fc2ブログ

    “政権寄生政党”公明党が失墜させる日本への信頼

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     台湾東部・花蓮県で2日、特急列車の一部が脱線する事故が起き、多数の死傷者が出ているという。台湾は2日から4連休に入り、観光地に向かう家族連れが多く乗車していたそうで、非常に痛ましい事故だ。台湾に心からお見舞いを申し上げたい。

     日本の政界でいち早くコメントを出したのが安倍前総理だ。SNSで「この困難な時にあって、台湾の皆さんの友人として、私たちにできることがあれば協力を惜しみません。一人でも多くの方の無事を心よりお祈りしています」と発信したが、ジャーナリストの有本香氏はこのアクションについて、「正式な国交がないため、政府の発信が遅れることを見越してのこの対応はさすが」と評している。外交の肝は発信力であるということを認識させる対応だ。

     その発信力が著しく欠けるのが、対中共に対する日本政府および国会である。菅総理の訪米は今月中旬に延期になったが、それでも米国の新しい大統領が、世界の注目を集める「最初に会談する外国の首脳」として日本を選んだことに変更はない。米国は明らかに、対中政策という国益をもとに日本を選んだのだが、同時に、機会を活かす絶好のチャンスが、等しく日本にもある。しかし、政治の動きは鈍い。菅総理の訪米前を見込んでいた対中非難決議が、訪米後に延期される見込みだという。

    中国の人権侵害非難決議、首相訪米後に延期 ウイグル議連など6団体 (産経)

     中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区のウイグル族や香港の人々が直面する深刻な人権侵害行為を非難する国会決議をめぐり、4月初旬の採択を目指していた超党派の日本ウイグル国会議員連盟や日本チベット国会議連など6団体は決議の時期を遅らせる方向で調整していることが1日、分かった。複数の議連幹部が明らかにした。

     6団体は3月30日、菅義偉(すが・よしひで)首相が4月9日にも予定するバイデン米大統領との首脳会談を前に決議する方針を確認していた。

     決議時期をめぐっては、関連議連などに参加していない公明党幹部が先月30日、自民党幹部と面会した際、首相訪米前の採択には慎重な考えを伝えたという。関連議連の閣僚経験者は「時期については公明党に配慮する。今国会中には必ず採択する」と話した。

    党会合出席のため自民党本部を訪れた日本ウイグル協会の幹部ら
    党会合出席のため自民党本部を訪れた日本ウイグル協会の幹部ら


     またもや公明党だ。拙ブログが、欧米が率先した対中制裁に日本が同調しないよう、公明党が「無意味なブレーキ」をかけたことを批判したのは、一昨日の朝だ。今度は、公明党が党是として最も尊重するはずの「人権」分野で、またもブレーキをかけている。共産党の志位が「文化大革命のとき、毛沢東を最も礼賛したのは公明党だった」と皮肉を述べたそうだが、「共産党が言うことだから」と笑ってもいられない。

     自民党の対応には落胆し、そして憤慨する。西側先進国で、中共の人権弾圧を明確に批判していないのは日本くらいなものである。自由民主主義を尊重する国際協調関係のなかで、日本だけが積極的な態度を示さず、その上、こともあろうに連立政権を組む与党の代表から否定的な発言が出るに至っては、国際社会が日本を見る眼は厳しいものになる。菅総理の訪米を控え、総理が持参するはずの手土産は「訪米後」に延期され、逆に与党内部から足を引っ張られる始末だ。

     ジャーナリストの山口敬之氏は、公明党が党綱領で「政治の使命は、生きとし生ける人間が、人間らしく生きる権利、つまり人権の保障と拡大のためにこそあります」と「人権最優先」を謳っていることを引きながら、こう語っている

     どのような政党であれ、党綱領を蔑ろにするような政党はいずれ国民から見放されるだろう。しかし、連立与党の構成政党が、国際社会における日本の地位を著しく低下させるような発言をあえて行ったのであれば、話は別だ。その発言の「真意」と「背景にある力学」こそ、真剣に分析されるべきものである。


     公明党は「人権最優先」どころか、「人権無視」の政党と看板を掛け変えるべきだろう。人権とは人類にとって普遍的価値として認識されているが、「中共さまが絡む人権」、もっと言えば「中共さまが弾圧する人権」は例外的に扱うなら、公明党は日本の敵どころか、人類の敵として認識されることになるだろう。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    K&G

    日本に不要なものとは?

    「公明党は日本の敵どころか、人類の敵として認識されることになるだろう」
    全くおっしゃる通り、似非宗教政党は敵です。人類の敵です。

    • 2021/04/03 (Sat) 10:27
    • REPLY

    ツクノ

    ○訪米を延期している間に、批難決議はできるのでは?

    ○日本は、属国にならず、独立した主権国家として永くありつづけるならば、政教分離は早めに取り組まなければならない課題ではないだろうか。

    とらこ

    国売り給う事勿れ

    「政治家の嘘は公約、坊主の嘘は方便」と言って笑いをとった話がありますが、ご紹介の山口敬之氏の公明党綱領記事を参考にすれば「公明党の嘘は綱領」と言う辺りになりましょうかね。
    党自らの反綱領態度ですから、党員さん方や投票者の判断は如何に。

    ソウカが仮に仏教集団だとすれば、生きるもの全ての命の全うを願う筈ですし、そういう団体を背にした特色ある政党であるべきですが、彼らが心情的に服従したがる気配の中共独裁国家の為すがまま、そこには人権も自由も無くて良し、ということなのでしょうね。
    公明党幹部が二階自民党幹部と会談する意義は、中共サマには異議を申し立てないでおこうね、の確認でしかない様に思います。


    ジェノサイド条約に今から加盟するにしても審議や手続きで時間を要しますけれど、英米加とEUが3月22日一斉に対中制裁を発動したのに連動して、豪州・ニュージーランド両国が発表した様な「制裁措置の歓迎と深い懸念」表明は、日本政府に心あれば即座に出来る事だろうと考えます。

    加藤官房長官は「深い懸念」「中国政府への透明性ある説明の要を働きかけている」と言ったのが精々の様です。
    当事国への働きかけは外からは見えませんから、国際社会からは日本の人権に対する鈍感さしか感じ取れない対応だと思います。
    これも対応力と発信力の無さでしょうか。

    3月30日のフジ・プライムは国会解散と衆院選の時期を取り上げていました。その中で飯島内閣参与が<(都議選と同日選挙は)公明党は住民移動が出来ないからあり得ない>と。
    何気ない発言風で、司会も同席者も聞き返さず敢えて取り上げもせず、という場面がありました。

    コレ?聞き間違いか?と感じましたが、ひょっとしてマスコミや政界の「常識」なのか?だとしたら、沖縄に本土から投票権を持って活動しているサヨクと同じ「移動団体票」か。
    以前は、他地域への住民票移動後3カ月だったか6ヵ月だったか経たないと選挙権行使が出来ませんでしたのに、当方ぼーっとしている内に条件が無くなっていたのですね。

    • 2021/04/03 (Sat) 16:30
    • REPLY

    こどもオオトカゲ

    公明党って、朝鮮カルトである創価学会(自称宗教)が支持母体で違法だろうに。
    まるでアメリカ合衆国の、不正票の不正選挙結果そのまま…
    みたいな経緯も思い出すというか同じ構図では?
    政教分離に反するし違法となっているのに、本来騒ぐべき野党なりパヨクなりが大騒ぎするべき案件。
    保守勢力がどれだけ騒いでも無視。今の日本の構図そのもの。

    反日や国家転覆工作級の事案には無視を決め込み、むしろそういう勢力を養護して入れまくり、
    どうでもいい揚げ足取りをして国政を滞らせたり邪魔をする。
    何が「法律にない(またはある)」からギャギャーとか言い掛かりつけられてるんだろうねw
    ヘイト条例もそうだが、根も葉もない嘘と自作自演の差別を延々と振りかざさせてないで、
    さっさと、平和で正しいという祖国に帰っていただけばお互いにウィンウィン。

    日本は日本の政治だけやっていればいい。
    まるで反日勢力の為に如何にに国民を騙して明け渡すか?のような政治しかしていない。
    屁理屈や言い掛かりや嘘は、聞いて議論すべきマトモな話ではないので無視するべき。
    マスゴミ放っかってる時点で、正常化する気無しと解りやすいが。いつまで放置するのか。

    HAKASE(jnkt32)

    馴れ合い与党、弱さの証明

    改めて、この 4月もどうか宜しくお願い致します。台湾にての特急列車脱線事故
    は、一鉄道ファンとしての拙者にも痛恨の極み。遅れましたが多くの犠牲各位へ
    の弔意と負傷各位へのお見舞いを申し、当該路線の早い復旧を祈念致す次第です。

    中国大陸・ウィグル地区にての人権侵害非難国会決議は、仰る様に早めに行っ
    て、菅総理訪米の手土産にすべきでした。同意を渋る公明党の見識が大きく疑
    われる事でしょう。本当に我国のみならず、先進各国からも「媚中」と見られ
    ても仕方なきものと心得ます。

    ジャーナリスト・山口敬之さんの、公明党綱領に関する言説「どのような政党
    であれ、党綱領を蔑ろにするような政党はいずれ国民から見放されるだろう。
    しかし 連立与党の構成政党が、国際社会における日本の地位を低下させるよ
    うな発言をあえて行ったのであれば、話は別だ。その発言の『真意』と『背景
    にある力学』こそ 真剣に分析されるべきものである」を、自民党は蛮勇を振
    るい実行すべきです。

    その上で、これも状況によっては自公連立解消と、他党との連立による政権の
    あり方の検討も視野に入れられるべきでしょう。ウィグル問題非難の国会決議
    を遅らせる決定は、結局 自公両党の云わば「馴れ合いの弱さ」を露呈してい
    る様にしか見られない者でありますが。

    • 2021/04/03 (Sat) 22:02
    • REPLY

    キラーT細胞

    擴散希望

     我國でも敵の言論封殺の壓力が強まつて來ました。
    https://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12666065517.html

     警戒が必要です。ブログ主さんも御注意を。

    • 2021/04/03 (Sat) 23:33
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。