fc2ブログ

    「国内感染者数」における日本国民の割合は56% ~ 「外国籍」が意味するものはなにか?

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     武漢ウイルスの発信源であり、初期の対応で情報を隠蔽し、世界にウイルスを拡散させた中共。いま現在は、宣伝工作としてウイルスの鎮静化を喧伝し、自作自演「国際社会の救世主」を装っているが、海外から漏れ伝わる情報は、決して中共に有利にはなっていない。

     BBCの報道によれば、欧州各国が支那製の武漢ウイルス流行対策用品を拒否しているという。オランダの保健省は28日、中華製のマスク60万枚をリコールした。同省によれば、中華製マスクはきちんと装着できず、フィルターも機能していないのだそうだ。スペインは数十万個の新型ウイルス検査キットを購入したが、数日後には、そのうち60万個近くで正確な検査ができないことが明らかになったという。トルコも、支那企業に注文した検査キットに欠陥があると発表した。チェコでも、中華製の武漢ウイルス検査キット1万5,000個のうち、約8割もに欠陥があった可能性が示唆されている。

     中共政府は「他国を救う気持ちは真摯なものだ」と泣きの見解を示し、「政治的に解釈しないよう望んでいる」と訳の分からないことを言っているが、マスクや検査キットの信頼性に科学的検証はあっても、政治的解釈などは成り立たない。自称「国際社会の救世主」は、救世主でも何でもなく、不良品を世界にばらまく厄介者なのだ。

     そんな中、Twitter経由で衝撃の事実が提起された。3月31日の22時に現在、日本国内の感染者数は1,953例。そのうち、「日本国籍の者」は1,099例であり、全体に占める割合は56%に過ぎない。要するに、「国内感染者数」というのが言葉のマジックで、その感染者のうち「日本国籍の者」は約半数を超えた程度で、多くは外国籍の感染者だというのである。


     言うまでも無く、日本はこれまで、支那、南鮮をはじめ、世界各国からの入国に制限を設けている。ここしばらくは、他国からの入国者はごくまれで、日本への渡航者で新規に感染が確認されたという例は、当然ながら希少だ。とすれば、このグラフの「外国籍」(緑色)が示すのは、多くが在日外国人ということになる。比較して、日本国籍の人の感染者数はそれほど増えておらず、端的に言えば横這いだ。

     排外主義的な主張をするつもりはないが、厚労省はこの外国籍の内容を国民に開示すべきである。民主党政権がぶち上げた医療ツーリズムは、海外からの渡航者が日本の保険システムを悪用し、「日本の保険制度のフリーライド」を助長したことを指摘されている。海外の渡航者に入国制限をかけ、新規の渡航者がいない中での「外国籍」の感染例が異常に多い実態は、その裏に何らかのからくりがあると邪推せざるを得ない。

     日本の保険制度と医療システムが、この危機の中で外国籍の人々に多く利用されることで、日本国民が割を食うのは本末転倒だ。厚労省は国民に詳細なデータを開示する義務がある。日本国民のために構築された福祉が、外国人に食い物にされる実態があるとすれば、システムそのものを変えるべきときではないか。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    ツクノ

    日本国内の感染者、その半数近くが外国人、日本人は横ばいのようですね。

    日本も感染症への対応は大変ですが、世界はもっと凄惨です。何かできることがあるなら、今、使用していない人工呼吸機やアビガンなどの医薬品を、支援することかもしれません。むろん自国の分はある程度確保しつつ、優先する形になりますが、欧米に連帯を示してはどうかと。

    クルーズ船もそうでしたが、外国人の治療は人道支援ではないかと。日本は自国のことばかりだという世界の批判がなされても、外国人の治療を自国並みの人数していると、返すこともできます。

    保険診療は、外国人に感謝される面もあり、悩ましいところですが、志村さんのように、自宅待機から急変するかたも、高齢者に多いようなので、ベッドの優先として、トリアージ基準は見直しも必要かもしれませんね。

    とらこ

    日本在住シナ人はイタリア在住の二倍(80万人)と言われますが、現在の処幸いにも日本の抑制はギリギリ頑張ってイタリアの様にはなって居ません。
    3月5日にシナ・南鮮の発行済みを含めたヴィザは停止していますから、旅行者というのも「?」です。

    在日外国人が日本で真っ当な仕事についていれば日本国内の健康保険に加入しているでしょうから、その4割の全てが日本国民の税金で賄っている訳でもないのでは?と思います。
    問題は、「旅行」扱いの日本医療喰いがどれだけか?だと思います。
    厚労省の発表は、その辺を明らかにするべきではないでしょうか。

    民主党政権が犯した外国人の日本医療タダ乗り策は、今もそのまま続いていてはいないのではなかったか?多少なりとも是正方向になっていると思いましたが、違ったかな?


    人工呼吸器は、それを扱いなれていない所員だったり、常時監視出来る体制の人数がなくては患者の容態に適切に対処できないものだそうで、仮に武漢ウィルスは解決できたとしても脳に異常を来すなどの怖れがあるのだとか。
    日本でも今後の数は到底足りない見込みなので、政府は急遽メーカーに増産要請したそうですが、医療従事者の不足は直ぐには補えないのでは?と危惧いたします。

    日頃余分とされて予算的に排除されていても、こういう事態がいつ起きるかは分からないけれど常に考慮の内に置いておかないといけないのだ、とつくづく思いました。

    • 2020/04/01 (Wed) 17:48
    • REPLY

    HAKASE(jnkt32)

    鳩山由「無責任」内閣の悪夢

    2020=令和 2年 4月も、宜しくお願い致します。

    貴記事のグラフは拙者も拝見しましたが、確かに厚労省は、外国籍勢力の感染
    が増えている事についての説明責任があると心得ます。それがなければ我々は
    得心とは参らないでしょう。

    旧民主党政権・鳩山由内閣が起こした医療ツーリズム構想は、拙者は初めから
    疑問がありました。あの頃から我国内は医師不足が深刻化しており、その現実
    に目を瞑ったまま 日本人よりは外国人に向いたこの様な杜撰な策を執ろうと
    していたとしか思えません。

    ホント、もしもの場合にきちんと日本人患者をフォローできるのかと不安が過
    りました。もしもあの政権が続いていたら、既に医療崩壊が起きていただろう事は明らかです。

    • 2020/04/01 (Wed) 22:21
    • REPLY

    とくちゃん

    医療ツーリズムは、国民健康保険に入れません。

    >民主党政権がぶち上げた医療ツーリズムは、海外からの渡航者が日本の保険システムを悪用し、「日本の保険制度のフリーライド」を助長したことを指摘されている。

    これは、全くの誤解です!
    医療ツーリズムは、国民健康保険に加入できません。
    なので、医療ツーリズムで「日本の保険システムを悪用」することは、できません。
    そして、医療ツーリズムは全額自費のため主に富裕層が対象で、預金残高の証明などの必要があります。

    また、医療ツーリズムを拡大して、中国人の医療ツーリズム滞在者を増やしたのは安倍内閣です。

    とらこ

    民主党政権は医療滞在ヴィザの解禁をしましたが、その時点では今の様に世界一般の「メディカルツーリズム」体制を殆ど整えないもので、政権がどういう構想でその政策を採ったのか不明ですが、実際には診療費踏み倒し続々の近隣国民の訪日に繋がったと記憶いたします。
    医療滞在にはヴィザ解禁の他に、6か月滞在可能でしかも3年以内なら何度でもどうぞ、というモノでした。

    現在の日本政府が敷いているメディカルツーリズムは、観光を兼ねた高額旅行者が使えるモノで、そのための国際社会の格付け機構認証の医療機関に限られているそうですから、支払踏み倒しは不可能だそうです。

    管理人様の主旨は、日本国民の保険体制が外国籍者に踏み倒しされたままではイカンだろ、という事ではないでしょうか。

    高額支払をする医療観光客が日本でも増えているのは、その認証制度に適う医療機関が増加した結果でしょうね。
    医療を金儲けの手段にする政府であって良いのか?という気持ちは私的にありますが、日本だけの事でもない訳で、どう捉えるべきか?割り切るべきか?

    • 2020/04/02 (Thu) 18:12
    • REPLY

    とくちゃん

    「医療滞在ヴィザ」の審査等は、民主党政権と安倍政権とで、変わっていません。

    とらこさん

    医療滞在ビザは民主党政権の時から、「観光を兼ねた高額旅行者が使えるモノ」でしたよ!
    医療滞在ビザを申請するためには、民主党政権の時から身元保証や銀行残高証明などが必要でした。
    そのため、医療ツーリズムでの「支払踏み倒し」は、始めからできにくい仕組みになっていたと思います。

    また、医療ツーリズムでは国保に加入できず、当然国保の悪用もできません。
    つまり、管理人が医療ツーリズムで「日本の保険システムを悪用」と書いていることは、完全に間違いです。

    とらこ

    とくちゃん様

    好意的にみれば「医療ツーリズムは」民主党が09年の政権奪取直ぐに打ち出した「成長戦力」の一つではあったのでしょうが、2011年に医療ヴィザ解禁した時の国内医療体制の、国際的に通用する医療機関は、たしか一件(二件?)だけという不備なものではなかったでしょうか。

    これを仮に自民党政権がして居たら、多分当時のメディアも民主党も総がかりで「何故一件(二件?)しかない認証機関で外国客を呼び込むんだ!?」ぐらいの喧々囂々非難轟々はあったであろうと想像できます。

    現在の様に少なくとも二桁の認証医療機関があるのであれば正式に「メディカルツールズム」と言えるでしょうが、当初のその形態の中身は単に「外国人でも日本の医療が受けられる」だけで、その一件に予約できる正式な観光客は当然少ない筈です。
    その意味では管理人様の仰る「医療ツーリズム」という名称は、正確には民主党政権では使えないもの、と言っては過ぎましょうか?

    鳩山政権の目標は国際医療国家並みを想定していたのかも知れませんが、問題は実態だと思います。
    実際に幾つもの病院が踏み倒されて、このままでは日本の医療が崩壊になりかねない、と医療従事者が証言するニュースをご存じでは無かったですか?

    民主党の思いは貴方様の仰るモノだったとしても、はっきり言えば「言うだけ政権」でしたから、思いと実情は乖離していたのではないでしょうか。

    • 2020/04/03 (Fri) 01:31
    • REPLY

    ツクノ

    とくちゃんさん
    >医療ツーリズムは、国民健康保険に加入できません。
    なので、医療ツーリズムで「日本の保険システムを悪用」することは、できません。

    ○そのとおりなのですが、論点はそこではなく、
    「日本の保険診療を、外国人(中国人など)が悪用している」、
    ということではないかと。

    《そもそも医療目的(医療滞在ビザ)で日本を訪れた外国人は、国保に入ることができない。》
    《深刻なのは、医療目的を隠して来日し、国保に加入して不当に安く治療する「招かれざる客」たちだ。》
    《国保の場合、住民登録をして保険料を支払えば、国籍は関係なく、だれでも健康保険証をもらえます。そうすると保険証をもらったその日から保険が使えるわけです。》(参考、『週刊現代』)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55674

    《中国人が日本の医療にタダ乗り!高額のがん治療で》(参考、ダイヤモンドオンライン)
    https://diamond.jp/articles/-/129137

    ○上のリンク先のサイト(週刊現代、週刊ダイヤモンド)を見ていただければわかるように、保険料をほとんど払わずに高額医療を日本で受診する外国人(中国人など)が、問題となっているようです。

    ○とくちゃんさんは、安倍内閣に批判的ですが、私は仕事人内閣だと思います。今は、新型コロナウイルス対策で大変な時期にありますが、安倍内閣でなければ、すでに医療崩壊、国内の死者も多数でていたことでしょう。

    ○アビガンについては、海外から試してみようという動きもありますが、日本国から輸出をするならば、もっと本格的に気配りをして、他の医薬品、ナファモスタットや去痰薬、医療用マスクN95、防護服、検温計、人工呼吸器なども、出来うる限り揃えて、セットで輸出したほうが良いと思います。

    ○今、日本国は、外国よりも緊迫した状況にない。非常事態宣言も出ていない。医療崩壊もしていない。それでも、医療現場に余裕はない。今は、少しの猶予、時間を稼いでいるに過ぎないのかもしれない。

    ○だからこそ、この時間を活用すべきであり、この時期にこそ、困難にある国々をなんとか援助すべきではないかと思います。たとえば、使っていない人工心肺を海外へと送り、国内で製造した人工心肺の不足する分、製造して補充する形で運用してはどうだろうか。外国人への支援は、クルーズ船で実践済みではないかと思いますので、必要な物資の援助を、欧米中心に、自衛隊機などを飛ばして行ってはどうだろうか。

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。