fc2ブログ

    蓮舫の「だから?」という反応の方が問題だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     麻生副総理兼財務相は、歯に衣着せぬ奔放な発言で知られる。福岡県直方市で開かれた成人式の祝辞で、麻生大臣はお馴染みの口調でこう述べた。

    麻生太郎副総理「パクられたら名前出る。それが二十歳」 (朝日)

    麻生太郎副総理兼財務相(発言録)
     二十歳を境に何が違うのか。飯が食える、たばこが吸える、酒が飲めるとかなんてどうでもいい。

     それより、皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃ済まねえぞ。間違いなく。姓名がきちっと出て「20歳」と書かれる。それだけはぜひ頭に入れて、自分の行動にそれだけ責任が伴うということを、嫌でも世間から知らしめられることになる。それが二十歳だ。(12日、福岡県直方市での成人式来賓あいさつで)


     これに脊髄反射したのが、日本人であることも怪しい蓮舫だ。この発言を受け、精一杯の不快感をツイッターで呟いた。


     麻生氏は何も間違ったことは言っていない。十代と二十歳の違いを説明する上で、二十歳の成人はより重い責任を、自らの行動に伴って負うことを、具体的に説明しただけだ。「政治家のイメージを破壊する」などということばは蓮舫が言ってはならない。嘘に嘘を重ねて詐欺的手法で政権を獲り、何もできなかった民主党政権ほど、政治家のイメージを著しく毀損した者はいない。同時に、国籍を有耶無耶にしたまま逃亡している蓮舫が政治家のイメージを改善したいのであれば、自らの国籍問題について包み隠さず説明すべきだ。

     さて、麻生氏は話題豊富な人で、翌13日の発言も朝日や蓮舫のような議員に問題視されている。

    麻生太郎氏「日本は2千年、一つの民族」政府方針と矛盾(朝日)

     麻生氏は13日の国政報告会の中で、昨年のラグビーワールドカップ(W杯)の日本代表チームの活躍に触れ、「いろんな国が交じって結果的にワンチームで日本がまとまった」などと指摘。その上で「2千年の長きにわたって一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝が続いている国はここしかない。よい国だ」と述べた。

     麻生氏は同日、同県飯塚市での国政報告会でも「2千年にわたって同じ民族が、同じ言語で、一つの王朝を保ち続けている国など世界に日本しかない」と発言した。政府は昨年9月には、アイヌ施策推進法に基づき、アイヌの人々の差別解消に向けた取り組みや支援の実施を盛り込んだ基本方針も閣議決定している。


     この発言に対しても、蓮舫は強く反応した。


     蓮舫は「2千年にわたって同じ民族が、同じ言語で、同じ一つの王朝を保ち続けている国など世界中に日本しかない」という価値観を共有しないどころか、「だから?」レベルなのだそうだ。「二千年続く王朝をいただく、世界に類を見ない国」という価値観を日本から取り去ってしまえば、日本は日本でなくなる。経済的には大国だが、そんな日本は特別な存在ではない。日本を特別な存在にしているのが皇室という王朝で、それを意識から取り除いてしまえば、“日本らしきもの”が残るだけだ。まず、蓮舫のこの意識に唖然とする。

    麻生副総理


     蓮舫は「多様性を認めあい、お互いの違いを認識し支え合う社会を」というが、麻生氏の発言が多様性を否定いるなどというのであれば、それは拡大解釈だろう。他方、日本が大和民族によって単一王朝を維持してきたのは歴史的事実だ。朝日新聞はアイヌの存在をことさら強調するが、これは、過去に麻生氏のほか、故中曽根総理、平沼赳夫氏、伊吹文明史、中山成彬氏などが同類の発言をした際、アイヌからお約束のように抗議されたことを計算に入れたものだろう。アイヌに対して、「今回の発言に対しても騒げ!」と扇動しているようにも映る。

     批判を受けた麻生氏は、「誤解が生じるならおわびの上、訂正する」とした。揚げ足を取られるような発言であったことは確かだ。しかし、大和民族が国家、制度、皇室を長きに渡って守り、継続してきたこと、そして、その歴史を紡いできた先人を努力と苦労に対して「だから?」という感想しか持たない者が、政治家として国会に籍を置くことのほうが問題ではないか。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    19 Comments

    (名前空欄)

    だから?

    だから?

    こう書くだけで、こいつは俺とDNAが違うと直感する。

    ST

    蓮舫の言う『政治家のイメージ』って何なんでしょうかね?
    麻生副首相は独特のべらんめぇ調ですが、十代と二十歳の違いに関しては間違ったことは言ってませんよ。
    『単一民族』に関してはちょっと脇の甘い感もありますね『ほぼ、単一民族』とでも言っておけば良かったのかな。
    蓮舫の考える政治家のイメージは、『多様性』だの『人権』だのと言った、一見耳触りの良い言葉に売国の真意を隠して国民を騙そうとする、形を変えた活動家のイメージなんでしょう、おそらく。

    二重国籍問題こそ『だから?』では済みませんよ。

    • 2020/01/15 (Wed) 08:57
    • REPLY

    yasu

    偽善てんこ盛りのR4

    >多様性を認めあい、お互いの違いを認識し支え合う社会を

    多様性があ、違いがあるのは誰でも知ってる。
    だが、支那ゴキの側には「支え合う」という認識がないから
    こちらも支えたくないだけだ。
    嘘吐きカマキリ女村田R4の偽善てんこ盛りの言説には反吐が出るwww

    • 2020/01/15 (Wed) 09:10
    • REPLY

    tbsasahinhk

    政治家の面汚しが一端の口をきくでない!

     蓮舫の吐く”だから?”に、こちらから”だから?”を言い換えすといい。
     こういう政治家以前の外国人勘違いオンナが日本の国会議員として名を連ねていることの方が、”政治家云々”より、どれほど日本の国会議員の質を貶めているかがわからないのは、蓮舫自身が似非日本人たる所以だろう。

    敷島やまと

    パブロフの犬状態

    多民族政党ならではのいつものパブロフの犬。
    てめえの二重国籍問題はどうしたよ?

    たしかに彼ら国籍こそ日本でも、
    民族の出自については口をつぐんでいる議員が多い。

    きちんと申告しているのは白眞勲参院議員ぐらいでは?
    彼が出自を明らかにして外国人参政権を叫ぶのはわかるけど、
    民族の出自を明らかにせず、日本民族みたいな顔してしれっと
    外国人参政権を主張されるとイラっとする。

    麻生さんも揚げ足取られるのはわかりきっているのだから、
    もう少し言葉に気を付けるべきでしたね。



    • 2020/01/15 (Wed) 11:23
    • REPLY

    とらこ

    何が「だから?」だ?

    成人式の会場で暴れて逮捕されその名前が堂々と発表されたおバカが今年も各地に何人か居りました。現実です。
    成人とはもう子供じゃないのだ、その行動言動に責任が伴うのだよという事を、成人の日を迎えた若者達に分かり易く説いた麻生大臣の言葉は、むしろ定型式の無難な御挨拶より若者に届いたのではないか、と思います。

    負うべき責任を未だ果たしていない多重国籍疑惑者が、何を言っても返される「貴女こそ」のR4には、麻生大臣の分かり易い筈の言葉も理解出来ないでしょう。何歳でしたかねw

    また、麻生大臣は日本民族は「単一民族」だとは仰っていません。「万世一系の王朝を敬い、一つの言葉を使う、一つの民族」=大和民族の存在を仰ったのだと思います。

    日本列島に現在住む私達は「大和民族」と総括りで互いに認識しておりますが、北海道の一部に居住するアイヌさんたちは「大和民族」ではない事を主張しているのでしょう。
    彼らを麻生大臣の言は差別している訳でもなく無視している訳でもないと思います。
    「大和民族」が日本列島の歴史を形成してきた事実の大切さを仰ったのだと私は受け取りました。
    その外(ほか)にアイヌ民族が居ても、一つになっている大和民族の存在を語る事に何の問題があるのか?

    そこに、「多様性」だの「お互いの違いを認める」だの何の関係があるのでしょ?R4の発信は麻生大臣を批判したいがための無理矢理な文句付けの様にしか感じません。
    1つの王朝=皇室を戴いてきた日本と、R4のご先祖様が大陸からの台湾居住者か台湾発祥の御家なのかは存じませんがどちらにしても、易姓改革で王家が変わる土地や王朝を持たない民族さん方にとって、むしろ日本の歴史は「多様性の違い」であるのではないかしら?

    • 2020/01/15 (Wed) 18:53
    • REPLY

    (名前空欄)

    多様性はまず自らは何者なのか知ることから始まる。
    蓮舫などという何人かもわからぬ者に多様性などと宣う資格はない。
    多様性を謳うのならばまずは自らの国籍をハッキリさせてからにしてほしい。

    • 2020/01/15 (Wed) 19:20
    • REPLY

    sana

    三島由紀夫の言

    三島由紀夫が何と言っていたか。


    今かなり、その予言通りの日本になっています。
    蓮舫みたいなのに、帰化を許可するからです。
    しかも国会議員にまでして、日本人はバカですか。

    • 2020/01/15 (Wed) 20:03
    • REPLY

    みこと

    麻生さんの発言の全文を読んだら、結局またメディアが批判するために切り取って印象操作をしたことが判明。

    そして、切り取った印象操作の部分だけを見て、もっともらしく批判するR4。
    こいつはほんとにカスです。

    • 2020/01/15 (Wed) 21:04
    • REPLY

    匿名で申し訳ありません

    朝鮮系と創価系に逮捕有罪を

    朝鮮系と創価会員を、警察・司法、政治から、本気で追放しなければ、
    日本の正常化が始まらなと断言できる。
    やり方は人により様々だと思いますが、
    まずは、ここからだと強く感じます。
    警察・司法、政治に不正があると、逮捕有罪ができないからである。

    例えば、朝鮮系の警官は、同じ朝鮮系を不正に不逮捕釈放してしまったり、
    また、
    起訴されても検察官・裁判官・弁護士が不正に無罪にしてしまう事もある。
    さらに、同じ朝鮮系犯人の過去の犯罪前歴を、
    不正に記録から消してしまう刑事までいたようです。

    警察、検察官、裁判官、弁護士、マスメディア、犯人に、
    不正があった場合、実名を挙げて世論にしなければならない。
    逆に、
    日本人が、追い詰められたり、罠に嵌められたりして、
    もし法律に触れてしまったら、不当な扱いもありうるだろう。

    日本人ならば、社会生活を送るにあたって、絶対に避けられないのです。

    • 2020/01/16 (Thu) 00:59
    • REPLY

    西

    地方自治の観点から考えなければ理解できない

    最近ではアイヌは遺伝的には本土人と同じという結果が出ていますからね。これは、琉球も同じです。

    所謂アイヌは別民族説というのは的外れで、身内問題に過ぎないというわけですね。

    アイヌや琉球は単に中央や藩への帰属意識が弱かっただけに過ぎません。このような現象は歴史的にはどこでもあったわけで、そもそも各藩による地方自治の意識が強かった江戸時代までは普通のことでした。農民も必ずしも藩閥政治に従っていたわけではないですし、農民の自治意識が戦国時代はかなり強かったですからね。

    正直、アイヌは別民族というのはどういう根拠なのだろうか、と思っていますね。部族という表現ならば正しいと思いますけど、地方自治の観点から考えなければ、筋違いの問題が発生することになりかねないと思うのですが、どうなのでしょうか。

    • 2020/01/16 (Thu) 02:06
    • REPLY

    とらこ

    蝦夷の民もいろいろじゃないかな?

    一応有名なのは1669年のアイヌ族長シャクシャインが松前藩と戦った件がありますから、松前藩が函館中心地に藩政を敷いた時以前から「本土人」とアイヌ族との関わりがあるのだろうと思います。

    東北では今の岩手県南部になるのか、坂上田村麻呂と戦って降伏した阿弖流為(あてるい)等の乱が802年の事です。中央政権軍が北上して幾度かの小さな戦いがあって各部族が大和政権に従って融和して居るのが日本民族の歴史だと思います。
    例えば、大和では物部氏が曽我氏等と戦い敗けて各地に散った物部部族という事もありますので、戦った相手だから民族が違うという訳では無く、政権のありようと各部族集団のクニやムラが違って居ただけではないでしょうかね?

    北海道は海で隔てられていますが、漁民が漂流してロシア領まで行った例を見ますと、江戸期まで大和民族が渡航していなかったとは思えません。
    民俗学ではアイヌ族と琉球の風習に非常に似た物があると学びました。海流の運ぶものは結構重要だと思います。
    樺太を日本人が巡視に出かけたのが一応1801年(もっと前にも居たと思われますが)。

    北海道各地に住む非幕藩体制下の人達が全て「アイヌ族」かどうかは分かりませんが、その中には不戦で交易を進めた部族もあってその内に大和民族の中に融和されてもいる様です。
    実際松前藩に仕えたり交際した蝦夷の民もいて、松前の家老・蠣崎波響さんがアイヌ族長を描いた絵は今北海道の何処かに保管展示されている筈です。
    敵対ばかりしている訳ではなさそう。

    それでも現在「私たちはアイヌで日本人とは違う先住民だ」と主張する人にはご自分達で納得するまで「先住民」で良いのではないでしょうか?
    ただし、そこに大いに関わる人の中に何故か北朝鮮の思想大事の人が居るという報告には十分に気を付けて居なければ危険ですが。

    • 2020/01/16 (Thu) 03:23
    • REPLY

    日本にも愛国無罪を

    害虫が人間のマネをするのは滑稽を通り越して気持ち悪いですね。このシナチクゴキブリは早々に死んでほしいと思います

    • 2020/01/18 (Sat) 07:16
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさん
    >それでも現在「私たちはアイヌで日本人とは違う先住民だ」と主張する人にはご自分達で納得するまで「先住民」で良いのではないでしょうか?

    ○そうなると、国民年金とか国民健康保険あたりは、どうなるのでしょうか?そこは、先住民アイヌではなく日本人として受給となると、ある意味蓮舫さんのような重国籍?ということになるのかもしれませんね。

    ○さて、話は変わりますが、以前、とらこさんは、アニメのツルネを好きだというお話がありましたので、期間限定(1月24日12時まで)でユーチューブで無料公開されている「planetarian」を、個人的にオススメしたいと思います。

    プラネタリアン公式サイト
    http://planetarian-project.com/

    《配信版「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」YouTube期間限定全5話一挙無料配信決定!》
    https://key.visualarts.gr.jp/archives/2148

    とらこ

    ツクノ様
    「ツルネ」の情報有難うございました。


    アイヌ「民族」だと主張する方々も保険料や年金の規定金額を支払い続けて居たら当然受け取る事が出来るのではないですか?
    民族問題と福祉保健問題は別だと思います。

    • 2020/01/19 (Sun) 01:01
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさん
    >民族問題と福祉保健問題は別だと思います。

    ○そのとおりでした。失礼しました。先住民族の権利に関する国際連合宣言の第6条には、

    第6条 先住民であるすべての個人は、国籍に対する権利を有する。
    https://www.cais.hokudai.ac.jp/wp-content/uploads/2012/03/indigenous_people_rights.pdf

    …とありますので、アイヌ民族の日本国籍については、重国籍のような扱いにはならないようです。失礼しました。

    ○最近のニュースとしては、先住権による漁が問題となっており、
    《「先住権」アイヌが提訴へ サケ捕獲巡り浦幌協会》(東京新聞)
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011302000141.html

    さきほどの先住民族の権利に関する国際連合宣言の第26条3には、
    3.国は、これらの土地、領域及び資源に対して法的な承認及び保護を与えなければならない。この承認は、当該先住民族の慣習、伝統及び土地保有制度に対する十分な尊重をもって行わなければならない。

    …とありますので、アイヌ民族としてのサケ漁は、国の承認を要するのは明らかなことのようです。

    ○さきほどの東京新聞の記事にも、《サケ捕獲は水産資源保護法と北海道内水面漁業調整規則で禁じられているが、〇五年になって道は伝統的な儀式や漁法の伝承に限り、知事の許可を申請すれば捕獲できるよう規則を改正。》とありますので、日本の場合、北海道知事の許可申請なしに捕獲するのは、あきらかにルール違反、先住権の濫用ということになるのかもしれませんね。

    とらこ

    ツクノ様
    日本の中央政権が一国を形成してゆく過程では、列島全国の各地に西様が仰る「部族」が存在していた訳で、それらが容易く靡いたり小競り合いを繰り返しながら結果的に集合して「大和政権」になったのだろうと思います。

    それは例えば戦国時代を収束させながらの織豊時代とその末の徳川政権だったり、幕末の東西の戦いから明治政権に移行した形と、然程違わないのではないか、と私は推測して居ります。

    なので、先住民は日本列島何処にでも居た訳であって、北海道という海を隔てた故に中央政権の力の到達が正式には江戸期になってから、という時間が他の地域と比べて一見特殊な存在に思えているのかも知れません。と思うのです。
    それまでの生活に急激に変化を生じると、誰でも抵抗感は持ちますでしょ。納得するかどうかはご本人しか出来ないことですから、余所から無理強いしても無駄な騒動の元になるだけの様な気がします。

    北海道には江戸幕府が気がついたら既にロシア領土に住む人種が出入りして交易をしていたと箇所のあるそうですし、日本領民が海に出て漂流の末に流れ着いた場合もある、と想像できるが遠くの琉球に似た口のまわりの刺青や衣装の柄の共通性に観る点です。(今は刺青をすることは無い様ですが、半世紀以上前の映像で見たことがあります)。
    流れ着いたままで住み着けばそこに家庭も出来るでしょうしね。
    なにしろ文字を使用しない部族には「証書」になるモノがなく、口伝承自体がなかなか難しい事ですから、伝えられているものが確かなモノであれば、それから推測するしかないのでは?と思って居ります。

    鮭の漁法はアイヌさんたちの神様との関係で語られる様ですね。
    一度川に堰を築いてその漁業が妨げられた時に訴訟になった事があったと記憶しております。堰の一部を取り壊して解決したのではなかったでしょうか。
    和歌山のイルカ漁業が認められるのなら、それは当然ではないか?と私的な感想です。

    ともあれ、現在の「アイヌ」さんたちも子供の頃から学校に通い、収入があれば税金も支払って居るのでしょうから、日本に国籍を置くのは自然な事だと思います。


    「ツルネ」の情報のお返しではないですが、同じNHKで放映された「ピアノの森」というアニメもとっても美しい景色とピアノ曲が背景の、私的に「佳品」です。再放送されましたら絶賛お勧めです。
    原作は一色まことさんというコミックで出ておりますが、ショパンの曲が頻繁に聴けるのはやはり御本では適え得られません。

    現在楽しめるのは、テレビ東京の「織田シナモン信長」というアニメです。金曜日と土曜日の境目の深夜放送ですから録画で見ております。織田信長、伊達政宗、上杉謙信、武田信玄他武将たちが生まれ変わった犬のお話w 明智光秀さんはイケメン男性人間で、シナモン信長の飼い主は「おだいちこ」という”小娘”w。
    ただ笑って居られるだけの、たのしーお話です。

    • 2020/01/20 (Mon) 01:08
    • REPLY

    ツクノ

    とらこさん
    >なので、先住民は日本列島何処にでも居た訳であって、北海道という海を隔てた故に中央政権の力の到達が正式には江戸期になってから、という時間が他の地域と比べて一見特殊な存在に思えているのかも知れません。と思うのです。

    ○たしかに、先住民族の問題は、歴史的に正しいのは…、つまり、事実はこうだった…という話から、本当は始めなければならないのですが、今、国際的に少数民族の扱いは…という差別解消の話から、民族問題が扱われているので、いろいろと矛盾もあるのかもしれませんね。

    ○日本国におけるアイヌ民族の定義は、学問的にもいまだ定まらない中、アイヌ語は独自といわれているが、その語源の研究もいまだ途上ではないだろうか。たとえば、「アイヌ」も、『言海』では、「アイノ」とある。言葉を表記するにあたり、今はアイヌで統一しているが、昔はアイノのほうが語源の音に近いとしていたならば、ヌよりもノを用いたほうが正しい音、民族の名を表現すると考えることもできる。

    ○『後漢書』(巻八十五、東夷列傳)(参考、『倭国伝』全訳注 藤堂明保、竹田晃、影山輝國、講談社、2010年)によると、
    《倭在韓東南大海中、依山島爲居、凡百餘國。》
    とあるようです。おそらく、この百余国のうちのひとつ、もしくはいくつかに、アイヌ民族は住んでいた、ということになるのかもしれませんね。


    ○さて、アニメの話になりますが、「ピアノの森」と「織田シナモン信長」、おもしろそうですね。

    ○私の最近、よく聴くピアノ曲は、「Air」の「夏影」です。「Air」は、最近、中古のゲームで良かったと思ったKey作品で、アニメ化もされてます。
    https://www.tbs.co.jp/anime/air/index-j.html
    こちらのサイトには、京アニのスタッフの方々の働く様子や楽しいコメントもあり、偲ばれます。

    ○犬アニメは、「いとしのムーコ」を見たことがあります。ほのぼのとした雰囲気がいい感じのアニメでした。

    とらこ

    ツクノ様
    明治政府から昭和の中ごろまで?だったか、「アイヌ」さんを「土人」と明記した法だか公文書だかがあったのだそうで、確かに「差別された」と心の底まで染み通った感情は、彼らの中に未だに在るのだろうと、推測は出来ます。
    研究材料として、お骨になった方の頭蓋骨が何処だったかの大学に保管されていて、それが返却埋葬されたのがつい昨年でした。

    そういう近代の日本の在り方が、今の「アイヌ先住民差別」意識を持たせた事は疑えないと考えます。
    なので、彼らが納得するまで、と思う次第です。

    • 2020/01/20 (Mon) 18:02
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。