fc2ブログ

    捏造を認めず、嘘を既成事実化しようとする南鮮に必要なのは制裁だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     最近ではほとんど使われない言葉のなかに「選良」がある。「すぐれた人物を選び出すこと。また、その選ばれた人」という意味で、主に国会議員を指すが、メディアが、特に与党の政治家叩きばかりやっているこの世の中では、死語化するのは当然と言えば当然だろう。また、国家の破壊が目的なのではないかと疑わせる特定野党の連中を見るにつけ、間違っても使いたくない言葉になりつつあるのも確かだ。

     同時に、この言葉がまったく適用されない国がお隣に存在する。南朝鮮の場合、選挙によって選出された議員が、正々堂々と嘘をつき、その嘘を指摘されても開き直って、自らの瑕疵を絶対に認めないのだ。過去の歴史において、このメカニズムは幾度となく繰り返されてきたが、またひとつ、その凡例に加えるべき言説が、彼の国で展開されている。

    南鮮与党の捏造放射能地図


     この地図は、昨年9月、南鮮与党の「共に民主党」の日本経済侵略対策特別委員会が公開した、福島第一原発事故による「日本放射能汚染地図」と銘打ったものだ。「宮城スタジアム」、「福島県営あづま球場」、「埼玉スタジアム2002」など、東京オリンピックの競技会場5つが放射能の汚染同心円に含まれているというものだ。そもそも、放射能性物質の飛散を表すのに同心円が無意味であることは、旧民主党政権が証明しているのだが、そんなこともどうでもいいらしい。

     データを悪用された「みんなのデータサイト」共同代表の阿部浩美氏は、憤りを隠さない。

    「事前に、共に民主党からデータを使用するという連絡が何もなかったので、朝鮮日報の報道で初めて知ったのですが、ホットスポットでないとありえないような高い数値が出ていて驚きました。
     各競技場の位置に該当する測定地点があるのは福島あづま球場くらいですが、1平方メートル当たり205万7800ベクレルというとんでもない数値が出ている。原発事故直後の2011年のデータでもこんな数値はありません。


     地図を制作した南鮮与党は、日本の市民団体「みんなのデータサイト」(福島市)のデータを元にしたと主張するが、同団体が「合致する数値を見つけることはできなかった」と発表。与党に事実確認を求める申し入れ書を提出しているが、それにも無視を貫く。FNNが取材したところ、昨年9月に地図を公開した時点では「みんなのデータサイト」以外の引用元の言及はなかったにもかかわらず、「みんなのデータサイトだけでなく、色々なデータを引用して組み合わせたら、あのような地図になった」と主張したのだという。客観的な検証によって捏造が発覚しても、「嘘は貫き通すことで真実になる」という彼等にとっての法則は、南鮮民族のDNAに刻み込まれているのだ。

     この地図を公開したのは、南鮮共に民主党の崔宰誠(チェ・ジェソン)だが、崔は「日本経済侵略対策特別委員会」なる組織の委員長を務める人物だ。日本による南鮮への輸出管理強化を受け、「経済侵略」、「(日本は)経済戦犯国」との言葉を何度も口にして日本を非難し、「日本の措置への国際世論の反発が広まれば、東京五輪にも影響が及ぶ。日本に五輪を開催する資格はない」とまで言い切った。南鮮側の瑕疵が原因となった輸出管理強化の責任を日本に転嫁し、報復として東京五輪を妨害する意図がミエミエなのだ。

     この地図が公開された際、菅官房長官は「従来から我が国に対するいわれのない風評被害を助長するような動きについては、懸念を持って注視している」と不快感を示した。しかし、不快感で終わらせるにはあまりに酷い捏造による誹謗中傷であり、彼らがこの地図を使って、国際社会にプロパガンダを拡散しようとするなら、日本政府は南鮮に対して制裁を含む強い態度で対応すべきだ。

     安倍総理は、今国会の施政方針演説で、南鮮を「元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と表現した。が、「元来」を挿入することで、現時点ではそうなっていないことを示唆したのだろうが、南朝鮮という国は「元来、反日国」であって、価値観も利益も共有する相手ではない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    ツクノ

    ○昨日、夜のテレビで長渕剛さんの特集をしていましたが、東日本大震災からの復興のために、アーティストとして人々を激励、自分のできることをする姿には、心打たれるものがありました。

    素浪人

    反日国?

    いやいや。反日国は特亜三国以外にも欧州の支那たるフランスとかドイツとかレバノンとかも世界に普通に存在しますよ。南半島土人に対しては『唯の敵国』という呼称の方が何億倍も優先されるべきと考えますが?

    また、支那狂匪も半島土人も、我が国にとっての敵国のみならず、全人類(特亜除く)の敵国であり、将来的に全人類が連中の絶○(長期的○滅誘導計画)を考えねばならない問題です。

    おまけ:出て来る敵兵皆々殺せブチ殺せ屍踏み越え皆々殺せ(戦後ニフォン人が忘れた国防突撃精神)

    名無し

    連中への教育方法は、再起不能なダメージを与えることだけ

    安倍総理か麻生財務大臣が「ウォンは信用ならん」といえばそれで話は終わる。
    ウォンの価値は、一応日本円と交換できるという1点に尽きる。
    あるいは、金融庁通達の類で大々的に宣言すればいい。
    「ウォンは日本円と交換しない・させない・認めない」
    国内マスゴミを道連れに韓国は即死します。
    国民生活に最低限必要な資源食料その他を輸入できなくなるので。

    • 2020/01/25 (Sat) 20:50
    • REPLY

    (名前空欄)

    報復として選手含めてチョン学校の生徒や在日共の殺傷を行うだけ。

    • 2020/01/26 (Sun) 01:03
    • REPLY

    とらこ

    如何に敵国行為にであっても、人様のブログに「殺せ」「殺傷」などと書き込む品性と人間性を疑います。

    こちらに普通に集う私たちは人殺しではありません!

    • 2020/01/26 (Sun) 01:35
    • REPLY

    とらこ

    来なくて正解

    本文を読むほどに、日本の絵本「花咲爺」を思い浮かびました。

    山で痩せ細った犬に出逢い、飼った「しろ」のおかげでお宝に恵まれたお爺さん夫婦と、それを妬む隣の欲深夫婦のお話は、余りに甘い正直者と邪悪以外の心を持たない者達の、どっちもいい加減にしろよ!と云いたくなる(私的に)モノですが、まるで日本とドコゾの関係を描いているかの様。
    結果、欲深爺は御殿様を怒らせてきつく罰せられました。めでたし。

    隣国日本の事には気になって仕方がない。その「気になり方」もとんでもなく悪意に満ちたモノで、妬み謗りが常時自家中毒を起こして、行き着く処は妄想を基にした捏造物語。
    自作の嘘を広めてその嘘を信じてしまうのですから、頭が変!としか思えません。

    その「放射能地図」に、我が国で一番先に怒り猛烈抗議するべきは、時の民主党菅内閣の主要メンバーである筈ですが、アレラどうだろね?
    当時、30分毎に「記者会見」して「直ちに問題は無い」と繰り返していた官房長官が居りました。
    彼らは引退してはいませんで、唯今「立憲民主党」の党首とその名誉ナンタラに就いている「公職者」です。
    何故黙っているのだ?
    造花の如きサクラに狂うあまり、自分達こそがするべき「仕事」を忘れたか?仕事を忘れた公職者は退けるが良い。


    「元来」半島は日本と価値観など共通する感覚をどうやっても持てないクニです。
    戦場に出たらどんな立場でも日本兵士は懸命にたたかうでしょうが、口だけクニの兵士は逃げる事を考えそう。
    白村江の戦い然り、元寇然り、日本や元を頼り戦いに巻き込みながら、元々の原因である半島はまともに正面で戦った事が無い。
    何時の間にか傍観者の位置に逃げて、頼られた者達同士を戦う羽目に落とす、根本的に卑怯極まりない習癖のクニだと思います。
    先の大戦で、日本軍が大勢志願する彼らを少数厳選し、或いは兵士では無く軍属で起用したのは、過去から学んだ「不信」があったからではないか?と推測致しております。
    私達も、学びましょう。

    現在、南鮮の経済事情が落ち込む一方だそうで、国を捨てて移住する民が増えているとか。そういう時には今までの悪口を掌返して「日本を好きです」と擦り寄るのが得意で、恥もない。要するに、どんな南鮮人も大抵は、日本は「利用するべき隣国」なんだろうと用心したいです。


    障害者を邪魔者扱いするので有名な南鮮が、無理にパラリンピックに参加する必要はないでしょうし、科学的検証を参考にする気にもならない妄想専科の南鮮が、日本開催の五輪に参加する「義務」もありません。
    南鮮人が言う、日本の「放射能」は「南鮮忌避専門バリア」と心得て、賢明に訪日断念してください。








    • 2020/01/26 (Sun) 02:57
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。