fc2ブログ

    恫喝してまで主張を認めさせようとする、朝日新聞らの傲慢な取材

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     最近、ネットで俄かに盛り上がっている話題のひとつに、NHK受信料をめぐる訴訟の判決がある。NHKの放送だけが映らないように加工したテレビを購入した東京都内の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、この女性の請求を認めた。NHKは、受信可能になるように復元できると主張したが、裁判長は「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない」と退けたという。

     コロナ禍の自粛生活で、どのチャンネルを付けても同じような憂鬱な内容をやっているテレビ放送に愛想をつかし、オンデマンド放送を視聴する割合が増えた方は多いだろう。民法の場合、見なければ視聴者側の負担はない。しかし、NHKの場合は、見なくても受信料支払いの対象となる。視聴者、消費者側に選択権がないのだ。市場は需給バランスの上に成り立っているものだが、NHKの場合は大きく異なる。国から莫大な予算をせしめ、視聴者からも均一に受信料を徴収し、その資金で勝手に番組を作る。そして、作っている番組の中には、国益を毀損させたり、日本人の名誉を貶めるようなものも多い。

     今後、NHKが映らないテレビの需要は膨らむと思う。恐らく家電メーカー側に圧力がかかるだろうが、家電メーカーには消費者ニーズに応える商品開発を期待したい。

     新聞の場合はテレビとはまた異なる。消費者側に選択の権利はあるのだが、その選択には限りがある。主要紙は販売店を全国レベルで持ち、宅配システムによって読者に「定期購読のクセ」を付けるので、定期購読者という顧客の囲い込みは、他業種と比べてそれほど困難ではないと思われる。しかし、ネットの台頭によって既存メディアの地位が相対的に低下する中、報道各社は独自の色を出そうと必死なようだ。

     しかし、独自の色というものは、真実を曲げてよいと言うことを意味しない。

    新聞記者が強要の疑い 警察が告発状を受理 屋久島町 (MBC)

    屋久島町の出張旅費をめぐり新聞記者2人らが取材対象の男性に自らの主張内容を認めるコメントをするよう強要した疑いがある問題で、住民が警察に提出していた告発状が26日、受理されました。

    告発状を提出したのは屋久島町の住民6人です。告発状などによりますと、南日本新聞と朝日新聞の記者2人は4月、屋久島町の出張旅費を巡る取材のため、当時、町内の旅行代理店の所長を務めていた男性を男性の上司とともに呼び出し、大声で怒鳴りつけるなどして、記者らの主張を認めるコメントをするよう強要した疑いがあるとしています。

    男性のその際のコメントは南日本新聞と朝日新聞に掲載されましたが、男性はMBCの取材に対し、「そういうふうに言わされた」として、記事の内容は事実とは異なると説明していました。

    住民らはこれが強要の疑いにあたるとして4月に屋久島警察署に告発状を提出していましたが、その後、追加資料などを加え、26日付けで受理されたということです。
    告発人らは南日本新聞と朝日新聞に当時の取材の方法などについて公開質問状を送っていて、届いた回答について記者会見を開く予定です。


     報道の基本は、真実を伝えることだ。メディアとしての解釈を盛り込んでも構わないが、それは真実を正確に伝えているという前提があってはじめて成立するものだ。しかし、朝日と南日本新聞は、取材相手に「自らの主張内容を認めるコメントをするよう強要した」という。事案は告発状が警察に受理された段階なので、まだ正確な事実関係はわからない。しかし、告発している住民らにとって、わざわざ虚偽の理由で大新聞社を相手に喧嘩をする理由はない。朝日らは恐らく、住民らに過度な同調圧力をかけたのだろう。

     いわゆる結論報道と言われるものだ。新聞社などが特定の事案を拾い、予め悪者になるものを決め、その悪者が悪者であるという証言や状況証拠などのみを報道する姿勢だ。従って、その結論に不都合な証言は黙殺される。今回のように証言を「強要」する事案は珍しいが、強要する、しないは別としても、我々が見聞きする報道は、そのほとんどがメディアの恣意的なフィルターを通ったものである。視聴者としてそのことを踏まえておかなければ、簡単に騙されてしまう。

     しかし、自らの報道に不都合な証言をしようとする人を、恫喝してまで、都合の良い証言にまで持って行くその報道姿勢はサイテーだ。朝日新聞デジタルのサイトには、この事案に関し、何のコメントも掲載されていない。今後の展開が見ものである。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    貨物

    朝日新聞社の決算

    朝日新聞社の昨年度の決算では、出版関係が大赤字に転落しました。
    不動産の黒字で、全体としては黒字です。
    今年度はコロナで広告激減+テレビ朝日の業績悪化で、赤字になる
    のではないかと思います。

    ST

    捏造ニュースはアサヒに共同

     元歌:港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
     https://www.youtube.com/watch?v=avC7-ljlWus

     ちょっと前なら憶えちゃいるが
     一年前じゃチトわからねぇな
     同調圧力かけたって?
     ウチにゃぁ沢山いるからね
     悪いなぁ 俺に構わないでくれよ

     あんたネットに挙げるなよ

     ♪捏造ニュースはアサヒに共同


     半年前にも騒いでいたよ 
     店の客にはお構いなしさ
     アベの首が取れそうだって
     そりゃぁもう大騒ぎ
     仁義も何もありゃぁしねぇよ

     あんた、ネットに挙げるのかい?

     ♪捏造ニュースはアサヒに共同


     築地(かし)から流れて来た奴だね
     サンゴ削るのが上手くってよぉ
     三月前までいたはずさ
     小さな子猫を拾った晩に
     子猫を蹴飛ばしてトンズラよ
     どこへ行ったか? 知らねぇなぁ

     あんた、ネットに挙げとくれよ

     ♪捏造ニュースはアサヒに共同


     給料良いって言ってたけど
     世間の目は冷たかったね
     あんまり何も言わない奴だったけど
     子猫を苛めていたっけ
     捏造偏向書き散らしたまんま
     ヤバくなったらおサラバさ

     あんたネットに挙げたんだって?

     ♪捏造ニュースはアサヒに共同


     たった今まで座っていたよ
     あそこの隅のボックスさ
     人を脅して告発されたって
     店を飛び出して行っちまった
     まともな堅気じゃあるまいし
     どうにかしてるぜあの記者
     
     あんたが告発したんだね?

     ♪捏造ニュースはアサヒに共同
     ♪捏造ニュースはアサヒに共同

    素浪人

    宦官府はどこも腐臭まみれ

    葬務宦官府が天下り先の確保目当てに仕事しないからカスゴミ共が好き放題にしてる訳で、この構図は何かに似てると思いませんか?

    そうだ、そうです、その通~り♪の刑殺腸でした。しかも両者には親特亜という共通点が有りますね。特亜に係わるとどんな役所も腐臭が漂って来るの法則でした。

    最早、Kの法則改めT(特亜)の法則を再定義して広く日本国民に周知させた方が良いやも知れませんね。無量大数害有って一利無し!が筆頭キ~ワ~ドです。

    純粋培養

    深化

    アカが書き ヤクザが配り バカが読む ➔ ヤクザが書き ヤクザが配り バカが読む

    HAKASE(jnkt32)

    遠方なら何でも有りか?朝日一味

    今晩は。NHKを受信しない受像機保有者向けの、此度の東京地裁判決は画期的
    だと思います。この判決が上級審で覆らない様、我々は注視する必要がありますね。
    それと内外の家電メーカーが NHK不受信仕様の TV機器を標準品としてライン・ナップ
    に加える方向にして頂きたい。NHK受信料のあり方への不満も小さくない事から、
    意外に需要は大きいと思います。

    鹿児島・屋久島にての朝日新聞記者らの、対住民コメント強要事案は「本社から
    遠ければ、取材対象に何をしても良い」という様な驕りが感じられます。正当
    な取材を装って、自勢力に好都合な同調圧力を露骨にかけるのでは、反って既成
    メディアへの不信感が募るだけでしょう。ある意味「旅の恥はかき捨て」的な
    不良印象かぜ持たれる所でもありまして。恐れながら今回貴記事も拙リンク致
    したく、お届出の次第であります。

    • 2020/06/28 (Sun) 20:10
    • REPLY

    とらこ

    その記者達はひょっとして反社会的組織員のアルバイトではないのか?と思ってしまう不行跡ですが、それは一般社会人の思いであって、傲慢なチョウニチ的には何が問題なのか?分からないかもしれないですね。

    例の「珊瑚KY事件」も南方でチョウニチ新聞が起こした事。
    基本的に社の風紀がそういうモノなのではないのか?と思います。

    南日本新聞という報道社は現地の地方紙だろうと思いますが、そこの記者は配属地域がどの範囲まで広がっているのでしょうね。
    地域に根差した報道社であれば、記者の行為はそのまま職を賭した行動になって、非常に愚かなことだったと思います。もう遅いけど。

    チョウニチはその点全国区ですから一地域で粗相があっても、社内の処分が緩ければ時間と共になし崩しにも出来る、と思ってはいないだろうか?
    あの社なら、善悪の区別がつかなくても不思議じゃない…気が致します。反省?表向きはともかく、無いでしょうね。

    • 2020/06/29 (Mon) 00:50
    • REPLY

    弓取り

    記者という名のチンピラ

    仄聞した内部事情です。
    記者は取材にわざわざ行って、聞いたまんまを記事にしたって面白くもなんともないだろが!と怒鳴られて、鉛筆舐めて面白い記事にするんだ、わかったかと命令されるのだとか。
    取材を受けた人物が、重要な部分がカットされたり、発言内容を改竄されて意図とまったく反対になっていたりは当たり前。
    そんなものをクオリティペーパーとか崇めて、お金を払ってきた日本の購読者諸氏。
    あの新聞事業は副業で、不動産が金儲けの主軸になっている築地の大新聞の社長さんは通名のえらい人物だそうです。
    屋久島の告訴の事例などはさもありなんと思わせるに十分ですね。


    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。