こんな茶番で歳費を貰えるのだから、野党議員というのは、就職希望でナンバー1の職種になってもおかしくない。

     不信任案の提出理由として、枝野は「国会を閉じて長期の政治空白をつくることは、無責任の極みであり、即刻その地位を去るよう強く求めます」と強弁した。一方、与党の反対弁論に立った柴山幹事長代理は、「野党の一部から政府の対応の遅さによって、ワクチンの提供が遅れたような批判があるが、去年の法案審議で政府に慎重な対応を求めたのは野党だ」と痛烈なカウンターを見舞っている。

     痛快だったのは、維新の足立議員の弁論である。

     私たち日本維新の会が与党と同じ色の札を投じると、万年野党の皆さんは決まって、「維新は与党の補完勢力だ」と揶揄してくる。しかし私たちに、共産党と行動を共にするという選択肢は絶対にありえない。破防法監視対象の共産党と共に行動するのか、ワクチン接種の拡大に懸命に取り組んでいる与党と行動を共にするのか、二者択一、どちらかを選べと言われるのであれば、与党に決まっているではないか。(中略) 共産党が首班指名で票を投じた立憲民主党の執行部の皆さんも、2009年から3年3か月のあいだ、破防法に基づいて共産党を監視していたのだから、文句があるなら立憲民主党に言うべきだ。当時の監視する側と、監視される側が選挙のために手を結んでいる。これこそ究極の選挙ファーストであり、2021年最大の茶番と断じざるを得ない。


     与党がこんな発言をしたら、メディアが総がかりで叩きまくるだろうが、発言の主は野党である。だからメディアも叩きようがないわけで、彼らメディアはこの発言をなかったこととして、記事にはしないだろう。この足立氏の反対弁論には満点と花丸を送りたい。ネットで拡散すべきである。

     否決されることが分かっていた内閣不信任案など、大きな政局にはなり得ない。コロナワクチン接種の拡大を最大のテーマとしている内閣が、野党に売られた喧嘩を買わないからだ。はっきり言えば、自民党にとっては、野党との政局より、党内政局のほうが難しく、与党の一角である政権寄生政党との関係もある。私がしつこく取り上げる対中非難決議だが、自民党の外交部会では全会一致で了承した。下村政調会長も「対応していきたい」と述べていることから、機関決定である。

     しかし、日本ウイグル国会議員連盟の会長などを務める古屋圭司衆議院議員が、Facebookにこのような書き込みを行っている。

    今日は、朝に外交部会合同会議を開催して自民党として改めて新疆ウイグル、チベット等の人権侵害についての国会決議を政調会として決定した。私からは4つの議員連盟を代表して経緯を説明。
    これで公明党を除く全党が了解したが結果として国会決議は上程されない。G7でも共同声明に盛り込まれた人権侵害。普遍的な価値観である人権侵害を許さないという立法府としての意志を決議するのは当然だ。しかし残念だが国会決議は基本的に全ての政党の了解が必要というルールが存在するのだ。多くの同志議員の決議に向けての努力には敬意を表したい。


     以前から指摘されている通り、公明党が止めているのだ。日本の与党の一角に、日本最大の媚中・親中政党である公明党が居座り、中共に対して不利益になることをさせじと、活動しているのだ。政権与党内に中共のスパイが公然と潜り込んでいるようなものだ。

    山口那津男


     かつて石原慎太郎氏が国会で「必ず公明党はあなた方の足手まといになる」と与党に迫ったことがある。その予言ははからずも的中している。「『平和の党』が金看板」というプロパガンダを恥ずかしげもなく掲げている公明党は、平和の党どころか「人権の敵」であり、北京の顔色を見ながら政治をやっているということだ。こんな連立政権の在り様を、支持できるはずがない。

     仮にこの決議がされたかったとすれば、自民党に多くの批判が向かうだろう。公明党という寄生虫を養ってしか政権を維持できないとすれば、情けないにも程がある。自民党は、「公明党抜きで成立する政権の樹立」を、今この時から検討し、具体的行動に移すべきだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    (名前空欄)

    これをネタに徹底的に公明党を叩くことが肝要。
    公明党イコール人権無視の党とのイメージが定着するまで。
    どことも組めなくなるまで。

    とらこ

    選挙に立てる候補者数は毎回当選を見込める数だけの少数党。支持率は共産党と組みたがる野党立民と同程度をウロウロするだけで、自民党議員が多ければ立法府に於ける与党としての貢献は極めて低い政党。
    そんな政党が何故老舗自民党に寄生できるのかと言えば、偏に選挙の為の組織を持っている、と言うだけの事で、一般国民には「貴方方は国会議員でなくて結構ですよ。時としてお邪魔です」と思える存在の「公明党」。

    それが、今回の様に日本の対外主張と印象を大きく損ねる行為をするなら、「中共の平和の党」ではあっても「日本の平和の党」とは言ってくれるな、と思います。

    「対中決議今国会見送り公算」と今朝の産経ですが、
    自民党は全会一致で国会決議案を了承した会合の後で、公明党石井幹事長と会談した二階幹事長の説明は
    「まだ十分に結論に至るまで話していない」 だと。
    チベットもウィグルも内モンゴルも、どれだけ長い年月、中共暴虐に遭っているか、本気でこの人権人種文化問題に向き合う気があれば、日本の第一党の幹事長が今時こんな発言を平気で言えるものではないと思います。

    その二階が立ち上げた「自由で開かれたインド太平洋議連」は、如何程の働きを目的にしているのか?公海が「自由で開かれる」必要があるのは何故なのか?
    本来の構想を世界に提示して賛意を得た張本人の安倍氏が名誉会長に就任しなかったら、親中・二階が立ち上げたこの議連は必ず反動的に作動するのだと確信いたします。

    公明党と自民党の二階。取り敢えずこの組み合わせは日本の思想的品位を害するに充分な存在だと考えます。








    • 2021/06/16 (Wed) 16:20
    • REPLY

    ツクノ

    ○公明党や幸福実現党など宗教色の強い政党については、政教分離の原則上、党員の構成比率のようなものが、創価学会や幸福の科学といった宗教団体の信者で50パーセントを越えないことや、宗教団体からの政治資金も上限を設けて制限するといった対策も、国民主権の民主主義の政治のためには、必要なことかもしれませんね。

    とらこさん

    >その二階が立ち上げた「自由で開かれたインド太平洋議連」は、如何程の働きを目的にしているのか?

    ○おそらく、クアッド構想の情報を、中国に流す目的があると思います。コロナ禍の中、東京都の防護服を北京へ贈り、和歌山県にマスクを返礼されたことは、記憶に新しいことです。その問題が党内で咎められなかったということは、まだ、親中派としての二階さんの活動も継続していると見るべきかと。

    ○先日の韓国も、G7の情報を中国へ流す目的で、訪英していたように思います。このように、中国は親中派に協力を要請していて、情報収集に力を入れているように思います。

    チハ

    これは公明党がマスコミに守られているからですかね?
    自民党の二階さんへのマスコミの攻撃も、安倍さんを攻撃する時とは比べ物にならない、スルーに近いです。

    日本のマスコミはなぜに反日媚中韓に偏り、報道しない自由なんて、なぜこんなに正義感が欠如しているんですかね?

    テレビ、ラジオ、新聞、だいたい媚中韓、反保守主義に偏りすぎです。
    そういえば日本テレビの夕方報道?ワイドショーみたいな番組で地産地消の野菜の話題で、なぜか料理はキムチのバリエーションでした。
    なんでしょう、これ。
    気持ち悪い。

    この日本、このままなんですかね?

    • 2021/06/16 (Wed) 19:54
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    公明党の評価を変えるべき時

    今晩は。媚中故に 現実に起きている少数民族複数や、香港での人権抑圧問題に
    目を瞑る様な政治勢力を 与党の側につけておくべきではないとの認識を強め始
    めた所であります。

    今年初辺りから、対中非難決議に及び腰な公明姿勢が気にはなっていましたが、
    全野党合意にも関わらず 採択を握り潰したとあっては、このまま支持する訳
    には参りません。

    貴主張通り、自民党には以前の単独与党に戻れる様 改めて諸事研鑽の上 勢
    いを取り戻して欲しい。それを叶え上で、公明が実は反人権勢力につき 連立
    できずを明言して与党側からの放逐を図るべき。我々有権者も、以後二度と支持
    しない様毅然と向き合うべき。恐れながら 今回貴記事も拙リンク致したく、お届出の次第であります。

    • 2021/06/16 (Wed) 22:46
    • REPLY

    とらこ

    ツクノ様

    安倍前総理が提言してトランプ大統領が頷き、それに参加を表明する西側諸国も増えている今、親中媚中従中のご本尊が積極的に関わるという事は、どう考えても本来の趣旨を歪める気満々だろうと(邪)推いたします。

    そうはなるものか、と名誉会長を辞退しなかった安倍氏の頑張りが報われることを願います。
    でも、石破某も参加だそうで、国民が監視していないと胡乱な議連になりそうw

    • 2021/06/17 (Thu) 00:17
    • REPLY

    Alinamin2011

    明らかに違憲

    国会は国会議員のものではなく、国民のもの。

    全会派一致でないと国会決議できないなんて、一票の格差がどうこういう問題なんかメじゃない。

    436議席が支持した意見を議席数29の党が流したわけだから、1議席の格差は15倍を超えています。

    こんな理不尽があるか!

    こんな慣習は即刻撤廃すべき。

    A敦子

    【ファシスト公明党、ファシスト那津男】

    ファシスト公明党、ファシスト那津男
    -----

    欧州各国において、ファシストたちとは、レーニン、スターリン、フルシチョフ、毛 沢東、習 近平、李 承晩、文 在寅、ムッソリーニ、ヒトラー、ポルポト、チャウシェスク、ミッテラン、マコーン等のように、フェミ主義者たち、リベラル主義者たち、グローバル主義者たち、サヨク主義者たち、極左主義者、社会主義者、共産主義者等を指します。

    それゆえ、ファシスト公明党、ファシスト那津男となります。

    加えて、韓国式フェミ主義者たちは、フェミ・ファシストたちとなります。

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。