fc2ブログ

    自称“憲法21条の守護者”大村、鑑賞者の自由を奪って「不自由展」再開のダブスタ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     愛知県の大村知事は、その展示物に起因する問題で開幕から3日で中止となった「表現の不自由展・その後」を、8日から再開すると宣言した。大村は、「こういう形で中止に追い込まれたものが、全面再開する例はないと聞いている」と自画自賛しているが、これが大村の終わりの始まりになる可能性もある。いずれにせよ、14日の芸術祭閉幕での諸問題の幕引がが不可能になる状況を、大村は自ら作ったことになる。

    大村


     不自由展の再開の要領が、その異常さを物語る。入場者は整理券による抽選方式で、1回の入場者は30人に絞られる。入場前には身分の確認があり、事前にキュレーターによる事前教育プログラムを受ける必要がある。いったん中に入れば、ガイドと言われる人の説教を聞きながらツアー形式での鑑賞が義務付けられ、金属探知機による身体検査も実施されるそうだ。

     それだけではない。閲覧者による動画撮影は禁止され、8日は、写真撮影を希望する人には、会場の職員が代わって撮影した写真を後日送り付けるという。しかも、9日以降は、SNSに掲載しないという旨の誓約書まで書かされる。要するに、「異論は許さん。観たけりゃ、黙って観て帰れ」ということなのだ。

     大村や自称芸術家たちは、国の補助金ストップを、やれ「検閲」だの、「憲法21条の違反」だのと批判した。しかし、SNS投稿の禁止という規則こそ、検閲に近いのではないか。検閲とは、「種々の形で行われる思想発表の内容・表現を、公の機関が強権的に取り調べること」を言うが、トリエンナーレ実行委が鑑賞者に課す義務は、作品を観た感想や意見を述べるなということだ。これこそ、憲法に定められた表現の自由を侵害するものではないか。大村は、このダブルスタンダードについて説明すべきだ。

     名古屋市の河村市長は、市が負担する開催費用の一部約3380万円について、期限の18日には支払わない考えを明らかにした。そして、不自由展再開に抗議し、会場の愛知芸術文化センター前や県庁前で座り込みを行った。

    河村名古屋市長


    大村は即座に反応した。


     論敵を中傷するときにパヨクが使う「右翼」と「ヘイト」が盛り込まれているあたり、大村も、アチラ側の代弁者としての立場を確立しつつあるようだ。しかし、私は河村市長の主張にシンパシーを感じるし、判断にも賛同する。大村は河村市長の行動を「常軌を逸している」と批判するが、常軌を逸しているのは不自由展の展示物であり、その展示物を「表現の自由」を盾に、多くの国民の感情も顧みずに展示し続ける大村のほうだ。昭和天皇のご真影をバーナーで燃やし、踏みつけるのは芸術でもなんでもなく、それこそ、国民の象徴を穢す日本人へのヘイトである。

     表現の不自由展にまつわる騒動は、いまや愛知県民の問題であると同時に、国民全体にかかわる問題となった。この展示に胸を張る大村秀章は、もう「国民の敵」と定義した方がよさそうだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    11 Comments

    ツクノ

    ○誓約書は、一線を越えた、権力の濫用ではないかと。

    yasu

    占領憲法第12条違反

    ぱよちん大村の判断は明らかな占領憲法第12条違反。
    再開の賛否の対立を煽るのは公共の福祉を無視する行為だ.
    民度の高い愛知県民の皆さん、知事リコールまだぁ?www

    • 2019/10/09 (Wed) 08:46
    • REPLY

    敷島やまと

    日本人ヘイトの自由展

    マスコミは事前検閲だの表現の自由への弾圧だの左翼のお題目を
    並べる一方で、この下劣な見世物の中身について全く論じない。
    これも報道しない自由?

    表現の自由という建前に隠れて堂々と行われる日本人ヘイト。
    憲法で日本国の象徴と規定される天皇を侮辱する。
    祖国のために愛する家族のために命を捧げた英霊を侮辱する。
    こんなフザケた展覧会を7,800万円もの国費を投じてやる。
    反日活動家の資金源になっているのでは?
    こんな税金の使い方が許されるはずがない。

    表現の自由というなら、いわゆる嫌韓本も表現の自由では?
    言論弾圧そのものじゃないの?
    日本人を貶め嫌がらせをする展覧会は表現の自由。
    韓国人に不都合な本を書いたらそれは民族差別。
    つまり表現の自由とは日本人ヘイトへの自由ってこと?

    まっとうな日本人なら反吐を催すこと請け合いの日本人ヘイト展。
    この展示会の狙いは日本人ヘイトの正当化に他ならない。
    下劣な展示の内容を広く国民に曝して、糾弾するべきです。


    • 2019/10/09 (Wed) 08:46
    • REPLY

    ST

    そもそも『表現の不自由展』などと銘打ったイベントができること自体、表現の自由が確保されてる証じゃないんですかね。

    抽選に当たって観覧した人が、TVインタビューに答えて「言われるような過激な展示じゃなかった」と話してましたが、わざわざ抽選に申し込んでまで見ようと思うような人たちです、それを言わせたいがための再開じゃないんでしょうか。

    もう一つ言うなら、公正な抽選だったのか? とまで思いますね、アチラ側にいると確認できた人だけ入場させてもわからないですからね。

    ブログファン

    秩序は置き去り

    自由とは、何でもかんでも自由に振る舞えと言う事では無いはず。

    「表現の不自由」展中止から、今度は一般人が「見る自由が奪われた」などと言い出す。

    先日、新宿駅での人身事故の際、ブルーシートの中を撮影する者が多数いて、駅員が対応に苦慮したという事があったが、無秩序の中で自由を謳歌する社会は地獄絵図だ。

    • 2019/10/09 (Wed) 10:11
    • REPLY

    レッドバロン  

    愛知県は逆賊になるつもりか?

    大村知事が公金を使い、たとえ全国を敵に回し逆賊=朝敵の汚名を受けても表現の不自由展を強行しなければならない理由がどこにあるのか、さっぱり判りません。もともといかにも小心者っぽい彼の容貌を見ていると、見切り千両の決断ができそうにない劣弱な性格が災いして、ぐだぐだしているうちに大それた事態を招き寄せた感がありますが。表現の自由がどうしたこうしたも、すべて彼の保身から出て来た言葉だと思います。少女限定の貧困調査に打ち込んだ前の文科次官にパターンは似ているかと。

    もともと尾張徳川家は藩祖義直の遺命により、「王命によって催さるる事」を秘伝の家訓として伝えてきた隠れ勤王家でありました。その遺領の民選知事が三百年後に天朝に弓引くことになるとは、イベント好きの徳川宗春公も泉下でさぞやびっくりなさっていることでしょう。

    • 2019/10/09 (Wed) 19:44
    • REPLY

    名無し

    極左勢力は憲法改正を公言せよ

    日本国憲法は「極左反日主義者がやりたい放題する自由」なるものを認めてはいないので、連中が所構わず自慰行為に没頭するためには憲法改正が必要だろう。
    「極左反日主義者の人権は無制限に尊重され、そうでない者の人権は一切認めない」
    「人権を保証されていない者に何をしてもよい」
    断じて許せません!国内の娑婆から出てけ!

    • 2019/10/09 (Wed) 20:43
    • REPLY

    末田

    愛知県民の端くれです

    8月に抗議のTelを入れたのですが、対応の輩がド素人か芸人はだしのボケ役か
    当に糠に釘でありまして、「昭和天皇の写真を燃やし、その灰を足で踏みつける
    展示など公金を使ってやるべきではありません、中止を」。
    ー「そんな展示なのですかぁ・・貴重なご意見は上司に伝えますのでぇ~・・」

    協賛企業がトヨタや三菱UFJ銀行のようでしたから企業に協賛を止めるように
    お願いしたほうがいいだろうと、「協賛企業一覧」をググれば、「8月13日付で
    削除されていますよ~・・・」 の記述ばっかし・・。
    魚拓ぐらいはあるのでしょうが、8月初めの魚拓が根拠では心もとなく・・・

    愛知県連に電話を入れて、議員の誰かが「反日トリエンナーレ」に見学に行き
    その不埒ぶりを全国に広報してください、と陳情するぐらいしか・・・
    軟弱エロ奴に高い民度を求められましても・・・ (´;ω; )

    とらこ

    何のための「再開」だ?

    現在、愛知県民の筈の軍曹殿は何故かオトナシイなあw、と思って居りましたが、そういう事でしたか。

    当初見学された方の、会場案内から窓口、受付、全体に対する愛知県庁職員の不手際は「際立って不満」報告もありました。
    初めてのトリエンナーレでもないのに、愛知県のおもてなし精神は最低だった模様です。知事がコレなら然も有りなむ。

    「再開」と言っても、公共の場を使った県主催の展覧会なのに、真っ当な公開ではないなら、河村氏の名古屋市だけではなく愛知県民税からの出費も「如何なものか?」と思います。

    抽選で選ばれた一回あたり定員30人、一日二回(午後2時10分~3時10分。午後4時20分~5時)だけの鑑賞。
    昭和天皇関連の動画は2回目のみ上映。
    手荷物持ち込み禁止、金属探知機に依る検査、不自由展会場にはメディア取材禁止の、大変な不自由展です。
    一体、何の為の「再開」なんだか。

    河村市長は実行委員会の会長代行ながら、再開に関する協議はなかった。と。
    「座り込み」が大村知事に言う「極めて危険行為」とは?県知事の強権行使の方が日本全国民にとって極めて危険だと、私は思います。

    楽しく明るく華やかで美しい物を庶民にも楽しませようとした宗春公に、叱り飛ばされろ!大村!!!

    • 2019/10/10 (Thu) 01:18
    • REPLY

    とらこ

    訂正

    下から4行目。大村知事に言う=大村知事が言う の間違いでした。粗忽!

    • 2019/10/10 (Thu) 01:42
    • REPLY

    アボジ知事

    パチンかす

    こいつの利権はパチンコと言われてるので
    母国の意向もあるのでしょう。
    半島とシンクロして革命を起したいのかな?

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。