fc2ブログ

    「北海道・表現の自由と不自由展」の「ヘイトの自由」を許すな

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昨日21日、札幌市教育文化会館において「北海道・表現の自由と不自由展」なる展示会が開催された。

    北海道)北海道表現の自由と不自由展、札幌で開催 (朝日新聞)

     国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で一時中止になった企画展「表現の不自由展・その後」の問題を考えようと、道民有志らでつくる実行委員会が21日、「北海道・表現の自由と不自由展」を札幌市中央区の同市教育文化会館で開いた。1日限りの開催だが、約450人が訪れた。
     午前11時に開場。アイヌ民族の石井ポンペさん(74)が神に祈りを捧げる「カムイノミ」の儀式を行って展示は始まった。その後、劇団を主宰するチョキム・シガンさんによる一人芝居では、朝鮮から日本に連れられた女性が遊郭に売られて自殺するという物語が演じられた。観客は演技に見入っていた。
     約10の個人・団体が出展。場内では「あいちトリエンナーレ」で議論になった慰安婦を表現した「少女像」のミニチュア版や陶芸作品、札幌市で7月に安倍晋三首相の街頭演説中にヤジを飛ばした市民が警察官に排除されたときの映像、アイヌ民族の先住権などを訴える展示などがあった。


     このイベントは北海道・表現の自由と不自由展実行委員会が主催するものだが、その実行委員会がどのような人物で構成されているのかは明らかにされていない。実行委員会のTwitterを確認すると、「この展示会の主催は実行委員会ですが、各展示物については他団体や個人からの出品です」とある。主催者の正体を隠し、責任を分散させ、展示会が1日限りだということは、「やったもん勝ち」を狙っているのだろう。

     あいちトリエンナーレの例を挙げるまでもなく、問題はその展示物の内容だ。


     表現の自由はヘイトを容認するものではないというのが現代の常識だが、展示物は明らかにヘイトの部類に属するものだろう。あいちトリエンナーレでは、昭和天皇のご真影を焼き、灰になったそれを踏みつける動画が問題視されたが、何故問題視されたかは説明するまでもない。今回の展示会でも、愛子内親王殿下をはじめ、ケント・ギルバート氏のような保守系の言論人や、河村名古屋市長の写真まで焼かれている。小野寺まさる氏がTwitterに公開した映像は、更に衝撃的だ。


     先のTwitterの投稿者である本間奈々氏も、Facebookに動画をアップしている。これもまたおぞましい。

     案の定、この展示会の主催者は、展示会の「記録」を禁止した。チャンネル桜北海道」の取材班が撮影していたところ、スタッフに制止され、入り口付近で押し問答になったという。小野寺氏は「こういう考え方もあるのか、と記録に残したかった。表現の自由、不自由を問う展示会なのに、考え方が異なるからといって排除されるとは驚きで、納得できない」と話し、「ネットで展覧会の反対を叫んでいる人がメディアを名乗って撮影していたので、ご遠慮願いました」という事務局側のコメントを、朝日が紹介している。

    北海道 表現の自由・不自由展


     この展示会は、あいちトリエンナーレの問題を考えようという趣旨で企画されたもので、展示会そのものは芸術や表現の自由というテーマが軸になっているはずだ。しかし、こんなものは芸術ではなく、単なるヘイトだ。しかも、他人の顔写真などを焼くという行為そのものは侮辱であり、人権を侵害するもので、自由を逸脱する蛮行だ。

     あいちもこの北海道も、戦後サヨクの劣化を象徴するようなイベントである。札幌市は、このようなイベントに公共施設を貸し出したことについて、きっちり説明をすべきだろう。



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    ブログファン

    たちの悪い落書き

    商店街では、犯罪の温床になると言う観点から「落書き」を消したら、実際に犯罪の発生件数が減少し治安が改善された。

    こういう下品で詰まらないモノをかき集めて、芸術などと連中の都合のいい様に解釈していたら益々エスカレートし、恐ろしい犯罪へと繋がる。

    行政が中止出来ないのであれば、心ある者達がこうして事ある毎取り上げて、その都度批判し続け、秩序の乱れを指摘して行くしか無い。

    • 2019/12/22 (Sun) 11:37
    • REPLY

    西

    普通に名誉棄損罪でしょうね

    公人はともかく、私人であるケントギルバート氏の写真を燃やすなどの行為は、名誉棄損罪などで訴えることもできると思いますね。

    正直基地外染みて見たくもないですが、パヨクのやっていることが幼稚すぎて話にならないですね。

    • 2019/12/22 (Sun) 14:26
    • REPLY

    西

    ゴミ屋敷は芸術ではない

    「ゴミ屋敷」を「芸術」というのかどうか考えてみたほうがいいと思いますね。

    ゴミ屋敷の家主が「財産権」を主張しさえすれば、「行政」がゴミ屋敷を「撤去できない」となれば、ゴミ屋敷は一行に失くならないので、これはこれで大問題ですからね。

    この論理のおかしさを理解できないのであれば終わっていますからね。

    • 2019/12/22 (Sun) 14:30
    • REPLY

    みこと

    昨日(12/21)NHKのクロ現で「愛知トリエンナーレ」の抗議電話の凸電についてインタビューを受けた人が事実を曲げられて偏向報道されたと告発してます。
    面白いので是非読んでみてください。拡散希望です。
    時系列でNHKサイドのとやり取りも掲載されてます。

    NHKの偏向報道を被害者の私が語る
    https://fuwafuwamodern.hatenablog.com/entry/2019/12/21/214257

    これに関してNHKは様子見で、まだネットで広がっていないから、騒ぎは小さいとみているのか、だんまりを決め込んでいるようです。

    • 2019/12/22 (Sun) 18:53
    • REPLY

    ピー

    NHKも酷いものだ

    このようなNHKのやり様は、拡散するべきですね。
    はっきりとした証拠にもなるし、相手が子供だと見くびっているNHK報道部
    社会部記者、しかしこの青年は賢いですね、反省も含めて、警告と忠告もしている。NHKの汚染状態がこれではっきりと分かった。

    • 2019/12/22 (Sun) 20:11
    • REPLY

    とらこ

    そういう人にはなるまいゾ

    「アイヌの先住権を訴える」というのは、一体どういう事なのか?意味がわかりません。

    日本に住んではいけない、と言われている訳でもないでしょうし、この列島に先住していた各種族が時間をかけて「大和民族」として融和していった中で、未だに融和しようとしない例えばアイヌ族でも日本国民として、ああして北海道に住んでいる現状で、何が「先住権」を訴える必要があるのか?わたくし、分かりません。
    それとも、「日本国民」で居たくない、ということかしら?

    他との違いを強調しすぎて阿漕な自由だとか権利だけを欲求すると、日本人特有の、多分”美しさ”と言っても良さそうな面が見えない生物になってしまうのね、と今回感じました。

    • 2019/12/23 (Mon) 01:37
    • REPLY

    名無し

    菅官房長官、ケントギルバートさん、河村名古屋市長らの写真まで燃やして何が芸術?
    日本に対する政治的反日ヘイトでしか無い。

    • 2019/12/23 (Mon) 14:08
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。