fc2ブログ

    教科書調査官に北の工作員 ~ 文科省は検定制度を土台から再構築せよ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

    「韓国警察が捜索した脱北者団体の事務所から、ある文書が出てきた。そこには1人の日本人の名前が記載されていた」


     これは、アサヒ芸能の大スクープの起こしだ。なんと、北朝鮮の工作員が文科省調査官として霞が関に紛れ込み、教科書検定に影響力を与えていたという。アサ芸スクープの問題の部分はここだ。

     衝撃の「スパイリスト」に登場するX氏は、筑波大学を卒業後、同大学助手を経て、韓国・霊山大学の講師に就任。この時、韓国内で活動する北朝鮮工作員に「スカウト」されたという。その後、X氏は日本に戻り、都内の大学の講師に。中国流の共産主義・毛沢東思想を称揚する著作も出版している。公安関係者は、

    「調べてみると、Xが文部科学省の教科書調査官として、来年度から中学校で使われる歴史教科書の検定に関わっていたことが判明した。保守的な教科書とされる『新しい歴史教科書をつくる会』の『新しい歴史教科書』(自由社)が不合格とされて同会が反発を強め、Xを含む教科書調査官を厳しく批判している折、到底、看過できないものだ」


     工作の被害に遭った「新しい歴史教科書をつくる会」の公式ツイッターは、このXなる人物を中前吾郎と断定している。この人物は現在、目白大学大学院で非常勤講師として教鞭を執っているようだが、特記事項として「【現職】文部科学省教科書調査官」という文字が躍る。中前はアサ芸の取材を、大学を通して拒否したそうである。

    教科書検定に関与!「文科省調査官」に“北朝鮮工作員”が紛れ込んでいた!


     令和2年4月現在、教科書調査官は54名いる。その中で「地理歴史科(世界史)」を担当するのは3名だが、中前は3名中、唯一の主任教科書調査官であり、検定をリードする立場にある。中前以外の2名は主に欧州の歴史を専門としており、アジア史は毛沢東を研究テーマとする中前の独壇場ではないかと推察する。

     教科書検定に関する問題は、過去から何度も指摘されてきた。教科書を扱う出版社に中立な会社はもともと僅かしか存在せず、合格する教科書はほぼサヨク的な思想を踏襲した会社が多い。「つくる会」は歴史教科書の分野では後発だが、日本の伝統的価値観を重んじる教科書として、保守派の期待は大きい。その「つくる会」の教科書が、北の工作員によって不合格の憂き目に遭っていたというのだから、衝撃的だ。

     最近、元文科省の高級官僚であった前川助平が、「君が代を歌わせることが良い教育行政だと勘違いしている都教委」とツイートし、かなり批判的なリプライをもらっているようだが、前川を見ればわかる通り、文科省の偏向した思想は由々しき問題である。まして、教科書検定を主導する教科書調査官に北朝鮮の工作員が紛れ込み、「従軍慰安婦」という呼称を復活させたり、歴史的に論争がある南京事件で過度な残虐性をもって記述した教科書をパスさせたりと、歴史教育における自虐史観の刷り込みを主導するのであれば、到底容認できない。

     萩生田文科大臣と、与党の教育族は、この問題を徹底的に追及し、もしアサ芸の報道が事実なのであれば、文科省に責任を取らせるべきだ。そして、教科書調査官を刷新し、公平な検定制度を土台から構築しなおす義務がある。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    団塊の世代の現役親父

    寺脇研や前川スケベ親父の件が明らかになったときに、自民党が、等閑視したから、文部科学省内の反日・反皇組織を付け上がらせたのではないかな?日教組との和解も釈然としないものがあります。

    敷島やまと

    反日の巣窟文科省

    アサヒ芸能の記事を鵜呑みにするのはいささか危険だと思いますが、
    もし事実だとしたら由々しき事態。
    我が国の教科書検定が北朝鮮によって乗っ取られていることとなる。
    北朝鮮のスパイかどうかは別にして、偏った思想に軸足を置く学者が
    教科書検定において主導的な立場なんて多くの国民は知らないでしょう。
    果たして妥当なのかどうか国会で議論すべきではないでしょうか?
    少なくとも今の主導的立場からは外すべきだと思います。

     そもそも文科省は、退官後に反日を繰り広げる前川助平が事務次官
    たり得たほどの腐った役所ですから、こういう過激な思想を持つ学者が
    教科書検定を牛耳っていても不思議ではありません。

    しかし、歴史的事実を歪曲し、無垢な子供に自虐的価値観をことさら
    植え付けようとする陰謀が、公教育の場で行われているとすれば実に
    末恐ろしい事です。

    教科書検定制度を根本的に中立公平なものとすべきですが、
    毅然たる外交姿勢を貫いてきたはずの安倍政権は、今や媚中派に
    金玉握られてかどうか、リーダーシップが見られません。

    総理、このままでは岩盤支持層が離れてしまいますよ。
    しっかりしてください!

    • 2020/07/28 (Tue) 09:22
    • REPLY

    清流の国

    他の方も書かれていますが、アサ芸の記事なのでどこまで信じていいのか分からない部分はあるのですが、結構具体的に書いてありますね。所詮、三流週刊誌の記事だからと見過ごされてしまうのでしょうか。

    作る会の教科書が一発不合格になった時、産経の記事で具体的な部分を見ましたが、始めから合格させる気などなかったのかなと感じました。不合格ありきで、文科省内に蔓延っている反日分子には余程不都合な教科書なのだろうと思ったのを覚えています。

    安倍総理や萩生田大臣がいるのに、なぜそんな事になってしまったのだろうと歯がゆい気持ちもあります。

    私達国民が教科書問題に余りにも無頓着で無関心だから、余計にやりたい放題なのではないかと思うのです。そして、産経以外のマスコミは教科書問題の真実を伝えようとはしません。むしろ、国民に気付かせないようにしているのではないかと思っています。

    そして、政府が教科書検定を見直そうとすると、今度は特定野党のうるさい奴らと声の大きい活動家達が出てきて「検閲だ~!アベ辞めろ~!」と叫びだし、マスゴミも一緒になって「検閲だ~!アベ辞めろ~!」という未来が見えてしまいます。


    • 2020/07/28 (Tue) 11:01
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    憂慮の事態 十分な検証を

    お疲れ様です。今回貴記事は、事実なら我国の未来に関わる教育を歪める重大事案でしょう。一芸能誌の記事と軽視する事なく、我国の一大事との視点を大切に、十分な検証が必要と心得ます。

    それを踏まえた上で、教科書検定の中枢に共産工作員勢力が入り込む様な事態は、ないとはいえないと思います。歴代内閣も文科省も、脇が甘すぎたのでしょう。旧民主政権下なら尚更と思いますが。

    「新しい歴史教科書をつくる会」の編纂姿勢は当を得ていると思います。全うな日本人と向き合う、又将来へ向けて育てんとするその信念が、特定野党や左傾勢力には邪魔者だという事でしょう。それらの脅威に怯む事なく実践して参るのが歴史教育という事でしょう。

    • 2020/07/28 (Tue) 14:31
    • REPLY

    とらこ

    その件、今朝の産経にも論説委員長が取り上げていました。と言っても、掲載個所は「オピニオン」という一般投稿をも載せる紙面ですが。

    むか~しのお話で、某記者がナニの親分さんのところへ恐る恐るインタビュー。質問する記者のその筋関連の知識不足?でか親分さんが「何も知らんガキやなあ。アサヒでも読んで勉強してこい」と。
    その筋でも朝日新聞が読まれているのか、とがっかりした産経記者が先輩から「それは<アサヒ芸能>のこっちゃ」と笑われた。と。
    余り常人が知らない世界の一部分に関しては正確で詳しい情報が入る社なのでしょうか。

    で、問題の調査官ですが、非常勤講師で私大で担当する科目が「英語」だそうで、著書が毛沢東礼賛本、となれば日本史や東洋史を専門として学んではいないのではないかしらね。

    そして産経の指摘するのは、調査官の条件です。
    <「人格高潔」などの4条件の他に、
    「教授または准教授の経歴がある者またはこれらに準じる高度に専門的な学識及び経験を有すると認められる者」
    つまり、任用する過程で、毛沢東シンパの彼を強く推す人物が文科省内に居たという推測も十分成り立つ。>

    だよねー、と呆れるばかり。
    文科省全体、一度所員の公務員資格を根本から洗い直す必要があるのかもしれません。今までの「業績」から見て汚染度はかなり高そうに思います。
    とても「公共心や公平・中立」を保っているとは言えません。

    今、武漢ウィルスで世の中の仕組みの多くを再点検する必要性が出ていると思います。ついでに、文科省も如何かな。

    • 2020/07/28 (Tue) 14:52
    • REPLY

    sana

    萩生田はダメ

    つくる会が、理不尽な教科書検定の件を萩生田にもちこんだところ、相手にしてもらえずケンモホロロの扱いだった、ときいています。

    • 2020/07/28 (Tue) 19:01
    • REPLY

    末田

    米軍靴の響き ? 

    アサ芸能みたいなハダカ女満載のエロ雑誌が「南鮮において脱北者が持つ
    スパイリストから日本の教科書検定員を務める北の工作員を割り出した・・」
    なんてスクープを出すとは!?
    内容が事実なら、南鮮の公安が脱北者の持つリストを手に入れても、それを
    文寅が日本に伝えるなど考えられません。 日本にリーク出来る諜報大国は
    米国しかないのじゃないかしらん、、。

     (ヤフー産経ニュース 7月27日)
    米国の戦略シンクタンクCSISが米国務省と協力して作成した報告書に依れば
    安倍総理の秘書官、今井タカヤ(通産OB)と二階ポチは連携し支那に融和的
    な政策を取るよう働きかけている、と結論付けているそうです。
    盟友、トランプ様にニラまれ、安倍さん、どうするの?
                             
    (ソウル聯合ニュース) 米軍が戦時統帥権を南鮮軍に移管する件。 
    韓国国防部は28日、提出した業務報告の資料で韓米連合軍は米軍が持つ
    有事作戦統制権の韓国軍への移管に向け、今年の韓米合同軍事演習で
    検証を進める構えを示した。 演習は8月半ばに実施予定とされ、国防部は
    早期の妥結に努めるとした。

    これは米軍が演習で南鮮軍の能力を査定した上で統帥権を移管するとした
    懸案であり、移管の決定をすれば米空軍基地と在韓米人を守る警備兵を
    置けばよいことになり、支那との武力紛争に備えることにもなりそうです。

    米国様と支那が領事館の追放合戦をやる中で、かようなネタが出て来るのは
    武力戦を踏まえた上で、米国が日本に突き付けた踏絵なのかもしてません。

    「ヲイ、シンゾー、国内のドブ掃除をしっかりやらんかい! 愛娘のイヴァンカを
    通じて送った情報が支那に筒抜けじゃぁ、キンぺ~を脅かすハッタリすら
    かませられねぇじゃね~か、オメ~、指を詰めるだけじゃ、すまさんゾイ、」
    なんてことなのかも・・・

    とらこ

    安倍総理はどうもしないでしょうね

    外国勢からも注目される今井補佐官w 名誉なことです。
    同盟国なのに自陣になだれ込まない安倍政府を崩すには今井氏攻略でしょうかね。
    同盟国は属国ではないのだけれど。

    「二階・今井派」なんて聞いたことが無い。尤も私はテレビ情報に疎いので言い切るのは早計かもしれませんが、世間様ではそういわれているのかしら?

    前にも何処からか頻りに今井氏が獅子身中の虫的言い草がありましたけれど、総理が信頼しその期待に応じるに当に命がけそのもの、だと官邸務めの方から報じられている今井氏が、そんなに目の上の何やらなのか?

    安倍総理の片腕、片足をもぎ取りたい他国の都合に振舞わされる安倍総理ではない、とこれは言い切っても良さそうにわたくしは思います。

    • 2020/07/29 (Wed) 00:35
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。