fc2ブログ

    止まらぬ南鮮の北対話路線 ~ 平昌後は、2021年冬季アジア大会を北と共同で招致か

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     米国務長官レックス・ティラーソンが、米国の有名且つ長寿番組、CBSのニュース番組「60ミニッツ」で、北朝鮮側から直接対話の兆候がないか「耳をそばだてている」と語ったそうだ。「現時点で米国から北朝鮮側に言うことは何もない。北朝鮮の方から対話の準備があると言ってこないか耳をそばだてている」という意味で、である。「北朝鮮を対話の席に着かせるためにわれわれが使うのはニンジンではない。大きなむちだ。このことを彼らは理解しなければならない」とも語った。対話の準備は、北朝鮮の核開発のみがキーだと解釈できる。日米のスタンスは、完全に一致している。

    ティラーソン


     ところが、これが南鮮となると話が違ってくる。ソウルの情報関係筋によれば、南鮮が昨年秋から年末にかけ、少なくとも2回、北朝鮮の当局者に平壌で接触したという。接触を通じ、北朝鮮は平昌五輪への参加と南北対話路線を決めるに至ったそうだ。接触は、五輪を契機に関係を改善したい韓国側が求め、北朝鮮の五輪参加と米韓合同軍事演習の中止がバーターとして成立した。その他、北の軍事パレードの規模縮小や、金豚の妹の訪韓などもディールとして成立したようだ。北朝鮮の平昌の最大活用は、この青瓦台のお膳立てによって行われているのである。

     朝日新聞によれば、「米国は南北対話の行方を不安を持って注視しているという」というのだが、米国が持っているのは不安だけではない。ペンス副大統領は、五輪レセプションでの北との接触を頑なに拒み、遅れて入場し、早々に退席した。冒頭のティラーソンのコメントも、ペンス副大統領の行動と同じだ。対話は北の譲歩があって初めて開かれるものであり、それ以外は対話に応じないということだ。

     そんな、米国からの警告とも取れる言葉に対し、文在寅は全く聞く身もを持たず、ただひたすら南北対話への前のめりの姿勢が目立つ。青瓦台だけでなく、南鮮政界が急速に親北姿勢に傾いている。こともあろうに、平昌五輪のあと、五輪が開かれている江原道(カンウォンド)の崔文洵(チェ・ムンスン)知事が、2021年の冬季アジア大会の北と共同での誘致を検討しているというのだ。今回の五輪で設備した施設が不良債権化することを避けるためだろうが、ただの誘致ではなく、北との共同開催というところがミソだ。米国がニンジンを使わずとも、南朝鮮がせっせとニンジンを用意しているのだ。

    文在寅 金永南 金与正
    文在寅 金永南 金与正


     北が延坪島を砲撃し、民間人を含む4人の死者が出たのは、たった8年前のことである。失われた貴い命のことを、そんなに早く忘れられるとは思えないのだが、南鮮国内の世論調査によれば、北との対話推進を支持する国民が圧倒的に多いようで、ここでも南鮮民族の良識やバランス感覚がアテにならないことが良く分かる。

     文在寅の親北路線は今に始まったことではないし、今後も止まることはないだろう。やはり南鮮抜きの判断が求められているということになる。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    4 Comments

    こはる

    大統領選の時に在寅選挙区民にインタビューした記事で、「両親が朝鮮戦争時に米国の船で北から逃れてきた経歴の人だから地元人ではない」と答えた人が予想以上に多かったと読みました。
    係累者が北に居る、とも。
    出身地密着型の選挙態勢の南鮮で、それでも大統領まで上り詰めた在寅の背景情報は、米国の網羅する処だろうと思います。

    それらが関係するのかどうか解りませんが、筋金入りの親北思想者で80年の光州事件に本人は予備拘束され、現在秘書室長(官房長官に相当)を務める人やスタッフはあの事件のバリバリ当事者。
    これだけ見ても、現在の南鮮政府のしている事は「然もありなむ」です。
    その光州事件には何故か活動学生側に銃器・武器などが渡っていた、と以前から「それは何処から?」話題があって、ドキュメント風ドラマでも取り上げられたのを観ました。
    最近の南鮮最高裁では<北工作員に依って引き起こされた事件>と認定されたとか。

    軍事境界線を極めて身近にする国にあって、こうしたメンバーの在寅政権の立場は「今後どうするのだ?」では、既に無い段階の様に思えます。表面的には伝統の「コウモリ外交」なのでしょうけれど。

    国際社会の動向は一切気にならない(自国への評判は気にする様ですが)南鮮為政者には目の前の収支が取り敢ずの懸念材料かも知れません。
    この五輪、赤字が相当見込まれているそうで、政府も地元江原道知事もパラ五輪が終われば回収責任が生じるのでしょう。
    自分達は「北と協同出来た」事が誇らしい。世界も褒めている筈。だから、アジア大会もご一緒に、収入も見込めそう。ではないかしら。
    21年まで「平和」であれば可能かも。

    • 2018/02/19 (Mon) 13:34
    • REPLY

    シバサマ1966

    羽生選手、小平選手に藤井六段。
    私、五十を過ぎても彼らに発奮させられています。

    多くの人が絶賛する彼らの素晴らしさは、私が真似を出来るはずなど到底ありませんが、彼らから感じる日本人の美徳に感動しています。
    このような方々が現在世界的に脚光を浴びている事が、同じ日本人として誇りに思うのと同時に、自分自身への戒めを感じます。

    色々あるのでしょうが、朝鮮民族にはどう映っているのだろう?
    少しは成長してくれれば良いのですが。

    • 2018/02/19 (Mon) 23:07
    • REPLY

    シバサマ1966

    ここで言う日本人の美徳とは

    謙虚さ、向上心、思いやり。
    蛇足かもしれませんが一応書いときます。

    • 2018/02/19 (Mon) 23:22
    • REPLY

    yasu

    同じ穴の…

    北も南も所詮同じ穴のゴキブリw
    ただひたすら除鮮3原則を貫くのみwwwww

    • 2018/02/20 (Tue) 09:29
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。