fc2ブログ

    玉川徹や尾木ママが煽る風評被害とその責任

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     11月29日のサンデーモーニングで面白い場面があった。番組の既定路線は政府批判で、その具として利用されているのがGoToトラベルだ。何が何でもGoToが悪いという結論に持って行きたい番組がブッキングしたのが、国際医療福祉大学主任教授で日本化学療法学会理事長の松本哲哉氏。

     松本 「全国を止めたとしても、本当にこのまますぐに感染者が減ると思わない」
     関口 「「ちょっと待ってくださいGoToを止めたとしてもそれほど大きな効果はないんじゃないかというご意見ですか?」
     松本 「私は Go Toトラベルだけがですね、この感染者の急増の主な原因だとは考えておりません」

     関口が不満顔だったのは言うまでもない。番組後、番組制作側で反省会が開かれたと聞いても驚きはない。朝日新聞の結論報道と同じで、この手の番組の方向性には、異論は許されない。

     そのGoToトラベルについて、官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部が開かれ、会議後に菅総理から、今月28日から来月11日まで、「GoTo トラベル」を全国一斉に一時停止すると発表された。この観光支援事業については、先週、6月までの延長が発表されたばかりだ。メディアが総がかりで煽る風評被害に、政府が一歩引いた形だ。もっとも、キャンペーンの適用除外となるのは、12月28日の仕事終わりからの2週間で、年末年始の移動を制御する方針だということになる。一歩譲っても、GoToそのものについては継続するという信念が強いのだろう。

     この一時停止は、メディアによる風評被害がもたらした人災だ。その凡例として2名を挙げる。一人は、モーニングショーの玉川徹。玉川は昨日の番組でこう語っている。

     「僕、やっぱり感染症に関してはある種、煽ってるって言われるくらいでいいんじゃないかって、ずっと思ってやってきたんですよ。結果としてアイツは煽るばっかりで、そんなに大したことは起きなかったなっていうんだったら、それの方がいいって思ってる」
     「あの時に『もっと強い手を打っておけばよかった』って思うよりは、ちょっと強めすぎたかもしれないけど、感染者も死者も少なくてよかったねという方がいい。僕の老婆心ですけど」
     「コロナの話をする時、自殺の話が出てくるのにすごく違和感を持っている。直接の因果関係もわからずに。

    玉川徹


     つまり玉川は自らが煽っていることを自覚していて、それでも意図的に恐怖心を煽ることを是としてきたというのだ。モーニングショーがジャーナリズムを本筋とする番組でないことは明白だが、それでもあえて言えば、こんなものはジャーナリズムでも何でもない。ただのプロパガンダだ。しかも、尾身会長ですらGoToがコロナ感染拡大の直接の原因とは断定できないと言っているにもかかわらず、経済で困窮する自殺者が増えるという現象だけには「因果関係がわからない」と、ダブルスタンダードを適用している。本当に最低の人間だ。

     尾木ママこと尾木直樹も、コロナ感染による経済の停滞で、自殺者が増えるという論に対し、同じ趣旨のことをブログにしている。

    余りにも命の重みが感性として受け止められない人の発言はだれであれ
    耳にするのも嫌になりました
    ・経済的な困窮者は政治の力でいくらでも救えます!!
    ・コロナは医療崩壊、医療切迫によりどれだけ甚大な影響が及ぶのか単純比較など不可能なのですーー
    議論事態(ママ)がバカバカしいのですーー
    政府責任棚上げにして
    命を語るな!!


     ここにあるのは感情論でしかない。命の重みを力説しながら、その命の重みに差をつけている。失業率に代表される経済指数と自殺者数に相関関係があることは、以前から指摘されている。いわゆる「経済死」というやつだ。そもそも、経済状況を苦に自殺する人の命と、コロナで亡くなる人の命は、どちらも同じ重みの命だ。尾木が言っているのは「きれいごと」でしかない。こういう思想を持つ人物が、テレビ等である程度の発言権を持っていること自体が不快である。

     メディアが煽る風評被害が死者を増やすとしたら、テレビ局はどういう責任を取るのか。玉川や尾木のような「煽り役」にそのことを問いたい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    とらこ

    「正しく(武漢ウィルス)を恐れろ」論も流行っていますが、「確実に正しい武漢ウィルスとはなにか」の説明を誰も出来ない現在、「正しく」というのが何を指すのか疑問に思います。
    原因はWHOが武漢に入っても肝心の調査をさせなかった中共にあります。確かな調査団に依る査定を要求した豪州には数々の貿易課税の嫌がらせで返す中共です。

    国内外、経済を重視したい人、感染症の広がりを重視したい人、それぞれの立場でTV番組に出ているだけではないでしょうか。
    しつこく自論展開をしてもこの日本で責任を問われることは無いし、結果的に外れたとしても、その頃には別の話題が取り上げられて賑やかに。と。
    第一そのお二人、専門研究者でも自殺原因調査者でもないですよね。

    空気感染はしない、筈だった論が今では、飛沫感染だけではなく空気感染するのよね、になり、こうではないか、ああではないか、今までの感染症の例にならえばこうであろう、という論は幾らでもありそうですが、「これが正解」と断定できるものは未だ無い、とすれば、ならば何を以て「正しく恐れる」のか?無理な論法に感じます。
    結局のところ、どう行動するのかを選ぶのは自分でしかないのですから、子供は兎も角、大人は自己責任意識を以て行動するしかないと考えております。

    • 2020/12/15 (Tue) 08:50
    • REPLY

    無縁仏

    マスコミに科学はなく
    盲目的信仰のみだけがあるのでしょう
    ひょっとしたら自分たちの使っている機材が
    どういう原理で動いているのかすら知らないかもしれません

    • 2020/12/15 (Tue) 11:16
    • REPLY

    「感情優先」は、かの国の民度です。

    ツクノ

    ○感染症抑制の基本は、水際対策にあるはず。ゆえに、外国人の入国制限をすべきではないかと。GOTOは、それでも感染症が拡大するならば…という次の話だと思う。

    交野とかいてかたのと読む

    確かに Go Toが感染拡大の直接の原因で必ずしもない事はその通りなんですが今回の一時停止をマスコミの風評被害と評するのはどうかと。

    思うに今回の拡大は季節が冬になって寒冷乾燥化しウイルスが活発化してる中Go Toによる人の動きを抑えて感染拡大を防ごうという一面も今回の一時停止に至った理由なのではないでしょうか?

    このコロナは潜伏期間が長く無感染者も多いのが特徴なのでいくら個人個人が意識しても限界はありますから。

    確かにエビデンスは得られてないけど人の動きを抑えて感染拡大を防ごうという目的なら多少なりとも評価すべき点はあるのではないかと。

    • 2020/12/15 (Tue) 19:23
    • REPLY

    lilly

    本題からすこしそれることをお許し下さい。

    今夜のクイズ番組に尾木さんが出てらっしゃいましたが
    まったくと言っていいほど正解を出せず
    「本当に教師だったの?」と思うほどでした。
    クイズ番組で恥を晒す学力しかない教師に教えられていた生徒は可哀想です。
    尾木さんには偉そうにコメンテーターをやる前にもっと小学校の教科書から勉強しなおすことをお勧めしたいです。

    FBでは萩生田大臣が12日のTBS「報道特集」の自身に対する捏造放送について反論なさっています。
    報道特集は偏向報道が醜いのでほとんど見ませんが
    萩生田大臣の申し開きを読んで、こんなふうに捏造番組が作られるのだと痛感しました。
    総理や大臣は日々の忙しさや細々の番組チェックが出来ずに、濡れ衣を着せられてもそのままになってしまう方が多く
    視聴者もそれを信じ、捏造が事実として認識されてしまう事柄がどれほど多いのかと痛感しています。

    GoTo、しっかり節度を守って利用する人と万全の感染予防で迎える側の落胆を思うと、そこまでする必要があるのかと思いますが…
    菅総理、最近ちょっとブレて来ましたね。



    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。