fc2ブログ

    三菱重工業に下される南鮮最高裁判決を、日本国民は刮目して待て

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     埼玉県秩父市が、12月からの実施を予定していた姉妹都市の南鮮・江陵市との職員相互派遣を中止したという。姉妹都市35周年を受けた初の取り組みだったそうだが、市民から電話やメールで苦情が殺到したというから、昨今の日韓関係を反映するような出来事だ。ただ、報道では「江陵に慰安婦像があるのを知っているのか」、「秩父は良いところだけど、行きたくなくなった」という抗議が50件以上寄せられたというのだが、「たかが50件プラスアルファ…」と取れなくもない。江陵市にビッチ像が建立された際、秩父市が抗議したかどうか、調べてみたくもなるものだ。

     その南朝鮮では、24日、「対馬仏像盗難問題に関する市民大討論会」という会が開かれたそうだ。討論会の議題となった「金銅観世音菩薩坐像」は、2012年10月、韓国人窃盗団が対馬で盗んで南鮮国内で密搬入したもので、もう6年もの間、日本に返還されていない。仏像所有者である浮石寺が南鮮司法に提訴し、あの悪名高き南鮮司法でさえ、日本へ返還せよとの判決が出ているのだが、往生際が悪い南鮮被告側が控訴し、裁判が長引いている。

     この討論会にパネリストとして参加した南朝鮮側の弁護士は、「倭寇が仏像を盗んだ」のだから南鮮に留めておくべきと言っているのだが、倭寇は13世紀から16世紀にかけての活動だ。500年前の出来事について、今になって事実関係を争うことほど、無意味なことはない。朴槿恵の「千年恨」発言は有名だが、彼の国では司法に携わる人が、この千年恨を体現するのだ。まったく常軌を逸している。


     その南朝鮮では、本日、注目の裁判で判決が下される。三菱重工業が訴えられているふたつの事案で、ひとつは自称徴用工、もうひとつは自称女子勤労挺身隊が原告となっている。いずれの訴訟も、敗訴した三菱重工業側が提訴しているもので、分が悪い。加えて、先月、新日鉄住金に賠償を命じる最高裁(大法院)判決が出ているなか、同じ最高裁がその流れをわざわざ止めるというのは考えにくい。そもそも、この種の裁判というのは、真実を争っているのではない。「恨を争っている」のである。

     日韓関係は、先の自称徴用工判決によって冷え込んでいるが、三菱重工業の裁判の結果が日本側にとって思わしくないものであったとき、この関係は「冷え込み」から「凍結状態」になるだろう。半島から投資が引くことは言うに及ばず、ありとあらゆる関係の見直しが迫られることになる。秩父市の江陵市との職員相互派遣中止など、その一例に過ぎず、同種の動きは日本全国に拡大する。その結果責任は、すべて南朝鮮が負わなくてはならない。

     三菱重工業に対する南鮮最高裁判決を、日本国民は刮目して待て。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    山桜花

    温情は、常に、仇となって返って来るばかり。

    世情に疎い私も、さすがに ブン・ザイトラ の異常に気付きました。

    一地方の判事を大法院の長官に据え付け、
    意に沿う判決を使嗾して、その判決が下るや、
    ニヤついて「司法の自律性」を嘯く。

    条約を無視した、国民感情に依拠するアホらしい判決の連続によって、
    やがて、他国の人々も、異形の国・コリアに気づきましょう。

    河野外相の発信力にも、期待します。

    コリアを内部から真面な国に変質させることは不可能でしょう。
    多少の返り血を浴びるにせよ、
    放置して自壊に任せるのが最良の対処かも・・・

    (名前空欄)

    はじめまして

    オレオレ詐欺とよく似ていると感じてます。

    ブログファン

    バカの一つ覚えのコメント

    三菱重工業に対しても、新日鐵住金と同様の判決が下された。

    “想定内中の想定内”である。

    そして菅官房長官は、「極めて遺憾で断じて受け入れることはできない」と批判した。直ちに適切な措置が講じられない場合は「国際裁判や対抗措置を含め、あらゆる選択肢を視野に毅然(きぜん)とした対応を取っていきたい」とも述べた。

    河野外相も同様の所感を発表した。

    わかっていたであろう判決に対し、「毅然とした対応を取っていきたい。」などと、この期に及んでよくもマヌケな発言が出来るものだ。

    それこそ、「待ってました!」とばかりに判決と同時に対応策の発表がなぜ出来ないのか。

    手るぬい日本政府の対応が、あのクニを助長させているという点に於いては、一方的にあっちを批判するのはいささか気の毒という気さえする。

    • 2018/11/29 (Thu) 13:30
    • REPLY

    こはる

    永久凍土

    地球は今温暖化だと言うが、その真偽はともかく、日本と南鮮の関係は一気に永久凍土状態に入る。ならこれ以上なく、喜ばしく、絶対イイな。
    戦後だけでも日本は南鮮に対して無駄にかなりの忍耐と譲歩をしてきたけれど、ここで断固精算、以後遮断して戴きたい。

    あまりの国際的理不尽、不作法さにこれ以上付き合う義理も筋合いも無いし、付き合っていればむしろ日本は蟻地獄。
    国際間の手切れの作法を粛々と踏んで、南鮮以外にはどこからもイチャモンが付かない「離別」方法を政府には選び実行して戴きたい。

    しかし、
    前回の「新日鉄賠償判決」の直後だというのに、南鮮学生の就職説明会に日本企業が112社も馳せ参じた、という体たらく。
    官と民は別とはいっても、ココゾと言う時に国益意識も無くのこのこ南鮮まで行って会社説明する日本企業がある限り、日本は「毅然」と対処する事が出来ないのでは?と思いました。

    今回の「三菱重工」の徴用、挺身隊が本物だとして、「劣悪な労働環境」と言われても、同じ環境で日本本土の徴用労働者も働いていたわけで、昭和19年9月以降翌3月までの「日本の生活環境」を考えれば、現代感覚で「劣悪」と論じる方がアホらしい。
    日韓基本条約で日本は支払い、、南鮮政府はその十年後と今世紀初めの二度に亘って補償していた、というのに、訴訟の本人や「遺族」方はその時何故申し出なかったのであろうか?そちらの方がものすごく疑問に感じます。

    • 2018/11/29 (Thu) 17:13
    • REPLY

    ミスバ65

    今現在日本に居座っている在日朝鮮人もあと十数年経ったら「日帝に強制連行されたニダ!徴用工ニダ、慰安婦ニダ!」と喚き散らすでしょう。むしろそうならない理由が全く思い当たりません。今からでも遅くないので、親日を気取っている在日朝鮮人を一匹残らず半島に返却すべきです。着払いで。

    • 2018/11/29 (Thu) 19:06
    • REPLY

    lilly

    こんな状況にも拘らず、まだ韓国企業LINEと手を結ぼうとするみずほ銀行のような企業があることにただただ呆れています。

    平和ボケ日本人がスマホで限度を知らず借金して、自己破産させられるまで追い詰められる未来が見えます。

    Voice of Tami

    昨日の続きのようで申しわけない

    今回の法改正、何が改正されようとしているか、皆さんはご存知ですか?



    大きな項目としては

    第一 出入国管理及び難民認定法の一部改正
    第二 法務省設置法の一部改正

    第三 附則

    
の3つが上げられていて、問題となる特定技能1号2号の資格新設は「第一」に入っています。

    でも「第二」には美味しいところもあって、現在の入国管理局が「入国在留管理庁」になる上で必要となる関連条項の改正が盛り込まれています。
    加えて、今回野党側はいつもどおりの「自民あっての反自民」をまたやっているかのように見えますが、そもそも特定世界市民勢力にしか支えられていない野党のみなさんが蓮舫さんを筆頭に移民に反対している段階でおかしいでしょ?続く↓
    坂東学校
    【緊急授業参観】入管法の改正についての裏と○と✕
    http://bandou.an-an.org/index.php?QBlog-20181128-1

    坂東忠信 太陽にほえたい!
    https://ameblo.jp/japangard/entry-12422158062.html

    774

    http://hondaz360gss214.blog.fc2.com/blog-entry-1770.htmlから一部抜粋

    昨日28日の虎ノ門ニュースで上念司氏の「トラ撮り」がもの凄い「超大型爆弾」をさく裂させた。これ、はっきり言って相当にヤバい。

    持ち出されたのは金賛汀(キム・チャンジョン)さんという方が新潮新書から出版された「朝鮮総連」という本で、この人は元朝鮮総連の幹部で、総連と決別したのちに内部告発の形で出版したもの。その27ページから28ページにかけて問題の箇所が書かれてあるという。



    「(朝鮮総連の)最大の財源になったのは、帰還してゆく強制労働者の未払い賃金であった。1946年末までに朝連中央労働部長名で、強制労働者を雇用していた日本の各企業に未払い賃金の請求がなされた。その請求額は4336万円に達し、朝連はかなりの金額を徴収しそれらのほとんどは強制連行者の手には渡らず朝鮮総連の活動に回された。これらの豊富な資金は日本共産党再建資金としても使用された。」

    本文の中で「強制労働」という言葉と「雇用」という言葉が同居している点に注目しなければならない。「強制労働者を雇用していた日本の企業」ってどういう意味だ?

    そしてそれらの未払い賃金は各企業から支払われていた。だが、受け取った総連が着服して活動資金に充て、日本共産党の再建にも流用されたと言うのだから、その手口は朴正煕が日本政府から受け取った数億ドルを目的外に使い込んだ手口とまったく変わらないという事実が浮かび上がって来る。この「歴史に埋もれていた名著」が今、SNS上で大ブレークしている。2004年に出版されたこの本は、発売当時税込みで734円だったが、アマゾンの中古本を見てみると10,000円を超す値が付いている。

    新潮社の紹介欄にはこのように書かれている。(引用ここから)

    在日朝鮮人のために生まれた組織が、なぜ「北朝鮮・金日成親子の走狗」へと変質していったのか---。組織結成の知られざる経緯、祖国望郷の思いを利用し裏切った「帰還運動」、そして北朝鮮への送金のカラクリや、批判者に対する執拗な糾弾の実態、日本人拉致問題で暴かれたウソ・・・そのすべてがいま明かされる。かつて組織内に身を置いた著者が、痛恨と義憤の思いで綴った「もう一つの戦後史」

    (引用ここまで)

    今日の判決によって「我も我も」と自称・徴用工が続々と名乗り出るだろうし、日韓関係は決定的な日を迎えた。もう後戻りはできない。そして中国が黙っているはずがない。

    この本が日本にとって「最大のタイムリー」となるか、あるいは韓国・朝鮮にとって「最悪の未処理ゴミ」となるか、あるいは日本の腐れメディアが無視するか、さてどのカードがババになるだろう。扱い次第では来年の選挙にも影響するはずだ。辻本さんと関生の関係も絡んで来るし、これ2004年の話じゃなくて、現在進行形なのね。どんどん進行しているんだから。

    (転載自由・拡散希望)

    • 2018/11/29 (Thu) 23:49
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。