fc2ブログ

    山口二郎大センセーの大暴論 ~ 安倍内閣と東条内閣の類似性は無理筋だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     中共(香港当局経由)による香港の民主活動家らへの弾圧が逮捕にまで発展し、国際社会では中共の横暴に対する批判が噴出している。日本では、こんな人までも、中共に対する批判的発言をするようになった。


     しかし、である。「中共に対する敬意が消滅」したということは、香港事案の前までは、敬意を以て中共を捉えていたという宣言だと言える。覚醒するには遅すぎるだろう。中共の人権弾圧は今に始まったことではない。ウイグルでもチベットでも、彼らはその土地の民族を弾圧し続けてきたのだ。そういう国家に敬意を持てるメンタリティのほうが理解不能だ。もっとも、「世界人民」というあたり、思想的にはハナから曲がっているのだろうが…。

     この山口二郎大センセーは、2009年の政権交代と民主党政権誕生に際し、民主党応援団の代表的存在だった。そしてセンセーは、旧民主党勢力を核とした倒閣野党の結集を呼びかけ、立民・民民による新党結成に期待を寄せていた。だが、民民玉木代表の民民党解散と分党という判断で大糾合が頓挫したことを受け、玉木を批判している。


     この人は学者でありながら、何も学んでいない。民主党政権が瓦解したの要因のひとつは、彼らにとって政権交代が政治目標である一方で、政権交代した後の政策遂行能力がなかったことがある。つまり、「安倍政治に取って代わるビジョンの方向性の一致」だけでは、旧民主党政権と同じなのだ。具体的政策論での合致点を見出そうとした玉木の判断は正しかったと思う。山口センセーは、反アベ統一戦線に参加しない玉木を批判するが、政策を蔑ろにした合流は、結局はただの野合なのだ。

    活動家、山口二郎


     血気盛んな山口大センセーは、「朝日よりも左」と言われる北海道新聞にコラムを寄稿している。「戦後75年 安倍内閣と東条内閣の類似性 お粗末なコロナ対策」というものだが、その内容がまたお粗末なのだ。

     コロナ対策のお粗末さを見ていると、今の日本と太平洋戦争末期の日本が重なって見える。今、私は自由主義者にしてジャーナリストの清沢冽の戦中の日記、「暗黒日記」(筑摩書房)を読んでいるのだが、安倍晋三内閣と東条英機内閣はよく似ている。
     戦争中、インパール、ガダルカナルなど個別の作戦はあったが、全体として戦争をどのように終わらせるか、誰も大きな構想を持っていなかった。そして本土決戦を呼号する過激な軍人に引きずられて、無益な戦闘を重ね、大きな犠牲を出した。国民には正しい情報は一切知らされず、陸軍と海軍はしばしば対立した。


     山口センセーは、感染者が再び増加の傾向にある国では「PCR検査を徹底的に行って現状を正確に把握している」と言い、「その現状を国民と共有することが感染対策の王道だ」と説く。PCR検査は定点観測的なもので、基準なく検査数を増やせば感染者が増加しているのか減少しているのか、はたまた現状維持なのかの判断がつかない。そのPCR検査を徹底的に行えというのは、感染対策の王道でも何でもない。

     そして、現下の安倍内閣を東条内閣とだぶらせるのは、悪質な印象操作だ。現政権は、死者数も重傷者数も目立って増えていない現状を把握している。だから経済活動との両立を目指す、はっきりとしたビジョンがあるのだ。国民への情報は、政府によって常に提供されている。その一方で、「感染拡大」の一点張りで不正確(または不十分)な情報を拡散し、恐怖心を煽るマスメディアによって、国民は判断を狂わされているのだ。戦前・戦中と酷似しているのは、政治の側ではなく、むしろマスメディアのほうだろう。あの当時、新聞は戦争を煽りに煽った。その構図は今も同じだが、現政権は大本営発表と類似する広報は一切していない。

     今は、憲兵も特高警察もない時代である。おかしいことに対しておかしいと声を上げ、責任ある政府を作り出すことは私たち自身の責務である。まずは、国会を開いて説明責任を果たせと声を出すことから始めたい。


     大センセーはコラムをこう結ぶ。声を上げたいなら自由に上げればよい。しかし、「私たち自身の責務」などというミッションの押し付けは御免だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    ツクノ

    >おかしいことに対しておかしいと声を上げ、責任ある政府を作り出すことは私たち自身の責務である。

    ○日本国民全員で、おかしいという声を上げた結果、悪夢の民主党政権が終わり、安倍政権に政権交代したのでは?

    ST

     山口センセに限らず、あちら側の方々には断定的な物言いが目立ちますね。
    根拠を示さず、あるいは根拠もなく「~だ」と仰る……私の思うに、そういう場合は「~だと思う」とか「~ではないだろうか」と言う言い回しが普通のよう思いますが。

    「コロナ対策のお粗末さを見ていると」
     日本は人口当たりの感染者数も少ないですし、死者数は奇跡的なまでに少ないですよね、それが「お粗末」なんでしょうかね?

    「安倍晋三内閣と東条英機内閣はよく似ている」
     戦争とコロナを同じ土俵で論じることにそもそも無理があるのでは?

    「感染対策の王道だ」
     未知のウィルスとの闘いに王道があるとは存じませなんだ、王道が存在するならば世界中同じような対策になると思いますが、どうなんでしょう?

    「おかしいことに対しておかしいと声を上げ、責任ある政府を作り出すことは私たち自身の責務である」
     2009年当時、自民党も内部抗争に終始している感がありました、それをおかしいと感じたからこそ政権交代が起こったのではないでしょうか? そして3年後、その選択が大いなる誤りであったことを認めて、再度責任ある政府を選び直しましたよね?
    「責任ある政府」になり得る政党が台頭して来れば自民党も危うくなりますよ、現在の野党にはその能力がないと国民が判断している、それが各党の支持率にも反映されているんじゃないかと思うのですが、いかが?

    (名前空欄)

    山口二郎とは違う視点ですが日本が国家としての体をなしてない点では反省が必要。
    開戦を決めた時点では真珠湾攻撃は想定してないはず。
    陸軍海軍ばらばらに動いてそれを総理が止められない。
    総理大臣の役割は君臨すれども統治せずの第二の天皇になっていたのがこの時点の内閣。
     各部門の出してくる作戦を丸のみで認めるのが良い士官。
    なにか安倍内閣と似てませんか?
     どう見ても野田内閣の延長線にあってそこからのブレが一切ないのが安倍内閣。断固として消費税増税を推し進めようとする姿は勇敢な日本軍そのものです。すこしはさぼったらと思います。

    • 2020/08/13 (Thu) 11:40
    • REPLY

    ブログファン

    日本の繁栄を好まない面々

    ブログ主様も私達多くの日本国民も、日本の繁栄を願わない者はいない。
    当然そう思うところですが、中国、朝鮮半島、ロシア、そして米国までもが実は日本の繁栄を心良しとは思っておらず、それらの国の繁栄を願う日本で生活している者達は、当然日本の繁栄を邪魔しようとしています。

    総理や政府、自民党の一部議員などは当然「国益」を中心に物事を考える訳ですが、野党議員の大半は「国益」と言う言葉をほぼ使いません。彼らにその様な概念がないからだと思います。
    財務省も国益の反対を望んでいる節があります。

    山口も当然あっち側の人間でしょう。グローバリズムと言えば聞こえはいいですが、実は日本の衰退を手引きしている者が存在している事を認識しておく必要があると思います。

    • 2020/08/13 (Thu) 12:31
    • REPLY

    とらこ

    お名前空欄の方の<開戦を決めた時点では真珠湾攻撃は想定していなかった筈>とは?どういう事なのでしょうか?


    山口大センセーは最早アジテーターであって学者ではないのではないか、と感じます。が、職業変えたとは聞き及びません。
    <今は、憲兵も特高警察もない時代>とご自身が言うように、安倍総理は東条首相が持っていた絶対的実働権限を持ちませんのに、どうやって大センセーのいう「コロナ対策」の徹底制圧を強制できるのか、逆にお教え願いたいものです。

    武漢ウィルスと時の東条内閣の共通点は、真っ当な情報が得られていない点だけだと思います。
    当の中共政府から正確・確実なウィルス情報が一切出されていないままでは、世界各国が手探りで直面する事態に対応するしかありませんでしょう。
    今後の武漢ウィルスの展開など間違いなく予想出来るはずも無し。見当をつけるしか方法はないのではないかしら?
    それでも国民を救うために多くの国が懸命になって無制限に近い予算を立て収入の確保に努めているのだと思います。
    何が問題だ?

    感染数は生きている細胞を持つ人間が動けば増えますでしょう。それは国民が政府や地方自治体の指示の下に極力守ればそれなりの増加は減らせるかもしれませんが、行政が徹底監視して守らせることは、今の日本では総理がどなたであっても不可能でしょう。
    無症状患者の増加で死者数重症者数をひとくくりにして「批判の為の批判」材料にするのは、まともな学者のすることではないのですから、このセンセーはどこぞの煽り屋さんだと思います。

    ニュージーランドは何十日ぶりかで4名の感染者が出たので再度の緊急都市封鎖だとか。アチラは今冬季でしょうから北半球より余程注意が必要なのだろうと推測いたします。
    日本は今猛暑ですから、仮に、この期に無症状で免疫ができる物なら、冬場の風邪、インフルエンザ、武漢ウィルスへの抵抗力が付くかもしれませんね。
    武漢ウィルに関する限り、何事も、真っ当な情報を出そうとしない中共政府に言うべきことではないのか?煽りセンセー達は。

    武漢ウィルスの死者は日本ではまだ抑えられている方だと思いますが、熱中症でお亡くなりの方が9日間で10人だとか。
    お互いに気を付けて生き抜きましょう!


    ミンミンが分党になってお金は入らないけど人が増える?それは困るわよねえw
    仮にも政党であれば、せめて政治理念ぐらいは明確に持っていただきたいですよね。有権者の選択の為にも。

    • 2020/08/13 (Thu) 20:29
    • REPLY

    (名前空欄)

    日本のマスコミに正義が無い
    様々な言い訳で自分を正当化して働いているマスコミ人達

    ニュートラルな視点や、日本人の立場でコメントすればヘイトだのネトウヨだの批判されるから、様々な言い訳をして日本人の立場でのコメントはしない

    将来の日本人に足枷をはめるのは、日本を貶めんとする中韓と日本のマスコミ人達だ

    • 2020/08/14 (Fri) 06:31
    • REPLY

    敷島やまと

    山口君の小学生並みの知能

    このブログでも指摘されていることですが、

    「周恩来以来の中国共産党に対する敬意が消滅した。」って・・・。

    はあ?

    これまで中国共産党に敬意持ってたんだ・・・。

    ただただ絶句。

    学者の皮を被った政治活動家とか買いかぶり過ぎでした。
    ただのおバカですね。

    • 2020/08/17 (Mon) 08:37
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。