fc2ブログ

    「政権変われば司法判断が変わる」を他国に適用しようとする非文明国

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     南朝鮮の外交部が、昨日、朝鮮人出稼ぎ労働者裁判の判決に関し、青瓦台の立場をホームページに掲載したそうだ。掲載したのは判決直後に「司法の判断を尊重する」とした発表と、日本から判決に対して批判が噴出した後の、李首相の「日本の過激な発言に深い憂慮」という発表の2件だそうだ。朝鮮語と英語の2か国語で掲載されたが、当事国である我が国の言語は、今のところない。しかも、いわゆる徴用工は「強制徴用被害者」とされ、「Victims of Foced Labor」(強制労働の犠牲者)と表記されているのだが、外交部は「非公式訳」という逃げを打っている。どこまで行っても姑息な民族だ。

     南鮮首相の「日本の過激な発言」というのが公式な立場だそうだ。恐らく、安倍総理の「判決は国際法に照らしてありえない判断」というものや、河野外相の「韓国政府が責任を持って補償を行うべき」という発言を指してのことだろうが、これらはすべてまっとうな反応であり、他の日本の政治家も含め、過激な発言などは出ていない。批判はお門違いである。

     南鮮外交部は同じく昨日、河野外相が14日の衆院外務委で「日韓両国関係の法的基盤を根本から覆すものだ」と述べたことに対し、「失望を禁じ得ない」と批判する報道官の声明を発表した。加えて、「日本政府の指導者に韓日関係の未来志向的な発展に障害が起きないよう、賢明に対処するよう伝えてきた」とし、「こうした行い(河野外相の発言)が続いていることは問題解決のためにはならないことを、再度、厳重に指摘する」と訴えたそうだ。条約すら反故にする国とは何を約束しても無意味であり、しかるに「未来志向」などはあり得ない方向性だ。南鮮の未来志向とは、「これからも南鮮がたかることができる国であれ」という意味としか解せず、日本にとっては疫病神を一生養い続けるようなものだ。そういう相手は放置が適当だ。

     日本のTV放送に出ている南鮮系の人物で、解説者的な立場で発言する人物が二人存在する。ひとりは東海大学専任教授の金慶珠、もうひとりは大阪市立大学教授の朴一。日本と南鮮との間で問題が発生すると、必ずと言っていいほどTVに顔を出す人たちだ。面白いことに、この二人が、出稼ぎ労働者判決について全く同じことを言っている。



     そこまで言って委員会に出演した朴氏は、前言に対して「何でそんなことが起こるのか」と問われ、「韓国だから」と返し、朴氏を含めて一同が失笑するという場面があった。この失笑を買った「韓国だから」という発言は、見事に本質をついている。歴代の大統領が、任期の最中やその後に、後継の大統領が指名した官憲によってよって告発され、同じく刷新された司法スタッフによって断罪されるという我々は繰り返し見てきた事象と符合する。

     しかし、それらは南鮮国内でならいくらやってもらっても構わないが、関係のない我が国にまで適用されるべき法則ではない。関係悪化の種はすべて南鮮側が蒔いたもので、我が国が対処すべき問題はなにもない。そういう意味で、河野外相の一連の「南鮮突き放し発言」は支持されるべきで、関係修復の意思があるなら、南鮮側が適切に対応するのを待つしかないのだ。解決の日が来るとは思えないが、解決しないのであれば、日本は南鮮を放置すればよいだけの話だ。

     こんな最中、かの石破茂氏は今度の日曜日、ソウルで地方創生に関する講演をするそうだ。石破氏は文在寅が掲げる歴史問題と経済を切り離す日本との「ツー・トラック外交」に同調しているそうだ。第二の鳩山由紀夫が誕生するか、見ものである。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    ブログファン

    非韓三原則を堅持する時

    「ツートラック外交」など不要!

    これまで、政治とは切り分けて、民間レベルでの経済文化交流だの人的交流を日韓は続けて来た。

    しかし、行き着くところは、全て韓国による日本への謝罪や賠償の要求となる。

    富士ゼロックスは、来年3月に韓国工場の閉鎖をすると発表したが、もはやリスクしかない韓国とこれからも付き合って行く合理的理由は存在しない。

    外国人留学生に奨学金が、4年間で1000万円給付されていると、どなたかのツイートで知ったがホントだろうか?
    文科省の天下り先として、少子化の中私立大を増産させ、日本人学生が来ないので奨学金付きで留学生を呼び込むなど、信じ難いがあり得る話だ。
    当然、中韓が中心のはず。

    意味を成さない事は、見直すべきであり、その手始めに韓国人のビザ無し入国を真剣に検討すべきである。

    • 2018/11/16 (Fri) 10:32
    • REPLY

    ツクノ

    〇当時、大日本帝國の臣民であった朝鮮人は、今では、韓国の人民のはず。その韓国人の面倒を、今、日本国に求められても、それは主権外の内政干渉にほかならない。慰安婦問題も徴用工問題も、訴えているのは、韓国人であり日本人ではない。国への賠償を訴える韓国人に対しては、韓国政府が責任を持って対処すべき問題だろう。

    >ブログファンさん
    意味を成さない事は、見直すべきであり、その手始めに韓国人のビザ無し入国を真剣に検討すべきである。

    ○深刻なのは、組織的な外国人犯罪が、悪質かつ増加していること。ビザ無し入国が、犯罪を助長する原因のひとつであることはあきらかだ。

    〇外国人犯罪の増加など、警察の仕事が増える中で、警察の人手不足は深刻だ。非正規雇用やアルバイトなどのライトな職種で、20万人ほど、警察の部下を増やしても良いはずだ。そこから、優秀な人材を、自衛隊や警察の学校、消防や海上保安庁などに、推薦して抜擢するような仕組みも、必要ではないだろうか。

    透華

    あなたの活動は中国世界制服お手伝い

    親日してたら韓国は基盤から豊かになり 庶民の隅々まで自国で潤い 誇りある暮らしになっていた。
    何故 反日か。 祖先が蛮行で意地汚く 中国の奴隷国家だから。
    反日工作は特定の人以外 デメリットしかない。
    他の理由など思いあたる事柄があるだろうか。

    こはる

    南北共同

    南鮮だけの「たかり」では済まなくなりそうですよ。
    文在寅は北にも呼びかけ「ご一緒に集りましょう」だそうですから。

    「強制労働」というのも岸田外相の時の通称軍艦島のユネスコ記憶遺産で、説明表示のイチャモン交渉に、英文で「強制労働」を意味する文字を入れてしまった過去があり、南鮮はその文字に二匹目の泥鰌を狙っているのでしょう。

    つくづく、現在の河野太郎外相で良かった!と思っております。このまま突き進んでいただきたい。
    日韓条約には英文も作成されていますし、当時の日本政府が如何に朝鮮民族の習性を知りつくして居たかを推測させる、考え得る限りの微に入り細に居る条文ですので、国際司法裁判にも耐えうる証拠だとは思いますが、今まで何かと劣勢にあった日韓問題ですので、油断は出来ません。

    日韓日朝関係に「未来」など見たくもない。拉致被害者さん方を取り戻すまでにはならぬ堪忍もそれなりに必要でしょうが、それが解決されたら、どんなに日本人はサバサバスッキリ生きられることか。

    南鮮政府が日本政府に向けた批判文言は、利子をつけてお返ししてもまだ足りないもので、ここで一斉に過去の清算が出来ると思えばこの不快にこそ「未来」を感じたい。

    • 2018/11/17 (Sat) 03:08
    • REPLY

    こはる

    微に入り細に亘る でした。訂正。

    • 2018/11/17 (Sat) 03:13
    • REPLY

    おっとり刀

    歴史を見る目を養う好機

    1000年前から彼らは全く変わっていない。
    今の半島人の振る舞いを見れば、学校で教わる歴史の嘘が分かります。
    そして、彼らに付き合わざるを得なかった先人達の苦労が分かります。

    • 2018/11/21 (Wed) 18:38
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。