fc2ブログ

    米国は日韓への不介入を表明 ~ 日本はWTOで徹底的に戦え

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、南朝鮮を訪れている。昨日24日、ボルトン氏は青瓦台で、南鮮の国家安保室長である鄭義溶(チョンウィヨン)と会談したが、その後ろには「亀甲船」の模型が置かれていたそうだ。

    亀甲船


     「亀甲船」とは、彼の国が、豊臣秀吉が主導した朝鮮半島侵攻を防いだ象徴とされる船で、朝鮮水軍の総司令官で、国民的英雄かつ抗日の象徴である李舜臣将軍が考案したものとされる。しかし、この「亀甲船」はフィクションだ。月刊Hanadaで対談した、百田尚樹氏と有本香氏が、この亀甲船と李舜臣に言及している。

    百田 ちなみに、露梁海戦で明・朝鮮軍は亀甲船を使って日本軍を攪乱したと言われていますが、これもフィクションです。
    当時の亀甲船の図面や書き残した資料などは一切ありません。完全な韓国側の作り話です。

    有本 ところが、日本の一部の歴史教科書や学習参考書には亀甲船や、ご丁寧に李舜臣の銅像まで載せているものがあります。
    もちろん、それらが史実に基づいているのであれば話は別ですが、いまの韓国側の願望に基づいたフィクションまで混じっている。
    言い換えれば、日本の教科書が「朝鮮史観」で書かれ、子供たちに教えられているんです。
    これは非常に問題だと思いますね。


     これもひとつの「ウリナラファンタジー」だ。秀吉は、朝鮮の宗主国であった明と朝鮮連合軍と戦ったが、その宗主国編纂による「明史」には、「豊臣秀吉による朝鮮出兵が開始されて以来7年、明は10万の将兵を喪失し、100万の兵糧を労費するも、明と朝鮮に勝算はなく、ただ秀吉が死去するに至り乱禍は終息した」と書かれているそうだ。歴史の捏造は彼らにとって苦を伴わない作業だが、抗日の象徴を捏造して創作しなければ国が持たないという、プライドだけは高いが弱小国家の悲哀ともいえる。捏造される側の我々はたまったものではないことは、言うまでもない。

     さて、そのボルトン氏。朝鮮への旅行の前に、日本に滞在していた。現在、日韓の間に横たわる諸問題についての興味深いコメントを、“外交関係者”がリークしている。

    補佐官「米は日韓対立仲介せず」 河野外相に会談で伝達(共同)

     ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が河野太郎外相と22日に会談した際、元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化を巡り対立が深まる日韓関係について、米国として積極的に仲介する意思はないと伝えていたことが分かった。日本政府関係者が24日、明らかにした。外務省幹部は取材に「日本は仲介を求めない」と明言した。米国は日韓の橋渡しに動かない公算が大きい。
     関係者によると、河野氏は22日のボルトン氏との会談で、韓国との関係悪化について「元徴用工問題で国と国との約束を破り、仲裁手続きにも応じない韓国に責任がある」と説明。輸出規制強化は正当な措置だと訴えた。


     青瓦台が切望しているのが、この「米国の仲介」だ。日本に対して拳を振り上げたまではよかったが、彼らにはその拳をどうやって下ろしたらよいかがわからない。条約破りは外交上の禁じ手だ。国内法を理由に条約を無視したり破ったりはできない。火病を起こせばいつもは引く日本が、今回ばかりは一歩も引かない。かといって、拳を自ら下げれば、反日を国是として醸成した国内世論が黙ってはいない。だから、米国に仲介をしてもらい、着地点を見出したいのが彼らの本音だと、私は思う。

    ボルトンと河野外相


     米国の日韓への不介入は、日本にとっての朗報だ。日本との間で問題が起きると、彼らはかならず第三者を巻き込もうとする。米国の不介入が動かなければ、舞台はWTOだ。本来はバイの関係で解決すべき問題だが、WTOに持ち込まれた以上、日本も徹底的に対抗すべきである。どうせ底が見えた日韓関係だ。どれだけ長引いでも困らない日本は、相手をねじ伏せるぐらいの気概を持って外交戦に臨んでもらいたい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    7 Comments

    ST

    振り上げたこぶしの着地点=奈落の底

    tbsasahinhk

     何度も言うが、韓国へのホワイト待遇を取り消し、対外待遇を最低のり地域に指定した経産省の善政を支援するために、またWTO交渉の日本側の態度を明確にするためにも、ホワイト国に指導の上認めた政府関係者、当時の小泉首相と経産省大臣の責任を究明する必要がある。

     これを問うマスコミも野党もいないのは一体どういうことなのか。
     権力への批判が目的と豪語していた諸君らはなぜダブスタで安穏としていられるのか判らない、偽善者めが!

    A敦子

    日本国、フィンランドおよびエストニアによるIT安全保障

    日本国、フィンランドおよびエストニアによるIT安全保障
    ----

    IT安全保障について、日本国(担当: IT担当大臣 平井卓也氏)は現在、フィンランド共和国およびエストニア自由国と組んで取り組んでいます。
    ちなみに、
    [1] 日本国、フィンランド共和国およびエストニア自由国は、同胞民族国家です。
    [2] 東(日本国)からと西(フィンランド共和国およびエストニア自由国)から、異民族国家のロシア連邦、共産シナおよび韓国を挟み撃ちしています。ちなみに、韓国および共産シナは、同胞民族国家です。ロシアは、韓国および共産シナと異民族国家です。日本国、フィンランド共和国およびエストニア自由国は、韓国、共産シナ、ロシア連邦と異民族国家です。

    古希の男塊1949

    山梨県人だが

    我が国には戦前から半島から渡って住み着いた朝鮮人が居て先の大戦後、
    GHQによって白人国家に歯向かわない日本人にすべく朝鮮人を操った・・
    小生、山梨県人だが1990年、社会党委員長田辺誠と北鮮に渡り金の延べ
    棒をもらったという故金丸信、その息子が地元テレビ局のオーナーだが
    数年前、金日成生誕百周年を祝い家族と一族郎党を引き連れ渡ったという。
    http://chosonsinbo.com/jp/2014/09/0912sy/朝鮮新報
    浜田幸一によると、その社会党の田辺誠が1980年代に中国に渡り南京大虐殺
    記念館を建設するよう求め総評からの寄付3,000万円で建設されたという(泣^^ 

    松下幸之助翁は政治家と官僚による税金の無駄遣いを嘆き「財政の無駄を省
    き無税国家にしよう!」と提唱し設立した松下政経塾出身の野田佳彦、福山
    哲郎etc.多勢。日教組の親分だった輿石東、議員をやっと辞めた小沢鋭仁等。
    郵政民営化!と怒鳴って郵便局をアメリカに売った小泉純一郎!皆、半島の
    血を引く者ども・・・
    今や北の財源とも言われるパチンコ、遊技業組合の所長に収まる警察署長^^
    NHKを筆頭の電波メディア、朝日他新聞媒体、芸能界はいうに及ばず
    あらゆる分野に浸透した反国家体制。支那が笑い北が南が暴れるワケだ(大笑^^
    我が余生も20年?何としても取り戻せ!皇紀2679年!日本人の国家だ!!

    とらこ

    安全保障上の措置でされた輸出管理ですから、本来WTOに縋っても玄関払いモノだと思うのですけど、したけりゃしてれば、という感想しか持てません。
    各国も反応なしだったような?
    日本は河野外相と世耕経産相の部門別対応姿勢を守って、鬱陶しいことこの上ない相手ですが、頑張って勝利して戴きたいです。

    「太閤の朝鮮出兵」を取り上げた遠藤周作氏の「宿敵」という作品があるのですが、主題は加藤清正VS小西行長に置きながら、当然朝鮮と明との交渉も詳しく記されていて、随分資料を当たって書かれているのが分かります。
    ちなみに、私が入手したのは小学館のP+D BOOKS という本体500円の「好書」wでした。

    南鮮が日本攻勢?の為に制作する様になる以前のドラマでは、アノ国でもその戦いを描いた中には李舜臣はそんなに評価されては居ませんでした。他にも「自国用」だったと思われるモノは矢鱈にきらびやかな宮廷は全くなく、とても質素な世界を描いて案外正直wだった印象があります。ぜ~んぶ題名は忘れましたが。
    自国の歴史を動かす国とはまともなお話合いは不可能でしょうね。

    朝鮮出兵より前の、織田信長が西山本願寺との戦いに作らせた船には鉄板で覆ったものもあったそうですが、その亀甲船とされるものは木製で、それも残存する確かな資料はないとか。

    • 2019/07/26 (Fri) 00:42
    • REPLY

    とらこ

    西山本願寺は「石山本願寺」の間違いでした。訂正

    • 2019/07/26 (Fri) 00:47
    • REPLY

    猫好き

    もしも南朝鮮の漢江の奇跡が

    日本とアメリカの合作?的な南朝鮮への規制(報復では無い!)で どん底に落ちてかつ這い上がってくれば本物だと認めあげます。
    無理だと思うけど。

    • 2019/07/26 (Fri) 01:22
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。