fc2ブログ

    野党・メディアの「国民への説明が不十分」は、慰安婦問題と同じ構図だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     予想通り、昨日の朝日新聞は社説「処理水の放出 納得と信頼欠けたまま」で、菅政権が決定した原発処理水の海洋放出を猛烈に批判した。

     東京電力・福島第一原発で生じる汚染水を処理した水について、政府は海洋放出すると決めた。懸念を抱く国民は多く、強い反対があるなかでの決定だ。政府や東電は社会の理解を得ぬまま放出することなく、対話を尽くす責務がある。


     「疑念を抱く国民は多い」と言うなら、最善の解決策は朝日自身が風評被害を誘発する報道を止めることだ。この社説は「納得いくまで説明を尽くせ」と主張しているだけで、何故福島原発から出た処理水の海洋放出がダメなのかを全く説明していない。論理的に無理だから、反対の論を「空気」で醸成しようとしているだけなのだ。

    福島第一原発 処理水


     毎日新聞も同じだ。

     トリチウムは弱い放射線を出すが、基準を満たしていれば健康被害は避けられるという。ただ、こうした科学的な合理性を訴えるだけでは国民の理解は得られまい。まして、中国や韓国など近隣諸国の懸念を拭うのは容易ではない。


     「科学的な合理性を訴えるだけではダメ」というのは、逆に言えば、「科学的には合理性がある」という意味だとも取れる。つまり、メディアが冷静かつ客観的に科学的合理性を踏まえたなら、少なくとも報道からは風評は生まれないということだ。

     毎日新聞は「中国や韓国など近隣諸国の懸念を拭う」ことも重要視しているようだが、これも客観性を欠いた主張だ。中韓の原発からは、福島が放出を予定している数値の何倍ものトリチウムを、毎年、海洋に放出している。毎日新聞が主張すべきは、中韓の主張は「科学的合理性」がないという批判であるべきで、日本政府や東電相手にクレーム記事を配信することは、全く理に適っていないのだ。

     南朝鮮の反応は直情的だ。文在寅は青瓦台内の会議で、この日本の海洋放出決定を巡り、国際海洋法裁判所に対し、暫定措置の要請や提訴する案を積極的に検討するよう指示したという。福島の処理水海洋放出は、IAEAも「国際慣行に合致している」と認めたもので、南鮮が毎年放出している量と比較しても遥かに少ない。しかも、南鮮はこの件に関し、事前に米国に根回しを試みたようなのだが、この試みは徒労に終わったようだ。米国務省報道官の声明を確認しても、南鮮の要求を受け入れた節は全くない。

     メディアや野党は、「国民への説明が足りない」という。南鮮は日本政府の発表を「事前協議なく行われた」とクレームする。この構図は、いわゆる慰安婦問題と全く同じだ。野党の連中は「国民が納得するまで説明を」と求めるが、いくら資料を共有し、情報を発信したところで、「国民はまだ納得していない」と主張するだけで、事は振り出しに戻る。慰安婦問題で南鮮側が「誠意ある対応」を求め、日本側が何をやっても「心からの謝罪はまだ」と言って、無限ループ状態を作り出す構図と同じなのだ。

     こういうメディアや野党は、クレーマーと大差ない。国際基準に合致する海洋放出であれば、それを確認し、間違いなければ風評を抑制する側に立つべきだと思うが、彼らの頭の中にはそんなものはない。せっせと風評を煽り、被害を拡大することで、彼ら福島の復興を阻害する。福島の人々の生活や尊厳など、無いと同じである。

     台湾パインの後は、福島の水産物だ。全面的に支援したい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    今国 護

    よく893関係の人が「慰謝料」請求してくるようなものですね。

    A敦子

    きむちマスコミ各社、キムチ各野党の科学的根拠皆無の韓国式放言

    きむちマスコミ各社、キムチ各野党の科学的根拠皆無の韓国式放言
    -----

    きむちマスコミ各社、キムチ各野党の科学的根拠皆無の韓国式放言を聞き入れることは全くできないです。

    美濃人

    防衛産業のニュース

    管理人様

    (タイトルのコメントとは外れますが)
    以下のURLを見つけました。一読願います

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-422914

    我が国の防衛産業の弱体化が、さらに進みますね。

    • 2021/04/15 (Thu) 11:59
    • REPLY

    美濃人

    防衛産業のニュース

    管理人様

    (タイトルのコメントとは外れますが)
    以下のURLを見つけました。一読願います

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-422914

    我が国の防衛産業の弱体化が、さらに進みますね。

    • 2021/04/15 (Thu) 11:59
    • REPLY

    Alinamin2011

    メディアこそ風評加害者

    とらこ

    何度説明しても「不足だ」という”いつものイチャモンパターン族”とは違いますが、それでもやっぱり、この件について国の説明は国民に届いていないと、私は思っております。
    首相或いは官房長官、経産大臣、まじめに国益を論じられるのであれば環境大臣でも、誰か一人でも良いですから、処理水放出の為に国民に向けた説明記者会見ぐらいはあって然るべき、と考えます。

    そうでもしないと、国内だけでも風評被害は防げないのではないか?そうしても防げる保証は無いけれど、事故以来の福島と近県農産物への同類の被害は未だに払拭しきれてはいないのが現実ですから、国の全国民と該当従事者への誠心誠意の表明の為にも為されて良い筈だと、思う次第です。

    新聞社には政治、経済、文化等担当部署の中にそれぞれ細かい分野の専門記者がいるはずですから、各社の科学担当記者の専門情報収集に基づく記事を書き続けるのが彼らの責務でしょうに、反政府反日思想を煽る記事しか書けないとは、非常に情けない。

    日本が二年後を目途として海上放出しようとする福一浄化水は、  国の基準の40分の1。
      WHOが示す飲料水基準の7分の1
    に希釈して海に放出す計画、だそうで、このような「科学的根拠」を無視できる公器新聞の異常性こそが問題だと思います。

    中韓の物言いは日本国内サヨク煽り文言を参考にしている様で、メディが「中韓が反発しかねない」記事に見事に応えてくれている感があります。
    過去に南鮮の原発から日本海に出している放射物質性の水や中共原発のそれを、日本や周辺国に了解を求めた実績でもあるのでしょうかね?
    これこそ、彼らが大好きな自己中心的「内政干渉」の極みだと申したい。
    国際海洋法裁判所というものがあるとは初めて知りましたが、南鮮が提訴したけりゃ幾らでもしたら良し。

    ちなみに、IAEA(国際原子力機関)のグロッシ事務局長は、この日本政府の決定に
    「日本が選択した方法は技術的に実現可能であり、管理されたうえで放射性物質を含む水を海に放出することは、世界の原子力発電所で日常的に行われているものだ」日本の方法を「歓迎する」とコメントされています。

    • 2021/04/15 (Thu) 15:07
    • REPLY

    レッドバロン

     私の亡き父は福島県の水産団体の役員を長いこと勤めていました。父はとにかく原発については徹頭徹尾反対、漁業者にとっては百害あって一利なし、原発マネーに浮かれてもろくな事にはならないと言っていましたが、結果は父の言う通りになってしまいました。原発の事故が起こったときにはすでに父は鬼籍に入っておりましたが、「言わんこっちゃない」と浄土から下界を見下ろして吐き棄てる父の言葉が聞こえるようでした。まさか千年に一度の大地震に我々が遭遇するとは、福島原発の設計思想の甘さを後になって幾ら反省しても始まりません。

    さて既に人生が完結している父の場合には、浄土から穢土を見下ろして何かスタイリッシュな言葉を吐いていればもうそれで良いのですが、実際にこの国土の上にこれ以上の処理水のタンクを増やす訳には行きません。

    豊洲の水処理の問題でも緑の狸知事が介入して大幅な工期の遅れをもたらしましたが、とにかく100%ノーリスク信仰との戦いは無駄無益です。放射脳はある種の呪物崇拝ですから、近代合理主義的な解決は不可能とおもわれます。彼らの姿を見ていると、映画「猿の惑星」で核戦争後も生き残った衰微した人類が核兵器を神として崇めている奇怪な姿を思い出して、ただただ
    気持ちが悪くなります。

    • 2021/04/15 (Thu) 21:13
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。