fc2ブログ

    菅総理が根本的に見直すべき対中外交

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     2020年も残り3日となり、そろそろこの年を振り返るタイミングだが、国際政治・社会の舞台の主役級の立場を担ったのは間違いなく中共だろう。だが、主役と言っても「ヒーロー」でもなければ「正義の味方」でもない。「悪役」である。いや、「悪」そのものだ。

     今年早々に、前年末に発生した武漢ウイルスが世界で報道され始め、後に中共がこのウイルスを隠蔽し、情報統制を敷いたことも明らかとなった。日本の厚労省にあたる「国家衛生健康委員会」が今年1月3日、武漢でのウイルス大流行を隠蔽するよう指示したとする文書を月刊「正論」が入手し、2月号にその内容を掲載している。その中共はWHOを懐柔し、中共発生源論を封印しようと画策したが、工作があまりににあからさま過ぎて、一介のブロガーでもWHOの臭い芝居を見破ったほどだ。

     6月には香港における民主化運動弾圧のために用意した「国家安全維持法」を強引に施行させ、一国二制度という条約をなし崩しにし、わずかに残っていた民主主義を香港から取り上げた。中共は、武漢ウイルス拡散の責任を取るどころか、米国から持ち込まれた可能性などとプロパガンダを発し、客観的な調査を求めた豪州にもスラップ的な報復措置に出た。いま中共の大都市を含む各地で大停電が起きているようだが、喧嘩した豪州から石炭が入ってこないのが理由のひとつだというから、これこそ自業自得というものだろう。

    習近平


     中共の姿を国際社会に再認識させたのは、米国のトランプ大統領であり、その外交に大きく影響力を与えた日本の安倍前総理だが、安倍氏は既に退任し、トランプ大統領も恐らくその座をバイデンに譲ることになる。幸い、トランプ氏は次期政権をも縛る対中外交政策を矢継ぎ早に繰り出しているから、次期政権の対中政策がすぐにバイデン色に染まることにはならないが、日米両首脳の交代がキンペーにとって好都合であることは間違いない。

     日米ともに、インド、豪州などと手を携え、欧州も巻き込みながら、対中包囲網を強化すべき時であるのに、日本政府の対中外交姿勢がいまひとつ定まらないことに、歯がゆさを感じている国民も多いだろう。「全世界を対象」などと謳いながら、実は中韓のために穴を開けているのが、今般の入国拒否政策だ。二階の影響だかなんだか知らないが、中共国内でも移動制限があるにもかかわらず、その中共からは人を受け入れるという矛盾には、不満を感じる。「切っても切り離せない隣国」という論をよく聞くが、日本人の自由、ひいては生命まで危うくするほど切れないなら、いっそ鎖国でもした方がマシだとさえ思える。

     産経新聞のスクープに依れば、日本が大陸棚延長を申請している国内最南端の沖ノ鳥島周辺で、恐らく中共の指導のもと、複数の調査船が海洋調査を行っているという。大陸棚延長が認められると日本が海底資源開発の権利を持つため、中共政府は反論に向けた海底地形・地質データを収集しているとみられる。この日本の排他的経済水域(EEZ)内で無許可調査については、中共は日本政府の中止要求を無視しているという。彼らはそんな要求を呑むタマではない。9条信仰の話し合い至上主義者に、解決方法を聞いてみたいくらいだ。

     中共に宥和的に接したところで、中共側も等しく宥和的になることはない。日中友好を謳うのは自由だが、彼らに友好的態度があったとしても、それは我が国の友好という価値観とは全く異質のものだ。ひと言でいえば、彼らの頭の中にあるのは自国の利益だけである。その芝居の裏にある顔に薄々気づいていながら、日中友好という信仰のもとで、様々な援助をしてきたのが我が国の戦後なのだ。

     中共の正体が国際社会に晒されている今、日本が毅然とした外交姿勢を見せなければ、今後ずっと中共への偽善的友好を続けることになる。菅政権が発足時に「弱点」と指摘された外交で失点を重ねれば、自民党の党内政局が活発に動くことになる。菅総理には是非、就任以来続く中途半端な外交を根本から立て直してもらいたい。


    月刊正論2021年2月号(スクープ:中国の「隠滅」指示全文)



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    男塊世代

    大正十一年生・伯父貴の「従軍日記」から

    昭和二十二年四月十五日、復員の為蘭軍(オランダ軍)検問も終り、今は唯々一路祖国帰還の一念のみ。空腹と疲れ切った頭なので故郷に着いてから過ぎし日々を書こうと思ったが忘却の恐れもあるし他人にはつまらないことでも、私にとっては生涯忘れ難き数年なので、蘭軍作業の余暇を見つけ書き始める。

    大東亜戦争が始まったのは昭和十六年三月山梨師範を卒業し四
    月に南巨摩の富河国民学校へ着任(小学校から国民学校と名称が変わった)した年の十二月八日で、戦争が拡大するに伴い、師範卒も一般国民と同様に十五年から兵役に服くするようになったので不日入隊する覚悟でいた。

    十六年七月の徴兵検査で第一乙種現役兵となり十七年一月十日
    満州要員として東部第十三部隊(野戦砲兵連隊)入隊となったが痔瘻手術が長引き入隊出来ず十七年七月再検査で第二乙種補充兵となった。
    十六年には一乙現役合格だし痔も完治していたので合格間違いなしと幹部候補生願書を持参したのに残念で家には申し訳に立ち寄り富河へ帰った。

    戦争や世界情勢など皆目分らない祖母は長男が恐い軍隊に行かなくて済んだと思って口に出して喜んだ。母は「然し召集があると思うから体を丈夫にしておかねば」と言うが一刻でも息子の軍隊行きが伸びてホットしている姿だった。
    人情として無理もないと思う。召集必至と覚悟して児童達と心身を鍛練していた。

    着任して二回目の富河の春だが流石に南峡の春は早い、四月八日、校庭の桜は絢を競うがごと如く乱舞していた。
    午後も大分廻り児童は殆ど家路につき教員室には私と二三の同僚を除いて、その日の残務に余念がなかった。私は常直(夜の留守番)の独り者、午後の一刻を片づけの終らぬ火鉢を前にして、そよ吹く風に散りゆく桜花も忘れ戦況記事に眼を走らせていた。

    戦争が始まって一年四ヶ月目の記念日なので役場で婦人会があり輿石正久校長、吉川首席女教員が参加していた。午後も四時を廻り両先生が帰ってくる頃なので教員達も教員室に集まって話に花が咲いている。大分眼も疲れた私はガラス窓越しに静心なく散りゆく花弁の美しさに、うっとりして無我の境であった。恍惚たる眼に足早に帰り来る吉川先生の洋服姿が写った。

    やはり家庭を持つ人ともなれば散りゆく桜も心に写らずかくも急ぐかと再び眼を新聞に移した。「〇〇先生、召集ですよ。」と吉川先生の声、私の胸は早鐘の如く騒いだ。戦争に行くのが恐い為ではない。
    若い時だ一度は戦場に挑みたいとさえ思っていたのに、召集を予期して準備さえしていたのに何故に胸が鳴るのか不思議だ。

    召集の声に返事もせず、胸の騒ぎとは反対に顔を静かに先生に向けて立ち上がり「召集令状を」と言う。「お父さんから役場に電話で十四日午前七時迄に東部第八部隊に入隊と言われました。」と吉川先生。

    校長は直ちに高一の担任を島津教頭に移して私をホッとさせた。
    分掌事務、担任学級引き継ぎ、各方面への挨拶、送別会など寸秒の暇もない。校長他先生達や村の有力者、父兄や学童の溢れるばかりの温情にも増して叶屋滝一家の肉親も及ばぬ厚情は終生忘れ得ぬものとなった。この誠実純朴な人々の為なら戦死しても悔いなしと覚悟した。

    昭和十八年四月十二日朝、桜花降りしきる校庭に校長以下教職員児童、青年学校生徒千数十名、村役場の村長以下職員、警防団長、男女青年団長以下団員、父兄会長愛国婦人会長、国防婦人会長以下会員、更に村有志など含め二百余名、総勢千三百余名が集まり壮行会が行われた。

    私は熱血の集まる日の丸を持ち校長、村長と先頭になり身延線井出駅へ向かう。果たして二度と見ることが出来るかと振り返れば、教え児童と戯れし事なども鮮やかに浮かぶ、校庭に翩翻(へんぽん)たる日章旗、小さくも厳かな泰安殿、日ノ本の弥栄永久にと祈る。

    福士河原を何回となく子供達と若人の出征を送りしに、我今その人となる。井出駅に着き河原を振り返えり見れば、そよ吹く風に日の丸を靡(なび)かせて人々延々と続き、富士川の渡し船は運ぶに忙しく遥か富士川越しに西方を見れば天栗山の校舎幽かに見ゆ、さよならと心に言う。(了)
          
    ●奉安殿とは・・・・
    「御真影・教育勅語謄本などを奉安するために学校の敷地内に作られた施設。1920年代後半から30年代にかけて普及。奉安所。」戦前の教育において、天皇の写真と教育勅語を安置・奉じる場所であった。戦後はGHQの神道指令のため奉安殿の多くは解体・地中に埋められた。

    おっどろきー

    国民は平気なんね?

    >今、尖閣で起きていること、
    シナ公船の執拗で過激な日本漁師追い回しww
    >日本の政治家は命懸けで漁を続ける唯一の漁師と現場に行って来い!

    侵略敵対行為を隠してやってまで、関わり続け優遇し続ける日本。
    てか、これ毎日皆勤賞で起きてるんだから「解って判ってて関わってる(国を売ってる)」って理解でいいよね?
    戦後ずっと売国し続ける自民党がいまだに選ばれるって・・・途中の黒歴史のせい?
    それともマスゴミしかないから、マトモな政党を見抜けないのだろうか?
    それを判ってるのに、やっぱり洗脳されちゃって騙されてるとか?
    アベガーって反日マスゴミがやってるから選んだみたいな?
    選挙前には「ああいう(妨害)するような奴ら」とか何とか威勢良かったのに、政権とったら迎合しちゃってるみたいな?
    これじゃ今までの日本のままだわ。国民が変えないから変わるわけない。

    lilly

    ご紹介いただいている「正論」
    産経新聞の阿比留さんが、「月刊「エッジ」に載っていたローレス元米国防副次官の論文が転載されていた」ことが興味深く重要な内容だとFBに書いてらっしいました。
    韓国の文在寅大統領の師匠でやはり反日の廬武鉉大統領が訪米した時、
    ラムズフェルド国防長官と会談した際に反日丸出しの馬鹿げた話をして
    ラムズフェルド氏が部下に「このバカ、何を言っているんだ?」と言ったというエピソードがあるとか…

    この当時、恥ずかしながら私は日韓関係のこととか政治の事にそれほど興味がなかったので
    当時の廬武鉉大統領の反日ぶりがどんなものだったのか知らないだけに
    中国の正体以上に「正論」に興味津々です。

    シバサマ1966

    一年の総括

    日々の国内情勢に対する管理人さんの様々なコメントには、殆どと言っていいほど賛同していますが、本年の総括も又、的確な総括だと思います。

    加えて中共については、その影響力をあらためて思い知らされた米国大統領選も、盗まれた選挙として、2020年に歴史を刻む重大な出来事だったと言えるでしょう。

    そしてこの問題は中共の関与として、2021年も引き続き大きな話題を占めると推測します。

    選挙不正が早々に立証されてトランプ再選が確定すればよいですが、それまで長い時間を覚悟しなければなりません。

    その間にも、体調悪化か息子のスキャンダルでバイデンが退き、極左のハリス副大統領が大統領代行として任命されることを懸念します。。

    米国の大統領選の結果が即日本の将来に関係することをどれだけの日本人が感じているのか?
    それが分かれば今、日本の為すべきことも見えてくるはずなのですが。
    歯がゆいし、じれったい。

    • 2020/12/29 (Tue) 23:32
    • REPLY

    とらこ

    首相就任時から今まで、菅氏が目指そうとする日本の方向性の様なものは示されていません。年明けの通常国会冒頭で国民に語り掛けるのであれば、それを待ちたいと思います。
    なければ・・・それまでよ、です。

    その時、そういう自民党政権で良いのか?先ずは自民党議員の動向も見定めたいと思います。

    超党派で結成した「対中政策に関する国会議員連盟」が各国の人権侵害行為に対する制裁を可能にする「特定人権侵害問題と対処法案」の概要をまとめたそうですが、今日本の目の前には「人権問題」だけではない中共そのものの危険要素が存在している事に、議連だけではなく内閣主導の明確な姿勢を必ず示してと欲しいものです。

    ちなみに、その超党派議連には、自民、民民、立民、維新の会から約40人が参加で、共産、公明からの参加は無いそうです。
    議員立法による法制定には原則全会一致が前提だそうで、「人権にうるさい」筈の公明党が、中共の大いなる人権問題にどう立ち向かうのか?見物の価値はあります。

    • 2020/12/30 (Wed) 02:13
    • REPLY

    NP

    「報道の日 2020報道」

    まあ、なんという厚顔。

    今この放送をTBS(毎日)が流しているというものです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93

    しかも、司会があの関口宏。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%AE%8F

    散々、売国偏向放送を流して来ていながら、今に成ってしらっと過去を闇に葬って中国の悪徳をさも逆の立場で物申しているその姿。

    これを一般日本国民が見たらずっと以前からTBS(毎日)は愛国報道機関とでも勘違いするのではないでしょうか?

    と共に何故にこれ程情報を得、まとめて放送をする主体がフジテレビ(産経)でないのか?

    腐ったフジと産経を同一にしても仕方がありませんが、しっかりTBS、毎日。
    テレビ朝日、朝日が一体であることからみると不甲斐なしというものです。

    菅首相、急遽首相と成ったというドタバタはありますが、独裁共産中国という国は非人権・非民主義の世界征服を進めている国という認識をしっかり持ち対峙(退治)して貰いたいものではありますが、ちょっと頼りない。

    何時までも中国製品を買い、中国に軍事費を与えてより中国を肥えさせ、日本を恫喝する中国に忖度するのはやめて貰いたいものです。

    そもそも「天安門事件」で中国が八方ふさがりであったのを真っ先に助け、市場という餌に欧米を巻き込んだのは日本の責任です。
    今の覇権主義国中国を生んだのは日本を筆頭に欧米の責任です。

    • 2020/12/30 (Wed) 14:34
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。