fc2ブログ

    南鮮の一人相撲 ~ 日本への慰安婦賠償訴訟、原告の訴え却下という笑止

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     安倍前総理が昨日、靖国神社を参拝した。参拝後、記者団に対し、「国のために戦い、尊い命を犠牲にした英霊に尊崇の念を表するために参拝した」と語った。安倍前総理の参拝に、心からの敬意と感謝を申し上げたい。安倍前総理は首相退任直後の昨年9月で、そして10月の秋季例大祭でも参拝しており、こういう参拝が日常のことになって欲しいと切に願う。

     菅総理は「内閣総理大臣 菅義偉」名で「真榊」を奉納した。これは日常の風景だ。日本の総理大臣が靖国に直接参拝すべきであることに変わりはないが、首相が参拝すれば日本の左派メディアが騒ぎ、海外メディアに焚き付け、中韓のみならず米国の反応ですら厳しいものになる可能性もある。理想と現実のギャップを埋め合わせるには、もう少し時間がかかるのだろう。

     南朝鮮は条件反射よろしく、反応した。南鮮外交部は、「韓国政府は日本の植民侵奪と侵略戦争を美化している靖国神社に日本政府と議会指導者が再び供え物を奉納し、参拝を繰り返したことに対し深い失望と遺憾を表わす」と、あらかじめ準備しておいたであろうコメントを発信した。加えて、「日本の指導級の人々が歴史を直視し、過去史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で見せることを促すし、日本はこれこそが未来指向的韓日関係発展の根幹であることを肝に銘じなければならないだろう」と、居丈高に指図している。体制は違えど、日本に対する言葉のトーンは北朝鮮のそれと同じだ。

     さて、その南鮮に激震が走っているようだ。国是である慰安婦日本糾弾に、「なんちゃって司法」が待ったをかけたのだ。

    日本政府への損賠訴訟 慰安婦被害者の訴え却下=韓国地裁

    【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は21日、旧日本軍の慰安婦被害者や遺族20人が日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、原告の訴えを却下した。同地裁は1月に日本政府に対し12人の原告に1人当たり1億ウォン(約970万円)の賠償支払いを命じたが、異なる判断を出した。

    慰安婦訴訟、原告の訴えを却下


     却下は訴訟要件を満たしていない場合、審理を行わず下す決定だ。

     今回地裁は日本政府が主張する主権免除を適用する必要があると判断した。主権免除とは主権国家が他国の裁判管轄権から免除されることを意味する。

     地裁は第2次世界大戦後、欧州の被害者らがドイツを相手取り訴訟を起こしたものの主権免除を理由に却下された事例などを取り上げ、「国家免除(主権免除)の例外を認めると、宣告と強制執行の過程で外交的衝突が不可避だ」と説明した。(以下略)


     ソウル地裁はグダグダと却下理由を述べているが、端的に言えば、裁判上の「主権免除」を認めざるを得なかったということだ。そのうえで、「国内の日本の資産に対する強制執行は国際法に違反する結果を招く可能性がある」と、政治的な配慮にまで踏み込んでいる。いわゆる徴用工訴訟とは真逆の司法判断で、一般に訴訟の過程で司法判断が分かれるケースがあるとは言っても、過去の慰安婦裁判と照らし合わせても、全く辻褄が合わない。彼の国に法治というスタンダードが存在しない以上、全く信用できない。原告は当然ながら次の手を考えるだろう。彼らにとっては、「日本糾弾」という根源を否定されると息ができなくなってしまう。

     この訴訟でもいわゆる徴用工訴訟でも、日本政府はつとめて冷静に対応した。端的に言えば「相手にしなかった」のだ。慰安婦合意を事実上破棄した文在寅政権に対しては、得意の遺憾砲で対応したものの、司法判断については「我関せず」を貫き、「でも、日本企業の資産を差し押さえるようなことがあれば、こっちも動くぞ」というモーションで対応した。結果、南鮮司法側が折れたのだ。いわゆる徴用工訴訟の“その後”にも、少なからず影響はあるだろう。

     文在寅政権にとっては痛手だろう。レームダック化が進む文在寅にとって、自らへの批判を悪者に仕立てあげた日本に向かわせるというのは常套手段だが、その手法の一つが脆くも崩れた。いわゆる慰安婦問題も、もちろん徴用工問題も、我が国にとっては解決済みのイシューである。あとは南鮮国内で始末をつけてもらうしかない。

     彼らに残るのは、福島第一原発の処理水問題くらいなものだが、IAEAが日本の判断にお墨付きを与えている状況を鑑みれば、彼らにオプションは多くない。まぁ「せいぜい頑張れ」と言っておこう。この裁判、本質的には一人相撲なのだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    A敦子

    韓国=フランス共和国南朝鮮民族区域、ロシア連邦南朝鮮民族管区または共産シナ南朝鮮民族自治区

    韓国=フランス共和国南朝鮮民族区域、ロシア連邦南朝鮮民族管区または共産シナ南朝鮮民族自治区
    -----

    韓国は一日も早く、フランス共和国南朝鮮民族区域、ロシア連邦南朝鮮民族管区または共産シナ南朝鮮民族自治区のいずれかにしてもらうべきですね。

    とらこ

    挙げられた映像の年齢不詳オバアサンが一人で「国際司法裁判所に行く」そうですから、ああそうですか、どうぞどうぞ。ですが何度かの米国に於ける演説でさえも「証言内容が変わる証人」と定評を勝ち得ているようですね。頑張った甲斐があるようです。

    南鮮裁判所が一見ようやくまともに国際社会の慣例や国際法に気が付いた様にも思えますが、「日韓の友好が米国の利益」と言って日本側に妥協を求めるだけだったバイデン氏も、大統領になったら南鮮への視線が厳しくなった様で、文大統領の「思し召し」影響が作用しているのかも、とも感じます。「政権の介入」ともいいますが。
    或いは先日のソウル釜山市長選の結果、裁判所も掌返しで文政権を見放したのか。

    ユネスコでは「世界の記録」制度がこれまで日本が主張してきた通りに、<関係国間に係争関係が生じた場合は解決するまで決着棚上げ>案が承認されたそうで、記録遺産が政治利用されない為の措置努力成功です。
    これで取り敢えずユネスコでは「日本軍の慰安婦問題」登録無し。

    南鮮がよく言うよ、と聞くたびに思う「歴史の直視」「過去史の反省」も、歴史観が日本と南鮮では土台からして違いがあるのですから、お話になりません。
    憎い相手から伝わったと証明することになる遺跡を壊すような愚行は、日本では過去にも例がありません。敵城の破却はしても土台迄は壊さないのが日本の歴史です。
    自国だけではなく他国の歴史資料も大事に扱う日本と、今の自国に優越感を持てる筈の捏造歴史観とでは、何年話合っても噛み合う筈もない。

    菅内閣の姿勢で私的に最大に納得なのは、対南鮮放置方針です。


    元端島炭鉱で働いていた方々の意見広告が、産経紙では一面全紙でありました。
     [NHKの「緑なき島」の捏造隠蔽を絶対に許さない]

    <~略 非人道的な強制労働のイメージを既成事実化するもので、韓国の国立日帝強制動員歴史館で展示され、報道番組でも繰り返し引用されてきました>という文言と、近代的労働環境だった映像は、南鮮人より日本国民が広く知るべきことだと思います。

    • 2021/04/22 (Thu) 18:40
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    真逆の判決にはなったが

    今晩は。大韓民国内で進む 所謂慰安婦訴訟について、前回と今回で異なる判決
    が出ましても 余り違和感はありません。勿論我国の主権免除を認知するなど 
    後者の判決の方がまともなのは勿論ですが、二重基準ダブスタや 我国との外交面
    でも直ぐにゴール・ポストを動かす様な国では、そういうのもありかという想いです。

    先日の 福島原発冷却処理水の洋上放出処置決定にしましても、自国の日本海
    への処理水放出を棚に上げ、我国の放出だけが海洋環境に悪い様なモノ言いで
    したが、訪韓の米国高官にも相手にされる事なくかわされた様ですね。当然で
    はありますが。やはり我国は、この件の処置を評価した国際原子力機関 IAEA
    の評価を尊重し則れば良いのだとの確信が持てました。

    中・韓両国共そうですが、とに角我国の処理だけが悪いなどと 国際社会向け
    の貶めをしているだけの話という印象です。あんな国々とは、アジア経済連携
    協定 RCEPが国会承認されたとしても、満足に回せるのか?拙者には疑問です。
    末筆で恐縮ですが、安倍前総理の靖国参拝と 菅現総理の真榊奉納には一礼です。

    • 2021/04/22 (Thu) 22:06
    • REPLY

    みこと

    ほんとに安っぽい三文芝居の国です。

    でも、国民情緒にすぐ流される未開の国ですから、こんなに世界の常識に沿った考えは受け入れられず、そのうち判決を下した裁判官はいずれ左遷されるか親日とかでバッシングされて逮捕されるのが関の山でしょう。

    • 2021/04/22 (Thu) 23:05
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。